ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

楽天証券[楽天FX]ドル/円スプレッドは業界最狭水準の0.2銭原則固定(例外あり)!

バックナンバー

行き過ぎた景気悲観論はクライマックスへ。
8月FOMCでの利下げ織り込みは時期尚早

2010年06月29日(火)東京時間 16:06

【外為オンライン】ザイFX!限定3000円+FX書籍がもらえる

 景気の先行き不安が再燃し、米国の長期金利(10年物国債の金利)は年初来最低を更新する動きとなり、株価もユーロも反落しています。

 ただ、私はこういった動きは、クライマックスの局面にあるのではないかと思っています。

■米国の金利はもっと下がりそうにも見えるが…

 米国の長期金利は下落が続き、6月28日(月)には3%の大台割れ含みとなってきました

 ただ、こういった中で、90日移動平均線からのカイ離率は、マイナス10%を大きく越えてきています。

 過去30年間を見ると、90日移動平均線からのカイ離率がマイナス10%を超えたのは10数回しかなく、その意味では、かなりの短期下がり過ぎ懸念が強くなってきています

 このような移動平均線からのカイ離率を見ないと、米国の金利低下は当然の結果だと思えるでしょう。

 そのきっかけの1つは、米国の住宅関連の景気指標が急速に悪化してきたことでした。

 米国では、4月末まで政府による住宅対策が行われていましたが、対策が止められたとたんに住宅関連指標が悪化してきたため、景気回復の鈍さも相まって「二番底」懸念が広がり始めました。

 もう1つは6月23日(水)のFOMC(米公開市場委員会)でしょう。ここでは、ユーロ危機を指していると見られますが、「海外要因」を理由に景気判断が下方修正されました

 そして、この週末に開かれたG20(主要20カ国・地域首脳会議)サミットで、欧州諸国の財政再建が追認されたことも、景気回復重視の姿勢が後退したとして、金利低下要因になったと説明されています。

 繰り返しになりますが、このような動きを見ていると、金利低下は当然で、もっと下がってもまったくおかしくないと感じることでしょう。

 ただ、90日移動平均線からのカイ離率を見ると、経験的には、かなりの下がり過ぎ懸念が強くなっていると思います。

■米利下げが織り込み始められたが、時期尚早では?

 刻々と流れるニュースを見ているだけだと、金利低下が「間違い」であるという感じがしません。

 ところが、平均値からのカイ離などの客観的シグナルを見ていると、金利低下の「行き過ぎ」が強くなっていて、その意味では「間違い」のようです。

 それでは、「間違い」や「勘違い」のような動きは、この他にもどこかにあるのでしょうか?

 1つの例を挙げると、6月23日(水)のFOMCの結果などを受け、米国では早期利上げ期待が完全に消え、むしろ利下げを織り込む動きになっていることがあります。

 FF(フェデラル・ファンド)レート先物から金利市場の政策金利変更の織り込み度を計算する方法がありますが、それによると、8月開催のFOMCでの利下げ織り込み度は、6月開催のFOMCの1週間前は10%前後でしたが、その後25%前後まで急上昇しました

 本当に、8月に米国は利下げするのでしょうか?
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2399人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 98165人 ザイFX!のtwitterをフォローする

吉田恒の「データが語る為替の法則」
吉田 恒 (よしだ・ひさし)

1985年、立教大学文学部卒業後、自由経済社(現・T&Cフィナンシャルリサーチ)に入社。同社の代表取締役社長、また、投資情報事業を展開するT&Cグループの持ち株会社であるT&Cホールディングス取締役などを歴任。2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケット エディターズ」の日本代表に就任。また、「M2J FX アカデミア」の学長も務めている。
一方、国際金融アナリストとして、執筆・講演などを精力的におこなっている。2000年のITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年の円安バブル崩壊など大相場予測をことごとく的中させ話題に。著書に『さよなら円高』『YENの悲劇』(ともに廣済堂出版)、『投資に勝つためのニュースの見方、読み方、活かし方』(実業之日本社)、『FX7つの成功法則』(ダイヤモンド社)、共著に『通貨大動乱』(総合法令)がある。また、DVDに『こうすればFX予想は当てられる!』(パンローリング)がある。

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

  • ★ザイFX!独自★3,456円キャッシュバック(トライオートFXで3万通貨以上の新規取引で)+最大40,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買での2万通貨以上の新規取引で)+特別レポート『この一冊から始めるトライオートFXのチュートリアル本』(トライオートFXの開設で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での20万通貨以上の新規取引で)・インヴァスト証券[トライオートFX](2月29日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での5000通貨以上の新規または決済取引で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での20万通貨以上の新規取引で)+最大40,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買での2万通貨以上の新規取引で)・インヴァスト証券[シストレ24](2月29日まで)
  • ★ザイFX!独自★1,000円キャッシュバック+1,000円キャッシュバック(パートナーズFX nanoで100通貨以上の取引で)+最大50,000円キャッシュバック(パートナーズFXで15万通貨以上の新規または決済取引で)・マネーパートナーズ[パートナーズFX nano](4月3日まで)
  • ★ザイFX!独自★1,000円キャッシュバック+最大50,000円キャッシュバック(パートナーズFXで15万通貨以上の新規または決済取引で)+1,000円キャッシュバック(パートナーズFX nanoで100通貨以上の取引で)・マネーパートナーズ[パートナーズFX](4月3日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック+最大2,000円キャッシュバック(マイナンバー登録と入金で)+6,000円キャッシュバック(マネ育スクール全3回受講後、キーワード&アンケート回答と新規口座開設で)・外為どっとコム[外貨ネクストネオ](終了日時未定)
  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+5,000円キャッシュバック(ポンド円15万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア10万通貨以上の新規取引で)・ヒロセ通商[LION FX](2月2日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利20%以上!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門

世界の為替チャート

米ドル/円-0.21109.27

USDJPY

ユーロ/円-0.59120.47

EURJPY

ユーロ/米ドル-0.00331.1025

EURUSD

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム





どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 01月23日更新

膠着相場にどう向き合う? ドル/円は109.20~40円メドに買い?



FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

01月20日更新






元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果