ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

ヒロセ通商[LION FX]ではザイFX!からの口座開設者限定キャンペーンを実施中!

ザイスポFX!
バックナンバー

94%の日本人が知らない金融商品【前編】
「トライオートETF」の意外な正体とは?

2016年05月23日(月)12:03公開 [2016年05月23日(月)12:03更新]

【全41口座を徹底的に調査】最大キャッシュバック額が大きいキャンペーンでランキングを作成し公開!

■東証はすべて円建てで取引。為替リスクに注意必要

 話を先へ進めましょう。

 先ほど、東証でも海外の株価指数などを対象指標とするETF銘柄がいくつか上場されている、とお伝えしたとおり、日本国内にあってもそうしたETF銘柄を取引することは可能です。ただし、東証に上場されているETFは、たとえ対象指標が海外のものであってもすべて円建てで取引されます。

 そこで、注意しておきたいのが為替リスク

 たとえば、米国の取引所にNYダウに連動したETFが上場していたとします。これは、当然、投資元本の資産価値も米ドルで評価されますよね?

 では、同じくNYダウに連動したETFが東証で上場しているとしましょう。東証では、海外の株価指数などを対象指標とするETFであっても円建てで取引されますので、対象指標であるNYダウの値動き以外に、投資元本に対する資産価値の為替変動分(この場合は、米ドル/円の為替変動)が織り込まれた状態でETFの価格が動くのです。

 ということはつまり、米ドル/円の為替変動を加味した分、NYダウを対象指標とする米国のETFとは異なる値動きをするということになりますし、また、連動するNYダウの動きだけではなく、米ドル/円の変動リスクについても考慮して取引しなければならないということになります。

■トライオートETFはCFDだから、為替リスクを軽減!

 それなら、海外の取引所に上場しているETFを直接、購入すれば良いのではないか(!?)と思うかもしれませんが、それでも投資元本が海外の資産である以上、為替リスクを伴うという結果は同じ。

マネックス証券、SBI証券、楽天証券などのネット証券をはじめ、海外の取引所に上場しているETFを直接購入できる国内の証券会社もありますが、最終的には、純粋なETFの値動きに対する損益のほか、投資元本に対する為替変動を加味した状態で清算されることになります。

 細かな手数料などを比較すると、コスト面での違いは各社であるかもしれませんが、結局、東証に上場されている円建てのETFでも、海外の取引所に上場されている外貨建てのETFでも、日本国内から購入する場合の為替リスクが及ぼす影響は、似たようなものなのです。

 この点、[トライオートETF]はあくまでCFDですので、FX同様、差金決済を前提とした取引。投資元本となる実際のETFを保有することはありません。為替は決済した時の損益に対してのみ、関係してくるのです。

通常のETFとトライオートETFの為替リスクの違い(クリックで拡大)
通常のETFとトライオートETFの為替リスクの違い

インヴァスト証券のウェブサイトに掲載されている上の図を見るとわかりやすいかも。[トライオートETF]は、通常のETFに比べると、取引にかかる為替リスクが軽減されていると言えます。

■流動性の確保も期待したいところ

 ついでに、[トライオートETF]がCFDだからこそ期待したい点としては、もう1つ、流動性の確保が挙げられます。

 通常のETFの場合、海外の株価指数などを対象指標とするETFについては、東証に上場していても、ものすごーーーーーーーく流動性が乏しいケースも見られます。

 マイナーなものだからなのかもしれませんが、残念ながら、せっかく上場していてもマーケットが薄すぎて、これじゃあ、さすがに取引できないよ、なんて状態のものもあるのです。

 米国などは、ETFの取引自体が日本よりも活発なので、もしかすると「マーケットが薄すぎて取引できない」なんて状態は、見られないのかもしれませんが…。

 CFDである[トライオートETF]の場合、トレーダーの取引の相手方はインヴァスト証券ですので、取引所での流動性の薄さは、インヴァスト証券のがんばり(?)や気合い(?)次第で、ある程度、緩和されるはず。理論的には!

 ある程度、流動性が確保されていることを期待したいところですね。

■取引手数料無料や両替手数料無料でコスト削減

 このほか、取引にかかるコストという面でも[トライオートETF]には注目しておきたい点があります。

 一般的な証券会社などで、海外の取引所に上場している通常のETFを取引するとなると、やはり、通常の株式と同様の取引手数料のほか、外貨両替手数料などのコストがかかってきます。外国株を取引するのと同じような感じです。

インヴァスト証券で紹介されている通常のETFと[トライオートETF]の手数料に関する比較表を以下に掲載しました。

通常のETFと[トライオートETF]の手数料比較(クリックで拡大)
通常のETFと[トライオートETF]の比較

※2016年4月14日時点インヴァスト証券調べ。
※税金、分配金等は考慮しておりません。
※為替レートは常に120円と仮定、現物ETFの両替は1回としています。

 「現物外国ETF(合計)」と書かれているのは、大手ネット証券で海外の取引所に上場している通常のETFを取引した場合の最安手数料で算出されたものです。

 ここでは、取引手数料が約定代金の0.45%(最低取引手数料5米ドル/手数料上限20米ドル)、現地売却時手数料が約定代金1米ドルにつき、0.0000218米ドル、両替手数料(スプレッド)が25銭として計算されています。

 ザイFX!が調べたところ、これは大手ネット証券の一角、マネックス証券の取引手数料、両替手数料と同じでした…。

 「差」と書かれた欄を見ると、取引回数が増えるほど[トライオートETF]での取引にお得感が出てきているのがわかります。何度取引しても取引手数料無料、また、両替手数料無料という点は魅力ですね。

>>>インヴァスト証券[トライオートETF]の最新スペック詳細はこちら

「94%の日本人が知らない金融商品【後編】原油価格の急上昇をダイレクトに狙える!」へつづく)

(ザイFX! 編集部・向井友代)

ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ
FX毎日バトル!」へ
やさしいビットコイン・仮想通貨研究所」へ

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2825人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 106901人 ザイFX!のtwitterをフォローする

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
相場予想が当たらなくても儲かる!底辺高校卒業生と最強の為替サイトザイFX!が作った1日5分で稼ぐFXグルトレ完全ガイド
【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
簡単!ログイン不要! ザイFX!for iPhoneリニューアル!最新のチャート・レート・ニュースをサクッと確認できる♪使い方を詳しく紹介! 無料配布中!今すぐAppStoreからダウンロード!
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム












元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