ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト
RSS

GMOクリック証券が特別なキャンペーン実施中!当サイト限定で4000円もらえる

  • 2017年11月17日(金)17時57分
    欧州主要株価指数一覧

    イギリス FT100
     終値 :7369.75
     前日比:-17.19
     変化率:-0.23%

    フランス CAC40
     終値 :5331.51
     前日比:-4.88
     変化率:-0.09%

    ドイツ DAX
     終値 :13059.61
     前日比:+12.39
     変化率:+0.09%

    スペイン IBEX35
     終値 :10066.40
     前日比:-22.30
     変化率:-0.22%

    イタリア FTSE MIB
     終値 :22167.76
     前日比:-38.84
     変化率:-0.17%

    アムステルダム AEX
     終値 :538.72
     前日比:-0.47
     変化率:-0.09%

    ストックホルム OMX
     終値 :1626.72
     前日比:-6.94
     変化率:-0.42%

    スイス SMI
     終値 :9154.55
     前日比:+7.73
     変化率:+0.08%

    ロシア RTS
     終値 :1127.35
     前日比:+0.83
     変化率:+0.07%

    イスタンブール・XU100
     終値 :105989.00
     前日比:-987.70
     変化率:-0.92%

    Powered by フィスコ
  • 2017年11月17日(金)17時53分
    ドラギECB総裁:インフレ率は自律的に上昇する段階にない

     欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は、フランクフルト欧州銀行会議での基調演説で、「ユーロ圏は堅調に景気拡大」、「力強い回復の勢いが続くと自信」としながらも、「インフレ率が緩和策なしに自律的に上昇する段階にはない」と述べている。

    Powered by フィスコ
  • 2017年11月17日(金)17時47分
    東京為替概況:ドル・円は弱含み、米国や北朝鮮の懸念材料でドル売り・円買い

     今日の東京市場で、ドル・円は弱含み。113円14銭から112円40銭まで下落した。「モラー米特別検察官がトランプ大統領陣営のメンバー宛に召喚状を出した」との報道をきっかけに、ドル売りが優勢になった。また、北朝鮮に関して、「米国がテロ支援国家に再指定するか来週発表」との報道や、「弾道ミサイル潜水艦建造を進めている」との米サイト分析を受けて、円買いも強まった。

     ユーロ・円は133円16銭から132円70銭まで下落。ユーロ・ドルは1.1765ドルから1.1822ドルまで上昇した。

    ・17時時点:ドル・円112円50-60銭、ユーロ・円132円70-80銭
    ・日経平均:始値22603.30円、高値22757.40円、安値22319.12円、終値22396.80円(前日比45.68円高)

    Powered by フィスコ
  • 2017年11月17日(金)17時27分
    ドル・円は弱含み、米国や北朝鮮の懸念材料でドル売り・円買い

     今日の東京市場で、ドル・円は弱含み。113円14銭から112円40銭まで下落した。「モラー米特別検察官がトランプ大統領陣営のメンバー宛に召喚状を出した」との報道をきっかけに、ドル売りが優勢になった。また、北朝鮮に関して、「米国がテロ支援国家に再指定するか来週発表」との報道や、「弾道ミサイル潜水艦建造を進めている」との米サイト分析を受けて、円買いも強まった。

     ユーロ・円は133円16銭から132円70銭まで下落。ユーロ・ドルは1.1765ドルから1.1822ドルまで上昇した。

    ・17時時点:ドル・円112円50-60銭、ユーロ・円132円70-80銭
    ・日経平均:始値22603.30円、高値22757.40円、安値22319.12円、終値22396.80円(前日比45.68円高)

    【経済指標】
    ・NZ・7-9月期生産者物価指数・産出:前期比+1.0%(4-6月期:+1.3%)

    【要人発言】
    ・安倍首相(所信表明演説)
    「大胆な税制・予算・規制改革を総動員し、賃上げの勢いを加速させる」
    「デフレからの脱却を確実なものにする」
    「財政健全化も確実に実現する」
    「ミサイル防衛体制をはじめとする防衛力を強化する」

    ・ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁
    「12月利上げと来年3回の追加利上げは、完全に合理的」
    「FRBは今後数年で2.5%前後まで金利を引き上げるべき」

