ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一・大橋ひろこの「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」

合意ある英国のEU離脱は実現するのか?
英ポンド/米ドルの押し目買いに妙味アリ!

2019年10月14日(月)15:18公開 (2019年10月14日(月)15:18更新)
西原宏一&大橋ひろこ

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

■米国は静かにQEを再開か?

アメリカではFRB(米連邦準備制度理事会)のパウエル議長が、バランスシート拡大に踏み切るとの考えを示しました


10月15日(火)から、短期国債を月600億ドルペースで購入するそうです。「短期金融市場を安定させるため」であって、QE(量的緩和策)再開との見方は強く否定したそうですが……。

実質的にQEですよね。それに加えて、トランプ大統領が減税を行なうのではとの観測も出ています。


最近でこそ経済指標は弱含んできたものの、米景気はまだ強い。それなのに利下げ、QE、さらに減税を行なえば、株式市場にバブルが発生する可能性は小さくない


それもこれも大統領選挙をにらんでのことなのでしょう。ただ、今、減税を行なって株価を持ち上げれば来年(2020年)まで持たない。減税カードをいつ切るのか、要注意ですね。

NYダウ 日足
NYダウ 日足

(出所:Bloomberg)

リスクオフを警戒する声も多いですが、「株価はもうトップアウトしたはずだ」と目線を決め打ちするのは危険ですね。

■シリア北部からの米軍撤退がトルコリラの不安要因に

シリア北部からの米軍撤退、トルコ軍侵攻というニュースもありましたね。シリア北部はクルド人勢力が支配する地域。


米軍はクルド人勢力と連携してIS(イスラム国)と戦ってきました。ISの掃討作戦が終わったからといって即撤退、というのは冷たいように感じます。

【参考記事】
シリア北部から米軍撤収で戦争リスク警戒! トルコリラ/円は18円台前半へ下落…(10月9日、エミン・ユルマズ)

米軍が撤退すれば、トルコ軍がクルド人の排除へ動くことはわかっていましたからね。トランプ大統領の思惑がどこにあるのか……。いずれにせよ、トルコリラにとっては悪材料です。


同じく中東ではイランのタンカーがミサイル攻撃を受ける事件もあり、原油が上昇しました。誰による攻撃だったのか、まだ不明です。今週(10月14日~)の戦略はどう考えますか?

トルコリラ/円 日足
トルコリラ/円 日足

(出所:Bloomberg)

WTI原油 日足
WTI原油 日足

(出所:Bloomberg)

英ポンド/米ドルの押し目買いでしょうか。EUとの協議次第ではありますが、合意あるEU離脱の可能性が高まるようなら、英ポンドショートのスクイーズ(買い戻し)に期待できるでしょう。

(構成/ミドルマン・高城泰)

NYダウや金にも直接投資できるCFD取引会社を徹底比較!

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

「トレード戦略指令!」は登録後10日間無料解約可能なので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る