ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

【GMOクリック証券】取引コストが安い! 今ならザイFX!限定で現金4000円がもらえる!

FX情報局
バックナンバー

「連鎖的スプレッド縮小騒動」続報。
米ドル/円はついに0.1銭原則固定へ!

2019年10月18日(金)20:25公開 [2020年06月05日(金)17:21更新]

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■老舗のセントラル短資FXも0.2銭原則固定へ

 そして、翌日の10月17日(木)。まだ、「連鎖的スプレッド縮小騒動」は収まらなかった。

 今度は10月17日(木)12時からセントラル短資FX[FXダイレクトプラス]米ドル/円の通常スプレッドを0.3銭原則固定から0.2銭原則固定にしたのだ。

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]0.2銭原則固定

セントラル短資FXといえば、老舗FX会社でスプレッド競争とは長らく距離を置いていたが、近年はスプレッド競争に参戦し、業界最狭水準におおよそ遜色ない水準までスプレッドを縮小させていた。そして、今回の米ドル/円0.2銭原則固定への動きにも、若干遅れたものの参入してきたというわけだった。

■ネット証券大手・マネックス証券も0.2銭原則固定へ

 さらに10月17日(木)16時にはネット証券大手・マネックス証券の[FX PLUS]も米ドル/円の通常スプレッドを0.3銭原則固定から0.2銭原則固定へ縮小してきた。

マネックス証券[FX PLUS]0.2銭原則固定

マネックス証券2019年4月に創業者である松本大氏から清明祐子氏へ社長がバトンタッチされている。清明社長はネット証券初の女性社長として話題になった人だが、今回の米ドル/円スプレッド0.2銭原則固定への縮小にも社長の決断があったのだろうか?

マネックス証券の[FX PLUS]はしばらく前まで、リピート系発注機能のオートレールをアピールしていた口座で、スプレッド競争には参戦していなかった。しかし、最近はその状況が変わってきているようだ。

マネックス証券は米ドル/円スプレッド0.2銭原則固定への縮小を発表する際、以下のとおり、「主要ネット証券の比較」という比較表を公式サイトに掲載している。ネット証券大手の会社はこのように、FXの分野においても、FX専業会社は無視して、ネット証券大手同士でスペックを比較する傾向がある。

主要ネット証券の比較

(出所:マネックス証券

 ただ、この比較表は少し注意して見た方がよい点がある。主要ネット証券として挙げてあるのは、マネックス証券、SBI証券、楽天証券、カブドットコム証券、松井証券の5社。GMOクリック証券は入っていない。

GMOクリック証券は店頭FXが主力ではあるが、株式の取引もかなり盛んで、主要ネット証券に入れられていたり、入れられていなかったりする存在。そして、この比較表はGMOクリック証券は主要ネット証券ではないから掲載していない、という建て付けとなっているのだ。

 そのGMOクリック証券は今回の「連鎖的スプレッド縮小騒動」の初期の段階で、米ドル/円の通常スプレッドを0.3銭原則固定から0.2銭原則固定に縮小していることは、前回の記事でお伝えしたとおりだ。

【参考記事】
10月15日の異変!? ドル/円0.2銭原則固定へ! 「連鎖的スプレッド縮小騒動」の衝撃

 また、楽天証券はキャンペーンの0.2銭原則固定というスプレッドではなく、通常時の0.3銭原則固定というスプレッドを掲載している。

 いずれも間違いとは言えない記述だが、証券会社、FX会社のこのような公式発表をユーザーは注意深く、用心しながら読まなくてはならないことを改めて感じさせられた。

 また、比較表の一番下に掲載されている松井証券の1~2銭という米ドル/円スプレッドにも筆者は目を奪われた。3~4日ほどの間に0.1銭の違いを巡る激烈な争いがあったというのに、その一方で「米ドル/円スプレッド1~2銭」というのは、「牧歌的」という表現を使ってみたくなるようなおおらかな数字(?)ではないだろうか。

 なお、マネックス証券には[マネックスFX]というFX口座もあるが、こちらの米ドル/円スプレッドはしばらく前から1万通貨までなら0.2銭となっている模様だ。

■英国系のIG証券も0.2銭原則固定へ

 さらに翌日、本記事を公開した10月18日(金)になると、英国系のIG証券も動いたのだった。IG証券は米ドル/円の通常スプレッドを0.3銭原則固定から0.2銭原則固定へ縮小したのである。

