ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト
バックナンバー

介入警戒感が強い時に仕掛けられる
「なんちゃって介入」とはなにか?

2010年10月06日(水)東京時間 13:24

GMOクリック証券は取引高7年連続世界1位! ザイFX!限定で3000円もらえる

■国家が意図的に為替レートを誘導すべきではない

 メディアでは、尖閣諸島をめぐる日中問題、検察の証拠改ざん問題、偶然を装った廊下での日中首脳会談など、さまざまな重要課題がクローズアップされており、為替相場や日本の為替介入についての報道が薄らいだ感がある。

 もちろん、それらは現時点で為替相場の動向よりも重要な課題であるので、このようなメディアの反応も理解できる。

 しかし、報道が薄らいだからといって、単独介入という手段を用いた日本に対する欧米諸国の反応が和らいだわけではなく、相変わらず冷やかな目で見られている。

 為替相場や世界情勢に無頓着な人々は、「円高は輸出企業に打撃を与えるので、介入は正しい行為だった」と短絡的に考えがちだ。

 だが、変動相場制を採用している以上、為替相場はマーケットの実勢に任せるべきであり、国家が介入によって需給をねじ曲げ、意図的に為替レートを誘導すべきではない

 もちろん、有事の際に国家が介入したり、外国為替市場をサポートすることは否定しない。ただし、その場合には世界を納得させるだけの大義名分が必要だ。

 しかし、1ドル=82円という水準は有事ではないし、輸出企業が苦しんでいるという理由だけで、世界が納得するはずはない。

■日銀の量的緩和の規模は米国の20分の1に過ぎない

 そもそも、輸出企業がもうからないから為替レートを円安に誘導するという発想が本末転倒であり、本来は、企業が為替レートに合わせた戦略を採るべきだ。

 それでも、国家的見地から円安誘導が必要な場合には、金融政策によって誘導すべきであろう

 つまり、「金融緩和」を行うべきだ。

 これ以上金利を下げることができないなら、米国と同じように「量的緩和」を検討すべきだ。それもできないというのであれば、為替相場は市場実勢に任せるしかない。

 日銀が10月5日(火)に追加の金融緩和を決定したが、その内容は米国と比べると非常に弱いものである。

 日米ともに、もともと「実質ゼロ金利」なのだから、金融緩和策を採るならば、量的緩和を行うしかない。ところが、日銀が行う量的緩和の規模は、米国の20分の1に過ぎない
各国政策金利の推移
(詳しくはこちら → 経済指標/金利:各国政策金利の推移

 グローバル化した金融市場においては、それぞれの国の都合で政策を採択しても有効なものとはならない。

米国と相対的に比べるならば、日銀が行うこの程度の量的緩和策では「非常に弱い金融緩和策である」とマーケットに判断されてしまう

 結論として、日本は金融政策での円安誘導を行っていないことになる

■欧米の批判を考慮すると82円台程度では介入できない

 これまで為替介入で批判を浴びていたのは、恒常的な為替操作によって人民元安方向に誘導している中国だった。だが、今回の介入によって、日本も中国と同じ立場に立たされた。

 それどころか、日本の介入に乗じて、中国は人民元相場をわずかに元高方向へ誘導し、操作をしていないとアピールしている。世界の批判を日本に向けさせようとしているのだ。

 中国にまで「はしご」を外された日本には、先進国としての誇りはないのだろうか?

 今のところ、日本が実施した市場介入は9月15日(水)だけだったと考えている。

 9月24日(金)の東京市場で、再度「円売り・米ドル買い介入」のような値動きが見られたが、個人的には、これは介入ではなく、介入を装った短期売買ではないかと考えている。

 このように、介入を装って、短期的な売買で利益を上げようとする行為を「なんちゃって介入」と呼ぶ。9月24日(金)の東京市場の値動きは、その「なんちゃって介入」だと考えているのだ。

 基本的な考え方は変わっていない。

 結論として、米ドル/円の「米ドル安・円高トレンド」が持続・継続しており、今のところ、トレンド転換の兆しはまったくないと判断している。

 現時点では、介入が行われたのは9月15日(水)の1日だけだろう。

 だが、80円を割り込むような展開になれば「スムージング・オペレーション」を大義名分に、再び介入が行われる可能性は否定しない。

 ただ、欧米からの批判を考慮すると、82円台程度の水準では介入を行えないのではないかと見ている。
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2395人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 94895人 ザイFX!のtwitterをフォローする

松田哲の「FX一刀両断!」
松田 哲 (まつだ・さとし)

早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などで米ドル/円相場、クロス円相場の下落を見事的中。近著に『1勝9敗でも勝てる松田式FX!』(ダイヤモンド社)がある他、『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)などの著書がある。

執筆者のサイト

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利30%!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底調査!

ここから口座開設すると超おトク!!ザイFX!期間限定キャンペーン実施中

FX初心者のための基礎知識入門

世界の為替チャート

米ドル/円-0.47107.54

USDJPY

ユーロ/米ドル-0.00191.1019

EURUSD

南アランド/円-0.097.19

ZARJPY

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
ザイ オンライン

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム





どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 09月19日更新

ジョンソン首相の飛び道具で英ポンド再び暴落!?




FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

09月16日更新





元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果