FXトレーダーのバカラ村氏、トレードコンテスト2冠達成(2015年ワールドカップチャンピオンシップFX部門優勝/ロビンスカップ・ジャパンFX2017優勝)

バカラ村のFXトレード日報!

メルマガの特徴 実力派のFXトレーダーからトレードに役立つメールがほぼ毎日届く!
メルマガサンプル公開中!
今すぐ購読する

価格 : 4968円(税込)配信 : 随時(週に5回以上)

※シグナル配信ではありません。※消費税率の引き上げなどにより、表示金額が変更となる場合があります。

実力派の個人FXトレーダーバカラ村

baccarat_img_h2_news

2018年9月15日 2018年9月15日(土)に「バカラ村のFXトレード日報!」関西(大阪)で初めての無料FXセミナーを開催しました。
2018年6月5日 2018年5月19日に「バカラ村のFX大予測セミナー」を開催しました。購読者限定で本セミナーの動画を公開中!(※10日間の無料期間を経過した購読者に限ります)
2017年11月20日 メルマガサンプル公開中!

ザイFX!がオススメする3大ポイント

  1. 世界的な大会で優勝!

    実力派の
    個人トレーダーが
    メール配信!

    世界で有数な知名度を誇るトレード大会がロビンス・トレーディング社主催の(※)「ワールドカップチャンピオンシップ」大会。バカラ村氏は2015年にFX部門で優勝。
    しかもバカラ村氏は、金融機関でのトレード経験ゼロの本当の個人トレーダー。目線が同じだからこそ役に立つ情報が満載!

    (※)2015 World Cup Championship of Forex Trading®

  2. リアルなトレードを配信!

    毎日配信する
    リアルな
    トレード!

    一般のサラリーマンとは違い、夕方から朝方にかけてFXトレードに励んでいるバカラ村氏。ストイックに相場と向き合い、日々トレードをしているバカラ村氏が為替相場の重要なニュースの解説や為替の値動き、そして自身のトレードについて、毎日メルマガで配信する。
    自身のポジションや今後の為替の値動きについての予想も!

  3. チャート分析はプロ!

    チャート手法を
    実践的に伝授!

    個人投資家でありながら、日本テクニカルアナリスト協会の検定テクニカルアナリストの資格も取得しているバカラ村氏。トレードでもっとも得意なのは、チャートを使ったテクニカル分析だ。数々の大相場で儲けを出してきた珠玉のテクニカル分析を惜しげもなくメルマガでは配信していく!
    バカラ村式トレードの真髄が配信される。

今すぐ購読する
バカラ村

バカラ村プロフィール

専業個人トレーダー。NPO法人 日本テクニカルアナリスト協会の検定テクニカルアナリスト。
世界のトレーダーが憧れるロビンス・トレーディング社主催の(※)「2015年 ワールドカップ・チャンピオンシップFX部門」で優勝した。「他人の損が自分の利益になる!」をモットーにニュースとチャートから日々トレードチャンスをうかがっている!
メルマガでは、日々のトレードをできるだけリアルタイムで配信。トレード判断の元になった分析や思考の流れ、実際の売買ポジションの配信を行なうことも。
(※)2015 World Cup Championship of Forex Trading®

メディア掲載例

FX界きってのテクニカル通として名高いバカラ村。彼はもはや個人投資家の枠を超えてプロ並みの分析力、影響力を持っていると言っても過言ではなく、雑誌やウェブのメディアでも引っ張りだこ!その一部をご紹介!

