為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
RSS
  • 2014年11月20日(木)23時12分 ドル買い失速、ユーロドルは1.2560ドル付近まで戻す
    ドル買い失速、ユーロドルは1.2560ドル付近まで戻す

     米CPIの強い結果を受けたドル買いもほどなく失速。米経済指標が発表された直後にユーロドルは1.2510ドル近辺まで下押したが、その後のドル売りが優勢になったことから、米指標発表前の水準を上回る1.2560ドル付近まで値を戻している。

  • 2014年11月20日(木)22時55分 ドル円安値更新、117.85円まで 米金利低下
    ドル円安値更新、117.85円まで 米金利低下

     ドル円は下落。目先のサポートレベルだった118.00円を割り込んで、117.85円まで下げ幅を拡大した。米長期金利が2.32%付近へ下げていることも重しとなっている。ドル円の下落を受けて、クロス円も上値が重くなり、ユーロ円は148円ちょうど付近、ポンド円は185円前半、豪ドル円は101円半ばで上値が重くなっている。

  • 2014年11月20日(木)22時30分 米・新規失業保険申請件数など
    米・新規失業保険申請件数など

    米・新規失業保険申請件数 (前週分)

    前回:29.0万件(改訂:29.3万件) 予想:28.4万件 結果:29.1万件

    米・10月消費者物価指数(前月比)

    前回:+0.1% 予想:-0.1% 結果: 0.0%

    米・10月消費者物価指数(前年比)

    前回:+1.7% 予想:+1.6% 結果:+1.7%

    米・10月消費者物価指数(コア・前月比)

    前回:+0.1% 予想:+0.1% 結果:+0.2%

    カナダ・9月卸売売上高 (前月比)

    前回:+0.2%(改訂:0.0%) 予想:+0.8% 結果:+1.8%

    南ア・政策金利

    前回:5.75% 予想:5.75% 結果:5.75%

  • 2014年11月20日(木)22時29分 米加指標の発表控え、ドル円は118.20円前後で推移
    米加指標の発表控え、ドル円は118.20円前後で推移

     加ドル円は104.39円、ドル/加ドルは1.11321加ドル前後で推移。

  • 2014年11月20日(木)21時24分 NY序盤 ドル円は118円付近でいったん下げ渋り
    NY序盤 ドル円は118円付近でいったん下げ渋り

     NY朝方の為替市場では、ドル円は118円前後で下げを一服させて小幅に持ち直す展開。この後は米10月消費者物価指数や新規失業保険申請件数のほか、住宅関連指標などの発表が予定されている。イベントを前に米金利の低下も一巡した。

  • 2014年11月20日(木)21時12分 【ディーラー発】ドル円一時118円割れ(欧州午後)
    【ディーラー発】ドル円一時118円割れ(欧州午後)

    米長期金利の低下やダウ先物の軟調推移を背景にドル売りが強まる展開。ドル円は、日経平均先物の下落も嫌気し、一時118円台を割り込み本日の上昇幅を失った。クロス円もユーロ円が一時147円90銭付近まで値を下げ、ポンド円が185円03銭付近まで売られた。一方、ユーロドルが1.2542付近まで反発、豪ドルドルが0.8618付近まで下値を切り上げるなど、ドルは主要通貨に対し冴えない値動きとなっている。21時12分現在、ドル円118.241-251、ユーロ円148.176-196、ユーロドル1.25319-327で推移している。

  • 2014年11月20日(木)21時00分 トルコ 政策金利
    トルコ 政策金利

    トルコ 政策金利

    指標レポレート

    前回: 8.25% 予想: 8.25% 結果: 8.25%

  • 2014年11月20日(木)20時33分 ユーロ円はレンジ下限更新、ユーロ売り後は円買いが優勢に
    ユーロ円はレンジ下限更新、ユーロ売り後は円買いが優勢に

     ユーロ円はレンジ下限を更新。ユーロ売りの流れは一服したものの、円買い戻しがじわりと拡大したことが重しとなって、147.97円まで下げ幅を広げた。その他のクロス円も、高値からはなれる展開が続いている。

