ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

【外為どっとコム】当サイト限定で現金がもらえるキャンペーン実施中!

バックナンバー

「米ドル安・円高」に反転の兆しがない。
史上最安値79.75円の更新は時間の問題

2010年10月20日(水)13:10公開 [2010年10月20日(水)13:10更新]

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■80.00円を割り込みそうな局面になったら要注意!

 介入が実施される前から、次のように繰り返し明記してきた。

米ドル/円が日本の単独介入によって反発上昇する場合は、その上昇したところで「米ドル売り・円買い」をするべきだ。

 現在の与件から判断すれば、日本の単独介入は絶好の売り場を提供するだけだ


 80.00円近辺まで下落しない限り、日本は介入を実施できないだろう。

 ただし、今後も介入が実施される場合は、前述のとおり、米ドル/円が日本の単独介入によって反発上昇ところで「米ドル売り・円買い」をするべきだ。

 日足チャートを見ると、米ドル/円がゴールデン・ウィーク前後から、緑の破線(太線)のレジスタンスラインに従って、一定のスピードで下落していることがわかる。

 以前から、米ドル/円の新値更新は時間の問題で、いずれ円高が進むと考えていたので、その旨は何度も明記してきた。

 その思惑どおりに、9月15日の介入実施日の安値である82.86円を更新して、「米ドル安・円高」が進んだ。

 また、新値更新の場合でも、欧米への配慮から、日本は82円台では介入できないのではないかと考えていて、その旨も明記してきた。

 今のところ、83.00円を割り込み、82円台になっても、81円台でも、80円台を見ても、日本の当局は介入を実施していないもようだ。個人的には予定どおりである。

 ただし、気をつけなければならないのは次の点だ。

80.00円を割り込みそうな局面、あるいは、80.00円を割り込んで70円台を見る局面では、あくまでも「スムージング・オペレーション」であることを表明して、日本政府・日銀が介入を実施する可能性はあるということだ。

■目先の安値を結んだラインを割り込んできた

 続いては、米ドル/円の週足チャートをご覧いただきたい。

 これは300本足(=300週分)のチャートだ。
米ドル/円 週足(クリックで拡大)

 米ドル/円のトレンドは、引き続き「米ドル安・円高」で変わらないと判断している。

 現在のレジスタンスラインを緑の破線で示し、その平行線も緑の破線で表示したが、米ドル/円は3年以上にわたって、この2本の平行線の内側で上下動を繰り返している。

 つまり、米ドル/円は3年以上にわたって、このレジスタンスラインの傾きに従って、一定のスピードで下落を続けていると断定できる。

 また、このところの、目先の安値を結んだラインを青の破線で示した。これは目先のサポートラインであったが、先週、これを下にブレイクして、改めて「売りシグナル」を点灯させた

 なお、週足チャートには表示し難いので描いていないが、80.00円(正確には79.75円)レベルは強烈なチャートポイントである

 引き続き、考え方は変わっていない。

 大局で、トレンドで戦うならば、この水準で米ドル/円を買うことはセオリーに反する。取引するならば、どこかで「米ドル売り・円買い」のポジションを取るべきだ。

 しかし、90.00円を割り込み、80円台の水準で売り持ちにするのは精神的に苦しいところだろう。

 なおかつ、85円も割り込み、このところの新値を更新している状況では、この水準を売るのはつらい。

 すでに、歴史的な安値水準である80.00円(正確には79.75円)も、現実的な視野に入っている。

 この水準を売るには、勇気がいるだろう。

 だが、それでも取引するならば、ポジションを小さくして、負けてもよいくらいの覚悟で「米ドル売り・円買い」とすべきだ。

■時間の経過に伴って、いずれ79.75円の新値を更新する

 最後に、米ドル/円の月足チャートをご覧いただきたい。
米ドル/円 月足(クリックで拡大)

 月足チャートで見れば、ターゲットであった80.00円を達成したと判断できる。

 「80.00円にまだ届いていないではないか?」とか、「79.75円の新値を更新していないではないか?」といった意見は、当然、出るだろう。

 しかし、相場を客観的に見るならば、1円程度は誤差の内だ。

 十分に、ターゲット達成と判断してよいと考えている。

 ただ、まだ「米ドル安・円高トレンド」は持続していて、反転の兆しがないと考えている。

 だから、時間の経過に伴って、79.75円の新値を更新すると見ているのだ。

(2010年10月20日東京時間4:30記述)
松田哲の「FX一刀両断!」
松田 哲 (まつだ・さとし)

早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などで米ドル/円相場、クロス円相場の下落を見事的中。近著に『1勝9敗でも勝てる松田式FX!』(ダイヤモンド社)がある他、『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)などの著書がある。

執筆者のサイト

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2398人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 103610人 ザイFX!のtwitterをフォローする

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
注目FXニュースをPick Up!
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利20%以上!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門
みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
TOPICS
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム






FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議
08月10日更新

どうする?どうなる?日本経済、世界経済 今井雅人 08月06日更新

米ドル安のもっとも大きな要因はトランプ大統領への不信感!?






元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果