FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
RSS
  • 2012年11月05日(月)22時55分 NY勢の出足鈍い、ユーロドルは1.27ドル後半で安値もみ合い
    NY勢の出足鈍い、ユーロドルは1.27ドル後半で安値もみ合い

     序盤のNYタイムでは、円高やドル高の流れが引き継がれているものの、各通貨での値動きは穏やか。ユーロドルは1.2767ドルまで下落後、1.27ドル後半の安値圏でもみ合い。ユーロ円も102円後半で目立った戻りはない。ドル円も80円前半で上値が抑えられている。ギリシャの次回支援実行が懸念されているほか、今週の米大統領選を控えてイベント前の神経質なムードが強まっているが、冬時間入りしたNY勢の出足は鈍い。

  • 2012年11月05日(月)22時35分 カナダ・9月住宅建設許可(前月比)
    カナダ・9月住宅建設許可(前月比)

    カナダ・9月住宅建設許可(前月比)

    前回:+7.9% 予想:-2.8% 今回:-13.2%

     

  • 2012年11月05日(月)22時00分 ユーロドル1.2767ドルまで、下値はアジア系の買い意欲
    ユーロドル1.2767ドルまで、下値はアジア系の買い意欲

     ユーロドルは1.2767ドルを目先の安値に1.2780ドル近辺まで反発している。欧州タイム序盤同様、ユーロドルの下押し局面ではアジア系ソブリンの買いが観測されている。ユーロ円は102.44円を安値に102.60円近辺で推移。

  • 2012年11月05日(月)21時37分 クロス円は売り再開、欧州株はさえない
    クロス円は売り再開、欧州株はさえない

     クロス円は再び下方向を試す動きに。欧州株がさえない動きとなるなか、週明けの米国勢もロンドンタイム以降のリスク回避の流れを引き継ぐ格好に。ユーロ円は102.44円、ポンド円は128.05円、スイスフラン円は84.92円、NZドル円は66.05円までそれぞれ下落幅を広げた。クロス円の下げを受けて、ユーロドルも1.2767ドルまで下げるなど、他通貨も対ドルで上値が重くなっている。

  • 2012年11月05日(月)21時10分 ドル円は80.20円台でこう着気味、米国勢参入待ちの様相
    ドル円は80.20円台でこう着気味、米国勢参入待ちの様相

     ドル円は小動き。ロンドンタイム午前は、株安や欧州債務問題への懸念が意識されるなか、クロス円の下げや米長期金利の低下が重しとなって、80.20円まで下落した。ただ、10月30日の日銀金融政策会合の結果公表時につけた高値80.16円を前に下げの勢いは一服。その後は株安などから戻りは鈍いものの、材料難から下方向を攻める動きも限定的で、様子を見ながら米国勢の参入を待っている。そのほか、ユーロドルもドル円と同様に取引一巡後は1.2785ドル付近でもちあっている。この間、スペイン中銀が「7月以降、欧州金融市場の緊張が緩和した」、「金融市場は完全に正常には戻っていない」、「スペインのリスクプレミアム、不確実性は依然として上昇している」などの見解を示したが、ユーロ相場への影響は限定的だった。

  • 2012年11月05日(月)20時45分 資源国通貨は上値重い、対ユーロの反落が重し
    資源国通貨は上値重い、対ユーロの反落が重し

     株安や欧州の債務問題に関連したリスク回避的な流れが一巡するなか、資源国通貨はさえない動きを継続。ロンドンタイム前半は対ユーロでの上昇が資源国通貨の下値を支えていたが、直近はその動きが巻き戻される展開となっており、ドル/加ドルは0.9974加ドル、NZドル/ドルは0.8236ドルまでそれぞれ下落幅を広げた。また、豪ドル/ドルも1.0340ドル付近まで押し戻されている。またクロス円も上値の重い展開で、加ドル円は80.47円まで本日安値を更新したほか、豪ドル円は83.00円前後、NZドル円は66.15円付近と安値圏で推移している。

  • 2012年11月05日(月)20時17分 NY原油先物は水準戻す、ユーロの動向に連動
    NY原油先物は水準戻す、ユーロの動向に連動

     NY原油先物は、水準を戻す。ロンドンタイム以降、ユーロが反落したことを受けて、原油先物価格も84.34ドルと7月12日以来の安値水準を付けた。ただその後は、ユーロが持ち直す動きにあわせて、85ドル前後まで水準を戻している。

  • 2012年11月05日(月)20時08分 ドル円・クロス円は下げ幅縮小、ドル円は80.30円近辺へ
    ドル円・クロス円は下げ幅縮小、ドル円は80.30円近辺へ

     ドル円・クロス円は下げ幅を縮小させた。欧州タイム序盤からの円高地合いが幾分緩和。欧州株の下げも一巡しており、リスク回避的な動きが後退している。ドル円は80.20円を安値に80.30円近辺へ、ユーロ円は102.55円まで下落後は102.75円前後まで持ち直している。

