ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト
RSS

【人気】ザイFX!口座開設者限定キャンペーン実施中のヒロセ通商[LION FX]

  • 2018年09月07日(金)21時10分
    【NY為替オープニング】米雇用統計に期待にドル高

    ●ポイント

    ・ローゼングレン米ボストン連銀総裁「FRBは段階的に利上げを継続すべき」
    ・米・8月非農業部門雇用者数(予想:+19.8万人、7月:+15.7万人)
    ・米・8月失業率(予想:3.8%、7月:3.9%)
    ・米・8月平均時給(前年比予想:+2.7%、7月:+2.7%)
    ・ローゼングレン米ボストン連銀総裁が開会あいさつ(金利関連)
    ・メスター米クリーブランド連銀総裁が討論会司会
    ・カプラン米ダラス連銀総裁質疑応答(エネルギー・経済関連)

     7日のニューヨーク外為市場では米国の雇用統計への期待にドルが堅調に推移した。同時に、貿易摩擦、新興諸国市場の混乱にリスク回避の動きが優勢となっている。トランプ大統領は本日中にも中国2000億ドル規模の商品に追加関税を発動する計画。本日はさらに、年内の利上げ軌道を確認するため、ローゼングレン米ボストン連銀総裁をはじめ、メスター米クリーブランド連銀総裁、カプラン米ダラス連銀総裁の発言にも注目が集まる。

    米国労働省はワシントンで7日に最新8月の雇用統計を発表する。労働市場の強さが再度確認され、9月を含めた年内の利上げを後押しする結果となる見通し。市場のエコノミストは、非農業部門雇用者数が前月比+19万人と、7月の+15.7万人から伸びが拡大、失業率は7月の3.9%から3.8%に低下すると予想している。7月の雇用者数は、予想外に20万人を下回ったが、トイザラスの破たんが一時的に影響したと見られており、8月には反動が期待されている。

    製造業の雇用は予想以上に順調。全米の製造業活動の動向を示すISM製造業景況指数の8月分の雇用は58.5と、7月55.3から上昇。2月来で最高となった。特に、米国経済の7割を消費が占めるために注目されていた全米のサービス業活動動向を示すISM非製造業景況指数の雇用も56.7と7カ月で最高を記録。強い労働市場の新たな証拠となった。

    また、最新の週次新規失業保険申請件数は前週比1万件減の20.3万件と、予想外に前回21.3万件から減少し、1969年12月来49年ぶり最低を記録。失業保険継続受給者数は170.7万人と、増加予想に反して前回171.0万人から減少した。

    焦点は引き続き賃金となる。4-6月期単位労働コスト改定値は前期比年率-1.0%。伸びは予想外に速報値-0.9%から下方修正されるなど、賃金の伸びは依然、低調にとどまる可能性がある。このため、現状で、労働市場のひっ迫も、利上げペースを加速させる必要はない。

    雇用統計と最も相関関係が強いとされる民間部門の雇用をあらわすADP雇用統計の8月分は前月比+16.3万人と、伸びが予想外に20.0万人を下回り、昨年10月来の低水準となった。また、関税の影響で、ネガティブサプライズにも警戒される。

    ・ドル・円は、200日移動平均水準の109円81銭を上回る限り上昇基調か。

    ・ユーロ・ドルは、200日移動平均水準の1.1954ドルを下回っている限り下落基調か。

    ドル・円110円85銭、ユーロ・ドル1.1600ドル、ユーロ・円126円70銭、ポンド1.2980ドル、ドル・スイスは0.9670フランで寄り付いた。

    Powered by フィスコ
  • 2018年09月07日(金)21時03分
    【NY市場の経済指標とイベ ント】:9月7日

    [欧米市場の為替相場動向]

