ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト
RSS

トレイダーズ証券の新FX口座[LIGHT FX]誕生! 当サイト限定キャンペーン実施中

  • 2015年07月14日(火)13時32分
    ユーロ円オーダー=138.00円に売り

    138.00円 売り

    135.85円 7/14 13:15現在(高値136.00円 - 安値135.75円)

    135.50円 買い
    135.00円 買い
    134.50円 買い
    134.00円 買い

  • 2015年07月14日(火)13時27分
    ユーロオーダー=1.1000ドル 本日NYカットOP大きめ

    1.1100-10ドル 断続的に売り(1.1100ドル OP14日NYカット)
    1.1050ドル OP14日NYカット

    1.1005ドル 7/14 13:15現在(高値1.1013ドル - 安値1.0974ドル)

    1.1000ドル OP14日NYカット大きめ
    1.0970ドル 買い厚め
    1.0950ドル OP14日NYカット大きめ
    1.0900ドル 買い・割り込むとストップロス売り
    1.0850ドル OPバリア観測

    ※オプション(OP)設定水準の手前では防戦の売買が、抜けたところではストップロスの売買が活発化しやすい。また、期限(カットオフタイム)に向けて設定水準に収れんする動きを見せる場合もある。

  • 2015年07月14日(火)13時11分
    日経平均は本日の高値圏ながら、ドル円・クロス円はもち合い

     東京タイム昼過ぎのドル円・クロス円は小動き。日経平均株価の上昇幅は300円付近を維持しているが、円との相関関係は午前と同様に薄い。ドル円は123.45円付近、ユーロ円は135.85円近辺、ポンド円は191円前半と午前のもち合いレベルでの推移が続いている。

  • 2015年07月14日(火)12時43分
    豪ドル円 本日ここまでのレンジ上下にOP設定

     豪ドル円は91円台で振幅。本日のレンジ下限91.33円に近い91.35円と、同上限91.80円をやや上回る91.93円に、それぞれ本日NYカットのオプション(OP)設定が観測されている。下値は豪ドル・コール(買い権利)とプット(売り権利)が混在、上値は豪ドル・コール。いずれも小規模だが、動意材料に乏しいなかでは、同OP絡みの動きがレンジを限定する要因になりそう。

  • 2015年07月14日(火)12時25分
    ドル円 イベントはざまでOP設定水準123円半ば付近に終始か

     ドル円は123円半ばで推移。123.45円と123.65円に本日NYカットのオプション設定が観測されている。イベントのはざまの本日アジアタイムから、カットオフのNYタイム10時(日本時間23時)までは、同OP設定ゾーン付近の動きに終始しやすいかもしれない。

  • 2015年07月14日(火)12時00分
    ■東京午前=ドル底堅い、リスク緩和で米利上げを意識

     東京午前の為替市場はドルが底堅く推移。ギリシャ問題が一息ついたほか、中国株の混乱も沈静化に向かいつつある中で、米国の年内利上げが意識され、ドルを押し上げた。ドル円は123.74円まで上昇幅を広げ、2日高値123.75円に迫った。ただ、NYタイムに米小売売上高が発表されるほか、明日のイエレン米FRB議長の半期議会証言を控えて、積極的にドル買いを仕掛ける感じでもなく、ドルの上値は限定的だった。

     一方で、ユーロドルは1.0974ドル、ポンドドルは1.5473ドル、ドル/スイスフラン(CHF)は0.9533CHF、NZドル/ドルは0.6668ドルまでそれぞれドル高が進む場面があった。また、時間外取引のNY原油先物が51ドル台へ失速したことも影響して、ドル/加ドルは1.2764加ドルまで加ドル安推移。こうした中で、豪ドルは好調な企業景況感を受け、売り一巡後は切り返す格好に。豪6月NAB企業景況感が+11と昨年10月以来の高水準、同企業信頼感も+10と13年9月以来の水準まで戻したことが手掛かりとなった。豪ドル/ドルは0.7388ドルから0.7432ドルまで反発、豪ドル円は91.80円までレンジ上限を広げた。

     クロス円はまちまち。日経平均が300円近く上昇したほか、ドル円の底堅さがサポートになった一方で、ドルに対して他通貨がさえない展開となったことが重しとなり、方向性は定まらなかった。ポンド円は191円前半、NZドル円は82円半ば、加ドル円は96円後半で上下した。

     昨日のユーロ圏とギリシャの合意で、ギリシャ問題への懸念はいくらか後退した。しかし、合意内容の実施には、ギリシャでの15日までの法制化が不可欠であるため、目先はギリシャ議会の動向が注目される。ギリシャ議会の動きがはっきりしてくる時間帯までは、ドル円・クロス円は様子見ムードの強い展開となるか。

