ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

少額1通貨単位から取引ができるSBIFXトレード!ザイFX!限定キャンペーン中!

松田哲の「FX一刀両断!」
バックナンバー

米ドル/円は売りシグナル!英国総選挙など
材料満載の6月8日は予想外の結果に注意

2017年06月07日(水)17:07公開 [2017年06月07日(水)17:07更新]

ザイFX限定!口座開設&取引で3000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

■4時間足チャートでは高値圏から下落しボックス相場形成

 最後に、4時間足チャートをご覧いただきたい。短期のチャート(4時間足)を見ると、米ドル/円の下落過程では、110.00円が、チャート・ポイント(=サポート)になっていた、と考える。

 その結果として、米ドル/円はボックス相場「茶色の破線」を形成した、と考える。

米ドル/円 4時間足(クリックで拡大)
米ドル/円 4時間足

(出所:ヒロセ通商

ボックス相場「茶色の破線」の上限は112円台前半程度、下限は110.00円近辺、と考える。

 このボックス相場「茶色の破線」をブレイクした方向に付いて行けば良い、と考えた。

 米ドル/円は、110.00円を割り込み、ボックス相場「茶色の破線」を下にブレイクして、「売りシグナル」を発した、と考える。 

 この「売りシグナル」に従い、米ドル/円は、108円台前半に下落した。

米ドル/円 4時間足(再掲載、クリックで拡大)
米ドル/円 4時間足

(出所:ヒロセ通商

 しかし、108.00円を割り込まずに、109円台に反発(上昇)した。そして、109.00円を挟んで、安値圏で小さな上下動を繰り返した。

■仏大統領選後はサポートラインに沿って上昇

 4月23日(日)に行われたフランス大統領選の第1回投票では、中道系独立候補のマクロン前経済相と極右政党・国民戦線のルペン党首が5月7日(日)の決選投票に進むこととなった。

 第1回投票後の市場の予想では、マクロン候補が勝つ可能性が高い、と判断されており、その場合は、フランスのEU離脱の懸念はなくなる。

 それで、「リスク回避」の思惑で米ドル/円を売っていた市場参加者が、
その買い戻しを行った。

 4時間足チャートを見てのとおりに、米ドル/円は、「窓(Gap)」を開けて、上昇した。この「窓(Gap)」は、「買いシグナル」を意味する、と考える。

 そして、この時点での米ドル/円は、ボックス相場「紫の破線」を形成していた、と考える。

米ドル/円 4時間足(クリックで拡大)
米ドル/円 4時間足

(出所:ヒロセ通商

 ボックス相場「紫の破線」の上限は110円台ミドル程度、下限は108.00円近辺、と考える。

 短期のレジスタンス・ライン「緑の破線」を表示した。

 「窓(Gap)」で「買いシグナル」を発し、短期のレジスタンス・ライン「緑の破線」を上に抜けて、さらに「買いシグナル」を発した、と考える。

 そして、4時間足チャートをを見てのとおりに、米ドル/円は、ボックス相場「紫の破線」を上に抜けて、「買いシグナル」を発した、と考える。

 これらの「買いシグナル」に従い、米ドル/円は、大きく上昇している。

 上昇の過程では、短期のサポート・ライン「青の破線」に従っていた、と考える。

■目先はボックス相場を下抜け、ドル/円売りで付いていくところ

 5月12日(金)のG7財務相・中央銀行総裁会議では、具体的な合意や、重要な決定は、何もなかった、と考える。

 5月中旬になって、トランプ大統領がロシア当局者に機密情報を漏らしたといった疑惑、そして、解任前のコミー連邦捜査局(FBI)長官に、フリン前大統領補佐官(国家安全保障担当)への捜査をやめるよう求めた、といった疑惑が報道された。

 この疑惑を材料に、米ドル/円は、短期のサポート・ライン「青の破線」を割り込み、「売りシグナル」を発した、と考える。

 この「売りシグナル」に従い、110円台前半の安値を付けている。

 110円台前半の安値から、いったん反発しているが、「トランプ大統領の疑惑」といった材料を、十分に織り込んだとは言えない、と考える。

 5月26日(金)のG7首脳会議も、具体的な合意や、重要な決定は、何もなかった、と考える。

 4時間足チャートに表示したように、直近の米ドル/円は、ボックス相場「赤の破線」を形成した、と考える。

米ドル/円 4時間足(クリックで拡大)
米ドル/円 4時間足

(出所:ヒロセ通商

ボックス相場「赤の破線」の上限は112円台前半程度、下限は110.00円近辺、と考える。

 このボックス相場「赤の破線」をブレイクした方向について行くことがセオリーと考えていたが、昨日(6月6日)、このボックス相場「赤の破線」を下にブレイクし、「売りシグナル」を発した、と考える。

