ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

LINEFXがザイFX!限定キャンペーン実施中!1Lot以上の取引で通常5000円にさらに1000円ついてくる!

陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」
バックナンバー

中国当局がユーロ資産売却を検討?
中国五千年の知恵をバカにするな!

2010年05月28日(金)18:42公開 [2010年05月28日(金)18:42更新]

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■ITバブル崩壊“前夜”と今では何が違うのか?

 ところで、前々回のコラムでドルインデックスの月足チャートを提示し、2009年11月からの連続6カ月の米ドル上昇は、1999年以来だと述べた「ユーロもポンドも夜明け前で『陰の極』。米ドルの上昇がニセモノと考えるワケは?」を参照)

 ここで、1999年当時との違いをまとめてみたい。

 まず、ドルインデックスの連続6カ月上昇はマレであるということを強調しておく。このような状況になったのは、ファンダメンタルズで何らかの「衝撃的」な材料があったとしか思えない

 1999年当時、米国サイドは利上げ周期に入っていたが、ユーロサイドは逆に利下げを敢行していた。その上、米国の成長率と株価のパフォーマンスははるかにユーロ圏を上回っていた。

 それはあのITバブル崩壊の“前夜”で、米国への資金流入がバブルのクライマックスを迎えようとした時期であった。

 一方で、現在の米ドル高・ユーロ安が、財政懸念のある「PIIGS(ポルトガル・アイルランド・イタリア・ギリシャ・スペイン)」のせいであることは言うまでもない。

 2000年のITバブル崩壊と、その後の米ナスダック指数の惨状はご存知のとおりだが、実は、ドルインデックスは3カ月の調整を経て再び上昇していた

 なぜ、米ドルの上昇トレンドが続き、その後の調整があっても2002年まで高値更新が続いたのだろうか?

■ドルインデックス自体のサイクルを読み取ることが重要

 ファンダメンタルズの理由を説明するにはいくらスペースがあっても足りないぐらいで、ここでは省略させていただくが、もっとも根本的かつ単純な理由を説明するならば、「当時のドルインデックスが上昇サイクルにあった」ということだ

 その他の理由はすべて二の次で、決定的なものではない。

世の中、もっとも根本的なことはもっともシンプルであり、もっともシンプルなものはもっとも根本的な要素である。相場も一緒だ

 言い換えれば、ドルインデックス自身のサイクルが米ドルの高安を決める根幹であって、ファンダメンタルズはその確認材料に過ぎない。従って、ドルインデックス自体のサイクルを読み取り、それに沿って物事を考えることが大事だ

 ここで、ドルインデックスの長期チャートを見てみよう。

前々回のコラムでは、2007年頃から現在までのものしか示していなかったが、以下のチャートはほぼ最初からのものなので、ドルインデックスの動きの全貌をよくつかめる「ユーロもポンドも夜明け前で『陰の極』。米ドルの上昇がニセモノと考えるワケは?」を参照)
ドルインデックス

ドルインデックスは2008年に70.79まで下げており、その当時の相場の雰囲気が今とは180度異なり、米ドル安一辺倒であったことも忘れないでいただきたい

■ドルインデックスはこれから安値更新へと向かう!

 話が長くなったが、ドルインデックスのサイクル(内部構造)を考えると、筆者の結論は単純かつ明確だ。

 1999年当時とは異なり、現在はドルインデックスのサイクルが下落変動の中にあって、6カ月連続で米ドル高となっても本格的な米ドル高とはならない

ドルインデックスはこれから、むしろ安値更新へと向かうはずで、それは「PIIGS問題」が深刻化するかどうかとは関係なく、来たるべき主流となるだろう

 皆さんの中には「ファンダメンタルズから考えれば、そんなことはあり得ない」と思われる方もいらっしゃるだろう。そのような方は、もし2000年の状況下に置かれたとしても、同じことを言っていたはずだ。

 なぜなら、米国のITバブルとその崩壊で、米ドルに上昇する要素はなかった。

 それどころが、エンロン事件のような会計粉飾や9・11テロがあっても、さらに米ドル高が続いていたのだから、彼らのロジックで投資を行っていたならば、何回破産しても足りない。

 繰り返すが、サイクルに沿って考えることが重要なのだ。

 この話の続きはまた次回に!

(2010年5月28日 東京時間13:20記述)
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」
陳満咲杜 (ちん・まさと)

中国・上海生まれ。1992年に所持金5000円で来日し、日本語学校を経て日本大学経済学部に入学。生活費と学費をアルバイトでまかないながら在学中より株式投資を開始。大学卒業後、中国情報専門紙の株式担当記者を経て黎明期のFX業界へ。香港や米国の金融機関で研修を重ね、トレーダーとしての経験を積む。GCAエフエックスバンク マネージングディレクター、イーストヒルジャパン チーフアナリストを経て独立。現在は陳アソシエイツ代表/アナリストとして活躍している。日本テクニカルアナリスト協会検定会員。最新刊は『勤勉で勉強家の日本人がFXで勝てない理由』(ダイヤモンド社)、その他、『相場の宿命 2012年まで株を買ってはいけない!』、『CFDトレーディングの真実』『FXトレーディングの真実』(以上、扶桑社)、『着物トレーダーを卒業せよ 陳満咲杜の為替の真実』(青月社)などの著書がある。

執筆者のサイト

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2812人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 110634人 ザイFX!のtwitterをフォローする

外貨ex byGMO[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
GMOクリック証券[FXネオ] キャンペーン比較 JFX[MATRIX TRADER]
GMOクリック証券[FXネオ] キャンペーン比較 JFX[MATRIX TRADER]
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイ投資戦略メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム











元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)