西原宏一氏のFX手法は、ファンダメンタルズとチャート分析を駆使したシンプルなスタイル。メルマガはリアルタイムな為替予測でタイムリーな配信。トレード戦略に役立つ内容を月に50~100通ほど配信中。

株式会社ダイヤモンド・フィナンシャル・リサーチ
関東財務局長(金商)第2756号
FXトレード戦略指令! ZAiFX!
西原 宏一(にしはら こういち)

青山学院大学卒業後、1985年に大手米系銀行のシティバンク東京支店へ入行。1996年まで同行に為替部門チーフトレーダーとして在籍。その後、活躍の場を海外へ移し、ドイツ銀行ロンドン支店でジャパンデスク・ヘッド、シンガポール開発銀行シンガポール本店でプロプライアタリー・ディーラー等を歴任した後、独立。ロンドン、シンガポール、香港など海外ヘッジファンドとの交流が深く、独自の情報網を持つ。ザイFX!にて「西原宏一のヘッジファンドの思惑」を連載中。

close
西原宏一×ザイFX! FXトレード戦略指令!
ZAiFX!
お試しはこちら!10日間無料体験中!
株式会社ダイヤモンド・フィナンシャル・リサーチ
関東財務局長(金商)第2756号
西原 宏一(にしはら こういち)

青山学院大学卒業後、1985年に大手米系銀行のシティバンク東京支店へ入行。1996年まで同行に為替部門チーフトレーダーとして在籍。その後、活躍の場を海外へ移し、ドイツ銀行ロンドン支店でジャパンデスク・ヘッド、シンガポール開発銀行シンガポール本店でプロプライアタリー・ディーラー等を歴任した後、独立。ロンドン、シンガポール、香港など海外ヘッジファンドとの交流が深く、独自の情報網を持つ。ザイFX!にて「西原宏一のヘッジファンドの思惑」を連載中。

タイムリーに為替予測やアドバイスが届く! タイムリーに為替予測やアドバイスが届く! point1

ザイFX! で一番人気の西原宏一氏が、プロディーラーの経験を生かした、実践的でタイムリーな為替予測とトレードアドバイスをほぼ毎日配信します(西原さんのメルマガ配信時にはツイッターでお知らせも!) さらに火曜日の午前中には一週間の戦略を「今週の戦略会議&読者からの質問」として配信。月末にはまとめ記事の配信もあります!

購読者限定の動画やセミナーがうれしい! 購読者限定の動画やセミナーがうれしい! point2

外資系銀行でチーフディーラーとして活躍していた西原宏一氏の思考をもっと深く理解するため、購読者限定のサービスを用意しています。会員限定WEBページでは、過去の配信をすべて閲覧できるほか、チャートや過去配信した動画なども見放題。また、購読者限定のセミナーも年に2回程度開催。
Ustreamなどを使用した動画セミナーも機動的に行ないます。

当メルマガの購読登録をし、無料期間(通常は10日間)を過ぎて、課金対象者となった方は、会員限定WEBサイトを利用することができます。

ここでは、過去に配信したすべてのバックナンバーが閲覧できるほか、メルマガ内容に合ったチャート画像、過去に配信した動画セミナーなどをすべて制限なく見ることができます。

気になるワードの検索機能を使えば、時系列で西原宏一さんのトレード戦略の流れなどを確認することも可能です!
日付ごとに配信の一部をサムネイル表示。クリックするとその日配信したすべてのメルマガを表示。

会員限定WEBページでは過去に配信した、「FXトレード戦略指令!TV」(動画セミナー)をすべて閲覧可能です。 また、リアルタイムでの放送を閲覧でき、質問などをできるのも購読者の特典です。

メルマガでは配信できなかったチャートなどもこちらでは表示。メルマガで[添付図は、…]と書かれていたら会員限定WEBでの添付を指しています。

チャート分析などのお得なメルマガがついてくる! チャート分析などのお得なメルマガがついてくる!

有料メルマガ「西原宏一×ザイFX! FXトレード戦略指令!」を登録すると無料特典として「田向宏行のチャート分析」「竹内典弘のロジカルFX」などのお得な無料メルマガがついてきます。「FXトレード戦略指令!」を購読しないと読めない、これらのメルマガは無料とは思えない充実の内容が売りです! (無料メルマガは、配信を止めることも可能です)

私達もトレードに活用しています! 私達もトレードに活用しています!
第1回 ザイFX!杯
トレードバトル優勝者
ひろぴー
きっと皆さんのお助けツールに! とにかく半年続けてください!

