ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

楽天証券[楽天FX]ドル/円スプレッドは業界最狭水準の0.2銭原則固定(例外あり)!

RSS

GMOクリック証券が特別なキャンペーン実施中!当サイト限定で4000円もらえる

  • 2016年10月04日(火)08時00分
    東京為替見通し=RBA総裁の交代で声明文に変化はあるのか

     昨日の海外市場ではドルが底堅かった。米9月ISM製造業景況指数が市場予想以上に回復したことが背景。ドル円は101.60円付近へ水準を切り上げたほか、ユーロドルは1.1205ドルまで弱含み。ポンドドルは1.28ドル前半へ下落し、7月6日以来の安値をつけている。メイ英首相が来年3月までにEU離脱交渉を始めると発言し、離脱協議の難航や英経済の苦境があらためて想起された。NY原油価格は続伸したものの、加ドルの方向感は限定的だった。オセアニア通貨も動意薄。

     ドル円は6月以降の三角もちあいのなかで上下動を続けている。下落一服後のチャートパターンであり、一般的にもちあいに入るまでの流れが継続することが意識される。足元のドル円の場合だとドル安・円高である。昨日の米9月ISM製造業景況指数は強く、12月の米利上げ観測が若干優勢となっているものの、ドル円は多少水準を切り上げただけであり、上値の重さが印象づけられたように思われる。ドル円には戻り待ちの売りが続きそうだ。

     本日は豪準備銀行(RBA)理事会が政策金利と声明を発表する。政策金利は過去最低の1.50%で据え置かれる見通し。ロウ新総裁が初めて取り仕切るRBA理事会である。スティーブンス前総裁からバトンタッチしたことによる緩和的な金融政策に変更はないだろうが、声明文に変化があるかどうか念のため確認したい。声明文が焼き直しなら豪ドル相場に与える影響は限定的か。

  • 2016年10月04日(火)07時28分
    GLOBEXのナスダック100ミニ先物 前日比+0.04%で推移

    グローベックスのナスダック100ミニ先物は、日本時間7時25分現在で4867.75pと前日比+2.00p(同+0.04%)で推移している。一方、S&P500先物は前日比+1.75pの2155.00p(同+0.08%)。

    Powered by フィスコ
  • 2016年10月04日(火)07時26分
    円建てCME先物は3日の225先物比15円高の16605円で推移

    円建てCME先物は3日の225先物比15円高の16605円で推移している。為替市場では、ドル・円は101円60銭台、ユーロ・円は113円90銭台。

    Powered by フィスコ
  • 2016年10月04日(火)07時11分
    本日のスケジュール

    [本日のスケジュール]
    <国内>
    08:50  日銀短観(「企業の物価見通し」の概要)    
    08:50  マネタリーベース(9月、日本銀行)    24.2%
    14:00  消費者態度指数(9月)  41.8  42.0
    17:00  日本銀行が保有する国債の銘柄別残高    
    17:00  日本銀行による国庫短期証券の銘柄別買入額    


    <海外>
    12:30  豪・オーストラリア準備銀行(豪中央銀行)
         政策金利発表  1.50%  1.50%
    14:30  印・インド準備銀行(中央銀行)が政策金利発表  6.50%  6.50%
    18:00  欧・ユーロ圏生産者物価指数(8月)  -2.2%  -2.8%
    21:00  ブ・鉱工業生産(8月)    0.1%

      米・リッチモンド連銀総裁が講演    
      米・シカゴ連銀総裁が講演    
      米・決算発表 マイクロン    
      IMFが世界経済見通し公表    

    注:数値は市場コンセンサス、前回数値

    Powered by フィスコ
  • 2016年10月04日(火)06時52分
    米製造業は弱いペースながら成長継続、12月の利上げ正当化か

     米供給管理協会(ISM)が発表した全米の製造業活動を示す9月ISM製造業景況指数は 51.5と、8月49.4から再び50を上回り活動の拡大に好転した。主要項目である新規受注が55.1と、8月の49.1から上昇したことが全体指数を押し上げた。また、製造業の雇用も49.7と、8月の48.3から改善した。ISMの製造業調査責任者、ホルコム氏は
    「製造業には勢いがあるものの、非常に強いものではない」との見解。同時に、逆風が成長を妨害する可能性もないと見ているようだ。