IG証券0.2銭原則固定

 最近はノックアウト・オプションの話題が多いIG証券だが、米ドル/円の「連鎖的スプレッド縮小騒動」にも、やや遅ればせながら、きっちり参加してきたのだった(遅れたといっても、騒動が本格化してから、わずか3日後の話だが…)。

【参考記事】
ノックアウト・オプション──それはリスク限定で利益が狙える新しい金融商品
実は初心者向きのノックアウト・オプション。リスク限定で利益も狙える理由とは?

■わずか4日間でドル/円スプレッドは大きく変わってしまった

 ここまで「連鎖的スプレッド縮小騒動」の続報として、10月16日(水)~10月18日(金)の動きをお伝えしてきた。この結果、日本のFX業界の米ドル/円スプレッドはどのようになったのだろうか?

前回の記事でお伝えした情報も含め、10月15日(火)~10月18日(金)に起こった米ドル/円スプレッド縮小の動きを表にまとめると、以下のとおりとなる。

【前回の記事】
10月15日の異変!? ドル/円0.2銭原則固定へ! 「連鎖的スプレッド縮小騒動」の衝撃

10月15~18日の「連鎖的スプレッド縮小騒動」
FX会社名
[口座名]
開始時刻 米ドル/円スプレッド縮小 通常/キャンペーン
楽天証券
[楽天FX]
10月15日(火)9時~ 0.3銭原則固定

0.2銭原則固定
11月23日(土)6時55分までのキャンペーン
GMOクリック証券
[FXネオ]
10月15日(火)17時~ 0.3銭原則固定

0.2銭原則固定
通常スプレッド
外為どっとコム
[外貨ネクストネオ]
10月15日(火)17時~ 0.3銭原則固定

0.2銭原則固定
11月23日(土)6時55分までのキャンペーン
DMM.com証券
[DMM FX]
10月15日(火)17時30分~ 0.3銭原則固定

0.2銭原則固定
通常スプレッド
外為ジャパンFX 10月15日(火)18時~ 0.3銭原則固定

0.2銭原則固定
通常スプレッド
YJFX!
[外貨ex]
10月15日(火)19時~ 0.3銭原則固定

0.2銭原則固定
通常スプレッド
トレイダーズ証券
[みんなのFX]
10月16日(水)15時~ 0.3銭原則固定

0.2銭原則固定
通常スプレッド
トレイダーズ証券
[みんなのFX]
10月16日(水)15時~ 0.2銭原則固定

0.1銭原則固定(9時~24時)
11月29日(金)までのキャンペーン
トレイダーズ証券
[LIGHT FX]
10月16日(水)15時~ 0.3銭原則固定

0.2銭原則固定
通常スプレッド
トレイダーズ証券
[LIGHT FX]
10月16日(水)15時~ 0.2銭原則固定

0.1銭原則固定(9時~24時)
11月29日(金)までのキャンペーン
FXブロードネット
[ブロードライトコース]
10月16日(水)17時~ 0.3銭原則固定

0.2銭原則固定
通常スプレッド
FXブロードネット
[ブロードコース]
10月16日(水)17時~ 0.3銭原則固定

0.2銭原則固定
通常スプレッド
ゴールデンウェイ・ジャパン(旧FXトレード・フィナンシャル)
[FXTF MT4]
10月16日(水)17時20分~ 0.2銭原則固定

0.1銭原則固定
通常スプレッド
セントラル短資FX
[FXダイレクトプラス]
10月17日(木)12時~ 0.3銭原則固定

0.2銭原則固定
通常スプレッド
マネックス証券
[FX PLUS]
10月17日(木)16時~ 0.3銭原則固定

0.2銭原則固定
通常スプレッド
IG証券
[標準]
10月18日(金) 0.3銭原則固定

0.2銭原則固定
通常スプレッド

※スプレッドが原則固定制の店頭FXは、24時間、上表のスプレッドが適用されるFX会社と、日本時間の8時~28時など主要な時間帯のみ上表のスプレッドが適用されるFX会社がある。スプレッドはすべて例外あり