    9月7日(金)(注:数値は市場コンセンサス、前回数値)
    ・21:30 米・8月非農業部門雇用者数(予想:+19.8万人、7月:+15.7万人)
    ・21:30 米・8月失業率(予想:3.8%、7月:3.9%)
    ・21:30 米・8月平均時給(前年比予想:+2.7%、7月:+2.7%)
    ・21:30 カナダ・8月失業率(予想:5.9%、7月:5.8%)
    ・21:30 ローゼングレン米ボストン連銀総裁が開会あいさつ(金利関連)
    ・22:00 メスター米クリーブランド連銀総裁が討論会司会
    ・01:45 カプラン米ダラス連銀総裁質疑応答(エネルギー・経済関連)
    ・ブラジル休場(独立記念日)

    Powered by フィスコ
  • 2018年09月07日(金)21時02分
    【ディーラー発】ポンド買い強まる(欧州午後)

    バルニエEU首席交渉官の「アイルランド国境管理について簡素化する用意がある」等の発言を受けポンド買いが進展。ポンド円は143円半ばから144円38銭付近まで、ポンドドルも1.3027付近まで急伸したほか、ユーロポンドは0.8924付近まで値を崩すなどポンド全面高の様相。また、ユーロドルは対ポンドでのユーロ売りに押され1.1600付近まで下落する場面がみられた。ドル円は米・雇用統計を控える中、110円88銭付近まで徐々に水準を切り上げている。21時02分現在、ドル円110.844-847、ユーロ円128.688-693、ユーロドル1.16096-100で推移している。

  • 2018年09月07日(金)20時59分
    ドル・円は110円68銭から110円89銭まで上昇

    [欧米市場の為替相場動向]

     7日のロンドン外為市場では、ドル・円は110円68銭から110円89銭まで上昇。世界的な貿易摩擦への懸念から欧州株は全面安だったが、米国の8月雇用統計の発表を控えてドルの買い戻しが優勢になった。

     ユーロ・ドルは1.1648ドルから1.1600ドルまで下落。ユーロ・円は129円11銭まで上昇後、128円62銭まで下落した。

     ポンド・ドルは1.2932ドルから一時1.3028ドルまで上昇。ポンドの買い戻しが目立った。ドル・スイスフランは0.9649フランから0.9666フランで推移した。

    [経済指標]
    ・特になし

    [要人発言]
    ・バルニエEU首席交渉官
    「英政府策定のEU離脱白書、一部は有用」

    Powered by フィスコ
  • 2018年09月07日(金)20時49分
    米雇用統計を控えたドルショートカバーでユーロドルは1.16ドル大台割れ目前までユーロ安・ドル高

     米雇用統計を控えたドルのショートカバーで、ドル円は110.89円まで水準を上げた。一方、ユーロドルは一時1.1600ドルと大台割れ目前までユーロ安・ドル高。ユーロ円も128.70円台で重い動きとなっている。

  • GMOクリック証券が特別なキャンペーン実施中!当サイト限定で3000円もらえる

  • 2018年09月07日(金)20時24分
    ドル円は110.86円までじり高、米雇用統計前のショートカバー断続的に進む

     ドル円は110.86円までじり高。トランプ米大統領の対日赤字への言及で市場がショートへ傾いているなか、米雇用統計を前にしたショートカバーが断続的に進んでいる。

  • 2018年09月07日(金)20時08分
    欧州外国為替市場概況・20時 ドル円は底堅い、米雇用統計を前にショートカバー

     7日の欧州外国為替市場で、ドル円は110円後半で底堅い。20時時点では110.79円と17時時点(111.74円)と比べて5銭程度のドル高水準だった。110.85円まで上値を伸ばした。
     市場はトランプ米大統領の強硬な対日通商交渉を示唆する発言報道でショートに傾いており、8月米雇用統計を前に買い戻しが入ったもよう。

     ユーロ円は129円付近で一時じり高。20時時点では128.81円と17時時点(128.96円)と比べて15銭程度のユーロ安水準だった。
     クロス円もドル円同様、米雇用統計イベントを前に、円買いの巻き戻しを強める場面があった。ユーロ円は一時129.11円まで上昇。しかし、一時的な動きにとどまり、その後は129円割れへ下押しした。