    7−9月期のISM製造業の平均は51.2。4−6月期平均の51.8を若干下回る。昨年同期は51.0。製造業の新規受注が増加を今後も継続した場合、必然的に生産や雇用に拍車をかけることになる。9月分の生産は52.8と、49.6から再び活動の拡大を示す50台を回復。雇用も49.7と、48.3から50寸前まで改善した。輸出も52.0と、活動の拡大域。輸出は今四半期もGDPに寄与すると見られる。前四半期の輸出の寄与度は18ベーシスポイントで、今期もほぼ同水準の寄与が期待されている。

    ISM製造業の結果は7−9月期経済の反発が緩やかなものにとどまることを示唆していると、エコノミストは指摘。市場エコノミストの7−9月期国内総生産(GDP)の成長見通しは現状で2.9%前後。全般的に年後半の経済は、一部で期待されていたような力強い回復は見られないものの、順調な回復基調が予想されており、年末の利上げを正当化すると見られる。

    ■米9月ISM製造業景況指数PMI:51.5(8月:49.4)
    新規受注:55.1(49.1)
    生産:52.8(49.6)
    雇用:49.7(48.3)
    入荷遅延:50.3(50.9)
    在庫:49.5(49.0)
    顧客在庫:53.0(49.5)
    仕入価格:53.0(53.0)
    受注残:49.5(45.5)
    輸出:52.0(52.5)
    輸入:49.0(47.0)

    Powered by フィスコ
  • 2016年10月04日(火)06時42分
    NY市場動向(取引終了):ダウ54.30ドル安(速報)、原油先物0.57ドル高

    【 米国株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
    *ダウ30種平均 18253.85  -54.30   -0.30% 18279.80 18203.75   9   21
    *ナスダック   5300.87  -11.13   -0.21%  5308.60  5281.95  977 1445
    *S&P500      2161.20   -7.07   -0.33%  2164.41  2154.77  159  341
    *SOX指数      829.49   -6.11   -0.73%
    *225先物       16600大証比+10   +0.06%

    【 為替 】               前日比       高値    安値
    *ドル・円     101.61   +0.26   +0.26%   101.66   101.18
    *ユーロ・ドル   1.1212 -0.0023   -0.20%   1.1244   1.1205
    *ユーロ・円    113.93   +0.01   +0.01%   114.14   113.60
    *ドル指数      95.73   +0.27   +0.28%   95.80   95.46

    【 債券 】           前日比       高値    安値
    * 2年債利回り    0.79   +0.03      0.80    0.77
    *10年債利回り    1.63   +0.04      1.63    1.59
    *30年債利回り    2.34   +0.02      2.34    2.30
    *日米金利差     1.69   +0.10

    【 商品/先物 】           前日比       高値    安値
    *原油先物      48.81   +0.57   +1.18%   49.02   47.78
    *金先物       1312.7   -4.4   -0.33%   1322.6   1311.8
    *銅先物       219.3   -1.8   -0.79%   221.6   216.7
    *CRB商品指数   187.03   +0.71   +0.38%   187.29   184.83

    【 欧州株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
    *英FT100     6983.52  +84.19   +1.22%  6996.43  6898.09   85   14
    *仏CAC40     4453.56   +5.30   +0.12%  4465.29  4432.77   18   22

