ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

【GMOクリック証券】業界最小水準スプレッド! 今ならザイFX!限定で現金4000円がもらえる!

RSS

トレイダーズ証券の新FX口座[LIGHT FX]誕生! 当サイト限定キャンペーン実施中

  • 2017年06月01日(木)06時20分
    NY為替・31日=シカゴPMIで右往左往も、ドル円は重い

     NYタイムは、米国の経済指標が弱かったことをうけてドル円を中心にドルが売られた。5月のシカゴ購買部協会景気指数が市場予想の57.0よりも弱い55.2(後に修正)、4月中古住宅販売保留件数指数も市場予想の+0.5%が-1.3%と、ともに市場予想を大幅に下回った。

     シカゴ購買部協会景気指数の発表とともに米長期債利回りが2.195%まで低下したことを受け、ドル売りが進みドル円は110.60円を割れ込んだ。また月末のロンドンフィックスにかけて大きめのドル売りオーダーが入り、下落幅を広げドル円は110.49円、ユーロドルは1.1252ドル、ポンドドルは1.2921ドル、ドル/スイスフラン(CHF)は0.9670CHFまでドル売りが進んだ。株価も寄り付きはダウ平均、ナスダック総合、SP500すべて反発して始まったが、指標発表後は米株も軟調に推移した。しかしシカゴ購買部協会景気指数が発表後1時間半以上経った後に59.4と大幅に修正が入り、ドル円は110.70円前後、ユーロドルも1.12前半までドルが買い戻され、その後は小幅な動きにとどまった。

     加ドルは1-3月期GDPが市場予想の+3.9%よりも弱い+3.7%だったものの、3月のGDPが市場予想の+0.2%が+0.5%で指標は強弱混在で対ドルでは1.34加ドル半ばで落ち着いた動きだった。しかし原油価格が47.73ドルまで下落したことを背景に、加ドル売りが進み、加ドルは対ドルで1.3523加ドル、対円で81.76円まで一時加ドルが売られた。オセアニア通貨は小動きで、豪ドル/ドルは0.74ドル前半、豪ドル円は82.30円前後、NZドル/ドルは0.7100ドル前後、NZドル円は78円半ばで推移した。

     カプラン米ダラス連銀総裁は米国の失業率が更に低下し、年内2回の利上げを示唆する発言をしたが市場は反応薄。また米地区連銀経済報告(ベージュブック)も多くの地区は緩やかから適度な程度に拡大していると、目新しい文言も無く為替市場も債券市場も動意薄だった。

     6時現在、ドル円は110.77円、ユーロドルは1.1244ドル、ユーロ円は124.55円で推移。

  • 2017年06月01日(木)05時34分
    大証ナイト終値19680円、通常取引終値比20円高

     31日の大証ナイト・セッションの日経225先物(225ナイト)は、通常取引終値比20円高の19680円で取引を終えた。

    Powered by フィスコ
  • 2017年06月01日(木)04時33分
    米政策金利の軌道は予測困難に

     6月13-14日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合で0.25ポイント追加利上げが決定されることは確定的と考えて良さそうだが、市場関係者の間からは「米バランスシートの縮小規模や2018年度における国債発行計画が明らかになるまでは、米長期金利の動向を予測することは難しい」との声が聞かれている。6月と9月に0.25ポイントずつの追加利上げが実施されることは既定路線とされているが、その先の政策金利の軌道、特に2018年以降については予測困難との見方が少なくない。

     足元における長期金利の低下について、ある市場関係者は「経済指標が悪化した場合、10年債利回りはもう一段低下する可能性がある」と予想している。現在の長期金利の水準(2.25%近辺)は2%のインフレ目標に合致した水準であるとは言い切れないが、長期金利のさらなる低下はインフレ率が将来的に鈍化することを示唆するものかもしれない。

     なお、米バランスシートの縮小開始は今年10-12月期となり、縮小作業の完了は2020年末頃になるとの見方が多いようだ。年内の利上げについては6月と9月に0.25ポイントの追加利上げが実施されるとの予想が多いが、インフレ見通しに大きな変化がなければ、バランスシートが縮小する過程でも(2018年以降)、緩やかなペースでの利上げは可能との見方も出ている。(小瀬正毅)

    Powered by フィスコ
  • 2017年06月01日(木)04時31分
    5月31日のNY為替・原油概況

     31日のニューヨーク外為市場でドル・円は、110円91銭から110円49銭まで下落し、110円75銭で引けた。米国の5月シカゴ購買部協会景気指数が当初発表で予想以上に低下し、4月中古住宅販売成約指数が予想外に2カ月連続減少したことで、米株安・長期金利低下によるドル売り・円買いが優勢になった。

