ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?

合意なき離脱ならポンドは10~20%下落も。
2度目の国民投票は?“クーデター”の噂も!?

2018年09月17日(月)12:00公開 (2018年09月17日(月)12:00更新)
ザイFX!編集部

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■心配なのは、EU結束基金のカット

 次に、「EU側の問題」について見ていきましょう。

 問題を抱えているのは、EUから離脱する英国だけではありません。EUも問題に直面しています。その中で私が一番心配しているのが、EU結束基金(Cohesion Funds)のカットです。

 EU結束基金は、欧州構造投資基金(ESIF)の1つであり、EUの成長戦略「欧州2020戦略」に基づき、加盟国の経済成長支援を目的として作られました。その規模は、2016年末時点で、EU予算全体の1/3にあたり、3518億ユーロとなっています。

欧州委員会:結束基金に関する報告書が掲載されたページ
欧州委員会:結束基金に関する報告書が掲載されたページ

 EUでは毎年の予算案に加え、「中期計画」として7年間の予算案も作成しています。2014~2020年の中期計画では、ブルガリアをはじめとする15カ国が、結束基金を受け取りました。しかし、英国のEU離脱により、2021~2027年の中期計画では、結束基金の10%カットが決定されました。

 これにより、ポーランド、スロバキア、ハンガリー、チェコ、エストニア、リトアニアの6カ国は、結束基金の25%減額を言い渡されました。しかし、おかしなことに、ギリシャ、イタリア、スペイン、ルーマニア、ブルガリアの5カ国に限り、受取額が平均5~8%増額されるということです。

これを受けて動きがあったのが、ポーランドでした。

 同国のドゥダ大統領は、2018年6月、EU離脱の是非を問う国民投票の実施を呼びかけました。日程は、同国独立100周年記念日となる11月11日です。しかし、同国上院が否決し、国民投票実施はキャンセルされたのです。

 このように、Brexitの影響でEUからの恩恵を受けられなくなった国は、ポーランドだけではありません。2019年は、エストニアをはじめとする7カ国で総選挙が実施され、5月には欧州議会選挙があります。

■英ポンド、政治家の一声で乱高下する展開に

 11月臨時サミットまでに、EUと英国との間で合意となるか、秒読み段階に突入です。

 英ポンドの動きも、かなり乱暴になってきていますが、マーケットが注目しているのは、「誰がBrexitを決めるのか?」ではなく、「どういうBrexit内容となるのか?」でしょう。

 ただ、そうは言っても、2019年3月29日の交渉終了日前にメイ首相の退陣があれば、次期首相のBrexitに対するスタンスが大きく変わることも考えられ、当然、英ポンドに影響を与えます。

 このままメイ首相続投という前提で話を進めていけば、11月臨時サミットまでの英ポンド相場は、「政治>経済」の力関係が強くなると予想します。

 どんなに強い経済指標が発表されても、政治家の一声、1つのヘッドラインで英ポンドは乱高下するでしょう。

英ポンド/円 日足
英ポンド/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:英ポンド/円 日足

 その意味からも、9月の党大会は最大の難関であり、労働党・保守党それぞれが、Brexitに対し、どのようなアイデアを出すのか? 英ポンドのボラティリティは否が応でも上がると考えています。

■「合意なき離脱」となれば英ポンドは10%~20%下落か

 ただし、「合意なき離脱」が現実に起こらない限り、ここまでの相場展開で悪材料は、かなり織り込まれたとも考えています。

 特に、8月2日(火)に開催された英中銀金融政策理事会では、「テイラールールに基づく適切な均衡実質利子率(R-Star)は、現在は0~1%という予想ですが、Brexit交渉が合意に至り、生産性や経常収支の改善が伴えば、R-Star水準は2~3%となるだろう」という見解が発表されました。

 つまり、Brexitが合意し、停滞していた英国経済に動きが見えてくれば、現在の政策金利水準(0.75%)は低過ぎるという考えです。

 当然、合意内容にもよりますが、「合意なき離脱」とならない限り、アク抜けからの英ポンド買いに加え、政策金利をR-Star水準に近づけるという話が、英中銀関係者から出てくることも想定しておきたいと思います。

 もし、「合意なき離脱」となってしまった場合、欧州系銀行の多くは、英ポンドは少なくとも10%、大きなところでは20%の下落を予想しています。

 一番控えめな予想でも、対ドルで1.2000ドルは避けられないという予想になっており、私もこの点には同意します。

英ポンド/米ドル 週足
英ポンド/米ドル 週足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:英ポンド/米ドル 週足

(編集担当:ザイFX!編集部・向井友代)

GMOクリック証券[FXネオ]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10 jfx記事
ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る