ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

【GMOクリック証券】取引コストが安い! 今ならザイFX!限定で現金3000円がもらえる!

バックナンバー

スベらないFXを取るか? スプレッドの
狭さを取るか? マネパの2口座を徹底比較

2014年03月28日(金)12:23公開 [2020年04月28日(火)13:38更新]

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 みなさん、こんにちは、葉那子です。

 本日は、マネーパートナーズで提供している2つのFX口座の違いをご紹介したいと思います。

■おもな違いは取引単位と取引数量制限

 東証一部上場という安心感が特徴のマネーパートナーズには、[パートナーズFX][パートナーズFX nano]という2種類の店頭FX口座があります。

 それぞれメリット・デメリットはあるのですが、簡単に言えば、[パートナーズFX]取引数量が多めのFX経験者向け[パートナーズFX nano]取引数量が少めの初心者向けと分けることができます。

 では、2口座の違いを詳しくご紹介していきましょう。

 まずは、おもな違いをまとめてみました。

[パートナーズFX]と[パートナーズFX nano]のスペックを比較(2014年3月28日現在)

※1ドル95円以上100円未満の場合

一番の違いは、その取引単位と発注数量の制限です。

[パートナーズFX]の最低取引単位が1万通貨なのに対して、[パートナーズFX nano]は100通貨単位での取引が可能となっています。

 少額取引と言えば、1000通貨単位が一般的に知られていますが、[パートナーズFX nano]では、さらに小さい100通貨単位に対応しているのです。

 1ドル95~100円未満の場合、米ドル/円の100通貨取引に必要な証拠金はたったの400円。

 ただし、[パートナーズFX nano]の1回の最大発注数量は10万通貨まで、1日あたりの取引数量上限は4000万通貨までという規制が設けられています。

 1回で100万、200万通貨を発注し、1日の取引量もこの上限を上回るようなアクティブトレーダーにとっては不向きな口座になってしまいます。

 それに比べて[パートナーズFX]は、通貨ペアにより異なりますが、1回の最大発注数量が最低でも200万通貨で、1日あたりの取引数量に上限がありません。

■米ドル/円スプレッドが0.3銭原則固定なのはどっち?

 さらに両口座は、スプレッドと約定のさせ方に違いがあります。

 まず、[パートナーズFX nano]は、スプレッドが[パートナーズFX]に比べて狭いという点がメリットの1つですが、[パートナーズFX]はPCからのストリーミング注文において、必ず提示したレートで約定するという約定力の高さがポイントです。

 低スプレッドだけど、提示レートと約定レートにズレが発生するスリッページという現象が発生する可能性のある[パートナーズFX nano]

 対する[パートナーズFX]は、ややスプレッドは広めではありますが、スリッページ発生率は0%と、対称的な両口座なのです。

 だから、取引数量以外にも、どちらのメリットを重要視するかが口座選びの基準になりそうです。

 では、まずはスプレッドの比較からしてみたいと思います。

 以下は、両口座の主要通貨ペアにおけるスプレッドです。[パートナーズFX nano]の方が[パートナーズFX]よりもスプレッドが狭いことがわかると思います。

[パートナーズFX]と[パートナーズFX nano]のスプレッドを比較(2014年3月28日現在)

 さらに[パートナーズFX nano]のスプレッドは、[パートナーズFX]よりも狭いというだけではなく、業界内でもトップ水準!

業界トップ水準の「米ドル/円」スプレッドを比較(2014年3月28日現在)

【参考コンテンツ】
FX会社徹底比較!:取引コストで比べる「米ドル/円」スプレッドの狭い順

 変動制や取引数量の条件つきという上位3社を除けば、原則固定スプレッドでは、GMOクリック証券[FXネオ]DMM.com証券[DMM FX]と並んで業界のトップとなっています。

 ちなみに、[パートナーズFX nano]で取り扱っている通貨ペアは、米ドル/円とクロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)の8通貨ペアのみです。

 一方、[パートナーズFX]では、ユーロ/米ドルや英ポンド/米ドルといったドルストレート(米ドルが絡んだ通貨ペア)を含め、13通貨ペアが取引できます。

 円絡みの通貨ペアを取引する方で、取引上限やある程度のスリッページが気にならないのであれば、スプレッド面においては[パートナーズFX nano]のほうがお得というわけです。

 次に、両口座のスリッページや約定について比較してみましょう。

この記事に関連する新着情報

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社
スプレッドは業界最狭水準 インヴァスト証券[トライオートFX]

インヴァスト証券[トライオートFX]

過去実績から自動売買が選べる「自動売買セレクト」!自分用のポートフォリオが組めるトライオートFX

取引コストが安い! GMOクリック証券[FXネオ]

GMOクリック証券[FXネオ]

取引ツールも充実! 今ならザイFX!限定で3000円キャッシュバック!

ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ
FX毎日バトル!」へ
やさしいビットコイン・仮想通貨研究所」へ

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2396人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 103577人 ザイFX!のtwitterをフォローする

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引で、もれなく限定5000円キャッシュバック!スキャルならJFX!

link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

注目FXニュースをPick Up!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利20%以上!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門
みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
TOPICS
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム



FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議
08月10日更新


どうする?どうなる?日本経済、世界経済 今井雅人 08月06日更新

米ドル安のもっとも大きな要因はトランプ大統領への不信感!?








元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果