    ・米格付け会社ムーディーズ
    「インドの格付けを、Baa3からBaa2に引き上げ」
    「見通しは、ポジティブから安定的に変更」

    Powered by フィスコ
  • 2017年11月17日(金)17時23分
    来週のスイスフラン「下げ渋りか、リスク回避のフラン買いが強まる可能性」

    [スイスフラン]

     来週のスイスフラン・円は下げ渋りか。米税制改革関連法案の審議は難航するとみられており、目先的にリスク回避のスイスフラン買いがやや優勢となりそうだ。米ドル・円相場に大きな動きがない場合、スイスフランの対円レートは112円台で下げ渋る可能性が高いとみられる。
    ○発表予定のスイス主要経済指標・注目イベント
    ・21日:10月貿易収支(9月:+29.2億スイスフラン)
    ・予想レンジ:112円00銭-115円00銭

    Powered by フィスコ
  • 2017年11月17日(金)17時20分
    来週の英ポンド「もみあいか、英長期金利の動向を注視へ」

    [英ポンド]
     来週のポンド・円はもみあいか。英中央銀行による利上げサイクルに不透明感が広がるなか、長期金利の動向を意識した取引となりそうだ。一方、22日発表の秋季予算案から株高に振れ、ポンドを押し上げる展開も想定される。ただ、メイ政権の求心力低下を背景に保守党内では政局リスクに思惑が広がりやすく、ポンド売り材料として警戒したい。
    ○発表予定の英主要経済指標・注目イベント
    ・23日:7-9月期国内総生産改定値(速報値:前年比+1.5%)
    ・予想レンジ:147円00銭−151円00銭

    Powered by フィスコ
  • 2017年11月17日(金)17時19分
    来週のカナダドル「もみ合いか、9月小売売上高が手掛かり材料に」

    [カナダドル]

     来週のカナダドル・円はもみ合いか。カナダ中央銀行は追加利上げに慎重な姿勢を示し、年内追加利上げ観測は後退している。経済指標では9月小売売上高の発表が材料になる。また、先週から始まったNAFTA再交渉第5回会合(メキシコシティ、21日まで)、30日開催となる石油輸出国機構(OPEC)総会に向けた原油価格の動向も注目される。
    ○発表予定の加主要経済指標・注目イベント
    ・23日:9月小売売上高(8月:前月比-0.3%)
    ・予想レンジ:87円00銭-90円00銭

    Powered by フィスコ
  • 2017年11月17日(金)17時16分
    来週のNZドル「もみ合いか、小売売上高や貿易収支が手掛かり材料に」

    [NZドル]

     来週のNZドル・円はもみ合いか。NZ準備銀行(中央銀行)の金利上昇見通し前倒し(2019年第2四半期へ)は、目先的なNZドル買い材料として継続しにくく、7-9月期小売売上高や10月貿易収支が注目される。前回の小売売上高は鈍化予想に反して伸びが拡大、貿易収支は2カ月連続の赤字で、今回も強弱まちまちの結果になる可能性も。
    ○発表予定のNZ主要経済指標・注目イベント
    ・23日:7-9月期小売売上高(4-6月期:前期比+1.9%)
    ・24日:10月貿易収支(9月:-11.43億NZドル)
    ・予想レンジ:75円00銭-78円00銭

    Powered by フィスコ
  • 2017年11月17日(金)17時13分
    来週の豪ドル「もみ合いか、11月理事会議事要旨に注目」

    [豪ドル]

     来週の豪ドル・円はもみ合いか。豪準備銀行(中央銀行)の11月理事会議事要旨の発表が材料になる。声明ではインフレ見通しを維持したが、四半期金融政策報告で基調インフレ率の目標到達時期を後退させており、議事要旨でのインフレ動向に関する見解に注目が集まる。ロウ豪準備銀行総裁の講演も注目される。
    ○発表予定の豪主要経済指標・注目イベント
    ・21日:豪準備銀行11月理事会の議事要旨
    ・21日:ロウ豪準備銀行総裁講演
    ・予想レンジ:84円00銭-87円00銭

    Powered by フィスコ
  • 2017年11月17日(金)17時11分
    来週のユーロ「底堅い展開か、ECB議事要旨が手掛かり材料に」

    [ユーロ]

