国内暗号資産取引アプリダウンロード数1位のコインチェック!

噂の仮想通貨勉強会にザイFX!が潜入。
ビットコインETFは認可されず一時暴落!

2017年03月13日(月)16:00公開 [2017年03月13日(月)16:00更新] 向井友代[ザイFX!副編集長] バックナンバー一覧へ>>

専用スマホアプリが充実!暗号資産FXならGMOコイン

■Amazon進化版!? ビットコインで第三者を介さず取引!

 まず、1つ目の「海外の現地利用動向とコミュニティ」と題されたNTTデータ経営研究所・桜井氏の講演についてです。

 ここでは、経営コンサルティングを行っている桜井氏の立場から、広く、仮想通貨やブロックチェーン技術を使った国内外におけるビジネスモデルやその将来的な展望などが語られました。

NTTデータ経営研究所・桜井氏

仮想通貨やブロックチェーン技術を活用したビジネスモデルについて話す桜井氏。あまり知る機会が少ない海外の状況などもわかりやすく解説してくれた(写真提供:日本仮想通貨事業者協会)

 特に興味深かったのは、やはり海外の状況。

 古本などを扱うAmazonマーケットプレイスなど買い手と売り手の間に第三者が介在する一般的なECサイトの進化版として、ビットコインやブロックチェーン技術を使い、第三者を介さず、低コストでの個人間取引を実現する海外サービスを紹介してくれたり、最近、ロンドンではビットコインATMがちょこちょこ見られるようになっているという話をしてくれたり、「へ~、そうなんだ」という内容がてんこ盛り。

 いわゆる取引にかかわるサービスの話を軸としたものではありませんでしたので、ぶっちゃけ、ザイFX!的には、直接関係なさそうな内容ではありましたが…。それでも、ビットコインやブロックチェーン技術が、今後、どこの国で? またどんな分野で? いったいどんなふうに展開されていくのだろうか? と、想像力が掻き立てられる、とても興味深い内容でした。

■自主規制団体の役割が、かなり重要視されているっぽい

 次に、登壇したのは「日本仮想通貨事業者協会」で理事を務める中部学院大学教授・畠山久志氏。

 もともとプログラムには入っていませんでしたが、畠山氏は金融商品取引法でいう「金融商品取引業者」と改正資金決済法でいう「仮想通貨交換業者」の違いについて、法律的な側面から解説してくれました。

 類似点や相違点はさまざまあるのですが、ここでは細かい話は省略させていただくとして、話の中で、畠山氏がもっとも強調していたのが、金融商品取引法と比べて、改正資金決済法では自主規制団体がとても重要視されているという点。

 実は、2016年12月末には、改正資金決済法に関連する施行令案や事務ガイドライン案などが金融庁から公開されており(パブリックコメントは1月27日に募集締め切り)、現在、金融庁のウェブサイトで誰でも閲覧できるようになっているのですが、ここに書かれてい内容を見ると、たしかに畠山氏が強調していたとおり、そんな感じを受けます。

 たとえば、「事務ガイドライン」の中に、「認定資金決済事業者協会との連携等 Ⅲ-1-7」という項目があるのですが、ここでは「法令上の規制と併せて認定資金決済事業者協会の定める規則を重視する必要がある」と記載されており、以降、協会(いわゆる自主規制団体)と当局の連携をものすご~く重視しているゾ!との方針を示す記述が、あれこれ綴られています。

 こういう記述があるとなると、本当に自主規制団体が果たす役割は大きそうだなと感じられますね…。

 ということは、ちょっと話は戻りますが、当局に認定される協会によって規制内容が違ってくるであろうことを考えると、どの団体が自主規制団体として認定されるのかというのも、結構、重要な問題だと言えそうです…。

■どんな仮想通貨なのか? 足並み揃えて説明していくみたい

 続いて、畠山氏のあと、「正会員会議報告」と題して登壇したマネーパートナーズの奥山泰全氏の話は、仮想通貨交換業者が取り扱う仮想通貨、に関するものでした。

マネーパートナーズの奥山泰全氏

主要FX会社の中で、いの一番に仮想通貨ビジネス参入を表明したマネーパートナーズ。代表取締役社長の奥山氏は協会でも精力的に活動しているみたい(写真提供:日本仮想通貨事業者協会)

