ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト
RSS

トレイダーズ証券の新FX口座[LIGHT FX]誕生! 当サイト限定キャンペーン実施中

  • 2017年10月27日(金)19時29分
    来週のドル・円「やや強含みか、米FOMCで12月追加利上げを見極めへ」

    [ドル・円]

     来週のドル・円はやや強含みとなりそうだ。欧州中銀(ECB)は金融正常化を慎重に進める姿勢を示したことから、米連邦準備制度理事会(FRB)の金融正常化の進展を期待した値動きが見込まれる。

     10月31日-11月1日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)では12月追加利上げを見極める展開となりそうだ。足元の経済指標は堅調な内容のものが多い。一部の金融当局者は早期の追加利上げに慎重だが、FOMC声明で年3回の引き締めスタンスが堅持されればドル買いは強まろう。

     また、近く決定する次期FRB議長人事については、スタンフォード大学のテイラー教授に対する共和党有力議員からの支持が広がっているもよう。タカ派寄りの議長就任の思惑は米長期金利を押し上げ、ドル上昇を促すだろう。

     一方、10月22日の衆院選で自民・公明の与党は大勝し、安倍政権が再始動する。日本銀行による金融緩和政策の継続が見込まれるなか、10月30-31日の金融政策決定会合で日銀は現行の金融政策を維持する見通し。想定通りならドル高・円安の基調は変わらないと予想される。

     ただ、トランプ政策の柱である税制改革について、なお党内調整を必要としており、調整に手間取った場合はドル買いを弱める要因となりそうだ。また、北朝鮮は太平洋上で水爆実験を実施する姿勢をみせており、地政学リスク増大の懸念は消えていないことから、リスク選好的な円売りが一段と広がるとは言い切れない状況か。

    【米連邦公開市場委員会(FOMC)】(10月31日-11月1日開催予定)
     FRBは日本時間11月2日午前3時に声明を発表し、同3時30分からイエレン議長が記者会見を行なう。政策金利は1.00-1.25%に据え置きの公算。FOMC内では慎重論もあるが、イエレンFRB議長が強気なスタンスを堅持すれば、年内追加利上げへの期待からドル買いに振れやすいだろう。

    【米・10月雇用統計】(11月3日発表予定)
     11月3日発表の米10月雇用統計では、失業率は4.2%(前回4.2%)、非農業部門雇用者数は前月比+31万人(-3.3万人)、平均時給は前年比+2.7%(同+2.9%)と予想されている。非農業部門雇用者数はハリケーンの影響が消えることから大幅な増加が予想されるが、平均時給が伸び悩んだ場合、リスク選好的なドル買いはやや抑制される可能性がある。

    ・予想レンジ:113円00銭−116円00銭


    ・10月30日-11月3日に発表される主要経済指標の見通しについては以下の通り。

    ○(米)9月PCEコア指数 10月30日(月)午後9時30分発表予定
    予想は前月比+1.3%
     参考となる8月実績は、前年比+1.3%でインフレ鈍化の傾向は変わっていない。9月については帰属家賃、診療費、衣料費などがやや上昇したとみられており、8月実績を上回る可能性がある。ただし、インフレ鈍化のトレンドが変わったと判断できるほどの変化ではないとみられる。

    ○(日)日本銀行金融政策決定会合 10月31日(火)政策決定会合の終了時刻は未定
    ・予想は、金融政策の現状維持
     金融政策(長短金利操作付き量的・質的金融緩和の枠組みによる金融調節方針)は今回も賛成多数で維持される見込み。黒田日銀総裁は、物価安定に向けたモメンタムを維持するため、必要に応じてさらなる緩和を行う可能性があることを否定していない。安倍政権続投で黒田総裁は再任される可能性もあることから、金融政策の枠組みを変更することは当面ないと予想される。