    「底堅い展開か、ECB議事要旨が手掛かり材料に」
     来週のユーロ・ドルは底堅い展開か。23日公表の欧州中銀(ECB)理事会(10月26日開催分)で早期引き締めに思惑が広がれば、1.18ドルを上回って推移する可能性が高まる。米連邦準備制度理事会(FRB)による金利正常化の推進はドル買い材料となるが、米税制改革の法案審議は難航が予想されており、積極的なドル買いは手控えられる見通し。
    ・予想レンジ:1.1700ドル−1.1900ドル


    「底堅い展開か、ユーロ圏の金利先高観は後退せず」
     来週のユーロ・円は底堅い動きとなりそうだ。欧州中央銀行(ECB)による金利正常化への期待は根強く、23日公表の欧州中銀(ECB)理事会議事要旨が注目される。経済やインフレについて強気な見解が示された場合、ユーロ買いが優勢となりそうだ。
    ○発表予定のユーロ圏主要経済指標・注目イベント
    ・22日:11月消費者信頼感速報(予想:-1.0、10月:-1.0)
    ・23日:11月マークイットユーロ圏総合PMI(予想:55.8、10月:56.0)
    ・予想レンジ:132円00銭-134円00銭

    Powered by フィスコ
  • 2017年11月17日(金)17時09分
    クロス円で円買い散見、ユーロ円132.62円まで下押し

     ドル円は112円半ばで下げ渋っているが、クロス円で円買いが散見。ユーロ円は132.62円まで下押し、豪ドル円は85.02円、加ドル円は88.25円まで安値を更新した。ポンドドルが1.3256ドルまで買われ、ポンド円は下げ渋るも149円前後で上値が重い。

  • 2017年11月17日(金)17時07分
    来週のドル・円「もみあいか、米税制改革法案の審議で攻防も」

    [ドル・円]

     来週のドル・円はもみあいか。トランプ政策の肝いりである税制改革について、感謝祭前の成立を目指し攻防が予想される。16日までに税制改革法案が下院を通過したが、上院では修正を余儀なくされるとみられている。法案一本化に向けた調整は難航するとみられているが、政権公約である法人減税の施行時期は2018年ではなく、2019年にずれ込む可能性がある。また、2018年中の法人減税の施行が決まった場合でも市場の期待を下回る内容だった場合、企業業績改善への期待は後退し、株安・ドル安の相場展開となる可能性がある。

     一方、12月12-13日開催の連邦公開市場委員会(FOMC)で追加利上げは確実視されていることから、投資家の多くはここから先のドル売りには慎重だ。来年以降の利上げペースに関しては、経済情勢次第で金利見通しが大きく変わる可能性があるため、積極的なドル買いは手控えられるだろう。10月31日-11月1日に開かれたFOMC会合の議事要旨が22日(日本時間23日未明)に公表されるが、金利正常化に向けメンバーの見解が注目される。

     また、欧州中央銀行(ECB)による金利正常化への期待は根強く、23日公表のECB理事会議事要旨(10月開催分)から早期利上げへの思惑が広がればユーロ高・ドル安が進行し、この影響でドル・円相場はやや圧迫される可能性もあろう。

    【米・10月耐久財受注】(22日発表予定)
     22日発表の米10月耐久財受注は前月比+0.3%と、前月の+2.0%を下回る見通し。コア指数は同+0.7%から+0.4%程度になる見込みだが、予想と一致した場合ドル売り要因にはなりにくい。

    【米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨】(22日公表予定)
     22日に10月31日-11月1日開催の連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨が公表される。FRBは9月のFOMCで金利正常化に向け、今年と来年の利上げ回数を3回との見通しを堅持。来年3回の利上げ観測が広がればドル買いが強まる可能性がある。

    ・予想レンジ:111円00銭−114円00銭


    ・11月20日-24日に発表される主要経済指標の見通しについては以下の通り。

    ○(日)10月貿易収支 20日(月)午前8時50分発表予定
    予想は+3300億円
     参考となる10月上中旬の貿易収支は輸入額が前年同期比+26.4%の大幅な増加となったことから、1338億円の赤字だった。昨年10月の貿易収支は最終的に4812億円の黒字だったが、今年10月については、輸入額の伸びは輸出額を大幅に上回ると予想されており、貿易黒字額は9月実績の6677億円を大幅に下回る見通し。