    Powered by フィスコ
  • 2016年10月04日(火)06時37分
    世界各国通貨に対する円:対ドル0.26%安、対ユーロ0.01%安

                      現在値    前日比       %   前日終値
    *ドル・円           101.61円   +0.26円    +0.26%   101.35円
    *ユーロ・円         113.93円   +0.01円    +0.01%   113.92円
    *ポンド・円         130.49円   -1.00円    -0.76%   131.50円
    *スイス・円         104.38円   +0.05円    +0.05%   104.33円
    *豪ドル・円          77.95円   +0.33円    +0.43%   77.62円
    *NZドル・円         73.91円   +0.08円    +0.10%   73.84円
    *カナダ・円          77.47円   +0.25円    +0.32%   77.23円
    *南アランド・円        7.47円   +0.10円    +1.29%    7.38円
    *メキシコペソ・円       5.27円   +0.04円    +0.78%    5.23円
    *トルコリラ・円       33.65円   -0.18円    -0.55%   33.84円
    *韓国ウォン・円        9.20円   +0.00円    +0.02%    9.20円
    *台湾ドル・円         3.24円   +0.01円    +0.34%    3.23円
    *シンガポールドル・円   74.43円   +0.08円    +0.11%   74.35円
    *香港ドル・円         13.10円   +0.03円    +0.21%   13.07円
    *ロシアルーブル・円     1.63円   +0.02円    +1.25%    1.61円
    *ブラジルレアル・円     31.66円   +0.58円    +1.87%   31.08円
    *タイバーツ・円        2.93円   +0.00円    +0.11%    2.93円
                  年初来騰落率 過去1年間での高値/安値 昨年末終値
    *ドル・円           -15.48%   123.76円   99.02円   120.22円
    *ユーロ・円          -12.80%   136.96円   109.57円   130.64円
    *ポンド・円          -26.35%   188.81円   128.82円   177.18円
    *スイス・円          -13.00%   125.95円   102.00円   119.97円
    *豪ドル・円          -11.02%   90.73円   72.53円   87.60円
    *NZドル・円         -9.97%   83.38円   69.33円   82.10円
    *カナダ・円          -10.81%   93.26円   75.41円   86.86円
    *南アランド・円        -3.79%    9.18円    6.40円    7.77円
    *メキシコペソ・円      -24.64%    7.47円    5.02円    6.99円
    *トルコリラ・円       -18.28%   43.63円   32.99円   41.18円
    *韓国ウォン・円       -10.01%   10.76円    8.49円   10.22円
    *台湾ドル・円         -11.34%    3.79円    3.08円    3.66円
    *シンガポールドル・円   -12.21%   88.33円   72.61円   84.78円
    *香港ドル・円         -15.55%   15.97円   12.84円   15.51円
    *ロシアルーブル・円     -0.97%    1.98円    1.36円    1.63円
    *ブラジルレアル・円     +4.26%   33.26円   27.73円   30.36円
    *タイバーツ・円       -12.12%    3.45円    2.81円    3.34円

    Powered by フィスコ
  • 2016年10月04日(火)06時16分
    金:続落、投資資金流出で100日線での攻防に

    COMEX金12月限終値:1312.70↓4.40

     3日のNY金先物は続落。高値は21時20分の1320.50ドル、安値は2時25分の1311.80ドル。為替市場で、ドルが主要通貨に対して強含んだことからさえない展開となった。また、一部では、投資資金は減産合意を材料に原油に向かっているとの指摘も浮上している。

     テクニカル面では、100日移動平均線での静かな攻防を迎えている。この水準を下抜けると心理的な節目である1300ドルが意識されよう。

    原油:4日続伸、減産合意を引続き材料視NYMEX原油11月限終値:48.81↑0.57

     3日のNY原油先物は4日続伸。高値は3時25分の49.02ドル、安値は23時20分の47.86ドル。先月末の石油輸出機構(OPEC)による非公式会合での減産合意を材料視した買いが続いている。市場では、暫定合意のため11月の通常総会の結果を見なくてはわからないとの声もあるが、8年ぶりの減産合意を評価する動きのほうが強い様子。

     日足チャートでは、100日移動平均線を上抜いている。6月9日の年初来高値51.67ドルを起点とした上値抵抗ラインも突破。50ドル台回復を意識した展開となっている。

    Powered by フィスコ
  • 2016年10月04日(火)06時14分
    金:続落、投資資金流出で100日線での攻防に

    COMEX金12月限終値:1312.70↓4.40

     3日のNY金先物は続落。高値は21時20分の1320.50ドル、安値は2時25分の1311.80ドル。為替市場で、ドルが主要通貨に対して強含んだことからさえない展開となった。また、一部では、投資資金は減産合意を材料に原油に向かっているとの指摘も浮上している。

     テクニカル面では、100日移動平均線での静かな攻防を迎えている。この水準を下抜けると心理的な節目である1300ドルが意識されよう。

    Powered by フィスコ
  • 2016年10月04日(火)06時10分
    ■NY為替・3日=ISMがドルの下値支えるも値動き限定的

     NYタイムでは米9月ISM製造業景況指数の予想比上振れでドル買いが先行した。同指数は51.5と節目の50を回復したほか、市場予想中央値の50.3を上回った。内訳の雇用指数は前月の48.3から49.7へ改善した。米長期債利回りが1.62%台まで上昇するなかで、ドル円はこの日の高値となる101.66円に接近する水準まで下値を切り上げた。ただ、同時に発表された8月建設支出は前月比-0.7%へ鈍化し、7月分もマイナスに修正されるなど冴えない内容となった。ドル高は持続せず、ドル円は21日移動平均線前後で伸び悩んだ。