ウェブサイト

ザイFX!コラム
バカラ村のFX専業トレーダーの相場観

掲載内容紹介
ザイFX!でバカラ村氏のコラム連載が開始!。テクニカルとファンダメンタルズの両方を駆使した的確な相場予想だけでなく、バカラ村さんが実際にトレードを行ったときは、そのトレード内容も解説!コラムは原則、毎週火曜日更新されます。

ウェブサイト

ザイFX! ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?
「バカラ村流トレード術を徹底解剖 シリーズ」

掲載内容紹介
FX界きってのテクニカル通のバカラ村氏、という視点から
おもにボリンジャーバンドの使いこなし方を徹底的に解説している。

雑誌

ダイヤモンドZAi 2014年1月号別冊
『ザイFX! 10人の最強FXトレーダー列伝』

掲載内容紹介
FX界きってのテクニカル通のバカラ村氏、という視点から
おもにボリンジャーバンドの使いこなし方を徹底的に解説している。

先物取引および外国為替取引は、損失のリスクがあることを理解した上でお取引ください。また過去の実績は必ずしも将来の実績を保証するものではありません。

今すぐ購読する

バカラ村のトレード日報!のサンプルメール

バカラ村のFXトレード日報!は週に5回以上メールを配信しています。わかりやすいトレーダー目線で丁寧な内容が魅力です。そんなメールマガジンの内容を大公開!

バカラ村のFXトレード日報! ご質問と回答

2018年6月5日配信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『バカラ村のFXトレード日報!』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご質問と回答(2018年6月5日配信)

・ご質問 1(ドル円について)
いつも有益な情報ありがとうございます。ドル円のショートについてですが、だいたいいつぐらいまで持っている予定でしょうか?FOMCのときはどうするのでしょうか?アドバイスお願いします。


・回答
南欧リスクが後退し、貿易戦争も市場はまだ材料としていないことから、しばらくは方向が出ない期間となりそうで、108円台ではいったん手仕舞いしてもいいかと考えています。
揉み合いとなっても売り方向だけで取る方がいいかと考えており、下がれば手仕舞いして、上がれば売り直すようなトレードがいいのではないかと思っています。
FOMCまで、ストップもつかず、108円台にも入らないような推移が続くようであれば、そのまま保有を続けるつもりでいます。
ストップがついたとしても、相場観は売り方向のため、再度売り場を探すことを考えています。


・ご質問 2(円高について)
ドル円の月足でのトレンド発生可能性についてですが
「今は円は偏りが無いと思われるため、ここからトレンドが出来るためには、トランプ大統領の貿易不均衡次第だと思います。」
「中間選挙に向けて、トランプ大統領が強硬姿勢を出してくれば、トレンドが出来ると思います。」
との回答いただきました。
円高方向に月足トレンドが発生するという相場観の根拠として挙げておられる要素は、
1、貿易不均衡に対するトランプ政権の政策
2クロス円のチャートが週足で下抜けしそう
といったことを挙げられているかと思いますが、ほかにありますでしょうか?
円安ではなく円高という相場観を決定づけた根拠が知りたいです。


・回答
ドル円が下がると考えている要素は仰る通りその2つが大きいです。貿易戦争やテクニカル的なクロス円の下げからになります。
過去、日米間の貿易赤字を解消する際、経済や景気などは関係なく、アメリカの政策で、ドル円が大きく動いていたことがあります。
私としては、「ドル円はアメリカの政策で大きく動く」というイメージを持っています。
今回もアメリカはドル安にしたいと考えているはずで、そのためドル円は下がってしまうように思います。
ただ、要人がドル安への発言をすると、各国から批判を受けるため、直接の発言は出てこないと思いますが、遠回しにドル円を下げる発言や行動は出てくると考えています。
ドル安ということになりますが、ただ貿易戦争となれば株式市場にもよくないため、円高にもなってしまうと思います。
またユーロ円が弱い状況のため、円高になるのではないかと思っています。
ただ、あくまでも中長期的な方向にはなってしまいます。


・ご質問 3(ユーロポンドについて)
先週木曜日の他の方の質問(ユーロ円とポンド円)への回答でユーロポンドへの言及がありました。
私もユーロポンドが気になっています。
ユーロポンドは、4月中旬には一度下抜けしたように見えましたが、現在は戻ってきています。
利上げはポンドの方が早いのだと思いますが、どちらに抜けそうなのか、現時点でお考えはありますか?


