ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

【外為どっとコム】当サイト限定で現金がもらえるキャンペーン実施中!

松田哲の「FX一刀両断!」
バックナンバー

阻まれ続けた米ドル/円の91.80円割れ。
夏休み相場が終わった今回はどうなる?

2009年09月09日(水)16:54公開 [2009年09月09日(水)16:54更新]

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■結局、8月の米雇用統計は、良かった? 悪かった?

 9月4日(金)のニューヨーク市場で、8月の米国雇用統計が発表となった。結果は以下のとおり。

・8月の失業率
結果:9.7%
予想:9.5%
前回:9.4%


・8月の非農業部門雇用者数(NFP)
結果:△21.6万人
予想:△23.0万人
前回:△27.6万人(△24.7万人から下方修正)
米国の雇用統計
(詳しくはこちら → 経済指標/金利:米国主要経済指標の推移

 米国の雇用統計が事前予想よりも悪ければ、米ドル/円が、91.80円レベルのチャート・ポイントを下に割り込み、大きく急落する可能性があると考えていた。

 だが、米国雇用統計の結果発表後の値動きは、大きく乱高下した印象だ。
米ドル/円 1時間足
(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 1時間足

 これについて、失業率は市場予想よりも悪かったものの、非農業部門雇用者数が市場予想よりも良かったために、大きく乱高下したといった解説が多い。しかし、私は、そうではないと考えている。

8月の失業率は、予想よりもかなり悪い、壊滅的な数字と考える。市場予想の中心である9.5%よりも0.2%も悪く、なおかつ、前回の9.4%よりも0.3%も悪化している。

失業率の0.1%の悪化は、その実数を考慮すれば、大きな変化だ

 一方、8月の非農業部門雇用者数は、予想より少しは良かったものの、ほぼ予想どおりで、反応するほどでもない。また、前回の下方修正を考慮すれば、この数字は中立(ニュートラル)であって、売りでも買いでもないと判断する。

■最悪レベルの米雇用統計は米ドル/円の「売り材料」だ

 米国雇用統計の発表直後は、素直に「米ドル売り/円買い」に、大きく反応した。だが、92円台前半まで急落した時点で、大口の「米ドル買い/円売り」が出て、マーケットは混乱のうちに急反発した。

 この大口の「米ドル買い/円売り」は、どこかの政府系ファンドなどと考えられるが、その意図は、91.80円レベルを下抜けると「売り一色」になる可能性が高くなるため、それを防ぎたかったのであろう「マーケットが薄くなる「夏休み相場」だが、今年は得体の知れない巨額資金に注意!」参照)

 そして、落ち着きを取り戻してからは、週末のG20(財務相・中央銀行総裁会議)や、週明け9月7日(月)のニューヨーク市場休場を控えて、取引が閑散となったのだろう。

 今回の米国雇用統計を振り返ると、事前予想よりも、少し良かったとはいえ、非農業部門雇用者数は相変わらずマイナス(減少)で、失業率は9%台後半に高止まりしていて、最悪のレベルにある。

 私は、9月4日(金)に発表となった8月の米国雇用統計が、8月に発表となった7月の米国雇用統計のように、事前予想よりも多少良くても、米ドル/円は8月のようには上昇しないと考えていた。

 そして、事前予想よりも悪ければ、米ドル/円は急落する可能性があると考えていた。

 つまり、9月4日(金)の米国雇用統計は、米ドル/円の「売り材料」にはなるが、「買い材料」にはならないと考えていたのだ

 今回の結果が事前予想どおりであれば、非農業部門雇用者数はマイナス(減少)で、失業率は9%台の最悪レベルどころか、10%へと向かう悪化傾向が鮮明になる。

 ツラツラとそう考えていくと、今回の米国雇用統計は、米ドル/円の「売り材料」と考えておけばよいと判断したのである。

 となると、どこにストップ・ロス・オーダーを置けばよいかを考えた上で、米ドル/円は売り先行で戦えばよいということになるわけだ。

■93.60-80円レベルにストップ・ロスを置く戦略がよい

 ストップ・ロス(損切り)すべきなのは、直近高値である93円台ミドルを超えていった場合と考えられる。つまり、93.60-80円レベルにストップ・ロス・オーダーを置けばよい

 ただし、93.60-80円レベルにストップ・ロス・オーダーを置いて、それがついたとしても、それは「便宜的な損切り」であって、改めて、米ドル/円をどこで売るかを模索する必要があると考える。

 トレンドは米ドル安/円高であって、変化はないと考える。

■厚みを増した今のマーケットなら、ブレイクできる!

 もう1点、加筆しておきたいことがある。

91.80円レベルに、中国の政府系ファンドなどの巨額の「米ドル買い/円売りオーダー」が控えている可能性がある「マーケットが薄くなる「夏休み相場」だが、今年は得体の知れない巨額資金に注意!」参照)

 このところの安値は、9月3日(木)につけた91.90-95円レベル。91円台後半をチラッと見たものの、91円台後半を見ると急反発し、すぐに92円台前半に戻している

 こういった場合は、91.80円レベルに大口の「米ドル買い/円売りオーダー」が控えているケースが多い。

 たぶん、待ち構えているのだろう。

 しかし、そういった巨額のオーダーが控えていようとも、下落する場合は、下落する。

8月は「夏休み相場」で市場参加者が少ないため、そういった大口の「米ドル買い/円売りオーダー」を消化できなかったが、9月になって、市場参加者が戻ってきている

 9月に入ってからの値動きを見ていると、「夏休み相場」が終了して市場参加者は戻ってきており、マーケットの厚みは平常どおりになったと考える。

 だから、「大口の買い」があろうとも、それを消化して、91.80円レベルを下にブレイクする可能性は十分にあると考えている。

(2009年9月9日 東京時間12:00記述)
松田哲の「FX一刀両断!」
松田 哲 (まつだ・さとし)

早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などで米ドル/円相場、クロス円相場の下落を見事的中。近著に『1勝9敗でも勝てる松田式FX!』(ダイヤモンド社)がある他、『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)などの著書がある。

執筆者のサイト

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2417人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 106549人 ザイFX!のtwitterをフォローする

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
注目FXニュースをPick Up!
相場予想が当たらなくても儲かる!底辺高校卒業生と最強の為替サイトザイFX!が作った1日5分で稼ぐFXグルトレ完全ガイド
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較!
FX会社のiPhone対応を徹底比較!
システムトレード(シストレ)口座を徹底比較!
NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!
メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門
簡単!ログイン不要! ザイFX!for iPhoneリニューアル!最新のチャート・レート・ニュースをサクッと確認できる♪使い方を詳しく紹介! 無料配布中!今すぐAppStoreからダウンロード!
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
TOPICS
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム












元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