    ○(米)連邦公開市場委員会(FOMC)会合 11月1日(水)(日本時間2日午前3時結果判明)
    ・予想は政策金利の据え置き
     政策金利は現状維持の公算。今回公表されるFOMC声明でも「経済状況はFF金利の緩やかな引き上げを正当化する形で進むと予測する」との見解が盛り込まれると予想されるが、低水準のインフレが続いていることから「インフレ目標との比較で、インフレ率の実際の進捗と予想される進展を注視する」との文言が変更される可能性がある。12月に追加利上げが実施される可能性は高いものの、声明文では12月の追加利上げについて特に言及しない可能性がある。

    ○(米)10月雇用統計 11月3日(金)午後9時30分発表予定
    ・予想は、非農業部門雇用者数が前月比+31万人、失業率は4.2%
     参考となる9月実績は、非農業部門雇用者数は前月比-3.3万人。ハリケーンがテキサス、フロリダ両州の雇用に影響を与えたとみられている。10月については採用活動再開によって雇用者数は大幅に増加する見込み。失業率は横ばいか。労働参加率は上昇するが、雇用者数も増加すると予想されている。

    ○(米)9月貿易収支 11月3日(金)午後9時30分発表予定
    ・予想は-435億ドル
     参考となる8月実績は-424億ドルで赤字額は7月実績を下回った。財・サービスの輸出が増加したことが要因。9月についてはハリケーンの影響で輸入額が増加するとの見方が多いことから、貿易赤字額はやや増加する可能性がある。

    ○主な経済指標の発表予定は、10月30日(月):(米)9月個人所得・支出、10月31日
    (火):(日)9月失業率・有効求人倍率、(日)9月鉱工業生産、(米)10月シカゴPMI、(米)10月CB消費者信頼感指数、11月1日(水):(米)10月ADP雇用統計、(米)10月ISM製造業景況指数、11月3日(金):(米)10月ISM非製造業景況指数(総合)

    Powered by フィスコ
  • 2017年10月27日(金)19時25分
    来週のユーロ「対円では下げ渋りか、日銀の緩和方針継続で円売りも」

    [ユーロ]

    「弱含みか、ECBの慎重姿勢で売り先行」
     来週のユーロ・ドルは弱含みか。31日発表の7-9月期ユーロ圏域内総生産(GDP)が堅調
    でも欧州中銀(ECB)の金融正常化への慎重なスタンスを意識して、ユーロは買いづらい展
    開となりそうだ。米連邦公開市場委員会(FOMC)で金融正常化の方針が再確認されるとみ
    られており、12月追加利上げを期待してドルは底堅い動きとなる見通し。
    ・予想レンジ:1.1500ドル−1.1700ドル


    「下げ渋りか、日銀の緩和方針継続で円売りも」
     来週のユーロ・円は下げ渋りか。ECBが金融引き締めに慎重な姿勢を示したことで、ユー
    ロ売りが進みやすい見通し。また、北朝鮮が太平洋上で水爆実験の実施を示唆しており、
    警戒の円買いも続くだろう。反面、30-31日開催の日銀金融政策決定会合では緩和的な政策
    を継続するスタンスが見込まれ、円売りを誘発しそうだ。
    ○発表予定のユーロ圏主要経済指標・注目イベント
    ・10月31日:9月失業率(予想:9.0%、8月:9.1%)
    ・10月31日:7-9月期域内総生産(前年比予想:+2.4%、4-6月期+2.3%)
    ・10月31日:10月消費者物価コア指数(前年比予想:+1.1%、9月:+1.1%)
    ・予想レンジ:130円00銭-135円00銭

    Powered by フィスコ
  • 2017年10月27日(金)19時24分
    来週の英ポンド「弱含みか、利上げ見送りならポンド急落も」

    [英ポンド]