     ユーロドルは1.16ドル台で上値が重い。20時時点では1.1626ドルと17時時点(1.1645ドル)と比べて0.0019ドル程度のユーロ安水準だった。ドル円上昇によるドル強含みもあって、ユーロドルはユーロ円の上昇に追随できず伸び悩んだ。ポンド上昇を受け、対ポンドでのユーロ売りも重しとなった。

     ポンドはバルニエ英EU離脱・欧州委員会首席交渉官がブレグジットに関して「英国の一部の白紙離脱も有益」と発言したことで上昇。ポンドドルは1.3028ドル、ポンド円は144.40円、ユーロポンドは0.8926ポンドまでポンド高となった。

    本日これまでの参考レンジ
    ドル円:110.38円 - 110.85円
    ユーロドル:1.1614ドル - 1.1649ドル
    ユーロ円:128.23円 - 129.11円

  • 2018年09月07日(金)20時02分
    NY為替見通し=好結果な指標が、強気なトランプ発言を誘うリスクも

     ドル円は110円半ばから後半へ戻りを試している。昨日はトランプ米大統領が次の通商交渉の標的は日本だと述べたとの米紙記事が材料となり、ドル円は下落幅を拡大。本日の東京タイム朝方には110.38円まで水準を下げた。

     今夜は米雇用統計が発表となる。極端に弱い数字は想定しにくく、雇用の伸びが多少鈍化しても、米経済の堅調さを否定する材料にはなりにくい。
     一方、強い結果が出ても、経済の好調さを後ろ盾に、トランプ大統領が通商交渉で強気に打って出る機運を高める可能性がある。指標が強く、一時的にドルが上昇しても、貿易戦争への懸念を高めるような発言を誘う結果となれば、リスク回避が強まって、ドル円の上値を重くすると考えられる。

    ・想定レンジ上限
     ドル円の上値は、週足一目均衡表・転換線111.48円。

    ・想定レンジ下限
     ドル円の下値めどは、8月22日安値110.03円。

  • 2018年09月07日(金)19時58分
    ドル・円は110円68銭から110円84銭で推移

    [欧米市場の為替相場動向]

     7日のロンドン外為市場では、ドル・円は110円68銭から110円84銭で推移している。世界的な貿易摩擦への懸念から欧州株は全面安になっているが、米国の8月雇用統計の発表を控えてドルの買い戻しが優勢になっている。

     ユーロ・ドルは1.1625ドルから1.1648ドルで推移し、ユーロ・円は128円79銭から129円11銭で推移している。

     ポンド・ドルは1.2932ドルから1.3028ドルまで上昇。ポンドの買い戻しが目立っている。ドル・スイスフランは0.9649フランから0.9657フランで推移している。

    Powered by フィスコ
  • 2018年09月07日(金)19時17分
    ドル・円は一段高、戻りを試す展開に

    [欧米市場の為替相場動向]


     ドル・円は欧州市場で一段高となり、一時110円84銭まで強含んだ。足元は110円70銭台で推移しているが、円売りの継続でドル・円にはなお上昇余地がありそうだ。前日NY市場で111円を割り込み、本日の日中は110円30銭台まで弱含んだ。この後は、前日からの下げをどこまで戻せるか注目される。

     ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円68銭から110円84銭。ユーロ・円は128円82銭から129円11銭、ユーロ・ドルは1.1631ドルから1.1648ドルで推移。

    Powered by フィスコ
  • トルコ主要政策金利(1週間物レポ金利)は24.00%! スワップ金利が高いFX会社は

  • 2018年09月07日(金)18時46分
    来週のスイスフラン「下げ渋りか、リスク回避的なフラン買い継続の可能性も」

    [スイスフラン]

     来週のスイスフラン・円は下げ渋りか。米国株の反発期待でリスク回避のフラン買いはやや縮小する可能性があるものの、合意なしの欧州連合(EU)からの英国離脱に対する警戒感は残されており、リスク回避のフラン買いは継続するとみられる。この影響で対円レートが下げ渋る可能性は残されている。
    ○発表予定のスイス主要経済指標・注目イベント
    ・特になし
    ・予想レンジ:113円00銭-116円00銭

