ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト
バックナンバー

中国人民元/円など3通貨ペアが新登場!
スワップは高い? セクシー鈴木奈々って!?

2019年04月03日(水)東京時間 12:00

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

■トレイダーズ証券が新たな通貨ペアの取扱いを開始!

トレイダーズ証券[みんなのFX][LIGHT FX]で、2019年3月25日(月)から中国人民元/円、香港ドル/円、シンガポールドル/円の取扱いが開始されました。

鈴木奈々さん写真

トレイダーズ証券[みんなのFX]のイメージキャラクターを2018年6月から務めているのは鈴木奈々さん。これまでCMではクールなキャリアウーマン(風)に変貌を遂げたり、動画コンテンツでは華やかな黄色の衣装で撮影に臨んでいましたが、今回は中国人民元/円の取扱いに関連して赤と金のチャイナドレス姿を披露しています。

【参考記事】
鈴木奈々さんがみんなのFXの新しい顔に! 人気の秘密はトルコリラ/円のスペックに!?
鈴木奈々 with FXのキャリアウーマン!? テレビCMには出なかったオイシイ話とは?
めっちゃヤバい! 鈴木奈々さんの初FXトレード、その瞬間をザイFX!が独占取材!
ザイFX!独占取材で鈴木奈々さんが宣言! FXで儲けて家とマンションを買います!
鈴木奈々さんがはじめてFXに挑戦したらいきなり利益!? 楽しく学べる動画配信中♪

 そして、鈴木奈々さんはチャイナドレス姿を自身のInstagramにも投稿していました。

鈴木奈々さんのInstagramの投稿
鈴木奈々さんのInstagramの投稿

 この鈴木奈々さんのInstagramの投稿には「セクシーでカワイイ!」といったコメントが寄せられたほか、LINE NEWSやAbema TIMESといったネットニュースでも話題となりました。

LINE NEWS&Abema TIMES

 上のとおり、LINE NEWSやAbema TIMESの記事タイトルには“ヘソ出しボクサー”といった感じの言葉が入っています。鈴木奈々さんはInstagramでチャイナドレス姿を投稿した2月24日(日)に、以下の「ヘソ出しボクサー」姿も投稿していたからです。

鈴木奈々さんのInstagramの投稿
鈴木奈々さんのInstagramの投稿

 けれど、トレイダーズ証券[みんなのFX]は今回、「中国人民元/円取扱開始 特設ページ」を開設したのですが、特設ページに鈴木奈々さんのチャイナドレス姿はあるものの、「ヘソ出しボクサー」姿はありません

 鈴木奈々さんの「ヘソ出しボクサー」姿は撮影場所がチャイナドレス姿のところと同じように見えますし、もしかしたら今後、トレイダーズ証券[みんなのFX]と同社の別ブランドである[LIGHT FX]から「ボクシング」に関連したキャンペーンやサービスが出るのかも(!?)しれませんね。

■中国人民元、香港ドル、シンガポールドルに共通する点は?

 さて、3月25日(月)からトレイダーズ証券[みんなのFX][LIGHT FX]で中国人民元/円や香港ドル/円、シンガポールドル/円の取引が開始されたわけですが、中国人民元や香港ドル、シンガポールドルに共通して言えることはなんでしょうか?

 それはこの3通貨の通貨管理制度が「自由変動相場制」ではないということです。

「自由変動相場制」というのは為替レートを外国為替市場での需要と供給のバランスに任せて自由に決定する制度のことで、通常時は通貨当局が為替介入によって為替レートを操作することはありません。

 そんな「自由変動相場制」は米ドルやユーロ、円、英ポンド、カナダドル、豪ドル、NZドルといった先進国通貨のほかに、スウェーデンクローナ、ノルウェークローネといった北欧通貨などでも採用されています。

 一方で、中国人民元や香港ドル、シンガポールドルは「自由変動相場制」ではなく、中国人民元とシンガポールドルは「通貨バスケットを参考にした管理変動相場制」、香港ドルは「ドルペッグ制」が採用されています。

■「通貨バスケットを参考にした管理変動相場制」ってなに?

 それでは、中国人民元とシンガポールドルで採用されている「通貨バスケットを参考にした管理変動相場制」とはどんな通貨管理制度なのでしょうか。「通貨バスケット」「管理変動相場制」に分けて考えてみましょう。

 まず「管理変動相場制」は「自由変動相場制」と「固定相場制(ペッグ制)」の間に位置する制度です。「自由変動相場制」は先ほども書いたとおり、為替レートを市場の需給に任せて自由に決定する制度のこと。

 それに対し、「固定相場制(ペッグ制)」はある1つの国の通貨、もしくは複数の国の通貨と自国通貨の為替レートを通貨当局の介入によってペッグ(連動・固定)させ、為替レートの変動を意図的に規制する制度のことを指します。

