ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト
RSS

GMOクリック証券が特別なキャンペーン実施中!当サイト限定で3000円もらえる

  • 2017年12月01日(金)18時32分

    来週のドル・円「やや強含みか、米税制改革や12月利上げに期待継続」

    [ドル・円]

     来週のドル・円はやや強含みか。引き続き米税制改正法案の審議の行方が焦点となりそうだ。修正法案は近く上院予算委員会を通過し、上院本会議で採決される可能性が高い。税制改革法案が可決・成立すればトランプ政権による経済政策の進展に期待が高まり、株高・ドル高に振れそうだ。

     また、連邦準備制度理事会(FRB)が12-13日に開催する連邦公開市場委員会(FOMC)に向け、8日発表の11月米雇用統計が注目される。予想を大幅に下回る内容でなければ12月の追加利上げは確実な状況であり、日米金利差の拡大を意識したドル買いが入りやすい見通し。

     ただ、前回10月31日-11月1日開催のFOMCでは、利上げの方向であることはメンバー間で一致したが、インフレの伸び悩みが市場の観測よりも強く意識されていることが明らかになった。このため、賃金上昇率が市場予想を下回った場合、来年の利上げペース鈍化の思惑が広がりやすい。市場関係者の多くは来年3回の利上げを想定しているが、金融当局者などがハト派寄りの見解を表明した場合、ドルの上値はやや重くなりそうだ。

     一方、ドイツのメルケル首相は大連立政権の樹立を模索しているもようで、安定政権発足への期待でユーロ買い・米ドル売りが広がった場合、ドル・円相場を圧迫する可能性がある。加えて、北朝鮮の弾道ミサイル発射に伴う地政学リスクも意識され、ドル売り・円買いに振れる場面もありそうだ。

    【米・11月ISM非製造業景況指数】(5日発表予定)
     5日発表の米11月ISM非製造業景況指数。10月の60.1を下回る59.0と予想されている。7-9月期国内総生産(GDP)改定値は予想を上回る上方修正となっており、ISM非製造業景況指数はそれを裏付ける内容であることが期待される。

    【米・11月雇用統計】(8日発表予定)
     8日発表の米11月雇用統計は、失業率が4.1%、非農業部門雇用者数は前月比+21.0万人、平均時給は前月比+0.3%と予想されている。いずれも想定を大きく下回らなければ、12月利上げ観測は後退しない見通し。

    ・予想レンジ:111円50銭−114円50銭

    ・12月4日-8日に発表される主要経済指標の見通しについては以下の通り。

    ○(米)11月ADP雇用統計 6日(水)午後10時15分発表予定
    予想は+19.0万人
     参考となる10月実績は前月比+23.5万人。ハリケーンの影響がなくなったことが要因。11月については月中の新規失業保険申請件数に大きな変動がないことから、増加数は10月実績を下回る見込み。

    ○(日)7-9月期国内総生産改定値 8日(金)午前8時50分発表予定
    ・予想は、前期比年率+1.3%
     参考となる一次速報値は前期比年率換算で+1.4%。アジアや米国向けの輸出好調で外需が寄与した。設備投資も堅調。改定値では個人消費における需要側の統合比率が従来の約5割から3割に低下することから、国内総生産への寄与度はやや改善すると予想されている。また、7-9月期の法人企業統計では設備投資が市場予想を上回っていることから、成長率は一次速報値をやや上回る可能性がある。

    ○(米)11月雇用統計 8日(金)午後10時30分発表予定
    ・予想は、非農業部門雇用者数は前月比+21.0万人、失業率は4.1%
     労働力人口は減少しており、賃金上昇もやや抑制されていることから、10月の雇用統計は決して強い内容ではなかった。11月については建設業、製造業、ビジネスサービス部門の雇用者数は増加するとみられているが、10月に増えた娯楽・観光業の雇用者数は小幅な増加にとどまると予想されており、全体の雇用者増加数は20万人未満にとどまる可能性が高いとみられる。失業率については労働力人口の伸び悩みが予想されており、10月実績と同水準の4.1%になるとみられる。平均時給は前年比+2.5%との見方が多いようだ。

    ○(米)12月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値 8日(金)日本時間9日午前0時発表予定
    ・予想は98.9
     参考となる11月の確報値は98.5で市場予想をやや上回った。雇用や景気の先行きに対する楽観的な見方が増えていることが要因。株高の影響もあるとみられている。各種世論調査でトランプ大統領の支持率は低いものの、景況感には影響を与えていないようだ。
    12月については11月に上昇した反動でやや低下する可能性があるが、市場予想は妥当な水準か。

    ○主な経済指標の発表予定は、8日(金):(日)11月景気ウォッチャー調査、(米)10月卸売売上高

    Powered by フィスコ

【人気】ザイFX!口座開設者限定キャンペーン実施中のヒロセ通商[LION FX]

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2338人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 88801人 ザイFX!のtwitterをフォローする

2019年04月20日(土)の最新の為替ニュース

more

過去の為替ニュース

2019年
01月   02月   03月   04月  
2018年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2017年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2016年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2015年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2014年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2013年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2012年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2011年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2010年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2009年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2008年
04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
GMOクリック証券
バカラ村のFXトレード日報!

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.02111.92

USDJPY

豪ドル/円+0.0180.00

AUDJPY

NZドル/円+0.0774.83

NZDJPY

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

ザイFX!Twitter
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム








 
04月15日更新




元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト


ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果