ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト
RSS

トルコ主要政策金利(1週間物レポ金利)は24.00%! スワップ金利が高いFX会社は

  • 2018年05月04日(金)21時07分
    【NY為替オープニング】米雇用統計:賃金で4回の利上げの可能性探る

    ●ポイント
    ・米中通商協議終了、重要点で相違が埋まらず、対話継続で合意
    ・ユーロ圏・4月サービス業PMI改定値、予想下回る
    ・米・4月非農業部門雇用者数(予想:+19.2万人、3月:+10.3万人)
    ・米・4月失業率(予想:4.0%、3月:4.1%)
    ・米・4月平均時給(前年比予想:+2.7%、3月:+2.7%)
    ・ダドリーNY連銀総裁インタビュー
    ・ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁講演
    ・クオールズ米FRB副議長講演
    ・アトランタ、ダラス、カンザスシティー各連銀総裁が討論会参加

     4日のニューヨーク外為市場では米中貿易摩擦懸念がくすぶり、ドルの上値を抑制している。また、米国の利上げ軌道をさぐるために、雇用統計の結果や米連邦準備制度理事会(FRB)高官の講演に注目が集まる。

    2日間にわたり中国、北京で行われた通商協議は4日、大きな成果なく終了。両国は協議を続けることに合意したものの、重要点で相違が埋まらず、対話継続で合意した。米国は中国に対米貿易黒字の2000億ドル圧縮を要求。中国は米貿易摩擦の警戒感が当面くすぶることになる。

    米国労働省はワシントンで4日に最新4月の雇用統計を発表する。エコノミストは、失業率が4.0%と、2月4.1%から低下し2000年以降、18年ぶり低水準に達すると見ている。非農業部門雇用者数はネガティブサプライズとなった3月から20万人近い伸びに回復する見込み。労働省が発表する雇用統計と最も相関関係が強い先行指標として注目されるADP雇用指標も予想外に6カ月連続で20万人超の伸びを見せた。また、失業保険継続受給者は1973年以降ほぼ45年ぶり低水準で推移するなど、労働市場のひっ迫感は強く、緩やかな利上げ軌道を正当化する。

    しかし、一部の指標は雇用がピークをつけた可能性も示唆されている。2カ月連続のネガティブサプライズには注意が必要と見られる。全米の製造業の活動を示す米供給管理協会(ISM)製造業景況指数の雇用は54.2(3月57.3)で1月来の低水準となった。米国経済は7割が消費が占めるため注目されるISM非製造業景況指数の雇用は53.6で、活動と縮小の境目となる50を50カ月連続で上回ったが、3月54.2からは低下。1年ぶり低水準となった。

    米連邦準備制度理事会(FRB)は5月の連邦公開市場委員会(FOMC)でとくにタカ派色を強めずに、年3回の利上げ軌道を確認したにとどまった。雇用統計で、平均時給が前年比で3月と同様に3%近くの上昇を示すと年4回の利上げ見通しが強まる可能性もある。

    ・ドル・円は、200日移動平均水準の110円22銭を下回っている限り下落基調。

    ・ユーロ・ドルは、200日移動平均水準の1.2018ドルでの攻防。

    ドル・円109円21銭、ユーロ・ドル1.1992ドル、ユーロ・円130円98銭、ポンド
    1.3600ドル、ドル・スイスは0.9971フランで寄り付いた。

    Powered by フィスコ
  • 2018年05月04日(金)21時04分
    【NY市場の経済指標とイベ ント】:5月4日

    [欧米市場の為替相場動向]

    5月4日(金) (注:数値は市場コンセンサス、前回数値)
    ・21:30 米・4月非農業部門雇用者数(予想:+19.2万人、3月:+10.3万人)
    ・21:30 米・4月失業率(予想:4.0%、3月:4.1%)
    ・21:30 米・4月平均時給(前年比予想:+2.7%、3月:+2.7%)
    ・01:00 ダドリーNY連銀総裁インタビュー
    ・04:00 ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁講演
    ・06:30 クオールズ米FRB副議長講演
    ・09:00 アトランタ、ダラス、カンザスシティー各連銀総裁が討論会参加

    Powered by フィスコ
  • 2018年05月04日(金)20時49分
    ドル・円は108円88銭から109円12銭で推移

    [欧米市場の為替相場動向]

