ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

約定力が9年連続No,1!【マネーパートナーズ】当サイト限定キャッシュバック実施中!

バックナンバー

引き続き欧米から賛同は得られていない。
今回の介入は1日だけで終わりでは?

2010年09月29日(水)東京時間 12:57

GMOクリック証券は取引高7年連続世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

■現在は2007年6月124円台からの「下落トレンド」の最中

 今度は、米ドル/円の月足チャートをご覧いただきたい。

 これは300本足(300カ月分)のチャートだ。
米ドル/円 月足(クリックで拡大)

 1990年からの月足チャートで、過去の値動きを確認しよう。

・1990年4月に、高値160円台をつけている。

・1990年4月の高値160円台から、1995年4月の80円割れ(安値79.75円)まで下落している。

・1995年4月の79.75円から、1998年8月の147円台までは「上昇トレンド」。

・1998年8月の147円台から、1999年12月の101円台までは「下落トレンド」。

・1999年12月の101円台から、2002年2月の135.00円までは「上昇トレンド」。

・2002年2月の135.00円から、2005年1月の101円台までは「下落トレンド」。

・2005年1月の101円台から、2007年6月の124円台までは「上昇トレンド」。

・2007年6月の124円台から、現在に至るまでは「下落トレンド」だ。ちなみに、現時点で安値がいくらになるのかはわからない。

 米ドル/円は、上昇する際にはサポートラインの上にあり、下落する際にはレジスタンスラインの下にあることが読み取れる。チャートでは、サポートラインとレジスタンスラインを緑の破線で表示した。

 なお、この月足チャートは1990年以降のものだが、それ以前のチャートを見ても同様のことが確認できる。

 現在の米ドル/円は、緑の破線で示したレジスタンスラインにアタマを抑えられている。つまり、「米ドル安・円高トレンド」が持続(継続)していることになる。ただ、前述のように、現時点では安値がいくらになるのかわからない

 チャートには、79.75円のレベルを青の水平線で表示したが、現在の米ドル/円が1995年以来の安値圏にあることがよくわかる。

 また、チャート分析を行うと、次のサポート水準(=ターゲット水準)は米ドル/円の歴史的な安値である80円(正確には79.75円)で、その水準までサポートが何もないことも可視化(ビジュアル化)できる。

■ここでの米ドル/円の「買い」はセオリーに反する

 引き続き、考え方は変わっていないが、重要なことなので繰り返しておきたい「意図的な介入は、本来あるまじき行為。中国に『よい売り場』を提供しているだけだ」を参照)

 大局で、トレンドで戦うならば、ここでの米ドル/円の「買い」はセオリーに反する。

 米ドル/円を取引するならば、どこかで「米ドル売り・円買い」のポジションを持つべきだ。

 しかし、90.00円を割れた現在の水準である80円台でショートポジション(売り持ち)とするのは、精神的に苦しいところだ。

 それでも、ポジションを小さくして、負けてもよいくらいの覚悟で「米ドル売り・円買い」とすべきであろう。

 個人的には、ここで米ドル/円を買うぐらいなら、相場をやらないほうがよいと、引き続き考えている。

■「円高で輸出企業が大変だ」は介入の大義名分にならず

 事前に「介入」に期待する声は大きかったのだが、実際に、日本政府・日銀による「円売り・米ドル買い介入」が行われた。

 しかし、事前予想のとおりに日本単独の介入であって、協調介入ではなく、米国や欧州の協力は得られないままだ。

 米国の現状を考えると、米国との協調は不可能だろう。事実上、米国は「ドル安政策」をとっている。

 また、欧州は為替介入に否定的で、協調する気配がない。

 要するに、米国や欧州との協調介入の可能性はない。

 日本単独の介入で米ドル/円が反発上昇するような場合は、その上昇したところで「米ドル売り・円買い」をすべきだろう。現在の与件から判断すれば、日本単独の介入は絶好の売り場を提供するだけだ「日本単独の介入があれば絶好の売り場!『輸出企業のために…』なんて甘えるな!」を参照)

 為替介入によって、相場の流れが変になっている。

 このように、国家(この場合は日本)が意図的に相場に力を加えることは、本来はあるまじき行為だ。

 もちろん、介入によって利益を得られる市場参加者もいるだろう。半面、介入によって不利益となる市場参加者も必ずいる。

 本来、自由であるべき相場に国家が力を加える場合は、それなりの大義名分が必要であり、「円高で輸出企業が大変だ!」といった程度では、大義には不十分だ。同様に、株価対策といった理由も不十分である。

 日本がこのような対応をするのなら、日本は中国の為替政策を非難できない。

 中国は、日本が「円売り・米ドル買い介入」を実施したことを利して、米国による非難が、中国から日本に矛先が向かうよう、うまく対応しようとしている。

■中国が円を大量に買っているから、円高になっている!?