  • 2014年11月20日(木)20時30分 ■LDN午前=景況感の鈍化がユーロを圧迫、ドル円も緩む
    ■LDN午前=景況感の鈍化がユーロを圧迫、ドル円も緩む

     ロンドン午前の為替市場はユーロが下落。本日発表されたユーロ圏各国の11月景況感指数が製造業分野を中心に、10月から低下するものが目立ち、域内の経済回復が遅れるとの不安が広がった。関連市場では、欧州株が1%近く下げた一方で、安全資産とされる独債や米債は上昇(利回りは低下)した。

     本日発表された独製造業PMIは、景気判断の拡大・縮小の分かれ目となる50.0へ後退したほか、ユーロ圏製造業PMIも50.4と前月の50.6から低下した。EUのロシアに対する経済制裁や、世界的な需要低迷が景気回復を遅らせていることが示唆された。

     ユーロドルは、対ポンドでのユーロ買い戻しを受けて一時1.2576ドルまでレンジ上限を切り上げたが、指標結果を受けて1.2505ドルまで反落した。ユーロ円も、円安の流れに乗ってつけた2008年10月以来の高値となる149.12円から、148円前半まで大きく水準を下げ、本日の上昇幅のほとんどを失った。

     一方で、ポンドドルは底堅い展開。10月小売売上高が、前月比・前年比とも市場予想から上ぶれたことで、英経済に対する期待感が下支えとなった。序盤こそ、ユーロの動向に影響されてポンドドルは1.5632ドルまで売りが先行したが、好調な消費データを受け、1.5680ドル台まで急反発した。ポンド円は、東京午後に186.13円をつけ、約4年ぶりの高値水準となっていた反動から利食い売りに押されたが、下値は158円前半にとどめるなど底堅さは維持した。

     ドル円も上値の重い展開。一時、2007年8月以来の高値となる118.98円までレンジ上限を広げたが、119円に設定されたバリア・オプションの防戦売りに上値を抑えられると失速。レバレッジ系や海外短期勢の利食い売りなどが重なり、118円前半まで反落した。その他のクロス円もドル円の動向に連動する格好で、スイスフラン円は124.16円まで上伸後に123円前半へ反落したほか、豪ドル円は101円後半、加ドル円は104円前半で上値が重くなった。

  • 2014年11月20日(木)20時26分 東京為替サマリー(20日)
    東京為替サマリー(20日)

    ■東京午前=小動きも、ドル円は118円台前半でしっかり  

     東京タイム午前の為替相場は手がかりが乏しく、小動き。海外市場の流れを引き継ぎ、ドル円は118.28円までドル買い・円売りが加速し、2007年8月以来の高値を更新した。週初めに2四半期連続のマイナス成長となった本邦GDPを受けて115円半ばまで調整が進んだが、首相の消費増税先送りと衆院解散・総選挙の表明や日銀金融政策決定会合を消化しながら、上昇基調を強めている。

     反発して寄り付いた日経平均は一時マイナス圏に転じるなど伸び悩んだが、円相場の反応は鈍い。また、本邦10月貿易収支は市場予想の赤字額を下回ったものの、28カ月連続の赤字となった。ドル円は小動きも118円前半でしっかり。ドル円の上昇につられ、ユーロ円は148.38円、ポンド円は185.47円までレンジ上限を広げ、ともに2008年10月以来の高値を塗り替えた。加ドル円は2008年8月以来の高値水準となる104.28円まで上値を伸ばしたほか、NZドル円は92.83円まで上昇した。

     対ドルではわずかに売りが優勢となるも、値幅は限定的。ユーロドルは1.25ドル前半、ポンドドルは1.56ドル後半、NZドル/ドルは0.78ドル半ば、ドル/加ドルは1.13加ドル半ばで推移。