     4日のロンドン外為市場では、ドル・円は108円88銭から109円12銭で推移した。米国の4月雇用統計の発表を控え全体的に小動きだったが、米国10年債利回りが2.92%台まで低下したことでドル売り気味になった。

     ユーロ・ドルは1.1956ドルから1.1977ドルで推移し、ユーロ・円は130円35銭から130円59銭で推移した。ユーロ圏の3月小売売上高の伸び鈍化を受けて、ユーロ売りが一時強まった。

     ポンド・ドルは1.3542ドルから1.3580ドルで推移。ドル・スイスフランは0.9978フランから0.9993フランで推移した。

    [経済指標]
    ・ユーロ圏・3月小売売上高:前月比+0.1%(予想:+0.5%、2月:+0.3%←+0.1%)

    [要人発言]
    ・日中首脳電話会談
    「朝鮮半島非核化明記を評価」
    「安保理決議履行の重要性で一致」
    「拉致問題の早期解決へ日中協力で一致」

    ・中国新華社
    「米中通商協議は、一部の問題で合意、一部では大きな意見の隔たり」
    「米中は対話を通じた解決にコミットした」
    (米国が中国に、20年末までに少なくとも2000億ドルの貿易赤字削減を要求)

    Powered by フィスコ
  • 2018年05月04日(金)20時43分
    ドル円が108.88円までじり安、米10年債利回りが2.93%近辺に低下

     米10年債利回りが2.93%近辺に低下し、ドル円は108.88円まで弱含んだ。また、ユーロ円は130.35円、ポンド円は147.65円、豪ドル円は81.91円まで安値を更新。
     欧州主要株価指数はおおむね小高く推移しているが、ダウ先物はやや売りが優勢。

  • 2018年05月04日(金)20時25分
    【ディーラー発】ドル円クロス円、上値重い(欧州午後)

    ドル円は米債利回りの低下に加え、米・雇用統計を控えた調整売りに押されると108円95銭付近まで軟化。クロス円もドル円の下落に連れユーロ円が130円38銭付近まで続落したほか、ポンド円が147円67銭付近まで、豪ドル円が81円91銭付近まで売られるなど総じて上値が重い状況。また、トルコ円は25円40銭付近まで一段安となり依然として軟調地合いが継続している。20時25分現在、ドル円108.991-994、ユーロ円130.397-402、ユーロドル1.19638-642で推移している。

  • GMOクリック証券が特別なキャンペーン実施中!当サイト限定で3000円もらえる

  • 2018年05月04日(金)20時10分
    アジア為替サマリー(4日)=イベント前の調整続く、豪ドルは堅調

     アジアタイムのドル円は、本日の米雇用統計の発表や米中通商協議の結果を前にして、ここ数週間にわたるドル買いの調整(ドル売り)が優勢。昨日の安値近辺の108.94円までじり安となった。クロス円も上値が重く、ユーロ円は130円後半で弱含み、ポンド円は147.91円まで下落した。
     欧州通貨はクロス円の売りと、ドル売り(欧州通貨買い)の調整に挟まれて小動きだった。ユーロドルは1.19ドル後半、ポンドドルは1.35ドル後半、ドル/スイスフラン(CHF)は0.99CHF後半でもみ合った。

     オセアニア通貨は、まちまちな動き。昨日発表された豪貿易収支と住宅建設許可が好調だったことで底堅かった豪ドルは、本日発表された豪四半期金融報告の内容が依然強気のままで変わらなかったことや、中国の4月財新サービス業PMIが前回の52.3を上回る52.9だったことで堅調に推移した。豪ドル/ドルは0.7561ドルまで緩やかに上値を広げた。米系ファンドとオセアニア勢が、対ユーロや対NZドルでの買いが出ていたこともあり、クロスでの上げ幅が大きかった。対ユーロでは1.5927豪ドルから1.5863豪ドルまで、対NZドルでは1.0688NZドルから1.0756NZドルまで豪ドル高が進んだ。NZドルは豪ドル買い・NZドル売りが断続的に出ていたため、豪ドルとは正反対に動き、対ドルでは0.7022ドルまで弱含んだ。豪ドル円は82円前半で堅調に推移し、NZドル円は76.59円まで弱含んだ。

