ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

【外為どっとコム】ザイFX!限定で現金がもらえるキャンペーン実施中!

松田哲の「FX一刀両断!」
バックナンバー

G20での「通貨安競争回避」の影響は?
ユーロ/米ドルの売りシグナルはどうする?

2016年03月02日(水)17:20公開 [2016年03月02日(水)17:20更新]

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

■直近のユーロ/米ドルはウェッジを形成

 サポート・ライン(2)「赤の破線」を加筆した。 

ユーロ/米ドル 日足(再掲載、クリックで拡大)
ユーロ/米ドル 日足

(出所:ヒロセ通商

  直近のユーロ/米ドルは、レジスタンス・ライン「青の破線」とサポート・ライン(2)「赤の破線」で、再び、「三角保ち合い(ウェッジ)」を形成した、と考える。

 この「三角保ち合い(ウェッジ)」を下に抜けて、「売りシグナル」を発した、と考える。

 「三角保ち合い(ウェッジ)」は、抜けた方につくのがセオリーだ。

■ドラギ総裁はユーロ下落を望んでいる

 最後に4時間足チャートの分析を行なう。

 昨年(2015年)の12月15日(火)、16日(水)のFOMC(米連邦公開市場委員会)で、米国は利上げの開始を発表した。

 このFOMCの前後で、ユーロ/米ドルは、「紫の破線」で示したボックス相場を形成した、と考える。 

ユーロ/米ドル 4時間足(クリックで拡大)
ユーロ/米ドル 4時間足

(出所:ヒロセ通商

 米国の利上げ開始は、基本的に、「ユーロ売り・米ドル買いの材料」と考える。

 年初(1月4日)の値動きで、1.0800ドルを割り込み、1.07ドル台をつけている。この値動きで、ボックス相場「紫の破線」の下限を、割り込んだ

年初(1月4日)に、安値を改めて更新して、「売りシグナル」を発した、と考える。

 この「売りシグナル」に従い、1.0700ドル近辺まで下落したが、1.07ドル台からは、反発上昇している。

 それで、ユーロ/米ドルは、一回り大きいボックス相場「ピンクの破線」を形成した、と考える。 

ユーロ/米ドル 4時間足(再掲載、クリックで拡大)
ユーロ/米ドル 4時間足

(出所:ヒロセ通商

 1月下旬(1月21日)のECB理事会では、事前の予想どおりに、金利据え置きとなった。

 ただし、この日(1月21日)の会見で、ドラギECB総裁は、3月に追加緩和策を採る旨、示唆した。

 それを材料に、ユーロ/米ドルは下落したが、その後、反発に転じて、「行って来い」の値動きになっている。

 ドラギECB総裁は、ユーロの下落(=ユーロ安)を望んでいる節がある。

 中央銀行の総裁の立場では、為替レートの水準に関して発言することはタブーであるから、それを明言することはできない。

ドラギECB総裁は、欧州経済の回復のために、ユーロの下落(=ユーロ安)が有効と考えているのだろう、と推測する。

■直近の「売りシグナル」には従った方が良い

 4時間足チャートを見ると、ユーロ/米ドルは、ボックス相場「ピンクの破線」を上に抜けて、「買いシグナル」を発した、と考える。 

ユーロ/米ドル 4時間足(再掲載、クリックで拡大)
ユーロ/米ドル 4時間足

(出所:ヒロセ通商

 しかし、この水準から、「ユーロ買い」でついていかない方が良い、と考えた。

大局での「ユーロ下落トレンド」に変化がない、と考えるからだ。

 そして、直近の値動きでは、4時間足チャートを見てのとおりに、短期のサポート・ライン「赤の破線」を割り込み、ユーロ/米ドルは「売りシグナル」を発した、と考える。

この「売りシグナル」には、従った方が良い、と考える。

 短期のレジスタンス・ライン「青の破線」を表示した。

 上述の「売りシグナル」を発して以降は、この短期のレジスタンス・ライン「青の破線」に従って、ユーロ/米ドルは下落している、と考える。

■G20で日本は「米ドル買い・円売り介入」を封じられた?

 G20について一言。

 先週末(2月26日、27日)に上海で、G20(財務相・中央銀行総裁会議)が開催された。

 しかし、個人的には、事前に、「今回のG20での、効果のある合意の可能性は、極めて低い」と考えていた。

 そもそも、G20は、効果的な合意を形成できる可能性が少ない。

 参加国が多いので、それぞれの立場を考えると、利害が一致しなくなり、方向性のある合意が成立し難いのだ。

 その点、まだ、G7や、サミットの方が効果的だろう。

 そういった情勢の下、今回のG20(財務相・中央銀行総裁会議)が終了し、声明が発表された。

 個人的には、事前に想定したとおりに、「何一つとして、具体的かつ効果的な政策・合意はない」と判断した。

 ところが、G20終了後の、マスコミの報道を見ると、なんらの具体策もないのに、ずいぶんと評価の高いコメントが多かった。

 正直なところ、私の感覚が変なのか(間違っているのか)、と、多少不安に感じる程だった。

 週明け(2月29日)のマーケットを見て、正直に、ほっとしている。

 やっぱり、今回のG20では、表面だけは格好の良い声明が発表されたものの、「何一つとして、具体的かつ効果的な政策・合意はなかった」
と、改めて判断する。

 金融政策以外の、景気浮揚策を求める声も出たが、強制力もないし、
たとえば、日本にしても、中国にしても、景気を浮揚したいのは、山々なのだが、それができるのならば、わざわざG20で指摘される以前に、さっさとやっているはずだ。

 日本には、財源が不足している。

 中国の場合は、シャドーバンキング問題などで、水面下に隠れている不良債権が莫大で、どうにも手が出せないのだろう、と推測している。

 今回のG20で注目するべきは、「各国が通貨安競争を避ける」という合意。

 この合意で、日本は、「米ドル買い・円売り介入」を封じられた、と考えている。

 もちろん、今後の相場で、米ドル/円が短期間で、いっきに100.00円を割り込むようなことになれば、「米ドル買い・円売り介入」の可能性もあり得るが、時間をかけて、徐々に相場が変化するのならば、基本的に、介入そのものが否定されるだろう。

 つまり、一般論として、為替相場に介入することは「禁じ手」と確認された、と考えている。

(2016年3月2日 東京時間13:35記述)

松田哲の「FX一刀両断!」
松田 哲 (まつだ・さとし)

早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などで米ドル/円相場、クロス円相場の下落を見事的中。近著に『1勝9敗でも勝てる松田式FX!』(ダイヤモンド社)がある他、『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)などの著書がある。

執筆者のサイト

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2811人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 110662人 ザイFX!のtwitterをフォローする

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

link

初心者でも安心の少額取引!

SBI FXトレード

少額1通貨単位から取引ができるSBI FXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーン比較 外為どっとコム[外貨ネクストネオ] JFX[MATRIX TRADER]
キャンペーン比較 外為どっとコム[外貨ネクストネオ] JFX[MATRIX TRADER]
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイ投資戦略メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム











元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)