僕の活用法は、西原さんをヘッジファンドに見立ててどのような相場目線でいるかを考えること。プロのトレーディングが学べて自分自身の実力もつけることができます。2014年後半のドル円上昇相場、2015年1月の欧州危機再来の初動など、一足早い情報が配信され、非常に役に立ちます。まずは半年ほど読み続けてみてください。きっと皆さんのお助けツールになると思います。

兼業トレーダー:会社員でも勝てるFXトレードを日夜研究しているスイングトレーダー。ブログ「ひろぴーの読むFX」では「半公認!西原メルマガ活用法!!」と題してメルマガの使い方を公開中。
松嶋 浩之
メルマガ購読後から資産増! 師匠と弟子の関係になりきっちまえ!

メルマガを購読するにあたってまず大切なことは、勉強する!研究する!努力を継続する!という心になることだと思います。そしてなにより、弟子になりきる(勝手にですが 笑)! 

短期売買でもポジジョンと同じ方向に売買したり、西原師匠ならどういったトレードをするだろうか? と常にイメージしながら読んでいます。メルマガを購読してから方向性ではなく資金管理こそが収益を生む事をまず教えられました。毎日何度もメルマガを読み返す事で段々と相場への向き合い方が変わりました。

メルマガを通して西原師匠の背中を感じることも出来、FX以外の人間としても大切な部分や謙虚さとかも勉強させてもらえる不思議なメルマガです。コピートレードをしようとしても、資金量もライフスタイルも違うのできっと収益を上げれないと思います。メルマガの内容と自分の相場観と照らし合わせ、しっくりこなかったら修正を行う。そういう使い方がいいかと思います。

FX歴は8年ほど。サラリーマン兼業トレーダー。メルマガを購読してから資産は1000万円ほど増加! メルマガの内容で特に役に立っているのは、毎日のマーケットの重要なニュースや注目点がシンプルにまとめられていること。
私達もトレードに活用しています!

2016年12月19日配信号

FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議 12月19日配信


■「クリスマスで調整」よりも需給面に着目を

ひろこ 今週の大きなイベントは日銀くらいですね。火曜日に政策決定理事会と黒田さんの記者会見が控えています。

西原 米ドル/円がこの位置ですし、今回は注目度が低いですね。もちろん政策変更はないでしょう。とくに大きなイベントとなることなく通過するのかなと思います。

ひろこ 日銀を終えると、週末のクリスマスに向けて欧米勢は休暇入りで、日本も23日が祝日。休暇を控えて今持っているポジションの手仕舞い売り、米ドル/円で言えば売りが出やすくなりますか?

西原 ところが、買わないといけない人がまだ大勢残っています。ひとつは「FOMCで調整が入れば買おう」と思っていた日本の実需。FOMC前後で調整するかと思いきや、115円から117円に急騰。115円台から117円が真空地帯となり、買えていないままです。

大橋 FOMCを受けた15日の東京市場でさらに118円台まで駆け上がったのは、買い遅れ組が慌てて買わざるを得なかった影響があったのかもしれません。仲値に向けてドル上昇となりました。今年もあと2週間。「年内に外貨を調達しないと間に合わない」という会社が多いようですね。先週は「アサヒグループホールディングス、中東欧ビール事業を8883億円で買収」とのニュースも出てきました。円売りユーロ買いなのか、どんな形で為替が出てくるかわかりませんが、円売りにつながる可能性があるかもしれません。

西原 もうひとつ、今週買いが入るかもしれないのが投機マネー。来年の為替市場のテーマを「米ドル/円の買い」と見る向きが多いですから、それを先取りして年内のうちにポジションを取っておきいい形で新年を迎えたいですから。



■今週上値を試せば来週の調整に警戒

ひろこ 近年、市場関係者らが翌年のトレードテーマとして予想するターゲット値は第1四半期に達成してしまうことが増えていますよね。今年の英ポンド/円しかり。ヘッジファンドのアルゴ、AIの影響なのでしょうか。

西原 それは大きいでしょうね。一昨年あたりからボラティリティが高まっている印象ですし、今回の米ドル/円にしてもスピードが早い。120円のターゲットは年内にも達成してしまう勢いで、目標の上方修正を強いられています。