  • 2015年07月14日(火)11時45分
    ドル円は123.39円まで低下、ドル買い一服

     ドル円はレンジ下限を拡大。ドル高の流れに調整が入り、ドル円は123.39円までレンジ下限を広げた。ただ、あくまでも調整の範囲で、下げの勢いは限定的。ユーロドルは1.1005ドル付近へ切り返している。

  • 2015年07月14日(火)10時51分
    仲値公示過ぎてドル高が一服、ドル円は123.50円台へ下げる

     ドル高の流れが一服。仲値公示の時間を過ぎるとドルは伸び悩む格好に。ドル円は123.74円を頭に123.50円台へ押し戻されている。他通貨でもドル高が小休止。ユーロドルは1.1000ドル付近、ポンドドルは1.5480ドル台まで下げ幅を縮小。

  • 2015年07月14日(火)09時18分
    クロス円はユーロ円除いて底堅い、日経平均は300円近く上昇

     クロス円は総じて底堅い。豪ドル円は91.51円、ポンド円は191.46円までレンジ上限を広げた。ドル円の底堅さや日経平均株価が300円近く上昇していることが支えとなっている。ただ、ギリシャ支援協議の合意を受け、米国の利上げに向けた障害物がいくらか減少するとの期待からドル高が進んでいるため、上昇の勢いは限定的。ユーロ円は、対ドルでの下げに引っ張られて135.75円までレンジ下限を広げた。

  • 2015年07月14日(火)08時46分
    ユーロじり安、海外時間の流れ引継ぎ売り先行

     ユーロがじり安。昨日のNYタイムの流れを引き継いで、ドル買い・他通貨売りの流れが優勢に。ユーロドルは1.0988ドルと、昨日安値をわずかに下回ったほか、ポンドドルは1.5480ドル、豪ドル/ドルは0.7396ドルまでレンジ下限を広げた。一方で、ドル円は123.63円まで上値を伸ばしている。

  • 2015年07月14日(火)08時00分
    東京為替見通し=イベントのはざ間で様子見、ドル円は底堅い

     NY為替市場ではドル買い・ユーロ売りが継続。ギリシャ支援合意報道を受けたユーロ反発は、ロンドンタイム昼ごろに沈静化。その後は、新たな財政再建策の実施をめぐり、早急な法制化が求められたギリシャの国民感情や国政への懸念が重しとなった。また、ギリシャに対する不透明感から、米FRBが利上げをちゅうちょするとの見方があったが、今回の合意によりその不安が和らぐとの期待もユーロを圧迫した。ユーロドルは1.0996ドルまで下げ、ユーロ円も135円後半まで押し戻された。ドル円は123.54円まで上値を伸ばした後も高値圏を維持。その他では、加ドルが軟調。原油価格の続落が重しとなり、ドル/加ドルは3月18日以来の1.2790加ドルまでドル高・加ドル安が進み、加ドル円も96円後半で上値が重かった。

     ギリシャとユーロ圏は、歳出削減、増税、年金改革を中心とした改革案で合意した。ただ、支援合意の条件として、ギリシャが年金や付加価値税など6項目について、15日までに法制化し、実行することが前提とされている。ギリシャ議会で、法案がすんなりと通過するかどうか不安な点は残っている。ただ、合意への道筋がはっきりしたことで、市場の関心が明日のイエレンFRB議長の半期議会証言や、米国の経済成長へ移りつつある。米国の利上げにとって、目先の障害となる可能性が指摘されていたギリシャ問題が薄らいでいるため、9月利上げ開始シナリオの現実味が増しつつあることは、ドル円を下支えしそうだ。とはいえ、イベントのはざ間にあたる本日のアジアタイムでは、中国株やギリシャ関連の話題に警戒しつつも、全体的には様子見となるか。

  • 2015年07月14日(火)07時55分
    ドル円底堅い、123.56円と昨日高値を上抜け

     ドル円は底堅い。ギリシャや中国株に対する不安心理が後退する中で、米国の利上げをめぐる期待感が支えとなり、ドル円は123.56円と昨日高値を上抜けした。ドルでの円売りを受けて、クロス円でも円売りに傾いている。

  • 2015年07月14日(火)07時17分
    ユーロ売り小休止も戻りは鈍い、米利上げ期待も重し

     ユーロドルは1.1000ドル近辺、ユーロ円は135円後半と昨日来の安値水準で推移。昨日のロンドンからNYにかけて強まったユーロ安の流れは一服しているが、戻りは鈍い。ギリシャ支援に関する幾つかの不安要因や、米利上げをめぐる思惑がユーロの上値を重くしている。

