FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
  • FX会社のキャンペーン
  • FX会社の新サービス
  • MT4インディケーター
  • MT4便利ワザ
  • MT4最新情報
バックナンバー

MT4が「Build500」にバージョンアップ!
ワンクリック決済など便利機能を追加

2013年05月23日(木)東京時間 12:53

FXトレード・フィナンシャルは当サイト限定で3000円キャッシュバック!

 みなさん、こんにちは、葉那子です。

 今回は、メタトレーダー(MT4)がバージョンアップされ、便利な新機能が搭載されたことについてご紹介したいと思います。

■最新バージョンは「Build500」!

 メタトレーダー(MT4)を提供するメタクオーツ社は、2013年5月9日(木)に、メタトレーダー(MT4)の取引プラットフォームの新バージョン、「Build500」をリリースしました。

 メタトレーダー(MT4)を提供する日本国内のFX会社のほとんども、現在この新バージョンに対応しています。

 すでにメタトレーダー(MT4)口座をお使いの方は、ぜひ最新バージョンにライブアップデートを行ってみてください。

 実は、2カ月前の2013年3月9日(土)にも、メタクオーツ社は当時の最新バージョン「Build 482」をリリースしました。

【参考記事】
MT4に便利なワンクリック機能が登場! バージョンアップしてすぐにでも確認を!

 前回のバージョンアップでは、メタトレーダー(MT4)待望のワンクリック注文機能が追加されたわけですが、ワンクリックに対応していたのは新規注文だけで、決済注文は従来どおり、数回クリックをする必要がありました。

 新規注文がスムーズに行えるようになっただけに、決済注文も対応すればいいのにな、と思っていたところ、今回の新バージョンではまさにその機能や、その他、便利な機能が追加されました。

■ボタン1つでワンクリック決済が可能に!

 まずは、ワンクリック決済機能から見ていきましょう。

 これまでの新規注文に加え、取引画面下部にあるターミナルの「取引」タブの右端にある×印をクリックすることで、決済注文・注文取り消しが可能となりました。

 画像はFOREX.com Japan[MetaTrader4]のデモ取引画面です。

FOREX.com Japan[MetaTrader4]取引画面(クリックで拡大)

 急な相場変動ですぐにポジションを決済したいという時には、非常に助かる機能ですね。

 ちなみに、ワンクリック注文に対応している左上のレートパネルは、新規注文の時だけ使用するものとなっているため、ポジションを持っているときにこのレートパネルをクリックして反対売買しても決済はされません。その場合は両建て状態となるだけなのです。

■損切りと利確ラインのオーダーがスムーズに!

 そして、もう1つの主な新機能として、チャート上からの注文変更ができるようになりました。

 たとえば、ポジションを保有している場合は、エントリー場所がチャート上に緑色のラインで表示されるのですが、このラインをマウスで上下に動かすことで、損切り(SL:Stop Loss)や、利益確定(TP:Take Profit)の赤いラインが表示され、そのラインを動かすことでその設定や変更ができます。

FOREX.com Japan[MetaTrader4]取引画面(クリックで拡大)

 また、指値オーダーを入れている場合は、そのラインを動かすことで、指値の価格を変更することができます。

 そして、FOREX.com Japan[MetaTrader4]以外にも、今回のこの「Build500」へアップデートされた国内FX会社は、アルパリジャパン[スタンダード口座]アルパリジャパン[プロ口座]アヴァトレード・ジャパン[メタトレーダー4]、そしてFXCMジャパン証券[MT4口座]などがそうです。

 なお、サイバーエージェントFX[MT4]は、1つ前のバージョン「Build482」で、FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4]はそれよりも前の「Build451」となっています。

サイバーエージェントFXに問い合わせたところ、最新バージョンへの更新は現在、検討中ということでした。

■FXTFが導入しているMT4iなら、決済もパネルをワンクリック

 一方、FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4]のほうは、今回のバージョンアップよりもだいぶ前の2011年9月から、ワンクリック注文機能を持つEA(Expert Advisors)、「MT4i」を提供しています。

FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4]取引画面

 「MT4i」は、レートパネルをワンクリックすることで新規注文だけではなく、決済注文までもできてしまうので、メタトレーダー(MT4)のバージョンが古いままでも、ワンクリック機能に関しては十分、引けを取らないと思います。

【参考記事】
FXトレード・フィナンシャルのMT4がスプレッド縮小&裁量トレード向きに変身

 チャート機能のみならず、注文機能も徐々に取引しやすい環境が整ってきた最新のメタトレーダー(MT4)をぜひチェックしてみてください。

(※キャンペーンの詳しい条件などについては、FOREX.com Japanのウェブサイトなどで必ずご確認ください)

>>>FOREX.com Japan[MetaTrader4]の最新スペック詳細はザイFX!の比較コンテンツをご覧ください

(ザイFX!編集部見習い・葉那子)

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 75039人

ザイFX!のtwitterをフォローする
ザイスポFX!about Meta Trader
ザイFX!編集部

このコーナーではザイFX!編集部がメタトレーダー(MT4)に関する、あらゆる最新情報をお届けします。
そのジャンルは「FX会社のキャンペーン」「FX会社の新サービス」「MT4インディケーター」「MT4便利ワザ」「MT4最新情報」の5つ。5つのジャンルごとにバックナンバー一覧も表示可能。メタトレーダー好きなトレーダーさん必見のコーナーです。

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

記事ジャンル別バックナンバー

  • FX会社のキャンペーン
  • FX会社の新サービス
  • MT4インディケーター
  • MT4便利ワザ
  • MT4最新情報


>>>バックナンバー一覧

■親サイト「ザイFX!」内のコンテンツ シストレ比較 ⇒EAにお任せでFXの自動売買! メタトレーダー(MT4)口座のシストレ比較はこちら

FX会社徹底比較

FX会社 スプレッド 申し込み
スプレッド(米ドル円) スプレッド(ユーロ円) スプレッド(豪ドル円) スプレッド(ユーロ米ドル)
ザイFX!限定キャンペーン実施中
FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4・1000通貨コース]
詳細
0.3銭
原則固定
11/30までのキャンペーン
0.6銭
原則固定
11/30までのキャンペーン
1.4銭
原則固定
0.8pips
原則固定
11/30までのキャンペーン
口座開設資料請求
ザイFX!限定キャンペーン実施中
YJFX![外貨ex]
詳細 ※MT4ではチャート表示のみ可能。取引はできない。
0.3銭
原則固定
0.5銭
原則固定
12/15までのキャンペーン
0.7銭
原則固定
12/15までのキャンペーン
0.4pips
原則固定
12/15までのキャンペーン
口座開設資料請求
楽天証券[楽天MT4]
詳細
0.5銭
原則固定
1.1銭
原則固定
1.2銭
原則固定
0.6pips
原則固定
口座開設資料請求
ザイFX!限定キャンペーン実施中
FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4・1万通貨コース]
詳細
0.8銭
原則固定
1.4銭
原則固定
2.0銭
原則固定
1.4pips
原則固定
口座開設資料請求
ゲインキャピタル・ジャパン[MetaTrader4]
詳細
1.5~1.9銭 2.2~2.9銭 1.9~2.6銭 1.7~
2.0pips
口座開設資料請求

「ザイFX!×MT4」が総力をあげてMT4が使えるFX会社の最新データを調査。徹底比較しています! 1117日更新

top-fxcompany-bottom-btn

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

ザイFX!×メタトレーダー(MT4)トップにもどる
FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4・1000通貨コース]

ザイFX!期間限定キャンペーン

ザイ オンライン
ザイFX!に戻る
超図解メタトレーダー入門

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。