 つまり、「管理変動相場制」は為替レートをある程度、市場の需給に任せるものの、通貨当局が適宜介入して為替レートを管理する制度、ということになります。

 次に「通貨バスケット」ですが、複数の国の通貨の為替レートを貿易量を元に加重平均して算出した仮想レートのことを指します。

 「固定相場制(ペッグ制)」で複数の国の通貨と自国通貨の為替レートをペッグさせる場合、「通貨バスケット」という仮想レートと自国通貨の為替レートをペッグさせることになります。

 これらのことを合わせると、「通貨バスケットを参考にした管理変動相場制」とは、為替レートをある程度、市場の需給に任せるものの、「通貨バスケット」という仮想レートを参考に通貨当局が適宜介入して為替レートを管理する制度、ということになるわけです。

 通貨管理制度について詳しくは以下の【参考記事】にまとめられていますので、こちらをご覧ください。

【参考記事】
固定相場制(ペッグ制)が招いた悲劇!? 香港ドルなどの取扱い停止はなぜ増えた?

■中国人民元には2つの市場がある

 そして、中国人民元には「オンショア人民元(CNY)」と「オフショア人民元(CNH)」と呼ばれる2つの市場があり、「通貨バスケットを参考にした管理変動相場制」が適用されるのは「オンショア人民元」となります。

オンショア人民元&オフショア人民元

(出所:トレイダーズ証券[みんなのFX]の「中国人民元/円取扱開始 特設ページ」)

「オンショア人民元」は中国本土の居住者のみが売買可能で、中国当局による売買規制があり、日中の変動幅にも制限があります。そして、スワップ金利(スワップポイント)が発生しません。

「オフショア人民元」は中国当局の規制緩和により2010年から立ち上がった市場で、中国本土外の居住者が売買可能です。また、中国当局による売買規制や日中の変動幅の制限もなく、スワップ金利も発生します。現在、FX会社が扱っている中国人民元もこの「オフショア人民元」となります。

「オンショア人民元」と「オフショア人民元」は市場参加者や中国当局による規制が異なるため、為替レートも厳密には異なるのですが、近年はかなり似たものになっています。

 また、中国当局が「オンショア人民元」の規制を変更した場合、中国当局による規制のない「オフショア人民元」にも影響が及ぶ可能性はあります。

 それでは「オンショア人民元/円」と「オフショア人民元/円」の最近の動きはどうなっているのでしょうか。

オンショア人民元/円&オフショア人民元/円 日足
オンショア人民元/円&オフショア人民元/円 日足

(出所:Bloomberg)

 オンショア人民元/円とオフショア人民元/円は値動きに多少のズレがあるものの、基本的にほとんど同じ動きをすると考えてよさそうですね。

オフショア人民元/円を取引できれば実質的にオンショア人民元/円を取引しているのと同じと言えそうです。

■中国人民元/円のスワップ金利はトレイダーズ証券が首位!

 先ほども書いたとおり、「オフショア人民元」ではスワップ金利が発生するのですが、トレイダーズ証券[みんなのFX][LIGHT FX]で取扱いが始まったオフショア人民元(以下、中国人民元)/円の買いのスワップ金利は以下のようになっています。

トレイダーズ証券の中国人民元/円のスワップ金利

(出所:トレイダーズ証券[みんなのFX]の「中国人民元/円取扱開始 特設ページ」)

 2019年3月下旬現在、中国人民元/円が16.50円と仮定して、10万通貨(10Lot)あたり100円というスワップ金利を年利に換算するとおよそ2.21%に相当します。

 PBC(中国人民銀行[中国の中央銀行])の政策金利は現在4.35%ですから、トレイダーズ証券[みんなのFX][LIGHT FX]の中国人民元/円のスワップ金利は中国の政策金利のおよそ半分ということになります。

 今度は主要FX会社の中国人民元/円のスワップ金利を比較してみましょう。

 中国人民元/円のレートを16.50円と仮定して、10万通貨あたりの買いのスワップ金利を年利に換算した数字とともに以下の表にまとめました。

主要FX会社の中国人民元/円のスワップ金利(情報取得日:3月25日)
FX会社
[口座名]
中国人民元/円
スワップ金利
スワップ金利を
年利に換算
(中国人民元/円
を16.50円と仮定)
トレイダーズ証券
[みんなのFX]
100円 2.21%
トレイダーズ証券
[LIGHT FX]
100円 2.21%
YJFX!
[外貨ex]
80円 1.77%
外為どっとコム
[外貨ネクストネオ]
80円 1.77%
サクソバンク証券
[スタンダードコース]
76円 1.68%
SBI FXトレード 70円 1.55%
セントラル短資FX
[FXダイレクトプラス]
40円 0.88%
IG証券
[標準]
20円 0.44%

※スワップ金利は10万通貨あたりの金額

トレイダーズ証券[みんなのFX][LIGHT FX]の中国人民元/円のスワップ金利は100円でしたが、主要FX会社のなかでトップ水準となりました。トレイダーズ証券[みんなのFX]が「中国人民元/円取扱開始 特設ページ」のなかで「業界最高水準のスワップ」と紹介していましたが、そのとおりのスワップ金利となっています。

 続いてYJFX![外貨ex]外為どっとコム[外貨ネクストネオ]が80円と2位集団を形成しており、サクソバンク証券[スタンダードコース]が76円と3位水準となっています。