     ギリシャ支援協議の合意報道を受けたユーロ反発は、ロンドンタイム昼ごろには沈静化した。新たな財政再建策の実施をめぐり、早急な法制化が求められたギリシャの国民感情など国内情勢への懸念から、合意した案が順調に進むのかが不安視されている。また、これまでギリシャや中国を起点とする金融市場の不安定な動きを受けて、米FRBが利上げをちゅうちょするとの見方があった。しかし、今回の合意によりその不安が和らいだため、FRBの利上げに対する障壁が減ったとの思いも、ユーロを圧迫している。

  • 2015年07月14日(火)06時18分
    ■NY為替・13日=ドル高継続も円売りは一巡、ユーロは軟調

     NY為替市場ではドル買い・ユーロ売りが継続。ユーロはギリシャ支援合意報道を受けた上げ幅を吐き出し、反落。ギリシャは新たにかなりの財政再建策の実施が求められており、ギリシャ議会が債権団から求められている改革法案の法制化を実現するかどうかが不安視され、新しい合意内容はギリシャ国民投票で拒否された債権団の提案よりもさらに厳しいもので、国民の反発も強く問題は山積み。ユーロドルは1.0996ドルまで下押し、ギリシャ合意報道後につけた高値1.1197ドルから大幅に下落した。また、ユーロ円も135円後半まで押し戻された。

     ユーロ主導でドル買いが継続。豪ドル/ドルは0.7383ドル、NZドル/ドルは0.6681ドルまで下げ幅を拡大し、ドル/スイスフラン(CHF)は0.9503CHFまでドル高が進んだ。原油価格の続落も産油国通貨加ドルの重しとなり、ドル/加ドルは3月18日以来の加ドル安水準となる1.2790加ドルまでドル高・加ドル安が進んだ。また、ポンドドルはユーロポンドでのユーロ売り・ポンド買いが下支えとなるも、ドル全面高の流れを受けて1.54ドル後半に押し戻された。

     中国株の続伸やギリシャ支援合意の再開を好感し、ダウ平均も先週末比200ドル高水準まで上げ幅を拡大するなど堅調な動きとなったが、為替相場ではリスク選好の円売りは一巡。ドル円は123.54円まで上値を伸ばし高値圏での推移が続いたが、クロス円は上げ幅を失う。対ドルでの下落が重しとなるなか、CHF円は129円後半、豪ドル円は91円前半、NZドル円は82円半ば、加ドル円は96円後半に押し戻され、ポンド円も191円前半まで上げ幅を縮小した。

     6時現在、ドル円は123.43円、ユーロドルは1.1002ドル、ユーロ円は135.82円で推移。

  • 2015年07月14日(火)03時26分
    各通貨動意が鈍いなか、ユーロは緩やかに売り継続

     ドル円が123.40円前後、豪ドル/ドルが0.74ドル付近、NZドル/ドルが0.67ドル前後で動意が鈍くなっているなか、ユーロは緩やかに売りが継続。ユーロドルは1.10ドル大台を割り込み、1.0996ドルまで一段安。ユーロ円も135.80円付近に下押し、本日の安値圏に押し戻されている。ギリシャが救済の前提となる改革実施で苦戦するとの懸念が広がっている。

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2397人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 95636人 ザイFX!のtwitterをフォローする

2019年10月18日(金)の最新の為替ニュース

「最新の為替ニュース」をもっと見る>>

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社

スプレッドは業界最狭水準 インヴァスト証券[トライオートFX]

インヴァスト証券[トライオートFX]

過去実績から自動売買が選べる「自動売買セレクト」!自分用のポートフォリオが組めるトライオートFX

米ドル/円0.2銭原則固定! GMOクリック証券[FXネオ]

GMOクリック証券[FXネオ]

FX取引高7年連続世界1位! 今ならザイFX!限定で4000円キャッシュバック!

過去の為替ニュース

2019年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月  
2018年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2017年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2016年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2015年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2014年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2013年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2012年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2011年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2010年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2009年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2008年
04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
GMOクリック証券
SBI FXトレード

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利30%!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!

ここから口座開設すると超おトク!!ザイFX!期間限定キャンペーン実施中

世界の為替チャート

米ドル/円+0.02108.62

USDJPY

ユーロ/米ドル-0.00031.1123

EURUSD

南アランド/円+0.017.32

ZARJPY

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
ザイ オンライン

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム







FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

10月14日更新

どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 10月11日更新

米中部分合意へ? トランプ大統領が米中貿易摩擦のヤバさに気づいた!?






元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果