・回答
ユーロポンドに関しては、2003~2007年のときに、ずっと揉み合いが続いていましたが、今回もまだ揉み合いが続いても不思議じゃないと思っています。
イタリア危機でもユーロポンドは動かず、イギリスの国民投票でポンドは下落していましたが、それもすでに織り込み切っているようですので。
もし動くとすれば、ユーロポンドは上昇なのかな、とは思っています。


・ご質問 4(ポジション量について)
いつも有益な情報をありがとうございます。バカラ村さんのポジション量は、どのようにして決められるのでしょうか?何か基準があれば教えて下さい。よろしくお願いします。


・回答
ポジション量は、ストップまでの距離や保有期間や通貨ペアによって変えていますが、それ以外ではそのトレードアイデアの自信度に比例させています。
ストップが近くに置けるようなトレードはポジション量が多くなったり、ドル円とポンド円を比べた場合はドル円の方が多くなったりしています。
        

バカラ村氏がどのように為替相場を分析し、どのようなトレードをしているのかが具体的にわかる!
10日間は無料なのでいますぐ購読してみよう!

今すぐ購読する

クーリングオフ(無料期間)・ご請求について

クーリング・オフ(無料期間)について

お申込み後、10日間はクーリング・オフ可能ですので、無料期間としてご利用いただけます。

クーリング・オフ(無料期間)について

●クーリング・オフ期間経過後の解除

解除と同時にメールマガジンの配信を停止しますが、お客様のご希望に応じて当社に解除の申出が到達した日の月末まで、配信は継続します。なお、お客様からの解除の意思表示が当社に到達した日が属する月にかかる報酬は、継続の有無にかかわらず発生します。お客様が当社に対して解除を通知しない限りは、契約は継続することとなり、当社はお客様に対して支払期日経過後の報酬を請求することができるものとします。なお、契約解除に伴う損害賠償、違約金の請求は行ないませんが、月額報酬費の日割計算・返還も行ないません。

特定投資家(金融商品取引法第二条第31項に規定される)に該当される方は、以下のアドレスより申し出てください。

info-fxmail@diamond.co.jp

●解約希望者はコチラから

※購読を終了される場合は、購読メニューから解約処理をしてください。

解約の手続き

ご請求について

ご利用料金は後払いの請求となります。よって初月の請求は翌月に発生します。また、クレジットカードの引き落としは、請求が発生した月の1~3ヶ月後(※1)に引き落とされます。

●ご請求から引き落としまでの流れ
ご請求から引き落としまでの流れ

(※1)引き落としのタイミングはカード会社によって異なります。

●料金

月額4,968円(税込)

※消費税率の引き上げなどにより、表示金額が変更となる場合があります。
※メールマガジンという商品の特性上、お客様のご都合による返金には応じかねます。
※月の途中から申込まれた場合でも料金は月単位で発生いたします。日割りでの精算はいたしません。
※月末に課金が開始されて次の月の月初に退会された場合には、2カ月分の料金が発生しますのでご注意ください。

●お支払方法

クレジットカード払い

※VISAデビットカードは、ご利用いただけません。
※au WALLET等のプリペイド式電子マネーカードは、ご利用いただけません。
※無料購読期間が終了した翌日が属する月の月額料金となり、請求は後払い方式で購読の翌月以降に行なわれます。以降1カ月単位での自動継続となります。

●弊社は投資助言・代理業者です

報酬をいただく特定のお客様に対して、メルマガ等で有価証券など金融商品の動向や判断について助言を行なうには、投資助言・代理業者として、財務局に登録した事業者である必要があります。

商号:株式会社ダイヤモンド・フィナンシャル・リサーチ
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2756号

当社が助言を行う金融商品は、投資リスクを伴うものであり、金利や相場等の指標の変動、原資産の価格の変動、国の情勢、法令等の変更等の諸要因により、その価値が減少し元本欠損又は当初元本を超える損失が生ずるおそれがあります。また、本サービスは今後の実績を保障するものではありません。取引に際しては、契約締結前交付書面等の重要書面を十分にお読みいただき、お客様自身の責任によりご判断いただきますようお願い申し上げます。

会員申込前確認事項

「契約締結前書面を確認したので次に進む」をクリックすることで、
株式会社ダイヤモンド・フィナンシャル・リサーチ社のプライバシーポリシーに同意したとみなします。