ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

少額1通貨単位から取引ができるSBIFXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

松田哲の「FX一刀両断!」
バックナンバー

米ドル/円取引の素晴らしい戦術とは?
米利上げは年内に2回ある可能性も!?

2015年08月05日(水)16:40公開 [2015年08月05日(水)16:40更新]

【全41口座を徹底的に調査】最大キャッシュバック額が大きいキャンペーンでランキングを作成し公開!

■黒田発言の影響もあり、米ドル/円は下落

 125円台後半の高値をつけてから、米ドル/円は下落した。

 サポート・ライン(1)「ピンクの破線」を割り込んだ時点で、「売りシグナル」を発した、と考える。

 ただし、サポート・ライン(1)「ピンクの破線」の傾きが、緩やかになるのではないか、と考えていた。

 基本的に、わざわざ「米ドル売り・円買い」で戦う必要はない、と考えたからだ。

 つまり、調整下落があるのならば、下がったところでの「米ドル買い・円売り」がセオリーと考えた。

 上述のように考えていたのだが、黒田日銀総裁が、これ以上の円安に疑問を呈したことを材料に、122円台ミドルに急落した。

 この発言の影響は、まだ消化しきれていない、と考える。

■122円を割り込んだが、120円台からは急反発

 そして、米ドル/円は、「紫の破線(細線)」で示したボックス相場を形成した、と考える。

 上昇過程で、122.00円近辺は、チャート・ポイント(レジスタンス)だった。

 過去のチャート・ポイントは、その後の値動きでもチャート・ポイントであることが多いので、122.00円を割り込む場合は、比較的に大きな調整(修正の下落)の可能性がある、と考えた。

 しかし、逆に、122円台がキープ(維持)されると、時間が経過すれば、米ドル/円の上昇トレンドに従い、ボックス相場「紫の破線(細線)」を上に抜けることになる、と考えた。

 4時間足チャートを見てのとおりに、一時的に、122.00円を割り込み、121.90円近辺の安値をつけたのだが、相場は急落せずに、反転上昇した。

 それで、ボックス相場「紫の破線(細線)」の下限は、121.80円近辺と考えた。 

米ドル/円 4時間足(クリックで拡大)
米ドル/円 4時間足

(出所:米国FXCM

 ギリシャ問題が紛糾したことで、米ドル/円は、「窓(Gap)」を空けて急落することもあったのだが、その都度、反発して、「窓埋め」を完了している。

 これらの「窓(Gap)」は、「売りシグナル」と考える。

 そして、4時間足チャートを見てのとおりに、ボックス相場「紫の破線(細線)」の下限を割り込み、121円台後半で、「売りシグナル」を発した、と考える。

 この「売りシグナル」に従い、120円台ミドルに急落したが、120円台からは、急反発している。

■目先は値幅5円強の大きなボックス相場を形成中

 4時間足チャートに示したように、レジスタンス・ライン「青の破線」を上に抜けて、「買いシグナル」を発した、と考える。

 この上昇は、サポート・ライン(2)「ピンクの破線」に従っている、と考える。

 この短時間のチャート(4時間足)を細かく見ると、ごく目先の米ドル/円は、ボックス相場「緑の破線」を形成中、と考える。

 そして、このチャートのほぼ全部を含んでしまうのだが、大きなボックス相場「赤の破線」を形成中、と考える。

米ドル/円 4時間足(クリックで拡大)
米ドル/円 4時間足

(出所:米国FXCM

 なお、日足チャートでは、このボックス相場を「茶色の破線」で表示している。 

米ドル/円 日足(再掲載、クリックで拡大)
米ドル/円 日足

(出所:米国FXCM

 戦術としては、現在の相場が、ボックス相場「赤の破線」を形成中であることに注目するべき、と考える。

 つまり、現在の米ドル/円が、「下限120円台ミドル程度、上限125円台後半程度」の比較的大きなボックス相場であることに留意し、そして、
基本的な流れ(トレンド)が上昇(=ドル高円安)であることにも注意を払う、ということだ。

 目先の相場は、124円台ミドル(124.60-70ドルレベル)が抵抗(レジスト)しているが、これを上に抜けると、125円台後半程度まで上昇する可能性がある。

 しかし、125円台後半は、当面のところ、レジスタンス(抵抗)と考える。

 ただし、126円台に乗せる場合は、改めて「買いシグナル」点灯になるので、要注意だ。

値ごろ感での安易な「米ドル売り・円買い」は推奨できない、と考える。

 上記のように、詳述したが、「夏休み相場」で、マーケットの動意が薄い時期(シーズン)だ。

 相場の格言にもあるとおりに、「休むも相場」と考えて、9月になるまで、8月いっぱいを休むことも、素晴らしい戦術と考える。

■米利上げの本来の目的は「金融政策の正常化」

 「米国の利上げ」が、テーマになっているが、利上げの開始は、9月からだ、と考えている。

 今回の利上げは、もちろん、景気が回復したからなのだが、それが第一義ではなく、「金融政策の正常化」が、本来の目的だと考えている。

 回復基調の景気を腰折れさせるのでは、本末転倒なので、そうならないようにFRB(米連邦準備制度理事会)は注意を払っているが、できる限り早急に、「ゼロ金利」という特殊な状態から脱却したいのだろう、と推測する。

 そう考えると、9月の利上げ開始が見えてくる

 「金融政策の正常化」が目的ならば、9月に利上げを実施した上で、
さらに、年内(12月)に、もう1回、利上げする可能性もあり得る
、と考える。

 もし仮に、9月の利上げが実施されない場合は、12月の利上げは必至と考える。

(2015年8月5日 東京時間13:00記述)

松田哲の「FX一刀両断!」
松田 哲 (まつだ・さとし)

早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などで米ドル/円相場、クロス円相場の下落を見事的中。近著に『1勝9敗でも勝てる松田式FX!』(ダイヤモンド社)がある他、『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)などの著書がある。

執筆者のサイト

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2827人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 106989人 ザイFX!のtwitterをフォローする

ヒロセ通商[LION FX]
相場予想が当たらなくても儲かる!底辺高校卒業生と最強の為替サイトザイFX!が作った1日5分で稼ぐFXグルトレ完全ガイド
【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門
簡単!ログイン不要! ザイFX!for iPhoneリニューアル!最新のチャート・レート・ニュースをサクッと確認できる♪使い方を詳しく紹介! 無料配布中!今すぐAppStoreからダウンロード!
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム












元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