  • 2018年05月04日(金)20時02分
    ドル円は再び109円割れ、米債利回りが低下

     米10年債利回りが2.93%割れまで低下し、ドル円は再び109円を割り込み、本日これまでの安値108.94円近辺に押し戻された。
     クロス円も軟調で、ユーロ円は1301.38円、豪ドル円は81.92円、NZドル円は76.38円までレンジ下限を拡大し、ポンド円は147.85円近辺で推移。

  • 2018年05月04日(金)19時59分
    ドル・円は108円96銭から109円12銭で推移

    [欧米市場の為替相場動向]

     4日のロンドン外為市場では、ドル・円は108円96銭から109円12銭で推移している。米国の4月雇用統計の発表を控え、全体的に小動きの状態だが、米国10年債利回りが2.92%台まで低下しており、ドル売り気味になっている。

     ユーロ・ドルは1.1956ドルから1.1977ドルで推移し、ユーロ・円は130円39銭から130円59銭で推移している。ユーロ圏の3月小売売上高の伸び鈍化を受けて、ユーロ売りが一時強まった。

     ポンド・ドルは1.3542ドルから1.3580ドルで推移。ドル・スイスフランは0.9978フランから0.9993フランで推移している。

    Powered by フィスコ
  • 2018年05月04日(金)19時47分
    LDN午前=ドル買いがやや優勢も、ドル円は109円前半でこう着

     ロンドンタイム午前の為替相場ではドル買いがやや優勢も、米雇用統計を控えた様子見ムードも強く、値動きは限られた。時間外の米10年債利回りは前日終値2.946%を挟んで小幅の上下にとどまた。

     ユーロドルは1.1956ドルまで弱含んだ。足もとでユーロ圏の経済指標はさえない結果が続いている。この日の4月ユーロ圏・独サービス業PMI・確報値はともに速報値から下方修正され、ユーロ圏3月小売売上高は前月比+0.1%と市場予想を下回った。ポンドドルは1.3542ドルまで1月12日以来の安値を塗り替えた。来週の英中銀会合での利上げ期待はほぼ消滅した。豪ドル/ドルは0.7512ドル、NZドル/ドルは0.7008ドル、ドル/加ドルは1.2880加ドルまでドル高に振れたほか、ドル/トルコリラ(TRY)は4.2901TRYまで連日史上最高値を更新した。

     ドル高も、ドル円が109.24円を頭に109円前半で伸び悩み、クロス円も上値の重い動き。ユーロ円は130.40円、ポンド円は147.68円、豪ドル円は81.96円、NZドル円は76.42円、加ドル円は84.67円までじり安。

  • 2018年05月04日(金)19時30分
    NY為替見通し=米雇用統計次第も、米金利上昇一服でドル円伸び悩むか

     ドル円は日本が連休のアジアタイムで108.94-109.24円の狭いレンジ内で推移し、欧州タイムでは米雇用統計を控え、109円近辺で動きが一段と鈍った。

     本日は4月の米雇用統計の結果次第の動きも、米金利の上昇に一服感が出ており、2日に2月5日以来の110円大台復帰を果たしたドル円も一段高は期待しにくい。ただ、ユーロやポンドなど欧州通貨などが対ドルで軟調な動きが続いており、相対的なドル高がドル円の支えとなっているほか、日米金利格差の拡大見通しは引き続き押し目買い意欲を強めている。
     4月の米雇用統計では、非農業部門雇用者数が前月の10.3万人増から19.2万人増までの回復が見込まれる。20万前後の平均水準となれば、方向感は出にくい。注目の平均時給は前月比+0.2%が見込まれ、前月の+0.3%からの鈍化が見込まれる。
     また、昨日からスタートした米中貿易をめぐる交渉の動向にも注目。2日間の協議が予定されており、交渉が決裂すれば米国は追加政策策を打ち出す見込みだ。

    ・想定レンジ上限
     ドル円は5日移動平均線の109.46円近辺が上値めど。その上が2日の高値110.04円。

    ・想定レンジ下限
     ドル円は4月24日の安値108.54円や21日移動平均線の108.16円が下値めど。

  • トレイダーズ証券の新FX口座[LIGHT FX]誕生! 当サイト限定キャンペーン実施中

  • 2018年05月04日(金)18時56分
    ドル・円は108円99銭から109円12銭で推移

    [欧米市場の為替相場動向]

