ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

YJFX![外貨ex]は取引でPayPayか現金がもらえる!ザイFX!限定で3000円もらえるキャンペーン中!

ザイスポFX!
バックナンバー

スプレッド最狭に特設サイトも開設!マネー
スクエアの謎のカナダドル推しの理由って?

2018年07月27日(金)14:30公開 [2020年04月30日(木)13:18更新]

GMOクリック証券は取引高8年連続世界1位! ザイFX!限定で1500円もらえる

■FX業界ではレアケース! 今、なぜカナダドル?

マネースクエア[M2JFX]で、2018年7月2日(月)から9月30日(日)までの期間限定で、カナダドル/円のスプレッドとスワップ金利(スワップポイント)が業界トップ水準になったとの発表がありました。

 これに併せて、マネースクエアのウェブサイトでは、カナダの魅力がわかる特設ページ「今、カナダドルを選択する理由」を開設しています。FX会社がカナダドルを推すのはめずらしいケースですが、これはなかなかの力の入れようですね。

マネースクエアの特設ページ「今、カナダドルを選択する理由」

 この特設サイトでは、カナダドル推しの理由を3つのポイントで説明したうえで、リピート系発注機能の元祖、トラリピでの戦略についても解説しています。

3つのポイントと戦略

 せっかくなので、マネースクエア[M2JFX]の解説を紹介しつつ、スワップ金利やスプレッドについても実際に調査してみたいと思います。

■利上げサイクルに入って年内に1.75%の可能性も?

 最初のポイントは、利上げサイクルです。

利上げサイクルに入ったカナダ

 まずは下の各国の政策金利の推移をご覧ください。

米国、欧州、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの政策金利の推移(クリックで拡大)
米国、欧州、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの政策金利の推移

(出所:マネースクエア特設ページ「今、カナダドルを選択する理由」)

 このグラフは2018年6月時点のもので、カナダの政策金利は1.25%となっていますが、カナダの中央銀行は7月11日(水)に今年2度目の利上げを行い、1.50%となったことが発表されました。これでオーストラリアと並んだことになります。

 また、マネースクエア特設ページの解説では、年内に1.75%に引き上げられるという観測もあることが紹介されています。

 このポイント1では、「資源国ではじめて」という点も強調されています。カナダは産油国ですが、原油価格は、2016年3月以降は上昇傾向にあり、この1年でも1バレル20ドル以上も値上がりしています

WTI原油先物 週足
WTI原油先物 週足

(出所:Bloomberg)

 先ほど、カナダの政策金利がオーストラリアに並んだことを紹介しましたが、同じ資源国のオーストラリアは、中国が有力な貿易相手であることから、米中貿易摩擦の影響を受けやすく、カナダドルが選択肢として浮上するというのはうなずける話です。

■業界内でもかなり優秀なスワップ金利

 2番目のポイントは、スワップ金利です。

資源国通貨のなかでナンバーワンのスワップ水準

 カナダドル/円の最新のスワップ金利を調査して、他社との比較をしてみたので、まずはそれをご覧いただきましょう。

マネースクエア[M2JFX]はトップではないものの、下位の各社に比べるとかなり優秀で、十分に上位水準といえますね。

 ただ、資源国通貨のなかでカナダドル/円がNo.1の水準かといえば、この点はやや疑問も残ります。

 特設ページ「今、カナダドルを選択する理由」では、マネースクエア[M2JFX]での豪ドル/円、NZドル/円のスワップ金利と比較しているのですが……

カナダドル/円、豪ドル/円、NZドル/円のスワップ金利の比較

(出所:マネースクエア特設ページ「今、カナダドルを選択する理由」)

他社の豪ドル/円とNZドル/円のスワップ金利は50円程度がトップ水準なので、単純に比較できないという点については注意が必要です。

 以下のコンテンツでは、2018年6月18日(月)、19日(火)にザイFX!が情報を取得した各社の豪ドル/円とNZドル/円のスワップ金利を比較することができます。気になる方はぜひチェックしてみてください。

【参考コンテンツ】
FX会社徹底比較!:スワップ金利で比べる[豪ドル/円スワップ金利の高い順]
FX会社徹底比較!:スワップ金利で比べる[NZドル/円スワップ金利の高い順]

■カナダドル/円の値動きはトラリピにピッタリ?

 3番目のポイントは、値動きについてです。

トラリピ向きの値動き

 このポイントでは、まず2000年以降の最高値と最安値から、現在値が安値圏であること、また、2016年11月以降は1カナダドルが81円から91円のレンジ内で推移していることを指摘しています。

カナダドル/円 週足
カナダドル/円 週足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:カナダドル/円 週足

 ポイント1にあったように、カナダの政策金利は今年中に追加利上げの観測もあり、特設ページ「今、カナダドルを選択する理由」では、90円を上抜ける可能性もあると分析しています

 これら3つのポイントを踏まえた戦略として、特設ページ「今、カナダドルを選択する理由」が推奨しているのが、トラリピを活用した取引というわけです。

トラリピを活用したトレード戦略

 先ほどのチャートを見ると、たしかに2016年11月以降、81円から91円のレンジ内で推移しており、リピート系発注機能であるトラリピ向きの値動きのように見えますね

 そして、具体的な戦略として、特設ページ「今、カナダドルを選択する理由」が提案している一例が、80円から89円の範囲での買いトラリピです。

80円から89円の範囲での買いトラリピ

(出所:マネースクエア特設ページ「今、カナダドルを選択する理由」)

 カナダは米国との間でNAFTA(北米自由貿易協定)再交渉という難しい問題を抱えてはいますが、特設ページ「今、カナダドルを選択する理由」では、同じ経済圏である米国にとってカナダは無視できない存在のため、中国への対応のような強硬なものにはならないだろうと分析しています。

 普段はあまりスポットライトが当たることの少ないカナダドルですが、こうして見てくるとなんだかチャンスがありそう……?

 3つのポイントを踏まえた戦略に…

この記事に関連する新着情報

FX会社のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ
FX毎日バトル!」へ
やさしいビットコイン・仮想通貨研究所」へ

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 104898人 ザイFX!のtwitterをフォローする

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
注目FXニュースをPick Up!
相場予想が当たらなくても儲かる!底辺高校卒業生と最強の為替サイトザイFX!が作った1日5分で稼ぐFXグルトレ完全ガイド
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門
みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
TOPICS
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム












元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