「米ドル売り・円買い」で付いていくところ、と考える。

■米雇用統計結果は悪かったが、利上げ実施に影響なし

 先週末(6月2日)に、米国雇用統計の発表があったが、非農業部門雇用者数(NFP)の結果は、+13.8万人だった。

 事前の予想が、+18.2万人だったので、これは悪い数値であり、「米ドル売りの材料」と言える。

 そして、前回の非農業部門雇用者数(NFP)も、+21.1万人から、+17.4万人にリバイス・ダウン(下方修正)された。これも「米ドル売りの材料」と言える。

 失業率は、4.3%で、予想の4.4%よりも良かったのだが、この水準は、事実上は、完全雇用状態と考えるので、4.3%でも、4.4%でも大差なしと考える。

 結論として、米国雇用統計は悪かったので、目先は「米ドル売りの材料」と言えるが、さりとて、この数値が、今月(6月)のFOMCでの米ドル金利引き上げを妨げるものではない、と考える。

 つまり、6月14日のFOMCで、0.25%の米ドル金利引き上げを実施するだろう、と考える。

 今月(6月)のFOMCでの利上げは、すでに、「マーケットに織り込み済み」の状況であり、逆に、利上げをしないで、「現状維持」とすると、マーケットが混乱して、相場の乱高下を見ることになろう、と考える。

■明日6月8日(金)は重要な材料が目白押し

 そして、米国のFOMCの前に、明日(6月8日)のECB理事会がある。これは、基本的に、「変更なし」と考えている。

 ドイツは、景気が浮揚し、抜群に好調。メルケル首相も、その旨の発言をしている。それで、ドイツの中央銀行(ブンデス・バンク)は、ECBに、金融引き締めを要望している。そのため、マーケット(市場参加者)は、ECBの出口戦略への期待(思惑)が強い様子だ。

 しかし、ドイツ以外の欧州各国は、概して(全てではないが)、景気の回復力が弱い状況が続いている、と考える。だから、ECBは、欧州全体の経済を判断すべき立場なので、金融政策の変更(=緩和から引き締め方向への転換)には踏み切れない、と考える。

 また、明日(6月8日)には、英国の総選挙が実施される。

 メイ首相が総選挙を発表した時点では、世論調査はメイ氏の保守党圧勝を予測した。しかし、最近の世論調査では、労働党が差を縮めている、といった報道が出ている。

 また、その逆の報道もある。

 テロ事件の影響などもあり、不透明感がある。

 ただし、基本的には、保守党でも、労働党でも、「英国のEU離脱」に変化はないので、大局では、相場に大きくは影響しないだろう、と考えている。

 しかしながら、昨年(2016年)の米国大統領選挙を思い起こすと、英国の総選挙の結果が予想外の場合は、相場の攪乱要因になる可能性も否定できない。

 そして明日(6月8日)には、さらに、トランプ米国大統領に解任されたFBI(連邦捜査局)のコミー前長官が、議会の公聴会で証言することになっている。

 コミー氏の証言の内容次第では、トランプ大統領に対する批判がさらに強まる可能性もあり得る。その場合は、米ドルが大きく売られる可能性もある。

 だから、明日(6月8日)に注目すべき材料が、集中している。明日(6月8日)は、要注意だ。

(2017年6月7日東京時間13:30記述)

松田哲の「FX一刀両断!」
松田 哲 (まつだ・さとし)

早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などで米ドル/円相場、クロス円相場の下落を見事的中。近著に『1勝9敗でも勝てる松田式FX!』(ダイヤモンド社)がある他、『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)などの著書がある。

執筆者のサイト

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2817人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 107983人 ザイFX!のtwitterをフォローする

DMM.com証券[DMM FX]
【全44口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門
JFX[MATRIX TRADER] キャンペーン比較 外為どっとコム[外貨ネクストネオ]
JFX[MATRIX TRADER] キャンペーン比較 外為どっとコム[外貨ネクストネオ]
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム












元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