 もう1点。以下の記述は、個人的な推理・推測に過ぎないが…

 今回の円高局面、すなわち、米ドル/円が100円を割り込んで推移している局面において、円を大量に買っている市場参加者が必ず存在するはずだ。そういった市場参加者が存在しなければ、このような値動きにはならない。

 個人的には、その「円を大量に買っている市場参加者」の1つが中国だろうと判断している。

 中国の外貨準備高は増大しており、日本を抜いて、世界最大の外貨保有国となっている。

 これまでの外貨準備の中身が米ドルから円へと資金シフトしているのだろう。さらに、中国の外貨準備高は現在も拡大を続けているが、外貨準備の増え続けている分についても、米ドルから円へと資金シフトを続けているのだろうと推測している。

 今回の日本政府・日銀による「円売り・米ドル買い介入」は、そういった巨大投資家に「よい売り場」を提供しているだけに思えてならない。

 もちろん、巨大投資家は中国ばかりではない。視野を広く持ち、もっと他のことも十分に思索する必要があることは、言うまでもないが…

(2010年9月29日 東京時間9:40記述)

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社

スプレッドは業界最狭水準 インヴァスト証券[トライオートFX]

インヴァスト証券[トライオートFX]

過去実績から自動売買が選べる「自動売買セレクト」!自分用のポートフォリオが組めるトライオートFX

米ドル/円0.2銭原則固定! GMOクリック証券[FXネオ]

GMOクリック証券[FXネオ]

スプレッドは業界最小水準! 今ならザイFX!限定で4000円キャッシュバック!

松田哲の「FX一刀両断!」
松田 哲 (まつだ・さとし)

早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などで米ドル/円相場、クロス円相場の下落を見事的中。近著に『1勝9敗でも勝てる松田式FX!』(ダイヤモンド社)がある他、『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)などの著書がある。

執筆者のサイト

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(トライオートFXで3万通貨以上の新規取引で)+最大20,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買セレクトによる5000通貨以上の新規取引で)+特別レポート『この一冊から始めるトライオートFXのチュートリアル本』(トライオートFXの開設で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での20万通貨以上の新規取引で。)+PDFファイル『トルコリラ・攻略レポート』(申込で)・インヴァスト証券[トライオートFX](12月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での5000通貨以上の新規または決済取引で)+レポート冊子『フルオートの始め方と運用のコツ公式ガイドブック』(シストレ24の口座開設で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での20万通貨以上の新規取引で。)+最大20,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買セレクトによる5000通貨以上の新規取引で)+特別レポート『この一冊から始めるトライオートFXのチュートリアル本』(トライオートFXの開設で)+PDFファイル『トルコリラ・攻略レポート』(申込で)・インヴァスト証券[シストレ24](12月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+5,000円キャッシュバック(ポンド円15万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア10万通貨以上の新規取引で)+ヒロセ通商オリジナル2020年版FX専用カレンダー(ポンド円10万通貨以上の新規取引で)・ヒロセ通商[LION FX](1月1日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック+最大2,000円キャッシュバック(マイナンバー登録と入金で)+6,000円キャッシュバック(マネ育スクール全3回受講後、キーワード&アンケート回答と新規口座開設で)・外為どっとコム[外貨ネクストネオ](終了日時未定)
  • ★ザイFX!独自★2,000円キャッシュバック(5万通貨以上の往復取引で)+最大5,000円キャッシュバック(20万通貨以上の往復取引で)・ゴールデンウェイ・ジャパン(旧FXトレード・フィナンシャル)[FXTF MT4](12月31日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
GMOクリック証券[FXネオ]

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利30%!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門

世界の為替チャート

米ドル/円+0.05109.34

USDJPY

豪ドル/円-0.3375.14

AUDJPY

NZドル/円-0.0572.05

NZDJPY

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム






どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 12月12日更新

英総選挙で13日のアジア市場が主戦場に! 米ドル/円は110円台へ



FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

12月09日更新





元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果


ザイFX!公式twitter フォローしてね