ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FX情報局

10月15日の異変!? ドル/円0.2銭原則固定へ!
「連鎖的スプレッド縮小騒動」の衝撃

2019年10月16日(水)18:55公開 (2019年10月16日(水)18:55更新)
FX情報局

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■9月末、ゴールデンウェイ・ジャパンは既に0.2銭原則固定へ

 以上、10月15日(火)に起こった米ドル/円の「連鎖的スプレッド縮小騒動」についてお伝えしてきたが、その少し前にも日本のFX業界で突如「米ドル/円0.2銭原則固定」が大ブームになる予兆はあることはあった(予兆はあったとはいえ、ここまで急激な動きが起こるとは筆者も思っていなかったのだが…)

 たとえば、トレイダーズ証券の[みんなのFX][LIGHT FX]がプレミアムフライデーの一定の時間帯だけ米ドル/円スプレッドを0.2銭原則固定に縮小するキャンペーンを行ってきたことがあった。

【参考記事】
プレミアムフライデーはスプレッドが激狭! 米ドル/円は驚異の0.2銭原則固定で提供!

 また、SBI FXトレードが1~1000通貨までという制限つきながら2019年6月29日(土)より米ドル/円スプレッドを0.2銭原則固定にしていた動きもあった。しかし…

【参考記事】
米ドル/円スプレッドが1000通貨まで0.2銭! ショックにも強いスプレッドが驚異の水準に

 それらよりも明確に米ドル/円スプレッド0.2銭原則固定を打ち出してきたのはゴールデンウェイ・ジャパンだった。

ゴールデンウェイ・ジャパンというFX会社名はまだ聞き慣れないFXファンもいるかもしれないが、これは旧FXトレード・フィナンシャルのこと。同社が香港系の金融グループであるゴールデンウェイの傘下に入り、2019年4月1日(月)から社名変更したものだ。

【参考記事】
FXTFに劇的変化の予感! ゴールデンウェイ傘下入りで新システム追加&社名変更も!?
FXTFがゴールデンウェイ・ジャパンへ! 社名変更でサービス自体は変わったの?

 そのゴールデンウェイ・ジャパンが2019年9月25日(水)より、米ドル/円の通常スプレッドを0.3銭原則固定から0.2銭原則固定に縮小したのだった。それも、通常の口座よりスプレッドが広めなことが多いメタトレーダー4(MT4)の口座において。

【参考記事】
米ドル/円スプレッドが0.2銭原則固定に! 令和版FXスプレッド競争の火種となるか!?

ゴールデンウェイ・ジャパンが米ドル/円スプレッドを0.2銭原則固定へ縮小

 ちなみにゴールデンウェイ・ジャパンはこのとき、米ドル/円だけでなく、ユーロ/米ドルを0.2pips原則固定、ユーロ/円を0.4銭原則固定、豪ドル/円を0.5銭原則固定、英ポンド/円を0.7銭原則固定にするという恐ろしく狭いスプレッドを打ち出してきていた。

■「日本No.1最狭スプレッド挑戦計画」とは?

 さらにゴールデンウェイ・ジャパンは翌9月26日(木)に「日本No.1最狭スプレッド挑戦計画」を発表。これは米ドル/円、英ポンド/円、ユーロ/米ドルについては他社より狭い原則固定スプレッド、ユーロ/円、豪ドル/円については他社の最狭スプレッドと同等の原則固定スプレッドを提供することを宣言するものだった。

「日本No.1最狭スプレッド挑戦計画」

 細かい条件などもあるので、詳しいことを知りたい人はゴールデンウェイ・ジャパンの公式サイトでこの「日本No.1最狭スプレッド挑戦計画」の文書を確認してほしいが、この「挑戦計画」では業界最狭の水準において他社がスプレッドを狭めてきた場合は、ゴールデンウェイ・ジャパンもそれに応戦し、さらにスプレッドを狭めていくと宣言しているのである。