 改正資金決済法では、「仮想通貨交換業は、内閣総理大臣の登録を受けた者でなければ、行ってはならない」(改正資金決済法63条の2)と規定されていますが、この登録申請にあたっては、必ず明示しなければならない項目がいくつかあります。

 奥山氏の話はそうした項目の1つ、「取り扱う仮想通貨の名称」について、どの程度まで説明責任を果たすべきなのかを協会の正会員などの間で議論した結果を報告するもの。

 大筋としては、登録申請の際に、ただ単純に仮想通貨名だけを申請するのではなく、それがどんな仮想通貨なのかをきちんと説明していこうという方向で話が進んでいるようで、その説明項目についても、各仮想通貨交換業者間で統一していこうとしているようです。

 奥山氏の話からは、取り扱おうとする仮想通貨の名称や通貨単位のほか、最低取引量、発行量、時価総額、不具合情報など、かなり詳細な情報まで説明項目に盛り込もうとしている印象。

 また、登録申請についてだけではなく、取引を行う一般投資家に対しても、各業者が取り扱う仮想通貨がどんな仮想通貨なのかをきちんと説明できるようにしていこうという点も、併せて議論されているようでした。

■仮想通貨の判断基準も自主規制団体の情報が重視される

 たしかに、仮想通貨の取り扱い判断基準って、線引きが難しそうですよね。何をもって仮想通貨の良し悪しを判断するの?という感じ。詐欺まがいのモノなのか、ちゃんとしたモノなのか、本当に見分けられるのかしら?と思ってしまいます。

 100%盗まれない、100%安心なんて仮想通貨は、もしかしたら存在しないのかもしれませんが…自分が取引しようとする仮想通貨がどんな仮想通貨なのか、また、どのくらい信用できるものなのかという点は、わたしたち一般投資家も、信頼できる筋からの情報として、きちんと知っておきたいところです。

 奥山氏の話のように、仮想通貨交換業者の方で、詳しい情報をきちんと公開してくれると助かりますよね?

 なお、先ほど紹介した「事務ガイドライン」では、「仮想通貨の適切性の判断基準」(Ⅰ-1-2)が示されているのですが、そこには、「認定資金決済事業者協会の公表する情報等を参考としつつ、登録の申請の審査等を実施するものとする」と書かれています。

 つまり、当局としても、仮想通貨の判断について明確な基準を示していません。むしろ、自主規制団体が提供する仮想通貨の情報を参考に判断していくという方針が示されているのです。ここでも、当局が自主規制団体を重要視していることが読み取れます。

■自主規制団体の「ホワイトリスト」に載っているならOK?

 この点について、奥山氏の1つ前に登壇した畠山氏は、勉強会の配布資料のなかで自主規制団体が仮想通貨の「『ホワイトリスト』を定めることで足りる」と記載していましたので、ここで併せて紹介しておきます。

「ホワイトリスト」というのは、いわゆる「ブラックリスト」の反対の意味を示す言葉で、そのリストに掲載されているモノならば受け入れるという意味合いになります。要は、自主規制団体のお墨付きを得て、「ホワイトリスト」入りしている仮想通貨ならば当局としても基本OKだよというニュアンスっぽい。

 なんだか、改正資金決済法って、具体的に決められているのは大枠だけで実務に関わる細かいところは全部、自主規制任せという印象ですね…。

 FXは、かなり細かいところまで法令で明確な基準が示されていますが(レバレッジ規制とかもそう)、仮想通貨については、ずいぶん縛りが緩い印象を受けます。当局は、仮想通貨交換業者に対して、自分たちのことは自分たちで律するようにということなのでしょうか?

【参考記事】
レバレッジ規制とは何か? レバレッジ規制を逃れる方法はあるのか?