    Powered by フィスコ
  • 2018年09月07日(金)18時45分
    来週のカナダドル「底堅い展開か、10月利上げ観測が下支え」

    [カナダドル]

    「底堅い展開か、10月利上げ観測が下支え」
     来週のカナダドル・円は底堅い展開か。北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉をめぐる協議の行方を見極める状況が続く。一方、カナダ中銀は先週の会合で、インフレ目標達成のために一段の利上げが必要になるとの認識を示し、10月利上げ観測が浮上しており、カナダドルの下支えになるとみられる。
    ○発表予定の加主要経済指標・注目イベント
    ・特になし
    ・予想レンジ:83円50銭-85円50銭

    Powered by フィスコ
  • 2018年09月07日(金)18時43分
    来週の英ポンド「もみ合いか、リスク選好的なポンド買い拡大の可能性低い」

    [英ポンド]

     来週のポンド・円はもみあいか。通商摩擦と新興国通貨安への警戒から円買いは続くものの、12-13日開催の英中銀金融政策委員会(MPC)はタカ派寄りの姿勢を崩さず、ポンドは売りづらい展開となりそうだ。また、ドイツのメルケル首相は英国の欧州連合(EU)離脱に関し合意に努力するとの姿勢を示し、双方の合意への期待からポンド買いが入りやすい見通し。
    ○発表予定の英主要経済指標・注目イベント
    ・10日:7月商品貿易収支(予想−117億ポンド、6月:−113.83億ポンド)
    ・10日:7月鉱工業生産(前月比予想+0.2%、6月:+0.4%)
    ・7月期ILO失業率(予想:4.0%、前回:4.0%)
    ・予想レンジ:142円00銭−145円00銭

    Powered by フィスコ
  • 2018年09月07日(金)18時41分
    来週のNZドル「もみ合いか、米中貿易摩擦や緩和長期化観測で買いづらい」

    [NZドル]

     来週のNZドル・円はもみ合いか。米トランプ政権の対中制裁関税第3弾(2000億ドル相当)発動の行方が懸念されるほか、NZ準備銀行(中央銀行)が政策金利の据え置き長期化や利下げも選択肢との姿勢を示していることで、NZドルは買いづらい。中国の8月貿易統計(8日土曜日)、8月消費者物価指数や生産者物価指数の発表が材料になる。
    ○発表予定のNZ主要経済指標・注目イベント
    ・特になし
    ・予想レンジ:72円00銭-74円00銭

    Powered by フィスコ
  • 2018年09月07日(金)18時39分
    来週の豪ドル「もみ合いか、米中貿易摩擦や利上げ急がぬ姿勢で買いづらい」

    [豪ドル]

     来週の豪ドル・円は弱含みか。米トランプ政権の対中制裁関税第3弾(2000億ドル相当)発動の行方が懸念されるほか、豪準備銀行(中央銀行)が引き続き利上げを急がない姿勢を示していることで、豪ドルは買いづらい。8月雇用統計(前回失業率は低下)の発表が材料になる。
    ○発表予定の豪主要経済指標・注目イベント
    ・13日:8月雇用統計(7月:失業率5.3%、雇用者数増減-0.39万人)
    ・予想レンジ:79円00銭-81円00銭

    Powered by フィスコ

【DMM FX】ザイFX!限定で1取引で現金4,000円がもらえる!

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2366人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 90319人 ザイFX!のtwitterをフォローする

2019年05月25日(土)の最新の為替ニュース

「最新の為替ニュース」をもっと見る>>

FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

過去の為替ニュース

2019年
01月   02月   03月   04月   05月  
2018年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2017年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2016年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2015年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2014年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2013年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2012年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2011年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2010年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2009年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2008年
04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.27109.33

USDJPY

ユーロ/円-0.03122.55

EURJPY

英ポンド/円+0.24138.96

GBPJPY

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

ザイFX!Twitter
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム







 
05月20日更新





元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト


ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果