ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト
バックナンバー

現在のイールドカーブが語る
ユーロ高・株高・金利上昇のシナリオとは?

2010年07月06日(火)東京時間 15:50

GMOクリック証券は取引高7年連続世界1位! ザイFX!限定で3000円もらえる

 過去10年あまりで、NYダウが2割以上の反落となったことは3回ありました。その起点は、1998年7月、2000年1月、2007年10月でした

 そして、この3回の局面は、米国の2年債−10年債利回り差が±0.5%程度で、いわゆる「イールドカーブがフラット(※)」という状態でした

(※編集部注:償還期限が異なる複数の債券の利回りの変化をグラフにしたものが「イールドカーブ」で、利回り曲線と呼ばれる。「フラット」は長短金利差が縮小している状況で、拡大している状況が「スティープ」)

 足元で、米国の2年債−10年債利回り差がどうなっているのかと言えば、2.5%前後という過去最高圏で推移しています

 つまり、「イールドカーブがスティープ」、「イールドカーブが立っている」といった状況なのです。

■株式市場の悲観論は杞憂に過ぎない!

 では、「イールドカーブがフラット」になるのは、どのようなときでしょうか? 簡単に言うと、2年債の利回りが高いか、10年債の利回りが低いかでしょう。

 ちなみに、2年債の利回りは政策金利を反映する金利ですから、2年債の利回りが高いというのは、利上げの最終局面ということになるでしょう。また、長期金利である10年債利回りが低いということは、景気の先行き減速を織り込んでいるということでしょう。

 このように考えると、NYダウの2割以上の急落、いわゆる「弱気相場」入りが「イールドカーブがフラット」の状況と一致したのは、とても理解しやすいと思います。

 1998年7月、2000年1月、2007年10月の局面では、利上げを繰り返してきた結果、景気が減速に向かうことから、株価も大幅下落に向かったわけです。

 さて、今回は「イールドカーブが立っている」状況で、これまでの「フラット」な状況ではありません。この状況は、2年債利回りが低いか、10年債利回りが高いときに起こります。

2年債利回りが低いのは利下げを続けてきた結果で、長期金利である10年債利回りが高いのは景気の先行き回復を予想しているということです。

 そのような金利の状況下で、世界経済が「二番底」に向かう景気失速を懸念した株価の「弱気相場」入りは、本当に起こるのでしょうか?

 前述した「バロンズ」が「株式のマーケットは我々(金利)が知らない何かを知っているのか?」というのは、そういった意味なのです

 「我々の知らない何かを知っている」ようなことがないならば、株式市場の悲観論は杞憂に過ぎない、つまり「行き過ぎ」ということになります

 このような見方から、私は冒頭に述べたように、ユーロが反発に転じるだけでなく、株安・金利低下も転換に向かうのではないかと思っているのです。

■「米ドル高・円安」には自ずと限界がある

 それでは、ユーロ高・株高・金利上昇へと本当に転換するならば、米ドル/円はどのように動くのでしょうか?

 米国の金利上昇に連れる形での「米ドル高・円安」はある程度考えられるでしょうが、基本的には、それには限界があるでしょう。米国の利上げが当面難しそうだからです

 経験的に、「米ドル買い・円売り」が本格的に、かつ継続的に拡大するためには、日米政策金利差の米ドル優位が2~3%以上といった感じで、一定以上の幅に開いていることが必須条件です

 強調したいのは、「ちょっと」の金利差米ドル優位では、本格的な「米ドル買い・円売り」には役者不足だということです。

 現在、日米ともにゼロ金利政策を行っていて、政策金利差はほぼゼロです。この金利差ドル優位が2%以上に拡大するためには、複数回の米国の利上げが不可欠です。

 しかし「二番底」懸念すら浮上した中では、当面の利上げシナリオは白紙のままでしょう。

 その中での「米ドル高・円安」には自ずと限界があり、大きく動くリスクは「円高・米ドル安」の方向ということになるでしょう
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2395人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 94948人 ザイFX!のtwitterをフォローする

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社

ザイFX!限定で3000円! トレイダーズ証券[みんなのFX]

トレイダーズ証券[みんなのFX]

米ドル/円スプレッド0.3銭!いまだけ当サイト限定キャンペーン実施中!

米ドル/円0.3銭原則固定! GMOクリック証券[FXネオ]

GMOクリック証券[FXネオ]

FX取引高7年連続世界1位! 今ならザイFX!限定で3000円キャッシュバック!

吉田恒の「データが語る為替の法則」
吉田 恒 (よしだ・ひさし)

1985年、立教大学文学部卒業後、自由経済社(現・T&Cフィナンシャルリサーチ)に入社。同社の代表取締役社長、また、投資情報事業を展開するT&Cグループの持ち株会社であるT&Cホールディングス取締役などを歴任。2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケット エディターズ」の日本代表に就任。また、「M2J FX アカデミア」の学長も務めている。
一方、国際金融アナリストとして、執筆・講演などを精力的におこなっている。2000年のITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年の円安バブル崩壊など大相場予測をことごとく的中させ話題に。著書に『さよなら円高』『YENの悲劇』(ともに廣済堂出版)、『投資に勝つためのニュースの見方、読み方、活かし方』(実業之日本社)、『FX7つの成功法則』(ダイヤモンド社)、共著に『通貨大動乱』(総合法令)がある。また、DVDに『こうすればFX予想は当てられる!』(パンローリング)がある。

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引で、もれなく限定5000円キャッシュバック!スキャルならJFX!

link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利30%!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底調査!

ここから口座開設すると超おトク!!ザイFX!期間限定キャンペーン実施中

FX初心者のための基礎知識入門

世界の為替チャート

米ドル/円-0.06107.48

USDJPY

豪ドル/円+0.0372.77

AUDJPY

NZドル/円+0.2767.57

NZDJPY

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
ザイ オンライン

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム


FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

09月23日更新




どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 09月19日更新

ジョンソン首相の飛び道具で英ポンド再び暴落!?








元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果