  • 2012年11月05日(月)19時55分 LDN午前=ドル高・円高、欧州通貨は下げ幅広げる
    LDN午前=ドル高・円高、欧州通貨は下げ幅広げる

     ロンドン午前はドル高・円高地合い。先週末の米雇用統計後のドル高の流れが再燃したほか、ユーロ高債務国の国債利回り上昇や欧州株安、さらにポンドは英経済データの結果が重しとなるなど欧州通貨を中心にリスク回避的な動きも加わった。なお、資源国通貨に関しては、先週に続き対ユーロでのユーロ売り・資源国通貨買い基調が継続しており、欧州株が軟調な動きとなるなかで対ドル・対円の下げ幅は限定的。結果として欧州通貨が一段安となった。
     ユーロドルは序盤こそ買いが先行し1.2843ドルまで上振れた。アイルランドの経済データが強い内容となったことも好感され買いが持ち込まれたようだった。もっとも、買い一巡後は株安や伊・スペイン国債利回りの上昇が重しに。朝方につけた安値1.2809ドルを下回ると下げが加速。ストップロスの売りを巻き込みながら9月11日以来の安値となる1.2777ドルまで水準を切り下げた。またユーロ円も102.55円まで売られて安値を更新した。ユーロドルは安値付近でアジア系ソブリンの買いが入ったほか、ユーロポンドが英経済指標の弱い結果を受けてユーロ高に反転したことから安値から持ち直す動きとなったが、ユーロ円は円高地合いも重しに戻りの鈍い展開だった。
     またポンドドルはドル高の流れのなかで序盤から下値を切り下げる動きとなると、英10月サービス業PMIの予想比悪化を受けて1.5962ドルまで下落し、ポンド円も128.05円の日通し安値を示現した。指標発表以降、ユーロポンドで足元のポンド高推移が巻き戻されたことから戻りも限定的だった。そのほか、資源国通貨は豪ドル/ドルが1.0340ドル台、NZドル/ドルは0.8238ドル、ドル/加ドルは0.9969加ドルまでドル買い・資源国通貨売りが進んだが、前述の通り対ユーロでの強含みが各通貨の対ドルでの下げを限定的にした。豪ドル円は82.95円、NZドル円は66.10円、加ドル円は80.47円まで下値を切り下げている。またドル円も欧州タイム以降はじり安が続き80.20円の本日安値を示現。クロス円の下げや米長期債利回りの低下が影響する格好となった。
     NYタイムでは先週末に大幅下落した米株価の動意や、米10月ISM非製造業景況指数の結果を眺めながら徐々に明日の米大統領選挙に向けて様子見姿勢を高めていくことになるか。そんななか、ユーロドルは約2カ月ぶりの安値を示現しており、今週にギリシャ議会で予算や構造改革に関する採決などを控えて不透明感も強く、巻き戻しの動きが優勢となっても戻りは売られやすい展開となる可能性は念頭に置いておきたい。ドル円は80円大台の維持がカギになってきそうで、テクニカル的にも日足一目均衡表・転換線が位置する79.98円近辺が下げ止まりのめどとなるか注目したい。

  • 2012年11月05日(月)19時17分 東京為替サマリー(5日)
    東京為替サマリー(5日)

    TKY午前=全般的にレンジ限定的、豪ドルは豪指標で小幅上昇  

     東京タイム午前、為替相場は全般的に小動き。先週末の米10月雇用統計の好結果を背景としたドル買いも継続せず、本邦勢の参入後も目立った動意はみられなかった。一方で、豪9月貿易収支ならびに同小売り売上高は市場予想を上回る好結果となり、発表後はやや豪ドル買いに傾き、この動きにつれてドルストレートではドル売り・他通貨買いにつながる場面こそみられたが、明日に豪準備銀行(RBA)理事会を控え、さらには米大統領選挙も迫る中で積極的な売買は手控えられた。
     豪ドルはやや買いが優勢に。豪経済指標の好結果発表直後こそ動意は鈍かったが、その後は徐々に豪ドル買いに傾くと、対ドルは1.0369ドル、対円は83.49円まで上昇した。買い一巡後はRBA理事会を明日に控えていることもあってか伸び悩んだものの、大きく反落するような展開ともならず、対円・対ドルともに底堅さを示しながらの上値をうかがう展開を続けた。
     そのほかのドルストレートも底堅い展開に。豪ドルの上昇も後押しとなって、資源国通貨では、NZドル/ドルは0.8266ドル、ドル/加ドルは0.9944加ドルまでドル売り・資源国通貨買いが進み、ポンドドルは1.6031ドルまで上昇した。ユーロドルも1.28ドル前半で底堅さを示した。
     またクロス円は堅調地合いに。ユーロ円は103.33円、ポンド円は129.09円、豪ドル円は83.49円、NZドル円は66.54円、加ドル円は80.99円まで上昇し、レンジは狭いものの円全面安の展開となった。ドル円に関しても、円売り優勢の展開につれて80.55円まで上昇する場面がみられた。

