ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

楽天証券[楽天FX]ドル/円スプレッド0.2銭原則固定(例外あり)キャンペーン!

バックナンバー

米ドル/円スプレッドが1000通貨まで0.2銭!
ショックにも強いスプレッドが驚異の水準に

2019年07月13日(土)東京時間 08:30

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

■米ドル/円スプレッドが1000通貨まで0.2銭に!

 1通貨単位から取引ができることや少額取引のスプレッドが極狭なことで人気の高いSBI FXトレードですが、さらなるスプレッド縮小のニュースが入ってきました!

 まず、SBI FXトレードではこれまで、全取扱い通貨ペアにおいて、1回あたりの取引量に応じた8つの区分別にスプレッドが提供されてきたのですが、2019年6月29日(土)より、その取引量に応じた区分を4つに減らすという変更が行われました。これに伴って各通貨ペア、各区分のスプレッドも見直しが行われています。

SBI FXトレード・1回あたりの取引量に応じたスプレッドの区分(左:変更前、右:変更後)
SBI FXトレード・1回あたりの取引量に応じたスプレッドの区分

 中でも、注目は米ドル/円。新たに第1区分となった1回あたり1000通貨までの取引で米ドル/円スプレッドは0.2銭と、1万通貨までの取引に適用された旧第1区分のスプレッド0.27銭原則固定から、数値的にはさらに縮小されたんです♪

SBI FXトレード・1000通貨までの米ドル/円スプレッド0.2銭に縮小!

 また、米ドル/円スプレッドはこれまで上述のとおり、旧第1区分である1万通貨までが0.27銭原則固定で、旧第2区分~第4区分である1万1通貨~100万通貨は0.29銭原則固定だったのですが、このたび1001通貨~100万通貨までの取引が新第2区分となり、この区分のスプレッドは0.27銭となりました!

【参考記事】
米ドル/円スプレッドが実質0.23銭になる!?SBI FXトレードが取引高キャッシュバック!

SBI FXトレード・米ドル/円スプレッド新旧比較
SBI FXトレード・米ドル/円スプレッド新旧比較

■原則固定は外れたけど、高い提示率を維持している模様

 ここでお気づきになった方もいらっしゃるかと思いますが、今回の変更に伴い、SBI FXトレードのスプレッドから“原則固定”の文字がなくなっています。そう、従来のSBI FXトレードは、米ドル/円を含め、1回あたり100万通貨までの取引については、原則固定スプレッドが採用されていました。

 いくら一部の区分でスプレッドが狭くなっても、原則固定じゃないとちょっと不安かも…?と思いきや、SBI FXトレードのウェブサイトで公開されている米ドル/円、新スプレッドの提示率を確認してみると、ご覧のとおり。

SBI FXトレード・米ドル/円新スプレッド提示率
SBI FXトレード・米ドル/円新スプレッド提示率

 これは、新第2区分、米ドル/円1001通貨~100万通貨の取引に対するスプレッド0.27銭の提示率ですが、価格表示回数で98.39%、価格表示時間割合にして97.20%(いずれも2019年7月2日~3日)と、非常に高くなっています。

 ちなみに、1万1通貨~100万通貨までの旧区分においてスプレッドが0.29銭原則固定だったときはどうだったのかというと、価格表示回数で98.11%、時間割合で96.98%(いずれも2019年5月7日~31日)となっていました。

SBI FXトレード・旧スプレッドの提示回数提示率(2019年5月7日~31日)
SBI FXトレード・旧スプレッドの提示回数提示率(2019年5月7日~31日)
SBI FXトレード・旧スプレッドの提示時間提示率(2019年5月7日~31日)
SBI FXトレード・旧スプレッドの提示時間提示率(2019年5月7日~31日)

 提示率は計測のタイミングによっても変動しますが、図のとおり、記者がSBI FXトレードのウェブサイトで確認した時点では、新区分、新スプレッドとなり、原則固定が外れてからの方が、若干スプレッドの提示率が高いくらいであったことがわかると思います。

SBI FXトレードのウェブサイトで事前に告知されていた変更予定の案内によると、新第2区分~新第4区分については「透明性を高めるため、実績表示を随時公開していく」という方針により、原則固定の文字が外れたようなのですが、ユーザーとしては、基本的にこれまでとあまり変わらないスプレッド提示率を維持してくれると期待して良いのではないでしょうか。

SBI FXトレードはなんといっても、2018年8月のトルコリラショックや2016年6月のブレグジットの際にも、スプレッドが拡大しなかったという実績を持っていますから、たとえ原則固定の文字が外れたとしても、そのあたりは期待できそうですよね。

【参考記事】
【徹底調査】EU離脱の大混乱でスプ20銭が普通の中、1.19銭をキープしたFX会社とは?
イケダハヤト氏も知らない、トルコショックでもスプレッドが拡がらなかったFX口座とは?

 なお、1000通貨までの新第1区分については、新第2区分~新第4区分と異なり、事前に告知されていた変更予定の案内においても原則固定スプレッドではないということが明確に書かれていたわけではないのですが、だからと言って、今のところ原則固定スプレッドであるとは、どこにも記載されていません。また、こちらの区分については新スプレッドの提示率も、まだ公開されていないようです。やはり新第1区分のスプレッドも他の区分同様、原則固定ではない、ということなのでしょうか…?

