為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
主流派ラダーってどういうこと?
"ハシゴ”のオプションの仕組みを覚えよう!

■ハシゴの「ラダー」がバイナリーの主流

バイナリーオプションといっても、じつはタイプはいろいろある。最初は戸惑うかもしれないけど、大丈夫。初心者はまず「ラダー」を抑えておこう。これが現在のバイナリーオプションの主流になっているタイプだし、取扱い会社は全部ラダーを提供している。

ラダーの意味は「ハシゴ」。ハシゴの足場上に複数の為替レートが並んでるところをイメージしてみよう。その足場(=目標レート)のなかから一個を選び、為替レートがそれより上に行くか、下に行くかを予想するのがラダーオプションだ。

 

■「ハシゴの段数」は会社によって違いがある

オプション用語だと、このハシゴの足場のひとつひとつが「権利行使価格」と呼ばれる。権利行使価格がいくつ用意されるかは会社によって異なる。FXトレード・フィナンシャルだと最大15個だし、GMOクリック証券やサイバーエージェントFXだと6個。多ければそれだけ予想のバリエーションも広がるメリットがあるが、逆に迷ってしまうかも。デモ取引などでどちらがいいか試してみよう。

権利行使価格を選んだら、次に上か下かを予想する。この上、下の呼び方も会社によって違う。FXトレード・フィナンシャルの場合は、シンプルに「HIGH」と「LOW」だし、GMOクリック証券は「円高」「円安」(ユーロ/米ドルの場合は「ドル高」「ドル安」)。サイバーエージェントFXだと、オプション用語を使って、上が「コール」、下が「プット」となる。

>>>トレードできる時間帯は?

 バイナリーオプションについては、以下のコンテンツでも詳しく比較・解説していますので、ぜひご覧ください。

【参考コンテンツ】
★人気のバイナリーオプションを徹底比較! 最短1分前まで購入できる商品も登場!

ザイ オンライン
ザイFX!トップへもどる
ZaiFX! Beginners

TOPICS