 でも、もしかしたらその方が、わたしたち一般投資家を含め、仮想通貨交換業界の実情が反映されたルール作りができ、結果的に良い取引環境ができあがっていくのかもしれません。今後、良い方向に進むことを期待したいですね。

 さて、勉強会の最後は…

前のページへ
次のページヘ
この記事を各ソーシャルメディアで共有する
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在のいいね数 2822人ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロワー数 107766人ザイFX!のtwitterをフォローする

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

コインチェック
ビットコイン・仮想通貨の取引所&販売所を紹介!くわしくはこちら

人気記事アクセスランキング

  1. 12月01日(金)17:15更新【仮想通貨激論!】広瀬隆雄vs大石哲之(1)トラストレスを巡る筋書きのない議論開始!(広瀬隆雄[Market Hack編集長])
  2. 12月11日(月)16:25更新【超初級】 ビットコイン・仮想通貨入門(1)そもそも、ビットコインとは何なんですか?(上岡由布子[ザイFX!編集部])
  3. 12月12日(火)16:27更新【超初級】 ビットコイン・仮想通貨入門(2)「電子マネー」と「仮想通貨」の違いとは?(上岡由布子[ザイFX!編集部])
  4. 12月13日(水)13:05更新【超初級】 ビットコイン・仮想通貨入門(3)円などの「法定通貨」と「仮想通貨」の違い(上岡由布子[ザイFX!編集部])
  5. 12月14日(木)15:10更新【超初級】 ビットコイン・仮想通貨入門(4)ブロックチェーンって結局、何なの!?(上岡由布子[ザイFX!編集部])
  1. 11月18日(水)16:15更新暗号資産CFDとは? 仮想通貨FXとは何が違う?レバレッジは? 手数料は? 税金は?(ザイFX!編集部ほか)
  2. 11月10日(金)14:56更新ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)の取引所/販売所を比較! おすすめは?(向井友代[ザイFX!副編集長])
  3. 07月19日(金)17:44更新フェイスブックの仮想通貨Libra(リブラ)がボロクソに言われているのは、なぜなのか?(高城泰[ミドルマン])
  4. 09月25日(土)08:30更新松田翔太さん出演のコインチェック新CM開始!静止画+落書き+ナレーションのシュールな世界(山口学[ザイFX!スタッフライター])
  5. 07月18日(水)16:05更新ホリエモン仮想通貨祭(2) 1800倍以上に爆騰したイーサリアムが取り出せなくなった!?(井口稔[ザイFX!編集長])
  1. 11月10日(金)14:56更新ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)の取引所/販売所を比較! おすすめは?(向井友代[ザイFX!副編集長])
  2. 07月04日(水)14:30更新ヨーロピアン氏がビットコインを買う理由。早くて2019年に200万円超えへトライか?(高城泰[ミドルマン])
  3. 06月28日(木)14:27更新約2億円の利益!? ヨーロピアン氏がBTCを200万円付近で決済できたのはなぜか?(高城泰[ミドルマン])
  4. 09月25日(土)08:30更新松田翔太さん出演のコインチェック新CM開始!静止画+落書き+ナレーションのシュールな世界(山口学[ザイFX!スタッフライター])
  5. 02月21日(水)21:03更新2246兆円分のビットコインを持つ超大富豪が出現!? 21億BTCをなぜ、ゼロ円で買えた?(堀之内智[ザイFX!編集部])
  1. 07月18日(水)16:05更新ホリエモン仮想通貨祭(2) 1800倍以上に爆騰したイーサリアムが取り出せなくなった!?(井口稔[ザイFX!編集長])
  2. 11月10日(金)14:56更新ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)の取引所/販売所を比較! おすすめは?(向井友代[ザイFX!副編集長])
  3. 09月25日(土)08:30更新松田翔太さん出演のコインチェック新CM開始!静止画+落書き+ナレーションのシュールな世界(山口学[ザイFX!スタッフライター])
  4. 11月18日(水)16:15更新暗号資産CFDとは? 仮想通貨FXとは何が違う?レバレッジは? 手数料は? 税金は?(ザイFX!編集部ほか)
  5. 07月04日(水)14:30更新ヨーロピアン氏がビットコインを買う理由。早くて2019年に200万円超えへトライか?(高城泰[ミドルマン])

さらに人気記事アクセスランキングを見る>>

ザイFX!トップに戻る ザイFX!×MT4トップに戻る
↑ページの先頭へ戻る