ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

【GMOクリック証券】取引コストが安い! 今ならザイFX!限定で現金4000円がもらえる!

吉田恒の「データが語る為替の法則」
バックナンバー

クロス円の「勝ち組」「負け組」とは?
豪ドル/円が急落したワケは?

2010年05月25日(火)15:55公開 [2010年05月25日(火)15:55更新]

ザイFX!限定キャンペーンも実施中!1000通貨単位での少量取引可能なLINE FX!

 豪ドル/円は先週、一気に70円台前半まで急落しましたが、それでも5年移動平均線からのカイ離率はマイナス20%以内にとどまっています。

 経験的に、5年移動平均線からのカイ離率がマイナス30%前後に達すると中長期の「下がり過ぎ」領域と言えますが、そこまではかなりの「距離」がありそうです。

 以上、中長期の「下がり過ぎ」について比較してみても、ユーロなど欧州通貨と豪ドルなど資源国通貨には大きな違いがあります。

 そして、金融市場の混乱が世界的に広がると、それは資源国通貨にとって大いなるリスクになり得るものでした。

■「100年に一度の危機」と現在でクロス円相場の違いは?

 2008年9月のリーマンショックをきっかけにして「100年に一度の危機」が広がり、2009年3月に日米などの株価指数が大底を打つまでそれは続きました。

 米ドル以外の外貨の対円相場、クロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)相場は軒並み大打撃を受け、ユーロ/円は112円に、英ポンド/円は118円に、豪ドル/円は55円に、NZドル/円は44円に、それぞれ大暴落しました。

 空前の「危機」の中で、唯一の基軸通貨で決済通貨である米ドルに買いが集まり、同時に、円も「安全資産」として買いが集まりやすいため、クロス円はこぞって急落したのです。

 さて、現在のギリシャ、ユーロの混乱が「世界同時株安」といった状況にまで発展してくると、これまで見てきたことからすれば、クロス円は全般的に打撃を受けやすかったと思います。

 ところが、クロス円の一部、とりわけ欧州通貨/円はすでに急落していたため、さらなる下げ余地は限られる状況となっていました

 半面、資源国通貨/円は「買われ過ぎ」の反動で売りが拡大する余地が大きく、中長期的にも「下がり過ぎ」を拡大する余地が大きく残っていたため、今回、急落の主役のようになってしまったということでしょう。

■「100年に一度の危機」は再来するのか、それとも!?

 このように、クロス円の「勝ち組」まで急落に追い込んだのは、「100年に一度の危機」が再来しそうなムードになっているためと言えそうです。

 確かに、下のグラフを見ていると、不気味な状況が続いているという見方もできそうです。

 これは、2008年10月24日に金融市場で「パニック相場」が起こった後の米ドル/円の推移に、今年5月6日(木)に起こった「パニック相場」後のユーロ/円の推移を重ねたものです。

 「10・24パニック」は「100年に一度の危機」の中で起こったものであり、それは別の言い方をすると「パニックは危機の始まりの合図」でした。

 さて、これまでのところ、「5・6パニック」については「危機の終わり」ではなく、「始まり」のように見られています

 このまま「100年に一度の危機」の再来へと向かうなら、クロス円が下落する可能性はまだまだ高いということになってしまいます。

 しかし、90日移動平均線からのカイ離率はマイナス10%まで拡大すると、経験的には短期「下がり過ぎ」です。そして、欧州通貨/円だけでなく、豪ドル/円も、さすがにこの短期間の急落で、短期的には「下がり過ぎ」警戒域に達してきたようなのです。

 要するに、クロス円相場の「負け組」である欧州通貨/円は、短期的にも、中長期的にも「下がり過ぎ」限界圏に達しつつあり、「勝ち組」の資源国通貨/円ですら、中長期はともかく、短期的には「下がり過ぎ」の転換点に差し掛かっているようなのです

 相場がすでに「行き過ぎ」の限界に達しているということから逆に考えても、「100年に一度の危機」の再来には無理があると個人的には思うのですが、果たしてどうでしょうか?
吉田恒の「データが語る為替の法則」
吉田 恒 (よしだ・ひさし)

1985年、立教大学文学部卒業後、自由経済社(現・T&Cフィナンシャルリサーチ)に入社。同社の代表取締役社長、また、投資情報事業を展開するT&Cグループの持ち株会社であるT&Cホールディングス取締役などを歴任。2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケット エディターズ」の日本代表に就任。また、「M2J FX アカデミア」の学長も務めている。
一方、国際金融アナリストとして、執筆・講演などを精力的におこなっている。2000年のITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年の円安バブル崩壊など大相場予測をことごとく的中させ話題に。著書に『さよなら円高』『YENの悲劇』(ともに廣済堂出版)、『投資に勝つためのニュースの見方、読み方、活かし方』(実業之日本社)、『FX7つの成功法則』(ダイヤモンド社)、共著に『通貨大動乱』(総合法令)がある。また、DVDに『こうすればFX予想は当てられる!』(パンローリング)がある。

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2810人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 110086人 ザイFX!のtwitterをフォローする

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門
JFX[MATRIX TRADER] キャンペーン比較 外貨ex byGMO[外貨ex]
JFX[MATRIX TRADER] キャンペーン比較 外貨ex byGMO[外貨ex]
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイ投資戦略メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム












元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)