     4日のロンドン外為市場では、ドル・円は108円99銭から109円12銭で推移している。米国の4月雇用統計の発表を控え、全体的に小動きの状態が続いている。欧州株は大方上昇、米国10年債利回りは2.93%台で推移している。

     ユーロ・ドルは1.1956ドルから1.1977ドルで推移し、ユーロ・円は130円40銭から130円59銭で推移している。ユーロ圏の3月小売売上高の伸び鈍化を受けて、ユーロ売りが一時強まった。

     ポンド・ドルは1.3542ドルから1.3580ドルで推移。ドル・スイスフランは0.9982フランから0.9993フランで推移している。

    Powered by フィスコ
  • 2018年05月04日(金)18時15分
    豪ドル・円:対円レートは軟調推移、中国株安などを嫌気した豪ドル売り

    4日の豪ドル・円はやや上げ渋り。一時82円36銭まで買われたが、中国株の軟調地合いを意識した豪ドル売りが観測されており、対円レートは伸び悩んだ。豪ドル・ドルは0.7560ドルから0.7517ドルまで下落した。なお、ユーロ・円は130円98銭から130円40銭まで下落した。

    豪ドル・円の取引レンジ:81円96銭−82円36銭

    Powered by フィスコ
  • 2018年05月04日(金)18時10分
    円以外の主要通貨に対しドル買いが継続、ユーロ圏経済指標はさえない

     ドル以外の主要通貨に対しドル買いの動きが継続し、ポンドドルは1.3542ドル、豪ドル/ドルは0.7516ドル、NZドル/ドルは0.7008ドルまで下押した。また、ドル/加ドルは1.2880加ドル、ドル/スイスフラン(CHF)は0.9999CHFまでドル高に振れたほか、ドル/トルコリラ(TRY)は4.2823TRYまで史上最高値を更新した。
     ユーロドルは1.1958ドルまでじり安。ユーロ圏3月小売売上高が市場予想を下回るなど、足もとでユーロ圏の経済指標がさえない結果が続いている。

  • 2018年05月04日(金)18時03分
    ドル・円は108円99銭から109円11銭で推移

    [欧米市場の為替相場動向]

     4日のロンドン外為市場では、ドル・円は108円99銭から109円11銭で推移している。米国の4月雇用統計の発表を控え、全体的に小動きになっている。欧州株は大方上昇しており、米国10年債利回りは2.93%台まで低下している。

     ユーロ・ドルは1.1957ドルから1.1977ドルで推移し、ユーロ・円は130円40銭から130円59銭で推移している。ユーロ圏の3月小売売上高の伸び鈍化を受けて、ユーロ売りが優勢になっている。

     ポンド・ドルは1.3542ドルから1.3580ドルで推移。ドル・スイスフランは0.9982フランから0.9992フランで推移している。

    Powered by フィスコ
  • 2018年05月04日(金)18時00分
    【速報】ユーロ圏・3月小売売上高は予想を下回り+0.1%

     日本時間4日午後6時に発表されたユーロ圏・3月小売売上高は予想を下回り、前月比+0.1%となった。

    【経済指標】
    ・ユーロ圏・3月小売売上高:前月比+0.1%(予想:+0.5%、2月:+0.3%←+0.1%)

    Powered by フィスコ

【DMM FX】ザイFX!限定で1取引で現金4,000円がもらえる!

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2366人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 90318人 ザイFX!のtwitterをフォローする

2019年05月25日(土)の最新の為替ニュース

「最新の為替ニュース」をもっと見る>>

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社

ザイFX!限定で3000円! トレイダーズ証券[みんなのFX]

トレイダーズ証券[みんなのFX]

米ドル/円スプレッド0.3銭!いまだけ当サイト限定キャンペーン実施中!

米ドル/円0.3銭原則固定! GMOクリック証券[FXネオ]

GMOクリック証券[FXネオ]

FX取引高7年連続世界1位! 今ならザイFX!限定で3000円キャッシュバック!

過去の為替ニュース

2019年
01月   02月   03月   04月   05月  
2018年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2017年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2016年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2015年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2014年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2013年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2012年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2011年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2010年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2009年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2008年
04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.31109.29

USDJPY

ユーロ/円-0.10122.47

EURJPY

ユーロ/米ドル+0.00241.1206

EURUSD

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

ザイFX!Twitter
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム







 
05月20日更新





元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト


ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果