     オセアニア通貨はやや重い動き。中国11月HSBC製造業PMI・速報値は市場予想をやや下回る50.0と、5月以来の低水準となった。景気判断の分岐点である50割れは回避され、為替市場の反応は限られたが、豪ドルは発表後にやや売りが優勢となり、豪ドル/ドルは0.8586ドル、豪ドル円は101.48円まで下値を広げた。

    ■東京午後=円独歩安 ドル円は118円後半  

     午後はドル円・クロス円が一段高。伸び悩む日経平均や、前日比マイナス圏で推移する米長期金利の動向を横目に円が独歩安となった。ドル円は118.72円、ユーロ円は148.94円、ポンド円は186.12円、加ドル円は104.60円、スイスフラン(CHF)円は123.97円、南アフリカ・ランド(ZAR)円は10.72円までと、総じて年初来の高値を更新。また、豪ドル円は101.97円、NZドル円は93.03円まで上値を伸ばすなど、円売り地合いが続いた。ドル円は10月の安値水準から1カ月程度で13円以上の上昇と、スピードの速さを危惧する声もある。ただ、本邦GDPの発表から消費再増税の延期や日銀会合、前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録公表などの一連のイベントをこなし、改めて円買い戻しの材料が乏しい状況を確認したことも、足元の動きにつながっているもよう。調整らしい調整はないが過熱感も少なく、ある程度の達成感が生じるまでは青天井の相場展開が継続しそうなムード。

     対ドルはユーロドルが1.25ドル半ば、ポンドドルが1.56ドル後半、ドル/加ドルが1.13加ドル半ばと、NY引け値水準を大きく離れることなく小動き。クロス円が与える影響もわずかにとどまった。豪ドル/ドルは0.85ドル後半、NZドル/ドルは0.78ドル半ばでやや上値が重かったがレンジは限定的。円が主導する展開だったことを印象づける流れといえた。

  • 【DMM FX】ザイFX!限定1取引で10,000円がもらえる!

  • 2014年11月20日(木)20時17分 LDN序盤まとめ=景気の鈍化懸念でユーロ下落
    LDN序盤まとめ=景気の鈍化懸念でユーロ下落

    ・ユーロ圏各国の景気指数が前月から低下、ユーロを圧迫

    ・ユーロドルは1.2576ドルから1.2505ドルまで下落、ユーロ円も本日上昇幅を大きく失う展開

    ・ポンドは、好調な消費データが支えとなり底堅く推移

    ・ドル円も伸びが一服、119円回復に失敗して利食いに押される

  • 2014年11月20日(木)20時10分 ドル円は高値からのじり安継続 クロス円も調整含み
    ドル円は高値からのじり安継続 クロス円も調整含み

     ドル円は高値からのじり安傾向が継続。118.20円前後まで売られている。米長期金利の一段の低下も調整を進める要因。クロス円もユーロ円が148.15円前後と高値から1円近く反落。ポンド円は185.35円近辺、豪ドル円は101.80円付近で上値が重い。

  • 2014年11月20日(木)19時16分 ドル円118.30円付近で上値重い、米長期金利の低下も重し
    ドル円118.30円付近で上値重い、米長期金利の低下も重し

     ドル円は118.30円付近で上値の重い展開に。119円の大台回復に失敗するとレバレッジ系の利食い売りに押されて反落。米長期金利が2.325%付近まで低下していることも、重しとなっている。

  • 2014年11月20日(木)18時30分 英・10月小売売上高指数
    英・10月小売売上高指数

    英・10月小売売上高指数(前月比)

    前回:-0.3%(改訂:-0.4%) 予想:+0.3% 結果:+0.8%

  • 2014年11月20日(木)18時13分 【ディーラー発】ドル円119円目前で失速(欧州午前)
    【ディーラー発】ドル円119円目前で失速(欧州午前)

