前のページへ
4

究極の楽ちん「システムトレード(自動売買)」も
手軽に始められるようになった!

 「システムトレード(自動売買)」を始めるトレーダーも増えている。これは、事前に作成したストラテジー(売買プログラム)に従って自動的に売買する投資手法。

シストレなら

 通常の取引(裁量取引)は、判断に迷って損失が拡大するなど、メンタルに大きく左右されがち。こうした迷いや不安を排除できるのがシステムトレードのメリットだ。ただし、実際に始めるにはプログラミング言語など専門知識が必要になるものもある。

 でも、「じゃあ、ムリ」と思わなくてもいい。最近では、あらかじめ用意されたストラテジーの中から選んで運用する「選択型システムトレード」も登場。プロが作成した優秀なストラテジーを手軽に利用できてしまう。これなら専門知識や難しい操作は一切不要、誰でも簡単に始められる。ビギナーや忙しい人にも収益チャンスを大きく広げてくれる投資法だ。

取引会社はどうやって選べばいいの?
自分が思う取引スタイルに合わせて選ぼう!

 FX(店頭取引)は、取引レートや通貨ペアのラインナップ、取引ツールなどが取り扱い会社によってマチマチ。なので、始める前に誰もが迷ってしまう。そんな場合は自分が想定している取引スタイルに合わせて選んでみよう。

 短期売買派なら、重視するのは取引コスト。一般に取引手数料は0円なので、取引コストに相当するスプレッド(売値と買値の差)に注目しよう。スプレッドは狭いほど有利で、差益を狙いやすくなる。

会社選びのポイント

 FXには「テクニカル派」といわれる、チャート(過去の値動きを、価格や時間を軸にグラフ化したもの)を分析して値動きを予想する人たちがいる。一方で、「ファンダメンタルズ派」といわれる、世の中の動きや経済指標の変化を分析して予想する人たちもいる。どちらの分析も必要だけど、好みで重視するものが違ってくる。

 初心者はこれからだけど、テクニカル重視なら、自分の使いたいチャートが取引ツールに搭載されているかどうかをチェック。無料デモ取引で実際に使ってみるのもいいだろう。ファンダメンタルズ重視なら、各種レポートや専門家のブログなどのクオリティを確認しておきたい。

 スワップポイントも会社によって異なるため、中長期投資派は他社との比較も忘れずに。FXが初めてという人はサポート体制が充実している会社のほうが安心して始められるだろう。

 FXを始めている人も、今の取引会社がしっくりこないなら、この機会に乗り換えを検討してみよう!

「ザイFX!始めネット!」で、いっしょに成長して
FXの醍醐味を味わっていこう!

 駆け足でFXの基本の「き」を説明してきたけど、もっともっと知れば知るほど、興味深いことがFXにはたくさんある。為替の値動きは世界の経済・社会の動きそのもの。自然に世の中の出来事に敏感になっていく。

 さて、FXを始めるには、まずFX会社で口座を開かなくてはならない。これにつまづく初心者が意外に多く、この「ザイFX!始めネット!」では、記者がキミに代って、口座開設にチャレンジしてレポートしているから、ぜひ見てほしい。

 このチャレンジはまだまだ続く。FXをイチから勉強して、実際にトレードしていく企画も用意している。いっしょに成長して、FXの醍醐味を味わっていこう!

(取材・文/河合起季、秋山吾朗)

前のページへ
4

この記事のバックナンバーは、右上のINDEXを見て!

Pick up

ザイFX!始めネット!TOPへ戻る!