    「弱含みか、利上げ見送りならポンド急落も」
     来週のポンド・円は弱含みか。11月1-2日開催の英中銀金融政策委員会(MPC)での利上げに関しては見方が分かれるが、インフレ指標の弱さから引き締めを見送る可能性がある。その場合には失望のポンド売りを誘発する見通し。一方、メイ政権は欧州連合(EU)
    離脱交渉に向け自信を示しているが、求心力低下が意識されポンドは買いづらい展開に。
    ○発表予定の英主要経済指標・注目イベント
    ・11月1日:10月マークイット製造業PMI(予想:55.9、9月:55.9)
    ・11月2日:英中央銀行が政策金利発表(0.25ポイントの利上げ予想)
    ・11月3日:10月マークイットサービス業PMI(予想:53.4、9月:53.6)
    ・予想レンジ:147円00銭−152円00銭

    Powered by フィスコ
  • 2017年10月27日(金)19時22分
    来週の豪ドル「もみ合いか、豪貿易収支などが手がかり材料に」

    [豪ドル]

    「もみ合いか、豪貿易収支などが手がかり材料に」
     来週の豪ドル・円はもみ合いか。豪準備銀行(中央銀行)は当面利上げに慎重な姿勢を続
    けるとの見方から、豪ドルは引き続き買いにくい。9月貿易収支(4カ月連続黒字)や9月小売
    売上高(2カ月連続減少)が有力な手掛かり材料になるとみられる。
    ○発表予定の豪主要経済指標・注目イベント
    ・11月2日:9月貿易収支(予想:+12億豪ドル、8月:+9.89億豪ドル)
    ・11月3日:9月小売売上高(前月比予想:+0.4%、8月:-0.6%)
    ・予想レンジ:86円00銭-89円00銭

    Powered by フィスコ
  • 2017年10月27日(金)19時21分
    来週のNZドル「弱含みか、新政権の動向見極めで買いづらい」

    [NZドル]

    「弱含みか、新政権の動向見極めで買いづらい」
     来週のNZドル・円は弱含みか。アーダーン首相(労働党)とピータース副首相兼外相(NZフ
    ァースト党)による連立政権が始動。内向きになる可能性が懸念されることから、動向見極
    めでNZドルは買いづらい。7-9月期雇用統計の発表が注目される(前期は失業率が低下)。
    ○発表予定のNZ主要経済指標・注目イベント
    ・11月1日:7-9月期失業率(予想:4.7%、4-6月期:4.8%)
    ・予想レンジ:76円00銭-79円00銭

    Powered by フィスコ
  • 2017年10月27日(金)19時20分
    来週のカナダドル「弱含みか、年内追加利上げ観測後退で売り継続」

    [カナダドル]

    「弱含みか、年内追加利上げ観測後退で売り継続」
     来週のカナダドル・円は弱含みか。カナダ中銀が先週の会合で、利上げに慎重な姿勢を
    示したことから、年内の追加利上げ観測が後退。また、カナダドル高の弊害的な面も指摘
    していることで、カナダドル売りが続くとみられる。
    ○発表予定の加主要経済指標・注目イベント
    ・11月3日:9月貿易収支(8月:-34.1億加ドル)
    ・11月3日:10月雇用統計(9月:失業率6.2%、雇用者数増減:+1.0万人)
    ・予想レンジ:87円00銭-90円00銭

    Powered by フィスコ
  • 2017年10月27日(金)19時19分
    欧州株が上値を伸ばし、クロス円にも買い戻し

     独DAXが+0.8%、仏CACは+1.0%と上値を伸ばすと、弱含んでいたクロス円にも買い戻しが入っている。ユーロ円は132.46円を底に132.65円前後、ポンド円が149.00円から149.30円近辺までショートカバーが入った。豪ドル円は87円前半、NZドル円が78円前半で小じっかり。

  • 2017年10月27日(金)19時18分
    来週のスイスフラン「もみあいか、地政学リスク増大への警戒感残る」

    [スイスフラン]