 一方で、IG証券[標準]の中国人民元/円のスワップ金利は20円となっていて、トレイダーズ証券[みんなのFX][LIGHT FX]と5倍の差があります。

 中国人民元/円の買いポジションを保有する場合、FX会社によって受け取れるスワップ金利の額がかなり変わってきますので、FX会社選びは慎重に行ったほうがよさそうです。

【参考コンテンツ】
FX会社徹底比較!:スワップ金利で比べる[中国人民元/円スワップ金利の高い順]

■中国人民元/円のスプレッドは5口座が首位で並ぶ

 続いて、主要FX会社の中国人民元/円のスプレッドを比較していきましょう。

主要FX会社の中国人民元/円のスプレッド(情報取得日:3月25日)
FX会社
[口座名]
中国人民元/円スプレッド
外為どっとコム
[外貨ネクストネオ]
1.8銭原則固定
セントラル短資FX
[FXダイレクトプラス]
1.8銭原則固定
トレイダーズ証券
[みんなのFX]
1.8銭
トレイダーズ証券
[LIGHT FX]
1.8銭
IG証券
[標準]
1.8銭
SBI FXトレード 2.58銭原則固定
YJFX!
[外貨ex]
3.0銭原則固定
サクソバンク証券
[スタンダードコース]
平均45.7銭
※変動制のため
平均値

※スプレッドが原則固定制の店頭FXは、24時間、上表のスプレッドが適用されるFX会社と、日本時間の8時~28時など主要な時間帯のみ上表のスプレッドが適用されるFX会社がある。スプレッドはすべて例外あり
トレイダーズ証券[みんなのFX][LIGHT FX]のスプレッドは同社に問い合わせて確認
サクソバンク証券[スタンダードコース]はスプレッドが変動するため、2019年2月25日~3月25日の600万通貨単位での平均値を掲載

 主要FX会社の中国人民元/円のスプレッドは外為どっとコム[外貨ネクストネオ]セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]が1.8銭原則固定、トレイダーズ証券[みんなのFX][LIGHT FX]IG証券[標準]が原則固定でないながらも1.8銭と5口座がトップ水準で並んでいます

トレイダーズ証券[みんなのFX][LIGHT FX]は2月21日(木)にトルコリラ/円のスプレッドを業界最狭水準の1.7銭原則固定に縮小したほか、「ブレグジット(Brexit)」で揺れに揺れる英ポンド/円のスプレッドも6月7日(金)まで業界最狭水準の0.7銭原則固定に縮小するなど、スプレッドにこだわりをみせています。

【参考記事】
トルコリラ/円スプレッド1.7銭原則固定! 他社の猛追でさらなる縮小もありそう!?
業界最狭水準にこだわるあのFX会社で離脱に揺れる英ポンド/円が0.7銭原則固定!

トレイダーズ証券[みんなのFX][LIGHT FX]の中国人民元/円のスプレッドは同社に問い合わせて確認したもので、原則固定ではないのですが、1.8銭という業界最狭水準に並んでおり、こちらからもこだわりが感じられます。

【参考コンテンツ】
FX会社徹底比較!:取引コストで比べる[中国人民元/円スプレッドの狭い順]

■中国人民元/円は少ない資金で取引できる

 そんな中国人民元/円ですが、トレイダーズ証券[みんなのFX]で今回開設された「中国人民元/円取扱開始 特設ページ」では、中国人民元/円を取引するメリットとして「少ない資金で取引できる」点を挙げています。

中国人民元/円は少ない資金で取引できる

(出所:トレイダーズ証券[みんなのFX]の「中国人民元/円取扱開始 特設ページ」)

中国人民元/円が17円で推移していると仮定して、1万通貨(1Lot)あたりに必要な証拠金は6800円ですが、米ドル/円が112円で推移していると仮定すれば、1万通貨(1Lot)あたりに必要な証拠金は4万4800円ですから、同じ1万通貨を取引するのでも中国人民元/円なら少額で済みます。

 また、香港ドル/円について詳しくは後述しますが、2019年3月下旬現在、香港ドル/円が14.00円前後で推移していると仮定すると、1万通貨(1Lot)あたりに必要な証拠金は5600円となり、こちらも少額からの投資が可能となっています。

 そして、中国人民元(オンショア人民元)と同様に「通貨バスケットを参考にした管理変動相場制」が採用されているのがシンガポールドルですが…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2377人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 91221人 ザイFX!のtwitterをフォローする

ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ
FX毎日バトル!」へ
やさしいビットコイン・仮想通貨研究所」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ここから口座開設すると超おトク!!ザイFX!期間限定キャンペーン実施中

FX初心者のための基礎知識入門

世界の為替チャート

米ドル/円+0.17108.54

USDJPY

ユーロ/円-0.56121.64

EURJPY

ユーロ/米ドル-0.00701.1207

EURUSD

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
ザイ オンライン

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム





どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 06月13日更新

米中決裂なら米ドル/円105円割れ!? 円安批判にも警戒!



FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

06月10日更新






元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果