ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト
バックナンバー

大証FXが誕生から5年でついに休止へ。
取引所FXの行く末は? くりっく365は…

2014年02月26日(水)東京時間 15:01

ストラテジー数世界1位 人気の自動売買は…

■ついに大証FXが10月で取引休止へ

 2014年2月25日(火)、大阪証券取引所(以下、大証)は、取引所FXである大証FXを2014年10月をもって休止すると発表しました。以前から一部報道機関で取り上げられてきた話題ではありますが、いよいよ本当に休止に踏み切るようです。

大阪証券取引所(大証)ウェブサイト

 サービス休止の背景として、2010年あたりから断続的に行われた店頭FXへの「規制強化や税制改正」を大証は挙げています。

 いわゆるレバレッジ規制や税制一本化によって店頭FXの透明性や信頼性が向上し、FXトレーダーの多くが店頭FXへとシフト。結果として取引所FXである大証FXの取引量は減少。

 ここから劇的な取引量の回復を見込むことができず、運営コストを考えると、これ以上事業として継続するのは難しいようです。

 レバレッジ規制はともかく、取引所FX最大のメリットとも言えた税制が店頭FXと一本化されたことはかなりの痛手になったのではないかと推測できます。

【参考記事】
レバレッジ規制とは何か? レバレッジ規制を逃れる方法はあるのか?
5月も「くりっく365」と「大証FX」の取引高は減少傾向に。大幅増の3月の反動減が続く
税理士・三瀬氏に聞く2012年確定申告(1)FXで損している人も確定申告でお得に!?

 ただし、大証の発表によるとサービス休止後は、「他のデリバティブ商品との相乗効果も発揮できるような通貨デリバティブ商品としての再開を目指す」としており、大証FXがいったいどんな商品として生まれ変わるのかにも注目したいところです。

■大証FXの歴史を振り返ってみる

 ここで少し、大証FXの歴史を振り返ってみましょう。

 大証FXが誕生したのは、2009年7月。2005年7月に誕生した東京金融取引所の「くりっく365」に次いで、日本で2番目の取引所FXとして市場が開設されました。

【参考記事】
大証FX特集(1) 7/21、本日スタート!「板」のあるFX…大証FXとは?

 当時、日経225miniなどがヒットし、デリバティブ商品の取引高でダントツの国内シェアを有する大証が、いよいよFXに参入! ということで、話題を集めましたね。

 株と同じような感覚で取引できるFXとして、FXでは珍しい「板」を導入。売り気配と買い気配が8本ずつ、計16本もの気配値が表示されるというスタイルが注目されました。

大証FXの板(イメージ)

 スタート時の取り扱いFX会社は、インヴァスト証券、ひまわり証券などの5社。以降、取り扱い会社がいくぶん増えた時期もありましたが、撤退も相次ぎ、2014年1月現在では、野村證券や松井証券、カブドットコム証券、マネックス証券など全8社が取り扱いを継続している状況です。

2014年1月現在の取り扱い会社一覧

 上記各社で大証FXを利用中の方は、各社から発表される休止へ向けた情報にご注意ください。

■大証は休止だが、くりっく365は生き残りかけた振興策実施

 注目を集め、期待されてスタートした大証FXでしたが、規制強化や税制改正などFXを取り囲む周辺環境の変化を受けた結果、誕生からわずか5年で休止が発表されました。

 同じ取引所FXである「くりっく365」も、こうした変化の影響は少なからず受けており、2013年9月には手数料無料化もできる取引振興策を発表。ここ数年の間、店頭FXで熾烈を極めたスプレッド競争も意識して、主要通貨ペアのスプレッド縮小にも力を入れているようです。

【参考記事】
くりっく365は手数料無料化して大丈夫?税制優遇復活の兆しも見え隠れするが…。

 店頭FXがFXの主流となった現在、残る最後の取引所FX「くりっく365」は生き残りをかけて、いったいどんな手を打ってくるのか、今後の動向に注目したいですね。

 また、冒頭に紹介したとおり、大証が大証FXの休止後に改めて再開を目指すと宣言している「他のデリバティブ商品との相乗効果も発揮できるような通貨デリバティブ商品」の中身にも期待したいところです。

 新たな情報が入り次第、ザイFX!でも随時取り上げていきたいと思います。

(ザイFX!編集部・向井友代)

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2390人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 93585人 ザイFX!のtwitterをフォローする

FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ
FX毎日バトル!」へ
やさしいビットコイン・仮想通貨研究所」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利30%!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底調査!

ここから口座開設すると超おトク!!ザイFX!期間限定キャンペーン実施中

FX初心者のための基礎知識入門

世界の為替チャート

米ドル/円+0.24106.34

USDJPY

ユーロ/円+0.09117.93

EURJPY

英ポンド/円+0.96129.12

GBPJPY

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
ザイ オンライン

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム


どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 08月16日更新

円高になることはあっても米ドル安にはならない!?








FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

08月12日更新




元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果