    ○(米)10月中古住宅販売件数 21日(火)日本時間22日午前0時発表予定
    ・予想は、540万戸
     参考となる9月実績は前月比+0.7%、539万戸で予想外の増加となった。ハリケーンの影響で9月初旬の中古住宅販売は一部地域で低調だったとみられているが、8月に減少した反動で9月は増加した地域もあったようだ。10月については供給不足が懸念されているものの、フロリダでの販売増が予想されており、販売件数は9月実績並みの水準となる可能性が高い。

    ○(米)10月耐久財受注 22日(水)午後10時30分発表予定
    予想は前月比+0.3%
     参考となる9月実績は、前月比+2.0%。民間航空機・同部品の受注が大幅に増えたことが要因。企業の設備投資の先行指標とされる「航空機を除く非国防資本財」の受注は3カ月連続で増加した。輸送関連を除く数字は前月比+0.7%。10月については、9月の伸びが大きかったことから小幅な増加にとどまる見込み。「航空機を除く非国防資本財」の受注は10月も前月比プラスになると予想されている。

    ○(欧)ユーロ圏マークイット11月総合PMI 23日(木)午後6時発表予定
    予想は55.8
     参考となる10月改定値は56.0となり、9月実績の56.7を下回った。ただし、ユーロ圏の経済成長は、今年10-12月期も一定のモメンタムを維持しており、11月の総合PMIは10月実績に近い水準となる可能性がある。

    ○主な経済指標の発表予定は、21日(火):(日)9月全産業活動指数、24日(金):(米)11月マークイット製造業・サービス業・総合PMI

    Powered by フィスコ
  • 2017年11月17日(金)17時00分
    豪ドル・円」軟調推移、豪ドル売り・米ドル買いの取引拡大

    17日のアジア市場で豪ドル・円は軟調推移。米ドル・円相場が円高方向に振れたことや、豪ドル売り・米ドル買いのフローが増えたことから、対円レートは一段安となった。豪ドル・ドルは0.7608ドルから0.7551ドルまで下落した。ユーロ・円は133円16銭から132円71銭まで下落した。

    ・豪ドル・円の取引ッレンジ:85円02銭-85円85銭

    Powered by フィスコ
  • 2017年11月17日(金)16時04分
    豪S&P/ASX200指数は5957.25で取引終了

    11月17日の豪株式市場ではS&P/ASX200指数が、前日末比+13.74、5957.25で取引終了。

    Powered by フィスコ
  • 2017年11月17日(金)16時04分
    豪10年債利回りは下落、2.573%近辺で推移

    11月17日のオーストラリア国債市場では、10年債利回りが前日末比-0.009%の2.573%近辺で大方の取引を終了した。

    Powered by フィスコ
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2401人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 96522人 ザイFX!のtwitterをフォローする

2019年11月20日(水)の最新の為替ニュース

「最新の為替ニュース」をもっと見る>>

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社

スプレッドは業界最狭水準 インヴァスト証券[トライオートFX]

インヴァスト証券[トライオートFX]

過去実績から自動売買が選べる「自動売買セレクト」!自分用のポートフォリオが組めるトライオートFX

米ドル/円0.2銭原則固定! GMOクリック証券[FXネオ]

GMOクリック証券[FXネオ]

FX取引高7年連続世界1位! 今ならザイFX!限定で4000円キャッシュバック!

過去の為替ニュース

2019年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月  
2018年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2017年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2016年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2015年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2014年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2013年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2012年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2011年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2010年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2009年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2008年
04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
GMOクリック証券
おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で4000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後の取引で4000円がもらえる!

link

ザイFX!限定で3000円!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

イメージキャラクター深田恭子さん! 無料オンラインセミナーは初心者に人気!

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利30%!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!

ここから口座開設すると超おトク!!ザイFX!期間限定キャンペーン実施中

世界の為替チャート

米ドル/円-0.18108.49

USDJPY

豪ドル/円+0.0974.07

AUDJPY

NZドル/円+0.2069.71

NZDJPY

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
ザイ オンライン

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム






FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

11月18日更新

どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 11月14日更新

米連続利下げ終了で株高も息切れ? ドル/円はレンジ。108円台前半で買いか







元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果