ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト
バックナンバー

介入では円高の流れを変えられない!
菅首相続投も為替相場の材料にならない

2010年09月15日(水)東京時間 14:18

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

■「ウェッジ」を上抜けるか? 下抜けるか?

 続いては、米ドル/円の週足チャートをご覧いただきたい。

 これは300本足(300週分)のチャートだ。
米ドル/円 週足(クリックで拡大)

 前述のように、米ドル/円のトレンドは「米ドル安・円高」で変わらずだと判断している。チャートには、現在のレジスタンスラインを緑の破線で示した。

 一方、このところの安値と安値を結んだラインを青の破線で示している。

 すると、米ドル/円を週足チャートで見た場合、緑の破線と青の破線で「三角保ち合い(ウェッジ)」を形成していることが見て取れる。

 この「三角保ち合い(ウェッジ)」が形成された場合、緑の破線を上抜けたら「買い」、青の破線を下抜けたら「売り」となる

 なお、青の破線を下抜けて「売りシグナル」を発する場合でも、その下にある80.00円(正確には79.75円)近辺は、強烈なチャートポイントだ

■米ドル/円は、今年GW前後まで上昇傾向だった

 最後に、米ドル/円の日足チャートをご覧いただきたい。

 これは300本足(300日分)のチャートだ。
米ドル/円 日足(クリックで拡大)

 日足チャートで米ドル/円を見ると、ゴールデン・ウィーク前後から緑の破線(太線)のレジスタンスラインに従い、一定のスピードで下落していることがわかる。

 なお、緑の破線(細線)は、緑の破線(太線)で示したレジスタンスラインの平行線だ。

 米ドル/円は2009年後半からゴールデン・ウィーク前後にかけて、ピンクの破線(太線)のサポートラインに従い、むしろ上昇傾向にあった。

 だが、このピンクの破線(太線)を下抜けたことで、「売りシグナル」が発せられたと考えている。

■負けてもよいくらいの覚悟で「米ドル売り・円買い」に

 引き続き、考え方は変わらない。

 大局で、トレンドで戦うならば、ここでの米ドル/円の「買い」はセオリーに反する。

 米ドル/円を取引するならば、どこかで「米ドル売り・円買い」のポジションを持つべきだ。

 しかし、90.00円割れの現在の水準である80円台でショートポジション(売り持ち)とするのは、精神的に苦しいところだ。85円も割り込み、このところの新値を更新している状況で売るのは、特につらい。

 それでも、ポジションを小さくして、負けてもよいくらいの覚悟で「米ドル売り・円買い」とすべきであろう。

 個人的には、ここで米ドル/円を買うぐらいなら、相場をやらないほうがよいと、引き続き考えている。

(2010年9月15日 東京時間11:30記述)
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2397人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 95611人 ザイFX!のtwitterをフォローする

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社

ザイFX!限定で3000円! トレイダーズ証券[みんなのFX]

トレイダーズ証券[みんなのFX]

米ドル/円スプレッド0.2銭!いまだけ当サイト限定キャンペーン実施中!

米ドル/円0.2銭原則固定! GMOクリック証券[FXネオ]

GMOクリック証券[FXネオ]

FX取引高7年連続世界1位! 今ならザイFX!限定で4000円キャッシュバック!

松田哲の「FX一刀両断!」
松田 哲 (まつだ・さとし)

早稲田大学法学部卒業。三菱信託銀行、フランス・パリバ銀行、クレディ・スイス銀行などを経て、オーストラリア・コモンウェルス銀行のチーフ・ディーラーとして活躍。現在は松田トラスト&インベストメント代表取締役として、法人・個人向けコンサルティング業務を行っている。著書『外貨崩落』(技術評論社)などで米ドル/円相場、クロス円相場の下落を見事的中。近著に『1勝9敗でも勝てる松田式FX!』(ダイヤモンド社)がある他、『FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?』(技術評論社)、『FXの教科書』(扶桑社)、『投資で浮かぶ人、沈む人』(PHP研究所)、『FX「シグナル」を先取りして勝つ!』(技術評論社)などの著書がある。

執筆者のサイト

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での5000通貨以上の新規または決済取引で)+レポート冊子『フルオートの始め方と運用のコツ公式ガイドブック』(シストレ24の口座開設で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24で自動売買での20万通貨以上の新規取引で。)+最大20,000円キャッシュバック(トライオートFXで自動売買セレクトによる66万通貨以上の新規取引で。44万通貨上では10,000円、22万通貨以上では5,000円。)+PDFファイル『トルコリラ・攻略レポート』(申込で)・インヴァスト証券[シストレ24](10月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★2,000円分Amazonギフト券(Eメールタイプ)(自動売買にて1万通貨以上の新規または決済取引で)+最大20,000円キャッシュバック(自動売買セレクトによる66万通貨以上の新規取引で。44万通貨上では10,000円、22万通貨以上では5,000円。)+PDFファイル『トルコリラ・攻略レポート』(申込で)・インヴァスト証券[トライオートFX](10月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック+最大2,000円キャッシュバック(マイナンバー登録と入金で)+6,000円キャッシュバック(マネ育スクール全3回受講後、キーワード&アンケート回答と新規口座開設で)・外為どっとコム[外貨ネクストネオ](終了日時未定)
  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+5,000円キャッシュバック(ポンド円15万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア10万通貨以上の新規取引で)・ヒロセ通商[LION FX](10月31日まで)
  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで5万通貨以上の新規取引で)+2,000円キャッシュバック(入金で)・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス](11月29日まで)
  • ★ザイFX!独自★2,000円キャッシュバック(5万通貨以上の往復取引で)+最大5,000円キャッシュバック(20万通貨以上の往復取引で)・ゴールデンウェイ・ジャパン(旧FXトレード・フィナンシャル)[FXTF MT4](10月31日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利30%!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!

ここから口座開設すると超おトク!!ザイFX!期間限定キャンペーン実施中

FX初心者のための基礎知識入門

世界の為替チャート

米ドル/円-0.09108.73

USDJPY

ユーロ/円+0.38120.43

EURJPY

英ポンド/円+0.71139.51

GBPJPY

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
ザイ オンライン

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム







FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

10月14日更新

どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 10月11日更新

米中部分合意へ? トランプ大統領が米中貿易摩擦のヤバさに気づいた!?






元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果