ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

【外為どっとコム】当サイト限定で現金がもらえるキャンペーン実施中!

ザイスポFX!
バックナンバー

BO自主規制最終報告は終わりの始まり?
取引期間は2時間以上。公的規制も入る?

2013年05月08日(水)13:56公開 [2020年06月08日(月)14:41更新]

【外為オンライン】ザイFX!限定3000円+FX書籍がもらえる

 また、「最終報告」のなかには、投じられた資金がバイナリーオプション提供会社の総取りとなる、いわゆる「レンジ外」の禁止に関する条項も入っている。

 「レンジ外」はGMOクリック証券の[外為オプション]に特徴的なものだったが、GMOクリック証券は4月22日(月)に[外為オプション]のルール変更を行い、すでにレンジ外は実質的に廃止されている。

【参考記事】
GMOクリック証券[外為OP]がルール変更。ペイアウト倍率1.9倍でレンジ外大幅減少!

■「十分な取引期間」は「2時間以上」という結論に

 さて、今回の「最終報告」の大きなポイントは「取引期間」にあるだろう。

 これは「規制骨子3…顧客保護・顧客利益に資する商品設計」に含まれるもので、そこには「取引期間について、十分な期間を設定すること」などの内容が盛り込まれている。

 そして、この「十分な期間」とは具体的に何分、何時間なのかが問題になるが、それについては「最終報告」とは別立てで「取引期間および取引期限の間隔等に関するWG意見(最終)」という資料が公開され、特別に詳しく、その内容が説明されている。

 その資料によると、結論は以下の3点。

(1)取引期間は2時間以上とする
(2)同一の銘柄に係る各取引期限の間隔は2時間以上とする
(3)権利行使価格の追加設定期限は取引期限前2時間以上とする

 これを見ると、先に出てきた「十分な期間」とは「2時間以上」ということがわかる。

 この2時間以上という数字はどのようにして決まったのか? 上記資料のなかでは、大きく3つの理由が挙げられている。それをまとめると以下のとおりだ。

(1)通貨を対象とするデリバティブ取引にはFXがあり、FXの実態はバイナリーオプションにとって無視できない。そして、ある分析によれば、個人のFXトレードでは新規ポジションは2時間以内に決済する人が過半数を占めている。

(2)取引期間を短くしすぎれば、過度な取引に陥りやすく、投機的になってしまうが、逆に取引期間を長くしすぎると、高いペイアウト倍率を提示せざるを得ず、それも投機的になる。結局、取引期間とペイアウト倍率のバランスが問題。そして、取引期間とペイアウト倍率の関係を検証したところ、1時間ないし2時間以上になると、高ペイアウト倍率となる取引の発生率が増加することがわかった。

(3)取引所で通貨関連のバイナリーオプションを上場している例は唯一、米国のNadex市場にあり、その取引時間は2時間となっている。

 以上のようなことから、バイナリーオプションの取引期間として、2時間以上が妥当ということになったのである。

Nadexのウェブサイト

■取引期間は従来より長くなるケースが大半

 バイナリーオプションはサービスを提供する各社によって、使用する用語が微妙に異なっており、「最終報告」で使われている用語もまた微妙に異なっている。

 前述したとおり、「最終報告」の別添資料には「(1)取引期間は2時間以上とする」と書かれているのだが、ここで言う「取引期間」とはユーザーが取引可能な時間のことを指す(※)。

(※執筆者注:これは当たり前の定義に聞こえるかもしれないが、この用語をこれとは違う意味で使っている会社もある。たとえば、GMOクリック証券が使っている「取引期間」という用語は「購入受付が終了してから判定時刻が来るまでの期間」を指している)

 主要なバイナリーオプションサービスの現状の“時間”に関わるスペックをまとめたのが次の表だ。 

 FXトレード・フィナンシャルの「HIGH LOW」には、上表に記した1時間単位のもののほかに、4時間単位、1日単位のバイナリーオプションもある。

 上表では「取引可能な期間」という名称にした項目が先ほどから出てくる「取引期間」のことである。

 これを見ると、現在の取引可能な期間はGMOクリック証券などが10分間、FXトレード・フィナンシャルの主要なバイナリーオプションなどが55分間となっており、10分間のGMOクリック証券などは、「最終報告」の別添資料にあった「2時間以上」とかなり開きがある状態になっていることがわかる。

■各バイナリーオプションの設定間隔も大きく延びることに

 「最終報告」の別添資料では、「(2)同一の銘柄に係る各取引期限の間隔は2時間以上とする」という項目もある。ここで言う「同一の銘柄」とはおそらく「同一の通貨ペア」と同じ意味と考えてよいのではないかと思われる。

 この項目はどういう意図で設けられたのか。「最終報告」の別添資料ではそれについても説明がなされている。

 「(1)取引期間は2時間以上とする」という項目で、取引可能な期間を2時間以上と定めても、たとえば、14時から開始、14時10分から開始、14時20分から開始……というふうに10分置きに別のバイナリーオプションが開始されるような設定にしてしまえば、極めて短時間のうちにたくさんの取引ができるようになってしまう。

 これを防ぐために、「(2)同一の銘柄に係る各取引期限の間隔は2時間以上とする」という項目は設けられたのだ。

 ここで先ほど示した表を再掲載し、各社の現状を見てみよう。以下の表で「各回の間隔」という名称にした項目に注目。 

 FXトレード・フィナンシャルの「HIGH LOW」には、上表に記した1時間単位のもののほかに、4時間単位、1日単位のバイナリーオプションもある。

 最長はFXトレード・フィナンシャルの[HIGH・LOW]で、各通貨ペアにつき1時間ごと。それでも「2時間以上」に比べると半分の間隔だ。他のサービスは5分~15分程度の短い間隔で各回が設定されているので、これが「2時間以上」になれば大きな変更となる。

 次に「最終報告」の…

この記事に関連する新着情報

ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ
FX毎日バトル!」へ
やさしいビットコイン・仮想通貨研究所」へ

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2409人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 104618人 ザイFX!のtwitterをフォローする

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で1500円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後の5万円入金&取引で現金1500円がもらえる!

link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

注目FXニュースをPick Up!
相場予想が当たらなくても儲かる!底辺高校卒業生と最強の為替サイトザイFX!が作った1日5分で稼ぐFXグルトレ完全ガイド
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利20%以上!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
TOPICS
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム





どうする?どうなる?日本経済、世界経済 今井雅人 09月24日更新

米ドル/円のレンジを決めた取引が一番いいか




FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議
09月14日更新




元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