    TKY午後=様子見ムード強いながらもドル安方向で調整進む  

     東京タイム午後の為替市場はドル安。直近のドル高に対する反動が入った。ただ材料難から、各通貨の動意は限られた。
     ドル円は小幅に反落。昼過ぎには80.57円の本日高値をつけたものの、日経平均が後場になって下げ幅を広げたことが重しとなって、80.30円台まで押し戻された。一方で、ユーロドルや豪ドル/ドルはしっかり。ドル円の下げで、ドル安が為替市場全体に波及したことが下支えとなった。ユーロドルは、約1カ月ぶりの安値水準を付けたことで買い戻しが入りやすかったことから、1.2830ドル台まで反発した。ただ、あくまでも調整的な動きが中心で、値幅は20bp程度とレンジは非常に狭かった。また豪ドル/ドルは底堅い動きに。午前中に発表された予想より強い豪経済指標が引き続き下支えとなり、1.0372ドルまで上昇幅を広げた。
     一方で、クロス円はドル円の動きに連動。昼にかけて当日の高値をつけた後は、ドル円が反落する動きにあわせて、それぞれ押し戻された。ユーロ円は103.10円台、ポンド円は128.80円台、豪ドル円は83.30円台まで水準を下げた。ただ、他通貨が対ドルでじり高となったことから、下押しの勢いは限られた。

  • 【DMM FX】ザイFX!限定で1取引で現金4,000円がもらえる!

  • 2012年11月05日(月)19時09分 ドル円は80.20円まで低下、米長期金利も下げる
    ドル円は80.20円まで低下、米長期金利も下げる

     ドル円は下落幅を拡大。米長期金利が1.700%を割り込んで低下するなか、ドル円も80.20円まで下落幅を広げた。クロス円もドル円の下げに引っ張られて上値が重くなっている。

  • 2012年11月05日(月)18時30分 英・10月サービス部門PMI
    英・10月サービス部門PMI

    英・10月サービス部門PMI

    前回:52.2 予想:52.0 今回:50.6

  • 2012年11月05日(月)18時29分 ポンドドル、英指標に合わせて1.5982ドルまで下げ幅拡大
    ポンドドル、英指標に合わせて1.5982ドルまで下げ幅拡大

    【訂正;タイトルと本文の内容を訂正します】

     ポンドドルは下げ幅を拡大。英10月サービス業PMIの指標発表に合わせて、1.5982ドルまで下げ幅拡大した。

  • 2012年11月05日(月)18時20分 ユーロドルは下げ渋るも戻りは鈍い、下値ではアジア系の買い
    ユーロドルは下げ渋るも戻りは鈍い、下値ではアジア系の買い

     ユーロドルの下げは一服。ロンドンタイム入りにかけては、株安やスペイン・伊国債市場で売りが先行したことなどを手掛かりにリスク回避的なドル買い・円買いの流れが優勢に。ユーロドルは1.2777ドルまで下落幅を広げた。
     ただ、株安の勢いが一服するなか、安値水準ではアジア系ソブリンの買いが下値を支えたことで、1.28ドル付近へ持ち直している。また、ユーロ円も102.58円まで下げたあとは102.70円付近へ戻している。とはいえ、積極的に上方向を試すような明るい材料も見られず戻りは鈍い。

  • 2012年11月05日(月)18時06分 欧州前場概況-ユーロ軟調
    欧州前場概況-ユーロ軟調

    欧州入り後すぐに1.28423と本日高値をつけたユーロドルは、その後押し戻される展開に。マイナススタートとなった欧州株価やスペイン10年債利回り上昇を背景に、1.28を割り込むと一時1.27791まで下げ足を速めた。また、ユーロ円も103円を下抜け、102.575円まで安値更新となった。来週の財務相会合を前に、新たな緊縮法案をめぐるギリシャ議会採決への不透明感も懸念されている。18時06分現在、ドル円80.301-311、ユーロ円102.742-762、ユーロドル1.27954-962で推移している。

トルコ政策金利は8.00%と高い! スワップ金利が高いFX会社順に並び替え

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 75163人

ザイFX!のtwitterをフォローする

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社

ザイFX!限定で6000円! トレイダーズ証券[みんなのFX]

トレイダーズ証券[みんなのFX]

米ドル/円スプレッド0.3銭!いま当サイト限定キャンペーン実施中!

米ドル/円0.3銭原則固定! GMOクリック証券[FXネオ]

GMOクリック証券[FXネオ]

FX取引高5年連続世界1位! 今ならザイFX!限定で西原氏新刊+5000円キャッシュバック

過去の為替ニュースアーカイブ

2017年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月  
2016年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2015年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2014年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2013年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2012年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2011年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2010年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2009年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2008年
04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.60111.83

USDJPY

ユーロ/米ドル+0.00341.1772

EURUSD

南アランド/円+0.028.05

ZARJPY
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム





 
11月20日更新

 
11月17日更新





ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門