     ユーロ・ドルは1.1211ドルから1.1252ドルまで上昇。米経済指標の悪化を受けたドル売りで、ユーロ買いが強まった。ユーロ・円は124円17銭から124円49銭で推移した。

     ポンド・ドルは1.2839ドルから1.2921ドルまで上昇。英保守党が労働党との支持率の差を再び拡大したことを好感したポンド買いが継続した。ドル・スイスフランは0.9726フランから0.9670フランまで下落した。


     31日のNY原油先物は続落。47.73ドルまで下落した後、48.61ドルまで上昇した。減産合意の順守を免除されているリビアやナイジェリアの増産観測から、根強い供給過剰感が売り圧力になったもよう。
     ただ、米国の5月シカゴ購買部協会景気指数が当初発表の低下から上昇に訂正された辺りから買い戻しが優勢になり、下落幅を縮小した。翌日に米エネルギー情報局(EIA)の週報(週次石油在庫統計)発表を控えていることも、ある程度の反発につながったとみられる。

    [経済指標]
    ・米・5月シカゴ購買部協会景気指数:59.4(予想:57.0、4月:58.3)(当初発表55.2)
    ・米・4月中古住宅販売成約指数:前月比-1.3%(予想:+0.5%、3月:-0.9%←-0.8%)
    ・カナダ・1-3月期GDP:前期比年率+3.7%(予想:+4.2%、10-12月期:+2.7%←+2.6%)
    ・カナダ・3月GDP:前月比+0.5%(予想:+0.2%、2月:0.0%)
    ・南ア・4月貿易収支:+51億ランド(予想:+74億ランド、3月:+114億ランド)

    Powered by フィスコ
  • 2017年06月01日(木)03時16分
    ベージュブック:物価圧力はほぼ変わらず

     日本時間6月1日午前3時に発表された米地区連銀経済報告(ベージュブック)では、「緩慢あるいは緩やかな賃金上昇トレンドはほぼ変わらず」、「物価圧力はほぼ変わらず、小幅上昇の報告も」、「住宅価格が多くの市場で上昇、低在庫を反映」との指摘も。

    Powered by フィスコ
  • 2017年06月01日(木)03時09分
    ベージュブック:労働市場はタイト

     日本時間6月1日午前3時に発表された米地区連銀経済報告(ベージュブック)では、「住宅および非居住建設は緩慢あるいは緩やかな増加」、「企業は活発、楽観は一部分野で後退と大半の地区が報告」、「労働市場はタイト、人員不足は拡大」などと指摘。

    Powered by フィスコ
  • 2017年06月01日(木)03時05分
    NY市場動向(午後2時台):ダウ41ドル安、原油先物1.35ドル安

    【 米国株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
    *ダウ30種平均 20987.51  -41.96   -0.20% 21051.70 20942.57   16   14
    *ナスダック   6185.69  -17.50   -0.28%  6221.99  6164.07  831 1399
    *S&P500      2407.21   -5.70   -0.24%  2415.99  2403.59  214  288
    *SOX指数     1091.65   +0.20   +0.02%
    *CME225先物     19640 大証比 -20   -0.10%

    【 為替 】               前日比       高値    安値
    *ドル・円     110.61   -0.24   -0.22%   111.23   110.49
    *ユーロ・ドル   1.1241 +0.0055   +0.49%   1.1252   1.1165
    *ユーロ・円    124.33   +0.34   +0.27%   124.53   123.73
    *ドル指数      96.97   -0.31   -0.32%   97.50   96.86

    【 債券 】           前日比       高値    安値
    * 2年債利回り    1.28   -0.00      1.30    1.27
    *10年債利回り    2.20   -0.01      2.23    2.20
    *30年債利回り    2.87   -0.01      2.90    2.86
    *日米金利差     2.15   -0.06

    【 商品/先物 】           前日比       高値    安値
    *原油先物      48.31   -1.35   -2.72%   49.71   47.73
    *金先物       1275.3   +9.6   +0.76%   1276.8   1262.0
    *銅先物       258.3   +1.9   +0.72%   258.8   255.4
    *CRB商品指数   179.74   -1.59   -0.87%   180.43   178.99

    【 欧州株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
    *英FT100     7519.95   -6.56   -0.09%  7586.45  7519.68   55   45
    *独DAX     12615.06  +16.38   +0.13% 12709.13 12582.80   16   13
    *仏CAC40     5283.63  -22.31   -0.42%  5334.57  5283.63   15   23