 わずか4日の間によくぞこれだけのFX会社が我も我もとスプレッド縮小に動いたものだと、改めて驚かされる。

 次にザイFX!「FX会社徹底比較!」「取引コスト(スプレッドなど)で比べる」のコーナーを今回の「連鎖的スプレッド縮小騒動」が起こる前と後で比べてみよう。

 下図は同コーナーで各FX会社の口座を米ドル/円スプレッドの狭い順に並べたものであり、これは今回の「連鎖的スプレッド縮小騒動」が起こる前の10月14日(月)現在のデータとなっている。

米ドル/円スプレッドの状況(2019年10月14日現在)
米ドル/円スプレッドの状況(2019年10月14日現在)

 ご覧のとおり、0.3銭原則固定のFX口座が圧倒的に多くなっており、なんと17口座が0.3銭原則固定となっていた。10月14日(月)の段階で主力はこの0.3銭原則固定というスプレッドだったのだ。

 この時点で、それより狭いと表示されているのは0.2銭原則固定のゴールデンウェイ・ジャパン(旧FXトレード・フィナンシャル)[FXTF MT4]と0.27銭のSBI FXトレード(※)だけだった。

(※SBI FXトレードのスプレッドは比較表では簡略化した表記にしてあるが、厳密にはワンショットの取引量によって変化し、1通貨~1000通貨が0.2銭原則固定、1001通貨~100万通貨が0.27銭~7.8銭などとなっている)

 同じザイFX!「FX会社徹底比較!」「取引コスト(スプレッドなど)で比べる」のコーナーを本記事を公開した10月18日(金)に見てみよう。

米ドル/円スプレッドの状況(2019年10月18日現在)
米ドル/円スプレッドの状況(2019年10月18日現在)

 わずか4日後というのに状況は様変わりしている。

主力は0.3銭原則固定ではなく、0.2銭原則固定に完全になってしまった。この短期間の間に、キャンペーンスプレッドを含むものの11口座が0.2銭原則固定になってしまった。0.3銭原則固定はヒロセ通商[LION FX]など、わずか4口座だけとなっている。

 また、これまではなかった0.1銭原則固定にゴールデンウェイ・ジャパン(旧FXトレード・フィナンシャル)[FXTF MT4]と11月29日(金)までのキャンペーンながらトレイダーズ証券[みんなのFX]トレイダーズ証券[LIGHT FX]が名乗りを上げている。

【参考コンテンツ:最新の米ドル/円スプレッドはこちらでチェック!】
FX会社徹底比較!:取引コストで比べる[米ドル/円スプレッドの狭い順]

 この「連鎖的スプレッド縮小騒動」にはさらなる動きが出てくるのだろうか? また、スプレッドは縮小したけれど、スリッページが激しくなったなんてことは起こってほしくはないが、実際、起こっていないのだろうか?

 また、新たな動きがあったら、ザイFX!では当コーナーなどでお伝えしていきたい。

(文/ザイFX!編集長・井口稔 編集協力/ザイFX!編集部・堀之内智)

この記事に関連する新着情報

FX情報局
FX情報局

知っているようで知らなかったFXに関連した情報が満載の「FX情報局」。このコーナーでは、FX業界の旬な情報やFXトレーダーの間で話題になっている出来事などをザイFX!編集部が徹底調査! FX初心者から上級者まで目からウロコの情報をお届けします。

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2417人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 106408人 ザイFX!のtwitterをフォローする

おすすめFX会社
link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

イメージキャラクターは白石麻衣さん! 無料オンラインセミナーは初心者に人気!

link

トレイダーズ証券新口座!

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

注目FXニュースをPick Up!
相場予想が当たらなくても儲かる!底辺高校卒業生と最強の為替サイトザイFX!が作った1日5分で稼ぐFXグルトレ完全ガイド
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門
簡単!ログイン不要! ザイFX!for iPhoneリニューアル!最新のチャート・レート・ニュースをサクッと確認できる♪使い方を詳しく紹介! 無料配布中!今すぐAppStoreからダウンロード!
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
TOPICS
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム












元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