ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FX情報局

実はチャイナショック時以上にひたひたと
進んでいる中国人民元安。その理由は?

2016年11月25日(金)12:10公開 (2016年11月25日(金)12:10更新)
FX情報局

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

■資金流出加速で中国人民元安が進む「負のスパイラル」

 経済が減速…株価も戻りが弱い…こうなると、中国国内で事業を行ったり、資産運用するよりも、国外に資金を出した方が儲かるでしょう! ということで、企業や投資家などのお金が中国国外へ流出し始めます。

 資金流出は、そのまま通貨安要因となりますので、中国人民元は下落…。その結果、さらに資金流出が加速し、中国人民元はさらにさらに下落するという負のスパイラルができあがるのです。

 今、中国人民元は、まさにこの負のスパイラルの真っ只中にいると考えられます。

経済減速が資金流出を生み、それが通貨安となってさらなる資金流出につながっているという負のスパイラル

■資金流出額は、過去最大規模!? ビットコインで持ち出し?

 中国国家外為管理局(SAFE)発表の中国本土外へ流出した中国人民元の金額は、2016年9月は447億ドル(約4.6兆円)相当だったとされていますが、これは公表されているデータの中では過去最大の流出規模だったようです。

中国からの資金流出入状況・月次推移

※中国国家外為管理局(SAFE)発表データよりザイFX!が作成

 さらに一部では、違法な送金やビットコインなどの仮想通貨を使って資産の持ち出しが行われているなんてウワサも耳にします。真偽は不明ですが、ありそうな気がする…。

【参考記事】
ビットコインチャート公開記念コラム(1) ビットコイン相場は何によって動くのか?

 そう言えば、ビットコインってこのところ、かなりキレイな上昇トレンドを描いているんですよね。以下は、ビットコインの対円、対米ドル、対ユーロでの日足チャートです。

ビットコインVS主要通貨 日足
ビットコインVS主要通貨 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ビットコイン VS 主要通貨 日足

 どうです? ビットコインは、トランプ氏の米大統領選勝利を受けて全体的に強い米ドルに対しても、力強い上昇トレンドです。仮想通貨ではありますが、今一番強い通貨ってビットコインなのでは…? お伝えした中国からの資金流出も、資産持ち出しの手段としてのビットコイン需要を高め、価格上昇に一役買っているのかもしれません。

 ちょっと脱線しましたが、そんなワケで、止まらない中国国外への資金流出の波は、中国人民元安の大きな要因になっていると考えられます。

米ドル/中国人民元 日足
米ドル/中国人民元 日足

(出所:CQG)

■管理変動相場制なのに介入しない? 背景にある思惑

 それにしても中国の為替相場って、たしか管理変動相場制を採用していて、ある程度、中国当局が為替レートをコントロールしているんじゃなかったでしたっけ? ここまで中国人民元安が進んでいたら、大規模な為替介入でもありそうなものですが、いったいどうなっているのでしょうか?

【参考記事】
楽天証券が中国人民元/円を新たに追加。中国人民元相場でも注目は米大統領選!
固定相場制(ペッグ制)が招いた悲劇!?香港ドルなどの取扱い停止はなぜ増えた?

 この点については、実は、中国当局のある思惑が絡んでいるのではないか?と言われています。

 お伝えしたとおり、近年、中国経済は減速傾向にあります。輸出入の金額もここのところ、前年同月などと比べると、低迷気味…。

中国の総輸出額と輸入額の月次推移(2013年11月~2016年9月)

※中国国家統計局公表データより、ザイFX!編集部が作成

 このような情勢からウワサされているのが、中国当局が輸出を促進し、経済の底上げを図るために、あえて中国人民元安を容認しているのではないか? というものです。あえて容認しているなら、いくら中国人民元安が進んでも、そこまで積極的に介入してこないのもうなずけます。

■ちょっとずつ介入して、中国人民元安をコントロール

 ただ、中国の外貨準備高を見てみると、最近も緩やかな減少傾向が続いていることがわかります。

中国外貨準備高の月次推移

※中国人民銀行公表データより、ザイFX!編集部が作成

 外貨準備高は、自国の為替の安定を図るために為替介入用資金として各国中央銀行が準備しているものですので、これが減少しているということは、ある程度の介入は行われているということを表します。

 でも、中国人民元安の流れはちっとも変わらず、むしろ加速している状況ですよね?

 あくまで推測ではありますが、これは、米国の利上げ期待や資金流出を背景とした中国人民元安が続く中、輸出促進のために容認姿勢はとっているものの、あまりにも急激な中国人民元安が進んでしまわないよう、米ドル売り・中国人民元買いの介入を適宜行い、当局が値動きをコントロールしようとしている、ということを表しているのかも。

 中国当局の思惑をまとめると、こんな感じではないでしょうか?

<中国当局の思惑>

米ドル高の影響で中国人民元安になりやすい市況だし、これを受け入れて、輸出を促進して経済の底上げを図ろう。だけど、行き過ぎは良くないから、ちょこちょこっと為替介入して米ドル高・中国人民元安の勢いを抑制すればいいか!

 もう1つ、中国当局が大々的に…

外貨ex byGMO[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 jfx記事
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る