    欧州勢はドル買いで参入。ドル円は、東京時間の流れを引き継ぎ118円96銭付近まで上値を拡大したほか、クロス円もユーロ円が149円12銭付近まで、ポンド円が186円11銭付近まで買われた。しかしその後、米債利回りの下落を嫌気し、ドル円は一時118円29銭付近まで反落。また、独仏・経済指標が強弱入り混じる内容となり、ユーロは対ドルで1.2575付近まで上昇後、1.2504付近まで下押しし、荒い値動きとなっている。18時13分現在、ドル円118.679-689、ユーロ円148.483-503、ユーロドル1.25120-128で推移している。

インヴァスト証券[シストレ24]では最大1万+ザイFX!限定で8000円+ダイヤモンドZAi12月号別冊付録

過去の為替ニュースアーカイブ

2017年
01月  
2016年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2015年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2014年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2013年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2012年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2011年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2010年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2009年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2008年
04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
GMOクリック証券
YJFX![外貨ex]
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円-0.30114.55

USDJPY

豪ドル/円-0.2986.54

AUDJPY

NZドル/円-0.4682.08

NZDJPY
おすすめ情報

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)

    ・IG証券[ミニ取引](2月28日まで)

  • 最大40,000円キャッシュバック(10回以上の新規取引で。5回では25,000円、1回では10,000円。)(先着150名)

    ・IG証券[標準取引](2月28日まで)

  • ★ザイFX!独自★最大7,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスのプログレッシブチャートから5万通貨以上の新規取引で。その他の取引ツールでは5,000円。)+最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)+志摩力男オリジナルレポート『2017年の相場観とトレード分析』(開設で)

    ・セントラル短資FX[FXダイレクトプラス](1月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★最大7,000円キャッシュバック(ウルトラFXのUチャートから5万通貨以上の新規取引で。その他の注文方法では5,000円。)+最大20,000円キャッシュバック(FXダイレクトプラスで200万通貨以上の新規または決済取引で。50万通貨以上の新規または決済取引では5,000円。)+志摩力男オリジナルレポート『2017年の相場観とトレード分析』(開設で)

    ・セントラル短資FX[ウルトラFX](1月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★6,000円キャッシュバック(5万通貨以上の新規または決済取引で)+最大10,000円キャッシュバック(スマホアプリで10万通貨以上の新規または決済取引で。PCの場合は5,000円)+5,000円キャッシュバック(シストレ口座で1000通貨以上の1往復取引で)

    ・トレイダーズ証券[みんなのFX](1月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による5000通貨以上の往復取引で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)+ダイヤモンドZAi2016年12月号付録『FXのW自動売買入門~売買も自動×売買プログラム選びも自動』(開設で)

    ・インヴァスト証券[シストレ24](2月28日まで)

  • ★ザイFX!独自★8,000円キャッシュバック(トライオートFXでAP注文による1000通貨以上の往復取引で)+10,000円キャッシュバック(シストレ24でストラテジー選択による25万通貨以上の決済取引で。15万通貨以上の決済取引では5,000円。)+ダイヤモンドZAi2016年12月号付録『FXのW自動売買入門~売買も自動×売買プログラム選びも自動』(開設で)

    ・インヴァスト証券[トライオートFX](2月28日まで)

  • ★ザイFX!独自★4,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック+2,000円キャッシュバック(他社からの乗換えで新規口座開設後、対象通貨ペア1万通貨以上の新規取引で)

    ・ヒロセ通商[LION FX](1月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★5,000円キャッシュバック+10,000円キャッシュバック(対象通貨ペア20万通貨以上の新規取引で)

    ・JFX[MATRIX TRADER](1月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★3,000円キャッシュバック(3万通貨以上の新規取引で)+最大10,000円キャッシュバック(選べる外貨で50万通貨以上の新規取引で。ログインと入金では500円、1000通貨以上の新規取引では1,000円、10万通貨以上の新規取引では1,500円、スマートフォンアプリ経由の取引で1,000円)

    ・FXプライム byGMO[選べる外貨](1月31日まで)

  • ★ザイFX!独自★10,000円キャッシュバック

    ・DMM.com証券[DMM FX](1月31日まで)

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム






 
01月16日更新




ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門