ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト
バックナンバー

下落が著しいユーロ/ドルは1.2ドル割れで
想像を絶するほどの大暴落となる可能性も

2010年05月06日(木)東京時間 14:17

【外為オンライン】ザイFX!限定3000円+FX書籍がもらえる

 通常は、月足チャート→週足チャート→日足チャートの順に記述しているが、今回は、日足チャートから解説する。

■ユーロ売りシグナル点灯後、結局、1.3ドル割れに

 まずは、ユーロ/米ドルの日足チャートをご覧いただきたい。
ユーロ/米ドル 日足(クリックで拡大)

 チャートで、レジスタンスラインを緑の破線(太線)で示したが、これを見ると、ユーロ/米ドルが2009年12月頃をピークに、断続的に下落していることがわかる。

 さらに、下落の際に、緑の破線(太線)で示したレジスタンスラインに上値を抑えられていることも読み取れる。

 また、緑の破線(細線)は緑の破線(太線)の平行線であるが、ユーロ/米ドルは2009年11月以降、この2本の平行線の内側(インサイド)で上下動を繰り返している。

 このことから、緑の破線(太線)で示したレジスタンスラインの傾きのスピードで、ユーロ/米ドルが下落していると断定できる。

 さて、ユーロ/米ドルは、1.3200ドルを下に割り込んで新安値を更新し、「ユーロ売り・米ドル買い」のシグナルを点灯させたにもかかわらず、ギリシャ問題に対するさまざまな思惑がぶつかり合い、単純な下落とはならなかった。

 だが、5月4日(火)のニューヨーク市場で、結局、節目の1.3000ドルを割り込んで1.29ドル台をつけている。

ユーロの売りポジションが積み上がっていて、目先のストップ・ロス、すなわち、ユーロの買い戻しは出やすい状況だが、基本的には「ユーロ売り・米ドル買い」のトレンドに変化がないと考えている。

■どこまで落ちるのか見当がつかない!

 このゴールデン・ウィーク中、ユーロ圏の国の格付け問題やギリシャ問題で、何かしらのニュースが出るのではないかと考えていたが、そのとおりの結果になった。

 5月4日(火)のマーケットでは、「スペインがギリシャのように支援を受けるのではないか」といったウワサが広まり、サパテロ・スペイン首相がそのウワサを否定したものの、スペインの株式市場が大きく下落したことから、同日のニューヨーク市場でユーロ/米ドルが下落した。

 下値のポイントだった、1.3100ドル、1.3050ドル、1.3000ドルといったところを次々と下に割り込み、東京市場が休場の5月5日(水)のアジア市場では、1.2950ドルをも下に割り込んだ。

 なお、1.3100ドル、1.3050ドル、1.3000ドル、1.2950ドルは、それぞれがチャートポイントで、そのポイントを割り込んだのだから、それぞれの場面で「ユーロ売り・米ドル買い」のシグナルが点灯したと考えている。

 5月6日(木)のシドニー市場では1.2800ドルも割り込み、1.27ドル台をつけている。

 前述した、1.3000ドル前後に集中していた「ユーロ売り・米ドル買い」のシグナルが正しかったと言えるだろう。

 上に示した日足チャートでは、従来の安値と安値を結ぶラインをピンクの破線で表示したが、この短期のサポートラインも、5月4日(火)の値動きで下にブレイクしている。

 日足チャートを見る限りは、「ユーロ売り・米ドル買い」のシグナルしかない。

 考え方は、引き続き、まったく同じ。

 ユーロの売りポジションが積み上がっていて、目先のストップ・ロスでユーロの買い戻しは出やすいものの、基本的には「ユーロ売り・米ドル買い」のトレンドに変化はない

ユーロ/米ドルについては、どこまで落ちるのか見当がつかない

■買い戻しせず、ユーロ・ショートはキープすべき!

 続いても、ユーロ/米ドルの日足チャートをご覧いただきたい。
ユーロ/米ドル 日足(クリックで拡大)

 以前から、このコラムを読んでいただいて読者のみなさんには、記憶に新しいところだろう。

3月3日のコラムに掲載したチャートで示した1.3050ドルのターゲットが、5月4日(火)の値動きで達成されたのだ。そのときのチャートを下に示しているので、上にある5月6日(木)作成のチャートと見比べていただきたい「改めて「フラッグ」を作る可能性が出てきたユーロ/ドルの次の下値メドは1.3050ドルか」を参照)

 1.3750ドルを下に割り込んで行く場合、1.3050ドル近辺がターゲットになると指摘した。

 ここで、1.3050ドルをターゲットとしたのであれば、当然、それよりも高い水準で売っているのだから、1.3050ドルより安いところで買い戻しの利食いを行い、マーケットからゲットアウトすることも戦術の1つであろう。

 そういう考え方もある。

 しかし、個人的には、1.3000ドルも下に割り込んでいるのだから、新たな展開を迎えていると考えている。

 むしろ、この局面では、ユーロ/米ドルのショートポジション(売り持ち)をキープすべきだと思う。
ユーロ/ドル日足(3/3版 クリック拡大)
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2395人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 94896人 ザイFX!のtwitterをフォローする

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社

スプレッドは業界最狭水準 インヴァスト証券[トライオートFX]

インヴァスト証券[トライオートFX]

過去実績から自動売買が選べる「自動売買セレクト」!自分用のポートフォリオが組めるトライオートFX

米ドル/円0.3銭原則固定! GMOクリック証券[FXネオ]

GMOクリック証券[FXネオ]

FX取引高7年連続世界1位! 今ならザイFX!限定で3000円キャッシュバック!

松田哲の「FX一刀両断!」
松田 哲 (まつだ・さとし)

早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などで米ドル/円相場、クロス円相場の下落を見事的中。近著に『1勝9敗でも勝てる松田式FX!』(ダイヤモンド社)がある他、『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)などの著書がある。

執筆者のサイト

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利30%!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底調査!

ここから口座開設すると超おトク!!ザイFX!期間限定キャンペーン実施中

FX初心者のための基礎知識入門

世界の為替チャート

ビットコイン/円+73858.00883858.00

XBTJPY

ビットコイン/米ドル-146.900010127.5000

XBTUSD

ビットコイン/ユーロ-105.40009200.6000

XBTEUR
Powered by kraken

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
ザイ オンライン

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム





どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 09月19日更新

ジョンソン首相の飛び道具で英ポンド再び暴落!?




FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

09月16日更新





元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果