ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?

【ザイFX!10周年】 FX会社様からの
お祝いのコメントをご紹介いたします
<リピート系のFX会社編>

2018年05月05日(土)09:00公開 (2018年05月05日(土)09:00更新)
ザイFX!編集部

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 続いては、業界最狭水準のスプレッドで、相場変動に自動追従するリピート系発注機能が使えるFX会社といえば…


ZAi FX様、サイトオープン10周年おめでとうございます。

いつも趣向を凝らした使える・為になる情報発信で、これまでの10年間に数多くのFXユーザーが導かれ、励まされ、時に叱咤されながら御サイトを楽しんできたことと思います。

いつ覗いても新しい企画と発想力に溢れており、明るく真面目にFXを楽しもう!という一貫した気概を感じます。

昨年当社も店頭FX取引のサービスが10年の節目を越えました。次の10年も、またその次の10年も、共に歩みFX業界を盛り上げていけたら幸いです。

FXブロードネットのロゴマーク

株式会社FXブロードネット
代表取締役社長
中町 剛


【ザイFX!編集部から一言】

FXブロードネット・中町剛社長、10周年のお祝いのコメント、誠にありがとうございました。

FXブロードネットは、10年前の2008年4月にザイFX!がオープンした当時、社名をFXトレーディングシステムズといいました。そして、当時のサービス名は現在の社名であるFXブロードネットとなっていました。その当時の同社はスプレッドが狭いFX会社として知られていました。

 米ドル/円スプレッドがどんなに狭くても1銭以上のFX会社ばかりで、3銭、4銭、5銭というFX会社も珍しくなく、場合によってはさらに売買手数料をとるFX会社もあった時代に、1000通貨単位という当時としては珍しい少額取引が可能な上に、売買手数料無料で米ドル/円0.9銭という狭いスプレッドを提供していたのがFXトレーディングシステムズ(現FXブロードネット)でした。

 その後は変動制ながら、最小スプレッドが0.3銭というスプレッドを業界に先駆けて打ち出したこともありましたが、それ以降はスプレッド競争からやや遠ざかった形になっていました。

【参考記事】
衝撃の0.3! FXトレーディングシステムズが米ドル/円スプレッドを0.3~0.5銭に縮小!(2012年4月26日公開)

 しかし、2016年12月に社名を現在のFXブロードネットに変更した前後から、再びスプレッド競争に参戦。現在では主要通貨ペアについて、原則固定で業界最狭水準のスプレッドを提供しています。特にユーロ/米ドルは0.3pips原則固定という多くの主要FX会社よりも0.1pip狭い極限のスプレッドを提供しています。

【参考記事】
スプレッドが6分の1に縮小したって本当? あのFX会社の大幅スプレッド縮小に2つの謎(2016年9月23日公開)
社名変更でイメージ一新! スプレッドも業界トップタイ。ザイFX!限定特典も強化!(2016年12月8日公開)
業界最狭水準のスプレッドを原則固定化! ガチンコバトル! 2回目を制したのは誰?(2017年11月24日公開)

FXブロードネットには店頭FXで1000通貨から取引できる[ブロードライトコース]、同じく店頭FXで1万通貨から取引できる[ブロードコース]、そして、取引所FX・くりっく365の[スタンダードコース]、取引所FX・くりっく365でシステムトレード(シストレ、自動売買)ができる[シストレ365コース]という4つの口座がありますが、主力は店頭FXの[ブロードライトコース][ブロードコース]でしょう。

 そして、店頭FXの[ブロードライトコース][ブロードコース]で利用できるのが「トラッキングトレード」という注文機能です。この注文機能が使えることが現在のFXブロードネットの大きな特徴になっています。

トラッキングトレードは相場変動に追従するイフダンOCO注文が、自動的に繰り返し発注されるもの。リピート系発注機能の1つと言えますが、相場変動に自動的に追従してくれるのが特長です。

 このトラッキングトレードは外為オンラインからライセンス供与を受けているとのことで、そのシステムは外為オンラインの「iサイクル注文」と同じものになっています。

【参考記事】
また登場した相場追従型のリピート系発注機能。こちらの方がおトクな理由とは?(2014年10月28日公開)
ほっとくだけで20万円超の利益! 記者が相場追従型のリピート系発注機能に挑戦!(2015年3月3日公開)

FXブロードネット 「トラッキングトレード」の設定別損益ランキングの画面
FXブロードネット 「トラッキングトレード」の設定別損益ランキングの画面

 そして、現在のFXブロードネットなら、業界最狭水準のスプレッドでリピート系発注機能のトラッキングトレードが使えるというわけで、これは魅力的なことです(ただし、トラッキングトレードを使う場合はキャンペーン対象者を除き、取引手数料がかかります)

【参考記事】
業界最狭水準スプレッドで自動売買できるトラッキングトレードで儲けやすい相場とは?(ひろぴー、2017年1月21日公開)

FXブロードネットでは2017年4月より、4名のプレイヤーがトラッキングトレードを運用して利益を争う「ガチンコバトル!」を3ヵ月ごとに開催。現在はその4回目が開催されています。

 4名のプレイヤーは各自のトラッキングトレードの設定理由を解説してくれており、その運用成績も割とよいように思えます。これはトラッキングトレード利用者の参考になるのではないでしょうか。

 さらにこの企画ではプレイヤーにメールまたは電話で質問してもOKとのこと。これは珍しいということで、ザイFX!でも直接電話して、「ガチンコバトル!」のプレイヤーに話を聞いたことが何度もありました。

 この「ガチンコバトル!」はなかなかおもしろい企画なので、以下のようにザイFX!ではたびたび記事で取り上げています。

【参考記事】
リピート系発注機能で「ガチンコバトル!」 超レア! FXトレーダーに電話で質問できる!?(2017年5月3日公開)
トラッキングトレードで爆益!? ガチンコバトル 第1位のトレーダーに電話で質問してみた!(2017年6月2日公開)
「ガチンコバトル!」の新シリーズ開幕! 前回最下位だったあのトレーダーが首位に(2017年9月5日公開)
業界最狭水準のスプレッドを原則固定化! ガチンコバトル! 2回目を制したのは誰?(2017年11月24日公開)
「ガチンコバトル!」で念願の首位奪取か!? あのネタ系トレーダーの勢いがヤバい!(2018年3月7日公開)

FXブロードネットの公式サイト
FXブロードネットの公式サイト

【参考コンテンツ】
FX会社徹底比較!:FXブロードネット[ブロードライトコース]
FX会社徹底比較!:FXブロードネット[ブロードコース]


 そして、選択型シストレの形で、リピート系発注機能が実質的に使える…

外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 jfx記事
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る