     来週のスイスフラン・円はもみあいか。スペイン内政不安を意識したユーロ売り・スイ
    スフラン買いは一巡したようだ。ただし、地政学リスク増大に対する警戒感は消えていな
    いこと、日本銀行は現行の金融緩和策を長期間維持すると予想されていることから、スイスフランの対円レートは113円台で下げ渋る状態が続くと予想される。
    ○発表予定のスイス主要経済指標・注目イベント
    ・特になし
    ・予想レンジ:113円00銭-116円00銭

    Powered by フィスコ
  • 2017年10月27日(金)19時15分
    NY為替見通し=ドル円、ドル高基調変らずか

     ドル円は、米長期債利回りの上昇やドルの欧州通貨に対する強さを支えに、今週の高値114.32円をつけ7月11日以来の水準まで強含んだ。しかしながら114円半ばにかけては、利益確定の売りやオプション絡みの売りが上値を抑えている。ポンド円やユーロ円が軟調なことも重しとなり、113円後半まで一時売り戻された。
     この後の動きとしては、NYタイム午前に発表される米7-9月期GDP・速報値や同コアPCEデフレーターなどが取引材料か。GDPは前期比年率で前回+3.1%のところ市場予想が+2.5%、コアPCEデフレーターは前回+0.9%から+1.3%の上昇を市場は見込んでいる。米10年債利回りは上下に振れながらも依然として高い水準にあり、ドルの下支え要因となっている。指標結果がよほど市場を失望させるものでなければ、今週のドル高の動きは継続されることになるだろう。ただし、週末を控えてポジション調整的な動きになる可能性も留意したい。

     市場注目の次期FRB議長だが、昨日は米政治メディアがトランプ米大統領に近い筋の話として、候補はパウエルFRB理事とテイラー・スタンフォード大教授に絞られたと報じた。しかし、トランプ大統領は毎日考えを変えるとの話も載せているため、大統領が実際に任命するまでは一喜一憂すべきではないと思われる。

    ・想定レンジ上限
     ドル円は、7月11日の高値114.49円が目先の上値めど。上抜ければ3月10日高値115.51円が意識される。

    ・想定レンジ下限
     ドル円の下値めどは、26日の下押し水準113.34円。その下は、日足一目均衡表・基準線の112.90円がめどとなる。

  • 2017年10月27日(金)19時11分
    ドル・円は114円挟み、米長期金利にらみ

    [欧米市場の為替相場動向]


     ドル・円は114円を挟んでもみ合う展開が続く。米税制改正の早期実現への期待や今晩の米株高観測が広がっており、米長期金利の上昇が見込まれ、ドル買い・円売りに振れやすい地合いに変わりはない。米10年債利回りは2.448%まで低下後、足元は2.45%付近で推移しており、今のところ戻りは鈍い。

     ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円92銭から114円14銭。ユーロ・円は132円46銭から132円81銭、ユーロ・ドルは1.1623ドルから1.1638ドルで推移。

    Powered by フィスコ
  • 2017年10月27日(金)18時28分
    ユーロ注目オーダー・OP=1.1700ドル 売り

    1.1900ドル 売り、OP27日NYカット
    1.1880ドル 売り
    1.1850ドル 売り、OP30日NYカット
    1.1800ドル OP30日NYカット大きめ
    1.1700ドル 売り

    1.1627ドル 10/27 18:14現在(高値1.1657ドル - 安値1.1616ドル)

    1.1600ドル 買い、OP30日NYカット
    1.1560ドル 買い
    1.1500ドル 買い厚め

    ※オプション(OP)設定水準の手前では防戦の売買が、抜けたところではストップロスの売買が活発化しやすい。また、期限(カットオフタイム)に向けて設定水準に収れんする動きを見せる場合もある。
     オプション数量表現の目安 大きめ:10億通貨単位以上、非常に大きめ:20億通貨単位以上、極めて大きめ:30億通貨単位以上。

  • 2017年10月27日(金)18時17分
    ドル・円は反落、米長期金利が低下

    [欧米市場の為替相場動向]