 これはあくまで推測ですが、FX会社などはスプレッドの原則固定表記について、金融先物取引業協会が公表しているスプレッド広告表示に関する自主規制ルールに則って行う必要がありますので、もしかすると、その関係で原則固定表記が可能なスプレッド提示率を維持できるかどうか、今はまだデータを蓄積中ということなのかも…?

【参考記事】
原則固定=スプレッド配信率95%以上。でも、その集計方法にはカラクリがある!?

 すでに公開が開始されている新第2区分、1001~100万通貨の米ドル/円スプレッド提示率は、上述のとおり高い値をマークしているようですし、一定期間の配信実績が確認できれば、この先、少なくともあらかじめ原則固定を外すという案内がなかった1~1000通貨の新第1区分については、再び原則固定表記が行われる日が来るのかも(?)しれません。

■米ドル/円のスプレッドを比較してみた

 ちなみに、今回のSBI FXトレードのスペック変更で、米ドル/円の主要FX会社スプレッドランキングは、こんな感じになりました。

業界トップ水準の「米ドル/円」スプレッド比較(2019年7月12日現在)
FX会社
[サービス名]
米ドル/円
スプレッド
SBI FXトレード 0.2銭
(1000通貨まで)
SBI FXトレード 0.27銭
(1001通貨~100万通貨)
GMOクリック証券
[FXネオ]
0.3銭原則固定
トレイダーズ証券
[みんなのFX]
0.3銭
原則固定
トレイダーズ証券
[LIGHT FX]
0.3銭
原則固定
ヒロセ通商
[LION FX]
0.3銭
原則固定
YJFX!
[外貨ex]
0.3銭
原則固定
セントラル短資FX
[FXダイレクトプラス]
0.3銭
原則固定
DMM.com証券
[DMM FX]
0.3銭
原則固定
IG証券
[標準]
0.3銭
原則固定
ゴールデンウェイ・ジャパン
(旧FXトレード・フィナンシャル)
[FXTF MT4・1000通貨コース]
0.3銭
原則固定
JFX
[MATRIX TRADER]
0.3銭
原則固定
マネーパートナーズ
[パートナーズFX]
0.3銭
原則固定
FXブロードネット
[ブロードライトコース]
0.3銭
原則固定
FXブロードネット
[ブロードコース]
0.3銭
原則固定
インヴァスト証券
[トライオートFX]
0.3銭
原則固定
外為ジャパンFX 0.3銭
原則固定
楽天証券
[楽天FX]
0.3銭
原則固定
マネックス証券
[FX PLUS]
0.3銭
原則固定
外為どっとコム
[外貨ネクストネオ]
0.3銭
原則固定
マネーパートナーズ
[パートナーズFX nano]
0.4銭
原則固定
岡三オンライン証券
[岡三アクティブFX]
0.4銭
原則固定

※スプレッドが原則固定制の店頭FXは、24時間、上表のスプレッドが適用されるFX会社と、日本時間の8時~28時など主要な時間帯のみ上表のスプレッドが適用されるFX会社がある。スプレッドはすべて例外あり

【参考コンテンツ】
FX会社徹底比較!:取引コストで比べる[米ドル/円スプレッドの狭い順]

SBI FXトレード1000通貨までの0.2銭、際立ってますね! 100万通貨までの0.27銭も他社を一歩リードした、といった感じでしょうか。

■1000通貨までユーロ/円0.3銭、英ポンド/円0.7銭!

 ここまで米ドル/円に絞ってお伝えしてきましたが、SBI FXトレードのスプレッドが極狭なのは、米ドル/円だけではありません。今回、新たに作られた新第1区分、1回あたり1000通貨までの取引のスプレッドは、米ドル/円以外の通貨ペアについても、注目しておきたいものがいくつかありますので、以下に紹介しましょう。

<米ドル/円以外の1000通貨までのスプレッド例>

・ ユーロ/円…0.3銭
・ 英ポンド/円…0.7銭
・ 豪ドル/円…0.4銭
・ NZドル/円…0.9銭
・ トルコリラ/円…1.4銭

・ 南アフリカランド/円…0.8銭
・ ユーロ/米ドル…0.3pips

 といった感じで、1000通貨までとはいえ、紹介したものは、どれも業界最狭水準! これまで取引をしたことがない通貨ペアの取引を少額で試してみるのにも、ピッタリなんじゃないでしょうか?

 また、100万1通貨以上の大口取引に関しては…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2399人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 96944人 ザイFX!のtwitterをフォローする

FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ
FX毎日バトル!」へ
やさしいビットコイン・仮想通貨研究所」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

GMOクリック証券
DMM.com証券[DMM FX]

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利30%!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!

ここから口座開設すると超おトク!!ザイFX!期間限定キャンペーン実施中

FX初心者のための基礎知識入門

世界の為替チャート

米ドル/円+0.02108.57

USDJPY

ユーロ/円+0.22120.32

EURJPY

英ポンド/円+0.40143.10

GBPJPY

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム






FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

12月09日更新

どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 12月05日更新

トランプ大統領の要求がさらに過激に!? 米ドル/円は110円台へ







元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果