ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

ヒロセ通商[LION FX]ではザイFX!からの口座開設者限定キャンペーンを実施中!

松田哲の「FX一刀両断!」
バックナンバー

短期チャートでは買いシグナル点灯も、
ユーロ/米ドルはもう一段下落の可能性大

2014年06月25日(水)15:51公開 [2014年06月25日(水)15:51更新]

【全41口座を徹底的に調査】通貨ペアごとに、スプレッドやスワップでランキングを作成し公開!

■4時間足チャートではボックス相場を下抜けて売りシグナル

 最後に、4時間足チャートをご覧いただきたい。ユーロ/米ドルは、サポート・ライン(1)「緑の破線」に沿って、1.36ドル台ミドルから1.3900ドル近辺まで急上昇した。 

ユーロ/米ドル 4時間足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 ところが、サポート・ライン(1)「緑の破線」を割り込み、「窓(Gap)」を空けて「売りシグナル」を発した、と考える。

 ユーロ/米ドルは、この「売りシグナル」に従い下落したのだが、1.3800ドル割れ(1.37ドル台後半)程度でサポートされた。

 その結果、「紫の破線」で示した小さなボックス相場を形成した、と考える。

 このボックス相場「紫の破線」を上にブレイクし、「買いシグナル」を発した、と考える。 

ユーロ/米ドル 4時間足(再掲載、クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 この「買いシグナル」に従い、1.4000ドル近辺まで急騰したが、1.4000ドルには届いていない。高値は、1.3990-95ドル水準だ。

■1.4ドル近辺の高値から反転急落し売りシグナル

 そして、ドラギECB(欧州中央銀行)総裁が6月の会合で、何らかの金融緩和策を採る旨、示唆する発言をしたことを材料に、ユーロ/米ドルは、1.4000ドル近辺の高値から、反転急落している。

 上の4時間足チャートのサポート・ライン(2)「緑の破線」を割り込む場合は、「売りシグナル」なので、要注意と考えていた。

 再掲載した下のチャート見てのとおりに、「売りシグナル」が点灯した、と考える。 

ユーロ/米ドル 4時間足(再掲載、クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 そして、ユーロ/米ドルが1.4000ドル近辺の高値から反転急落したので、ボックス相場「ピンクの破線」を形成した、と考えることができる。

 このボックス相場「ピンクの破線」の下限を下に抜けて、さらなる「売りシグナル」を発した、と考える。

 これらの「売りシグナル」に従い、相場は徐々に切り下がっている。

 1.4000ドル近辺からの下落で、「青の破線」で示したレジスタンス・ラインを表示した。

■直近の値動きで反発上昇、上値メドは?

 直近の値動きで、レジスタンス・ライン「青の破線」を上に抜けて、「買いシグナル」を発した、と考える。

 「反発する局面があれば、上値のメドが、どの位になるのか?」を示すために、「赤の細線(水平線)」を表示した。 

ユーロ/米ドル 4時間足(再掲載、クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 ごく目先の相場は、「安値1.3500ドル程度-高値1.3680ドル程度」のボックス相場を形成中、と考えた方が良いのかもしれない。

 しかしながら、この4時間足チャートに表示した値動きは、日足チャートに表示した、「下限1.3300ドル-上限1.4000ドル」のボックス相場(ピンクの破線)の中に、完全に含まれる

ユーロ/米ドル 日足(再掲載、クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 だから、4時間足チャートで発せられるシグナルよりも、もっと重要なことは、「下限1.3300ドル-上限1.4000ドル」のボックス相場を、明確に、ブレイクした方向についていくことだ、と考えている。

 このボックス相場の上限は、オプション取引の影響で、1.4050ドルの上、すなわち、1.4060ドルではないか、と考えている旨は、既述した。

■6月5日(木)のユーロ/米ドルは大荒れ

 6月5日(木)、欧州中央銀行(ECB)は政策金利を0.1%引き下げて、0.15%とした。

 そして、中銀預金金利を-0.1%に設定し、主要中銀として初めてマイナス金利導入を決めた。

 これを材料に、6月5日(木)の海外市場ではユーロ/米ドルが大きく下落し、1.3500ドル近辺まで急落した(1.3500ドルにはタッチしていない)。

 ただし、政策金利の引き下げ幅が事前予想よりもわずかながら小さかったことから、政策金利の発表直後にユーロが上昇するなど、大荒れの相場だった。

 1.3500ドル近辺の安値をつけてからは、「材料出尽くし(イベントの終了)」を材料に、強烈なユーロの買戻しとなった。

 ユーロ/米ドルは、1.3500ドル近辺から1.36ドル台後半程度にまでリバウンドした。

■大口の投資家が大量の「ユーロ買い・米ドル売り」を…

 2014年6月6日(金)の米国雇用統計は、ほぼ事前予想どおりで、米国雇用統計に対する反応は薄かった。

 ただし、非農業部門雇用者数は事前予想どおりとはいえ、今回も20万人を超える増加となり、米国経済の回復基調を確認する内容だった、と考える。

 ECBの決定を受けて、6月5日(木)の相場は大きく下落した後で大きくリバウンドしたが、大局では、ユーロ/米ドルが徐々に下落している、と判断している。

 6月5日(木)の相場が1.3500ドル近辺から大きく上昇したのは、1.3500ドル近辺で大口の投資家が、大量の「ユーロ買い・米ドル売り」を行ったことが原因と考える。

 1.3500ドル近辺には、大量のオプション取引が設定されていることは、簡単に推測される。

 つまり、1.3500ドルにタッチしないように、単純に「防戦のユーロ買い」が出たことがきっかけで、6月5日(木)のECBの決定を材料にユーロ売りを行った市場参加者が、1.35ドル台後半から1.36ドル台ミドルで、「損切りのユーロ買戻し」を行った、と考えている。

大局では、時間が経過することで、ユーロがもう一段下落する方向で考えている。

(2014年06月25 日東京時間12:10記述)

松田哲の「FX一刀両断!」
松田 哲 (まつだ・さとし)

早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などで米ドル/円相場、クロス円相場の下落を見事的中。近著に『1勝9敗でも勝てる松田式FX!』(ダイヤモンド社)がある他、『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)などの著書がある。

執筆者のサイト

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2825人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 106908人 ザイFX!のtwitterをフォローする

ヒロセ通商[LION FX]
相場予想が当たらなくても儲かる!底辺高校卒業生と最強の為替サイトザイFX!が作った1日5分で稼ぐFXグルトレ完全ガイド
【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門
簡単!ログイン不要! ザイFX!for iPhoneリニューアル!最新のチャート・レート・ニュースをサクッと確認できる♪使い方を詳しく紹介! 無料配布中!今すぐAppStoreからダウンロード!
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム












元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