     ドル・円は114円付近でもみ合う展開。米10年債利回りが速やかに2.44%台までに下げた場面でドル売りが強まり、ドル・円は本日安値を更新し、一時113円92銭まで値を下げた。ただ、米株式先物がプラス圏で推移しており、円買いは進めにくい状況。ユーロ・ドルは1.1630ドル前後で小動きになっている。

     ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円92銭から114円14銭。ユーロ・円は132円50銭から132円81銭、ユーロ・ドルは1.1623ドルから1.1638ドルで推移。

    Powered by フィスコ
  • 2017年10月27日(金)18時16分
    東京為替概況:ドル・円はじり高推移、米税制改革期待や日本株高で

     今日の東京市場で、ドル・円はじり高推移。113円97銭から114円32銭まで上昇した。米国の税制改革の早期実現に期待が高まったほか、日経平均株価が節目の2万2千円台を回復して引け、リスク選好的なドル買い・円売りが優勢になった。米国10年債利回りは2.44%台に緩んだ後、一時2.47%台まで上昇した。

     ユーロ・円は132円60銭から132円95銭でもみ合い。ユーロ・ドルは1.1657ドルから1.1616ドルまでじり安推移となった。

    ・17時時点:ドル・円114円10-20銭、ユーロ・円132円70-80銭
    ・日経平均:始値21903.27円、高値22016.50円、安値21815.72円、終値22008.45円(前日比268.67円高)

    Powered by フィスコ
  • 2017年10月27日(金)18時15分
    【ディーラー発】ポンド売り先行(欧州午前)

    欧州勢によるポンド売りが先行し、対ドルでは1.3069付近まで売られ、対円では148円98銭付近まで下落。また、ユーロポンドが0.8900付近まで買われるなどポンドが対主要通貨で弱含み。ドル円は日経先物の伸び悩みや米債利回りの上昇幅縮小を受け一時113円92銭付近まで値を下げ本日安値を更新。一方、ユーロドルは1.1615付近まで軟化したものの、対ポンドでの買いが支えとなり下げ渋る動きとなっている。18時15分現在、ドル円113.966-976、ユーロ円132.509-529、ユーロドル1.16268-276で推移している。

  • 2017年10月27日(金)17時42分
    クロス円が売り優勢で、ドル円も114円割れ

     株式市場の堅調さにもかかわらず、クロス円は売りが優勢となっている。特にポンド円が軟調で、欧州勢入り際の149円後半から149.00円まで売り込まれた。ユーロ円も132円後半で頭を抑えられ132.55円と下値を広げている。ドル円もクロス円の下落や米長期債利回りの低下で、114円割れとなり113.92円まで下押しした。

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2398人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 95715人 ザイFX!のtwitterをフォローする

2019年10月21日(月)の最新の為替ニュース

「最新の為替ニュース」をもっと見る>>

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社

ザイFX!限定で3000円! トレイダーズ証券[みんなのFX]

トレイダーズ証券[みんなのFX]

米ドル/円スプレッド0.2銭!いまだけ当サイト限定キャンペーン実施中!

米ドル/円0.2銭原則固定! GMOクリック証券[FXネオ]

GMOクリック証券[FXネオ]

FX取引高7年連続世界1位! 今ならザイFX!限定で4000円キャッシュバック!

過去の為替ニュース

2019年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月  
2018年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2017年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2016年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2015年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2014年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2013年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2012年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2011年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2010年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2009年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2008年
04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
GMOクリック証券
ヒロセ通商[LION FX]

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利30%!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!

ここから口座開設すると超おトク!!ザイFX!期間限定キャンペーン実施中

世界の為替チャート

米ドル/円+0.11108.52

USDJPY

豪ドル/円+0.1574.45

AUDJPY

NZドル/円+0.2369.44

NZDJPY

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
ザイ オンライン

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム






どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 10月18日更新

米ドル/円は110円近くへ上昇する可能性があるが、リスクオンは続かない!?




FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

10月14日更新




元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果