ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

YJFX![外貨ex]は取引でPayPayか現金がもらえる!ザイFX!限定で3000円もらえるキャンペーン中!

バックナンバー

反発中の豪ドル/ドルだが上値限定的か。
サポート・ライン割れて売りシグナルが点灯

2014年11月19日(水)19:07公開 [2014年11月19日(水)19:07更新]

【外為オンライン】ザイFX!限定3000円+FX書籍がもらえる

■月足の「高値圏での乱高下」が後々の下落を示唆

 今回は豪ドル/米ドルの分析を行なう。まず、月足チャートからご覧いただきたい。

 月足チャートを見ると、豪ドル/米ドルは一番右の中長期のサポート・ライン「太い緑の破線」を割り込み、その時点で「売りシグナル」を発したと考える。

豪ドル/米ドル 月足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 上のチャートでは、一番右の中長期のサポート・ライン「太い緑の破線」の傾きを緩やかにして、実際の相場に合わせ調整している。

 豪ドル/米ドルは高値圏で「紫の破線」で示した「下値0.9400ドル近辺-上値1.1100ドル近辺のボックス相場」を形成していたと考える。

 そして、ボックス相場「紫の破線」の下限を割り込み、さらなる「売りシグナル」を発したと考える。「紫の破線」で示した「下値0.9400ドル近辺-上値1.1100ドル近辺のボックス相場」は、「高値圏での乱高下」と考えることができる。

 「高値圏での乱高下」は、後々の下落を示唆するケースが多々ある。
このボックス相場「紫の破線」の下限を割り込んだことで、大きく下落する可能性を示唆していると考える。

■ボックス相場下抜け後も乱高下を続ける

 豪ドル/米ドルは0.9400ドルを割り込み発せられた「売りシグナル」に従い、0.88ドル台にまで下落したが、0.88ドル台から急反発して、0.97ドル台にまでリバウンド(反転上昇)した。

豪ドル/米ドル 月足(再掲載、クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 2013年9月のFOMC(米連邦公開市場委員会)で、米国の出口戦略(量的緩和策の縮小)が先送りされたこと、そして米議会が紛糾したこと(予算案と債務上限引き上げの2つの問題)を材料に、「米ドル売り(豪ドル買い)」に動いた、と考える。

 2013年12月18日(水)のFOMCで「テーパリング(量的緩和策の縮小)実施」が発表された。

 これを材料に豪ドルは再度大きく下落し、0.86ドル台の安値をつけている。しかし、0.86ドル台の安値から今度は大きく急騰し、高値は、0.9500ドル近辺(0.9500-05ドルレベル)をつけている。

 0.9500ドル近辺(0.9500-05ドルレベル)の高値から、再び下落して、0.85ドル台の安値を再度示現した。

 下の月足チャートに表示するが、豪ドル/米ドルは「上値0.9800ドル程度-下値0.85ドル台前半程度」のボックス相場を形成している、と考える。

豪ドル/米ドル 月足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

■RBAは引き続き、金融緩和方向だと推測

 RBA(オーストラリア準備銀行=豪中央銀行)は2013年8月に、政策金利を過去最低となる2.50%に引き下げたが、その後は、現在に至るまで政策金利を過去最低となる2.50%に据え置いている。

豪州政策金利の推移

(詳しくはこちら → 経済指標/金利:各国政策金利の推移

 しかし、RBAは、経済においてバランスのとれた成長を達成するために、豪ドル相場の下落を希望している旨、たびたびアナウンスしている。

 RBAのこうしたスタンスは、今後も豪ドルの重しになる、と考える。

そして直近のRBAの声明でも、RBAのスタンスは上述のとおりであると確認できる、と考える。

 つまり、RBAのスタンスは、引き続きまだ金融緩和な状態、と推量する。

 マーケットには、「豪政策金利の2.50%は、(過去最低だから)すでに最下限にあり、これ以上に引き下げることはない」、「ゆえに、RBAが、次に取る行動は、政策金利引き上げに違いない」と、先読みする市場参加者もいるようだ。

 これから先のマーケットを考察すれば、上述は、確かに正しいのかもしれない。その可能性も十分にある。

 しかしながら、各国の金融政策を読み解く場合には、実際の行動(具体的な金融政策の変更、すなわち、利上げ・利下げ)を証拠とすべきだ。

 豪政策金利は、2011年の4.75%から断続的に引き下げられて、現在の2.50%に至っている(最後の利下げは2013年8月で、それ以降2.50%が続いている)。

豪州政策金利の推移(再掲載)

(詳しくはこちら → 経済指標/金利:各国政策金利の推移

 だから、「RBAの次の行動は利上げである」と考える証拠は、まだない状況だ。

RBAのアナウンスをみても、利上げを示唆する内容はない、と考える。

 そうこう思索すると、今の時点で、「RBAが次に取る行動は、政策金利引き上げだ」と判断することは間違っている、と考える。

 各国の政策金利に関しては、それぞれの…

FX会社のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
松田哲の「FX一刀両断!」
松田 哲 (まつだ・さとし)

早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などで米ドル/円相場、クロス円相場の下落を見事的中。近著に『1勝9敗でも勝てる松田式FX!』(ダイヤモンド社)がある他、『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)などの著書がある。

執筆者のサイト

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2396人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 103559人 ザイFX!のtwitterをフォローする

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
注目FXニュースをPick Up!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利20%以上!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門
みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
TOPICS
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム




どうする?どうなる?日本経済、世界経済 今井雅人 08月06日更新

米ドル安のもっとも大きな要因はトランプ大統領への不信感!?




FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議
08月03日更新





元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果