ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

外貨ex byGMO[外貨ex]は取引でPayPayか現金がもらえる!【増額中】ザイFX!限定で4000円もらえるキャンペーン中!

吉田恒の「データが語る為替の法則」
バックナンバー

米ドル/円「10年の常識」、
豪ドル/円「20年の常識」は崩れるのか?

2008年11月25日(火)16:12公開 [2008年11月25日(火)16:12更新]

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で3000円もらえる

 ドル/円についても、月末終値は注目されます。下図はドル/円の5年線からのかい離率を見たものですが、ドルの5年線からのかい離率は、2000年頃から±10%の範囲内で基本的に推移してきたことがわかると思います。
米ドル/円 5年線からのかい離率

■崩れ始めた米ドル/円「10年の常識」

 つまり、ドル/円は5年線からのかい離率が±10%を大きく超えないというのが、「10年間の常識」ということです。

 先に見てきた豪ドル/円は「20年の常識」、それに対してこちらのドル/円は「10年の常識」ということです。

 ただし、ドル/円の5年線からのかい離率は、10年前まではむしろ±10%の範囲内で推移していることの方が少なかったようです。つまり、ドル/円のこの「10年の常識」は、長いドル/円の歴史の中ではむしろ「非常識」なことでもあったわけです。

 このようなドル/円の「10年に限った常識」が崩れ始めています。過去10年間のドルの5年線からのかい離率で、プラスの最高は2002年1月に記録した12.7%、一方マイナスの最高は今年3月に記録した11.6%でした。しかし、10月末はそれがマイナス11.65%と、ほんのわずかですが、この10年のマイナス記録を更新したのです。

 ちなみにドル/円の5年線は、10月末現在で111円程度。したがって、当面の月末終値でたとえば95~96円を大きくドルが下回るようなら、5年線からのかい離率は完全にマイナス10%以上になる見通しです。つまりドル/円のこの「10年の常識」が崩れるということになるわけです。
米ドル/円 週足
(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 週足

■45兆円もの「異常な為替介入」がもたらしたもの

 先にも述べたように、5年線からのかい離率が±10%の範囲内で推移してきたこの10年のドル/円の安定は、より長いドル/円の歴史から考えれば「異例の安定」だったということになると思います。ではなぜ、そんなことが起こったのでしょうか。大きな為替の構造変化が起こり、ドル/円は大きく動かない相場になったのでしょうか。

 私は、日本経済のデフレとの関係に注目してきました。21世紀に入り、日本経済のデフレが深刻化する中で、円高は容認できない局面がありました。その中で、特に2003~2004年と日本政府はわずか1年半にも満たない中で45兆円もの円高阻止介入を実施するといった異例の政策に動きました。

 この「異常な為替介入」のほとんどがドル買いで実施された結果、ドル/円は実質的な「管理相場」となり、その結果「動けなく」、「動かなく」なった状況が、2004年4月以降の介入が行われなくなった後も、最近まで相場の慣性として残ってきたということではないでしょうか。

 もしもそうではなく、ドル/円の安定化が構造変化なのであれば、ドルは5年線からのかい離率が±10%を大きく超えないということになります。したがって、当面の月末終値で95円を大きく下回ることはないことになります。

 しかしそうではなく、あくまでこの10年の常識が「異常な為替介入」などをきっかけとした「かりそめ」に過ぎないものだとしたら、ドル/円はまた元のよく動く相場に戻っていくことになるでしょう。それは5年線からのかい離率が±10%を大きく超えていくといった意味になります。

■為替のローリスクは「幻想」なのか

 ところで、とても重要なことは、この異例なドル/円安定相場の中で、個人の為替取引、FXが急拡大してきたということです。「外貨の王様」、米ドルに対する円相場の異例の安定は、為替リスクが小さいといった印象をもたらすものになっていたのではないでしょうか。

 これまで見てきたように、ドル/円の安定化が構造変化なら、為替リスクは小さいということになるでしょうが、そうでなければ、ここ数年が異例の為替ローリスクであり、それが変わり始めているということになると思います。そのあたりを見極める上でも、月末終値は重要な意味があると思うのです。
吉田恒の「データが語る為替の法則」
吉田 恒 (よしだ・ひさし)

1985年、立教大学文学部卒業後、自由経済社(現・T&Cフィナンシャルリサーチ)に入社。同社の代表取締役社長、また、投資情報事業を展開するT&Cグループの持ち株会社であるT&Cホールディングス取締役などを歴任。2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケット エディターズ」の日本代表に就任。また、「M2J FX アカデミア」の学長も務めている。
一方、国際金融アナリストとして、執筆・講演などを精力的におこなっている。2000年のITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年の円安バブル崩壊など大相場予測をことごとく的中させ話題に。著書に『さよなら円高』『YENの悲劇』(ともに廣済堂出版)、『投資に勝つためのニュースの見方、読み方、活かし方』(実業之日本社)、『FX7つの成功法則』(ダイヤモンド社)、共著に『通貨大動乱』(総合法令)がある。また、DVDに『こうすればFX予想は当てられる!』(パンローリング)がある。

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2822人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 107733人 ザイFX!のtwitterをフォローする

ヒロセ通商[LION FX]
【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーン比較 JFX[MATRIX TRADER] 外貨ex byGMO[外貨ex]
キャンペーン比較 JFX[MATRIX TRADER] 外貨ex byGMO[外貨ex]
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム












元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