    Powered by フィスコ
  • 2017年06月01日(木)03時02分
    ベージュブック:大半の地区が緩慢あるいは緩やかな成長

     米地区連銀経済報告(ベージュブック)が発表され、「大半の地区が緩慢あるいは緩やかな成長を報告」。

    Powered by フィスコ
  • 2017年06月01日(木)02時22分
    欧州債(31日)=反落、一時ユーロ圏CPIで低下も巻き返す

    ◆独10年債利回り:0.304% +0.012
    ◆英10年債利回り:1.046% +0.052

     独長期債は反落(利回り上昇)。本日発表されたユーロ圏5月消費者物価指数が市場予想を下回る+1.4%だったことを受け、一時独債の利回りは0.286%まで低下した。しかしその後は徐々に上昇し、ほぼ横ばいで引けた。
     英長期債は反落(利回り上昇)。一時英債は独債同様に0.984%まで利回りが低下する場面もあったが、その後は利回りが上昇し続け、ほぼ本日の高値で引けた。

  • 2017年06月01日(木)02時08分
    [通貨オプション]変動率は大方上昇、リスクリバーサルは大方縮小

     ドル・円オプション市場で変動率は大方上昇。1ヶ月物は低下したが、3ヶ月物から1年物は上昇が続いており、まだ欧州政治リスクなどへの警戒感は根強いもよう。

     リスクリバーサルで円コールスプレッドは大方縮小。6ヶ月物で拡大が続いたが、1ヶ月物、3ヶ月物、1年物が縮小しており、ドル・円下値をヘッジする目的の円コール買いはいったん後退気味に。

    ■変動率
    ・1ヶ月物8.64%⇒8.56% (08年10/24=31.044%)
    ・3ヶ月物8.62%⇒8.64%(08年10/24=31.044%)
    ・6ヶ月物9.23%⇒9.25%(08年10/24=25.50%)
    ・1年物 9.58%⇒9.61%(08年10/24=20.00%、21.25%=98年10月以来の高水準)

    ■リスクリバーサル(25デルタ円コール)
    ・1ヶ月物+1.58%⇒+1.44%(08年10/27=+10.90%)
    ・3ヶ月物+1.51%⇒+1.43%(08年10/27=+10.90%)
    ・6ヶ月物+1.64%⇒+1.67%(08年10/27=+10.71%)
    ・1年物+1.60%⇒+1.58%(8年10/27=+10.71%)

    Powered by フィスコ
  • 2017年06月01日(木)02時01分
    ドル円110円後半でもみあい、ベージュブック待ちか

     ドル円は110円後半で小動き、この後米地区連銀経済報告(ベージュブック)が公表されるまでは動きが乏しくなりそうだ。ユーロ円は124円前半、ポンド円は142円半ば、豪ドル円は82円前半で推移。

  • 2017年06月01日(木)01時37分
    ドル円は111.35円からストップ

     ドル円は本日は111.23円、昨日は111.32円が高値だったこともあり、111.35円を超えると短期筋のストップロスが集まってきている。現在は110.75円前後で推移している。

  • 2017年06月01日(木)01時11分
    【NY午前外為概況】110円91銭から110円49銭まで下落

     31日のニューヨーク午前の外為市場でドル・円は、110円91銭から110円49銭まで下落した。米国の5月シカゴ購買部協会景気指数が当初発表で予想以上に低下し、4月中古住宅販売成約指数が予想外に2カ月連続減少したことで、ドル売りが優勢になった。

     ユーロ・ドルは1.1211ドルから1.1252ドルまで上昇。米経済指標の悪化受けたドル売りで、ユーロ買いが進んだ。ユーロ・円は124円49銭から124円17銭まで下落した。

     ポンド・ドルは1.2839ドルから1.2921ドルまで上昇。英保守党が労働党との支持率の差を再び拡大したことを好感したポンド買いが継続した。ドル・スイスフランは0.9726フランから0.9670フランまで下落した。

    Powered by フィスコ
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2399人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 96916人 ザイFX!のtwitterをフォローする

2019年12月07日(土)の最新の為替ニュース

「最新の為替ニュース」をもっと見る>>

FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

過去の為替ニュース

2019年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2018年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2017年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2016年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2015年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2014年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2013年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2012年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2011年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2010年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2009年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2008年
04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利30%!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!

ここから口座開設すると超おトク!!ザイFX!期間限定キャンペーン実施中

世界の為替チャート

米ドル/円-0.20108.55

USDJPY

ユーロ/米ドル-0.00441.1059

EURUSD

南アランド/円+0.007.42

ZARJPY

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム






どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 12月05日更新

トランプ大統領の要求がさらに過激に!? 米ドル/円は110円台へ



FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

12月02日更新





元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果