 家電量販店などには「他店より1円でも高い場合は値引きします」といった掲示があったりするが、このゴールデンウェイ・ジャパンの宣言はそれに該当するものだろう。FX業界でこのような試みは珍しい、というか筆者の知る限り初めてである。

 先ほども紹介した以下の記事では、「近日中に、かつてFX業界を席巻したような熾烈なスプレッド縮小争いが令和版として再燃するかも(?)しれません!」と書いてあったが、それから20日程度でまさにそのような状況となってきた。

【参考記事】
米ドル/円スプレッドが0.2銭原則固定に! 令和版FXスプレッド競争の火種となるか!?

 そして、「日本No.1最狭スプレッド挑戦計画」の中身を筆者が読んでみた限り、ゴールデンウェイ・ジャパンは他社の0.2銭原則固定へのスプレッド縮小を受けて、さらに狭い水準(0.1銭原則固定!?)へ来月(11月)早々にもスプレッドを縮小してくるのではないかと思われた。

 ──とここまで書いた「連鎖的スプレッド縮小騒動」の翌日、10月16日(水)、前日には動きがなかったトレイダーズ証券がスプレッド縮小に動いた。

トレイダーズ証券[みんなのFX]トレイダーズ証券[LIGHT FX]において、米ドル/円スプレッドを0.3銭原則固定から0.2銭原則固定へ縮小したのである。

トレイダーズ証券が米ドル/円スプレッドを0.2銭原則固定へ縮小

 さらにトレイダーズ証券にはもう一押しがあった。

トレイダーズ証券[みんなのFX]トレイダーズ証券[LIGHT FX]は9時~24時という時間限定、そして、10月16日から11月29日までという期間限定のキャンペーンではあるが、米ドル/円スプレッドをなんと0.1銭原則固定に縮小すると発表したのである。このスプレッド縮小キャンペーンが開始されたのは10月16日(水)15時のことだった。

トレイダーズ証券が米ドル/円スプレッドを0.1銭原則固定へ縮小

 本記事は筆者が懸命に書いているそばから新情報が登場し、さらにそれを書き足していって、なかなか完成しない(>_<)という大変な状況となっている。筆者は先ほどゴールデンウェイ・ジャパン「日本No.1最狭スプレッド挑戦計画」に基づき、「さらに狭い水準(0.1銭原則固定!?)へ来月(11月)早々にもスプレッドを縮小してくるのではないかと思われた」と書いた。

 しかし、そんな悠長なことにはならなかった。10月16日(水)17時20分からゴールデンウェイ・ジャパンは米ドル/円スプレッドを0.1銭原則固定に縮小してきたのである。

 有言実行、「日本 No.1 最狭スプレッド挑戦計画」のとおりにゴールデンウェイ・ジャパンはスプレッドを縮小したということだった。

ゴールデンウェイ・ジャパンが米ドル/円スプレッドを0.1銭原則固定へ縮小

 なんともスゴい展開になってきた。

 今回のこのような激しい流れを受け、1通貨~1000通貨のみ0.2銭原則固定としているSBI FXトレードは0.2銭原則固定を適用する取引量の範囲を拡大してくるのだろうか? あるいは0.2銭原則固定を0.1銭原則固定へさらに縮小してくるのだろうか? はたまたヒロセ通商マネーパートナーズといった、まだ米ドル/円を0.1銭原則固定や0.2銭原則固定にしていないFX会社はスプレッド縮小に動いてくるのだろうか?

 風雲急を告げるFX業界の米ドル/円スプレッド縮小合戦から目が離せない。

【参考コンテンツ:最新の米ドル/円スプレッドはこちらでチェック!】
FX会社徹底比較!:取引コストで比べる[米ドル/円スプレッドの狭い順]

「『連鎖的スプレッド縮小騒動』続報。米ドル/円はついに0.1銭原則固定へ!」へつづく)

(取材・文/ザイFX!編集長・井口稔 編集協力/ザイFX!編集部・藤本康文)

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る