     ユーロドルは1.1205ドルで売りが一服。ポンドドルは1.2818ドルまで下値を切り下げたが、7月安値を前に底割れを回避すると小幅に買い戻された。ユーロポンドにも2013年8月以来のユーロ高・ポンド安から調整が入った。英国の欧州連合(EU)離脱交渉がテーマとして蒸し返されているとの声はあるが、英国の株価指数FT100は年初来高値を更新している。

     先行したドル高に押されたあと、豪ドル/ドルは0.7680ドル付近、NZドル/ドルは0.7280ドル前後まで水準を回復。豪ドル円は78.02円まで高値を塗り替え、NZドル円は73円後半まで下げ幅を縮小させた。ドル/加ドルは1.3144加ドルから1.31加ドル近辺まで加ドルの買い戻しが優勢。ユーロ円は113円後半で上値が重かったが、ポンド円は130.08円を安値に130円後半まで持ち直す場面があった。

     6時現在、ドル円は101.65円、ユーロドルは1.1211ドル、ユーロ円は113.96円で推移。

  • 2016年10月04日(火)06時00分
    原油:4日続伸、減産合意を引続き材料視

    NYMEX原油11月限終値:48.81↑0.57

     3日のNY原油先物は4日続伸。高値は3時25分の49.02ドル、安値は23時20分の47.86ドル。先月末の石油輸出機構(OPEC)による非公式会合での減産合意を材料視した買いが続いている。市場では、暫定合意のため11月の通常総会の結果を見なくてはわからないとの声もあるが、8年ぶりの減産合意を評価する動きのほうが強い様子。

     日足チャートでは、100日移動平均線を上抜いている。6月9日の年初来高値51.67ドルを起点とした上値抵抗ラインも突破。50ドル台回復を意識した展開となっている。

    Powered by フィスコ
  • 2016年10月04日(火)05時57分
    10月3日のNY為替・原油概況

     3日のニューヨーク外為市場でドル・円は、101円31銭から101円65銭まで上昇し101円60銭で引けた。

    米国の9月ISM製造業景況指数が予想を上回ったことを好感したドル買いが優勢となった。

    ユーロ・ドルは、1.1240ドルから1.1205ドルへ下落し1.1210ドルで引けた。欧米金利差の拡大や、英首相が来年初旬の欧州基本条約50条発動の意思を示したため英国のEU離脱懸念を受けたユーロ売りが優勢となった。ユーロ・円は113円73銭から114円02銭へ上昇。

    ポンド・ドルは、1.2875ドルから1.2818ドルへ下落した。英国のメイ首相が「来年3月末までに離脱の意思を欧州連合(EU)に通達する」との方針を示したため英国の欧州連合(EU)離脱を警戒したポンド売りが優勢となった。

    ドル・スイスは、0.9716フランから0.9745フランへ上昇。スイス国立銀行によるフラン売り介入懸念が強まった。

     3日のNY原油先物は4営業日続伸。47.86ドルから49.02ドルまで上昇した。石油輸出機構(OPEC)による潜在的な減産に加え、OPEC非加盟国も同調するとのの期待が強まった。

    [経済指標]
    ・米・9月製造業PMI改定値:51.5(速報値:51.4)
    ・米・9月ISM製造業景況指数:51.5(予想:50.4、8月:49.4)
    ・米・8月建設支出:前月比‐0.7%(予想:+0.3%、7月:−0.3%←0.0%)

    Powered by フィスコ
  • 2016年10月04日(火)05時36分
    大証ナイト終値16600円、通常取引終値比10円高

    大証ナイト終値16600円、通常取引終値比10円高

    Powered by フィスコ
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2399人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 99124人 ザイFX!のtwitterをフォローする

2020年02月21日(金)の最新の為替ニュース

「最新の為替ニュース」をもっと見る>>

FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

過去の為替ニュース

2020年
01月   02月  
2019年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2018年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2017年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2016年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2015年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2014年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2013年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2012年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2011年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2010年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2009年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2008年
04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
GMOクリック証券
DMM.com証券[DMM FX]

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利20%以上!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!

世界の為替チャート

米ドル/円-0.04112.06

USDJPY

ユーロ/円-0.03120.86

EURJPY

ユーロ/米ドル-0.00011.0782

EURUSD

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム





FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

02月17日更新


どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 02月13日更新

米ドルの買い方針を維持する3つの理由とは?







元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果