ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

【外為どっとコム】ザイFX!限定で現金がもらえるキャンペーン実施中!

松田哲の「FX一刀両断!」
バックナンバー

なぜ今、日銀は追加緩和を決定したのか?
ドル/円は11月3日の「窓」の扱いが難しい

2014年11月05日(水)17:27公開 [2014年11月05日(水)17:27更新]

【全41口座を徹底的に調査】通貨ペアごとに、スプレッドやスワップでランキングを作成し公開!

■大局では米ドル/円上昇だが、「窓」の扱いが難しい

 先週末(10月31日(金))の「日銀の追加緩和策」が発表された後の値動きは、強烈な上昇だった。

 従来の高値、110円台前半を越えて発せられた「買いシグナル」に従い、この日(10月31日)のうちに、112円台ミドル程度の高値をつけている。

 週明け月曜日(11月3日)は、東京市場が休場だったのだが、海外市場では、「窓(Gap)」を空けて、112円台後半程度で始まり、この日の海外市場では、114.20円近辺の高値をつけている。

 この「窓(Gap)」の扱いが、非常に難しい、と考える。

 今回のケースでは、米ドル/円が上昇しているので、今回のこの「窓(Gap)」は、「買いシグナル」と考えることができる。

 しかし、この急騰(110円台から114円台への急上昇)の調整(下落)が起こる場合は、「窓埋め」をする可能性もある

 通常は、「窓埋め」をするケースが多いのだが、必ず、窓を埋めるとは限らないので、判断が難しいのだ。

 つまり、調整下落のメドとして、112.50円近辺を想定する必要がある、ということだ。

米ドル/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足

 大局では、米ドル/円の上昇トレンドになんら変化はない、と考えるが、110円台から114円台への急上昇のスピードが速すぎるので、あるいは、見方によれば、105円台から114円台への急上昇のスピードが速すぎるので、調整の下落が起こっても不思議ではない、と考えている。

■なぜ、このタイミングで日銀は追加緩和を決定したのか?

 先週末(10月31日)に日銀は追加の緩和策を発表した。

 「なぜ、このタイミングなのか?」

 いろいろな理由が考えられる。

 まず、黒田日銀総裁は、財務省(旧大蔵省)の出身だ。財務省(旧大蔵省)にしてみれば、消費税の引き上げは、悲願だろう。

 今回(この年末まで)の消費税引き上げチャンスを逃すと、今後、どうなるのか、予測がつかない(先々にわたり、消費税引き上げを実施できない可能性も出てくる)。

 安倍政権は、「小渕問題」で大失敗を起こし、支持率が低下しており、消費税引き上げの強行突破を敢行し難い状況にある。

 安倍政権の閣僚の問題は、「小渕問題」に留まっておらず、その収拾は不透明だ。

 そして、従来の金字塔だった「アベノミクス」にも、すでに黄色信号が点っていた。

 そこで、新たな旗印として、追加の金融緩和策を掲げて、「アベノミクス再び」を狙ったのではないだろうか?

■これまでのアベノミクスとは結局、何だったのか?

 ここで注意喚起をしておくが、過去のアベノミクスとは、実質的に、「日銀の金融緩和策による株価の上昇」でしかない

 もう少し突っ込んで言えば、「円の金融緩和に伴う為替の円安による日本株の上昇」という現象に過ぎない。

 本来は、アベノミクスで―――アベノミクスが、従来と異なる新たな政策とするならば―――新たな政策(金融緩和策以外の具体的な景気刺激政策)を提示するべきなのだが、今のところ、そういった新たな政策は、まったくなかった。

安倍政権に替わってからの公共事業の拡大は、旧態依然とした「ばら撒き」にすぎず、「新たな政策」とは、とても呼べない。

 うがった見方をすれば、現政権から日銀へ、その旨の懇願があったのかもしれないし、仮に、そういった「お願い」がなかったとしても、日銀総裁が、現政権に、「暗黙の恩」を売った可能性もあり得る。

 消費税を引き上げたい、といった共通の目的があるのだから、「阿吽(あうん)の呼吸」だったのかもしれない。

日銀は政府と「阿吽(あうん)の呼吸」で追加緩和に踏み切ったのか? 写真は日銀本店

■「貧富の差の拡大」、「社会的矛盾の拡大」が心配

 今回の日銀の追加の金融緩和策に関しての議決は、賛成5、反対4だったと聞く。

 つまり、ギリギリの投票結果だった。

 日銀の金融政策の変更としては、十分に合意があったわけではなさそうだ。

 それを見ても、唐突な印象が残る(=このテーマが、緊急に持ち上がったのではないか、と推察される)。

 このような、十分に多方面からの合意のない政策の効果が、果たして、どの程度、維持されるのか?

 確かに、市場(金融市場に限らず、さまざまなマーケット)は、サプライズ(驚愕)した。

もっともサプライズ(驚愕)したのは、米ドル/円の外国為替市場だった、とも言えそうだ。

 しかしながら、実質を伴わない(つまり、具体的な景気刺激策を伴わない)、単なる金融緩和策では、確かに、日本の株価を上昇させるだろうが、そのほかの部分に、矛盾を転嫁させることになるのではないか、と危惧する。

 つまり、今回の追加の金融緩和策は、「貧富の差の拡大」、「社会的矛盾の拡大」という「つけ(将来の問題)」に、姿かたちを変えたのではないか、と、心配している次第だ。

(2014年11月05日東京時間 13:15記述) 

松田哲の「FX一刀両断!」
松田 哲 (まつだ・さとし)

早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などで米ドル/円相場、クロス円相場の下落を見事的中。近著に『1勝9敗でも勝てる松田式FX!』(ダイヤモンド社)がある他、『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)などの著書がある。

執筆者のサイト

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2825人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 106903人 ザイFX!のtwitterをフォローする

おすすめFX会社
link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

イメージキャラクターは白石麻衣さん! 無料オンラインセミナーは初心者に人気!

link

ザイFX!限定で3000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

相場予想が当たらなくても儲かる!底辺高校卒業生と最強の為替サイトザイFX!が作った1日5分で稼ぐFXグルトレ完全ガイド
【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門
簡単!ログイン不要! ザイFX!for iPhoneリニューアル!最新のチャート・レート・ニュースをサクッと確認できる♪使い方を詳しく紹介! 無料配布中!今すぐAppStoreからダウンロード!
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム












元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