ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

ヒロセ通商[LION FX]ではザイFX!からの口座開設者限定キャンペーンを実施中!

松田哲の「FX一刀両断!」
バックナンバー

政府も日銀も、現状は「無策の策」!
ドル/円 安値更新は明確な「売りシグナル」

2010年08月25日(水)13:14公開 [2010年08月25日(水)13:14更新]

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

■「三角保ち合い」を下放れて「売りシグナル」が点灯!

 さて、米ドル/円の週足チャートをご覧いただきたい。
米ドル/円 週足(クリックで拡大)

 ここまで述べたとおり、米ドル/円のトレンドは「米ドル安・円高」で変わらずだと判断している。

 チャートには、現在のレジスタンスラインを緑の破線で示し、このところの安値である8月上旬につけた84.70円の水準をピンクの水平線で示した。

 すると、週足チャートで現在の米ドル/円を見れば、緑の破線とピンクの水平線によって「三角保ち合い(ウェッジ)」を形成していたということが読み取れる。

 「三角保ち合い(ウェッジ)」が形成された場合のセオリーは、緑の破線を上抜けたら「買い」、ピンクの水平線を下抜けたら「売り」となる。

 米ドル/円は8月11日(水)に84.70円台の安値をつけて、2009年11月につけた84.80円台の安値を更新し、その後は若干の反発を見ていたが、今回の安値更新で、引き続き「米ドル安・円高トレンド」であることが確認できた

 目先の動きでは、急落せずに小さく反発したり、おおよそ85円台をキープしていたが、安値更新により、すでに「売りシグナル」を発していたということになる

 目先、相場が走らなかった(相場が急落しなかった)ので「変だな…」と違和感を覚えていたが、8月24日(火)に改めて新値を更新し、その下にあったストップ・ロス(損切り)が付いたのだと考える。

 なお、ピンクの水平線で示した84.70円の短期的なサポートラインを下抜け、改めて「売りシグナル」が点灯したが、その下には、歴史的な米ドル/円の安値である80.00円(正確には79.75円)が控えていることを付け加えておく。

■84.70円割れは、明確な「売りシグナル」

 続いては、米ドル/円の日足チャートをご覧いただきたい。

 この日足チャートは180本足(180営業日)のもので、およそ8カ月間分(半年以上の期間)が表示されている。
米ドル/円 日足(クリックで拡大)

 8月24日(火)の新値更新で下落幅が拡大したが、それ以前の米ドル/円は半年以上にわたり、上限が95円程度、下限が85円程度の10円の値幅の中で上下動が繰り返されていた。

 つまり、8月24日(火)の急落前は、値動きが10円程度の値幅に収まっていたのだから、比較的静かで、緩慢な状態にあったと言える。

 もちろん、今年のゴールデン・ウィーク前後から現時点まで、米ドル/円が
大きく下落したことも見て取れる。

 チャートの緑の破線(太線)は目先のレジスタンスラインで、緑の破線(細線)はその平行線だが、このところの米ドル/円は、この2本の平行線の傾きで下落している。

 今回の新安値更新によって、米ドル/円が引き続き「米ドル安・円高トレンド」であることも再確認できた。

 また、青の破線(太線)はもっと短期で目先のレジスタンスラインであり、青の破線(細線)はその平行線だ。ごく短期で目先の値動きをとらえるならば、現時点の米ドル/円は、この2本の平行線の傾きで下落している。

 84.70円を明確に下に割り込んだ水準にはストップ・ロス・オーダー、すなわち損切りの「米ドル売り・円買い注文」があり、これが行使されたために急落したと考えている。

 84.70円を下に割り込んだ水準を「売る」のは怖いし、勇気が要るだろう。

 しかし、84.70円割れは、明確な「売りシグナル」だった。

 8月24日(火)のマーケットは、そのシグナルどおりに動いたと考えている。

■米ドル/円のロングででたまたま勝ったとしても…

 引き続き、考え方は変わらない。今のところ、私の考えが正しくて、考え方を変える必要がないと判断している。

 大局で、トレンドで戦うならば、ここでの米ドル/円の買いはセオリーに反する。米ドル/円を取引するならば、どこかで「米ドル売り・円買い」のポジションを取るべきだ。

 しかし、90円を割り込んだ現在の水準、80円台を売り持ちにするのは精神的に苦しいだろう。持つならば、ポジションを小さくして、負けてもよいくらいの覚悟で「米ドル売り・円買い」だ。

 個人的には、ここで米ドル/円を買うぐらいならば、相場をやらないほうがよいと引き続き考えている。「値ごろ感」での米ドル/円の買いがいちばんダメだ。

万一、何らかの神風が吹いて、この水準での米ドル/円のロング(買い持ち)でたまたま勝ったとしても、この水準を値ごろ感で買うといった判断(行動)は、これから先の相場で大きく負ける伏線に、必ずなるだろう

 この水準を怖くて売れないというならば、まだ「夏休み相場」なのだから、
スクエアに、つまり、ポジションなしの状態にすればよい。

(2010年8月25日 東京時間8:30記述)
松田哲の「FX一刀両断!」
松田 哲 (まつだ・さとし)

早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などで米ドル/円相場、クロス円相場の下落を見事的中。近著に『1勝9敗でも勝てる松田式FX!』(ダイヤモンド社)がある他、『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)などの著書がある。

執筆者のサイト

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2811人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 110651人 ザイFX!のtwitterをフォローする

外貨ex byGMO[外貨ex]
FX初心者のための基礎知識入門
トレイダーズ証券[みんなのFX] キャンペーン比較 JFX[MATRIX TRADER]
トレイダーズ証券[みんなのFX] キャンペーン比較 JFX[MATRIX TRADER]
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイ投資戦略メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム











元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)