ひろこ 今週は「クリスマス休暇シーズンで調整」と見る人が多いようですが、需給を見ると今週は円売りのほうが多いんですね。

西原 もちろんいつかは調整が入るのでしょうが、もう少し先になるかもしれないですね。FOMCでも調整せず、今週のクリスマス休暇でも需給は底堅く意外と上に行くかもしれない。もっとも濃厚なのは「1月20日の大統領就任式前後に調整」とする見方ですが、もし118円、119円台を追っていくようなら来週あたりに突然調整が入る可能性に警戒して起きたい。



■「2017年3回利上げ」が新興国、オセアニア通貨に打撃

ひろこ 気になるのがオセアニア通貨。先週末にかけて、豪ドルやNZドルが急落した影響で豪ドル/円やNZドル/円も比較的大きな下落となりました。豪ドルやNZドルといったクロス円でみると、2015年12月の高値まで回復しておりテクニカル的にも反落しやすい値位置ですが、ストレート通貨でのオセアニア通貨下落の材料がとくに見当たらない。新興国は心配ですね。世界のマネーの流れが変わってきているのでしょうか。

西原 きっかけとしては、やはりFOMCでしょう。豪ドルの政策金利は1.5%しかありません。アメリカが来年3回利上げするというのなら、1.5%しか金利のつかない豪ドルを買う理由はなくなってしまう。新興国に対しても同様です。流動性が圧倒的に高いアメリカの市場へ資金は流れます。そのため来年の資金の流れとしては「新興国から先進国へ」ということになるのでしょう。いずれにせよ足もとでは米ドル/円の上昇に注目です。高値から1円から2円程度の下落を目安に押し目を買っていく戦略でよいのではないでしょうが。

無料体験期間について 無料体験期間について

お申込み後、10日間はクーリング・オフ可能ですので、無料体験期間としてご利用いただけます。

この期間内に解約された場合、その月の費用はかかりません。

※月の途中から申込まれた場合でも料金は月単位で発生いたします。日割りでの精算はいたしません。
※月末に課金が開始されて次の月の月初に退会された場合には、2カ月分の料金が発生しますのでご注意ください。
※メールマガジンという商品の特性上、お客様のご都合による返金には応じかねます。

●クーリング・オフ期間経過後の解除

解除と同時にメールマガジンの配信を停止しますが、お客様のご希望に応じて当社に解除の申出が到達した日の月末まで、配信は継続します。なお、お客様からの解除の意思表示が当社に到達した日が属する月にかかる報酬は、継続の有無にかかわらず発生します。お客様が当社に対して解除を通知しない限りは、契約は継続することとなり、当社はお客様に対して支払期日経過後の報酬を請求することができるものとします。なお、契約解除に伴う損害賠償、違約金の請求は行ないませんが、月額報酬費の日割計算・返還も行ないません。

特定投資家(金融商品取引法第二条第31項に規定される)に該当される方は、以下のアドレスより申し出てください。

info-fxmail@diamond.co.jp

●退会希望者はコチラから

退会の手続き

●料金

月額4,200円(税込)

※消費税率の引き上げなどにより、表示金額が変更となる場合があります。

※無料購読期間が終了した翌日が属する月の月額料金となり、請求は後払い方式で購読の翌月以降に行なわれます。以降1カ月単位での自動継続となります。

※購読を終了される場合は、購読メニューから退会依頼をしてください。

●お支払方法

クレジットカード払い
※VISAデビットカードは、ご利用いただけません。
※au WALLET等のプリペイド式電子マネーカードは、ご利用いただけません。

●弊社は投資助言・代理業者です。

報酬をいただく特定のお客様に対して、メルマガ等で有価証券など金融商品の動向や判断について助言を行なうには、投資助言・代理業者として、財務局に登録した事業者である必要があります。

商号:株式会社ダイヤモンド・フィナンシャル・リサーチ
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2756号

当社が助言を行う金融商品は、投資リスクを伴うものであり、金利や相場等の指標の変動、原資産の価格の変動、国の情勢、法令等の変更等の諸要因により、その価値が減少し元本欠損又は当初元本を超える損失が生ずるおそれがあります。また、本サービスは今後の実績を保障するものではありません。取引に際しては、契約締結前交付書面等の重要書面を十分にお読みいただき、お客様自身の責任によりご判断いただきますようお願い申し上げます。

会員申込前確認事項 会員申込前確認事項

電磁的方法で交付することに承諾いただけないと、お申込みいただけません。
契約締結前書面に同意いただけないと、お申込みいただけません。