FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
RSS

【人気急上昇中】トルコリラのスワップポイント業界最高水準!みんなのFX

  • 2018年09月14日(金)07時44分 NY市場動向(取引終了):ダウ147.07ドル高(速報)、原油先物1.63ドル安
    NY市場動向(取引終了):ダウ147.07ドル高(速報)、原油先物1.63ドル安

          
    【 米国株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
    *ダウ30種平均 26145.99 +147.07   +0.57% 26191.64 26067.08   23   7
    *ナスダック   8013.71  +59.48   +0.75%  8037.51  7989.85 1173 1274
    *S&P500      2904.18  +15.26   +0.53%  2906.76  2896.39  356  145
    *SOX指数     1362.20  +16.18   +1.20%
    *225先物       22810 大証比 +180   +0.80%

    【 為替 】               前日比       高値    安値
    *ドル・円     111.92   +0.66   +0.59%   112.00   111.17
    *ユーロ・ドル   1.1690 +0.0064   +0.55%   1.1701   1.1609
    *ユーロ・円    130.85   +1.49   +1.15%   130.94   129.26
    *ドル指数      94.54   -0.26   -0.27%   94.97   94.43

    【 債券 】           前日比       高値    安値
    * 2年債利回り    2.75   +0.00      2.77    2.73
    *10年債利回り    2.97   +0.01      2.98    2.94
    *30年債利回り    3.11   +0.01      3.12    3.08
    *日米金利差     2.86   -0.10

    【 商品/先物 】           前日比       高値    安値
    *原油先物      68.74   -1.63   -2.32%   70.28   68.35
    *金先物       1206.4   -4.5   -0.37%   1218.0   1205.0
    *銅先物       267.5   -0.1   -0.04%   271.8   267.4
    *CRB商品指数   191.41   -1.95   -1.01%   192.97   191.22

    【 欧州株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
    *英FT100     7281.57  -31.79   -0.43%  7319.57  7275.14   32   68
    *独DAX     12055.55  +23.25   +0.19% 12129.81 12017.41   11   18
    *仏CAC40     5328.12   -4.01   -0.08%  5366.34  5325.30   19   20

    Powered by フィスコ
  • 2018年09月14日(金)07時42分 NY原油先物は大幅反落、サウジなどによる増産で需給ひっ迫への思惑後退
    NY原油先物は大幅反落、サウジなどによる増産で需給ひっ迫への思惑後退

    NYMEX原油10月限終値:68.59 ↓1.78

     13日のNY原油先物10月限は大幅反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物10月限は前日比−1.78ドルの68.59ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて一時68.35ドルまで売られた。リビア、ナイジェリア、サウジアラビアによる生産増加によって8月の原油生産は9カ月ぶりの水準となるに日量3263万バレルまで増えていることが判明したことが要因。イラン原油の生産減少によって供給不安が台頭していたが、他の産油国による増産によって需給ひっ迫の思惑はやや後退した。

    Powered by フィスコ
  • 2018年09月14日(金)07時42分 NY金先物は反落、米中貿易協議再開への思惑で安全逃避の買い縮小
    NY金先物は反落、米中貿易協議再開への思惑で安全逃避の買い縮小

    COMEX金12月限終値:1208.20 ↓2.70

     13日のNY金先物12月限は反落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比−2.70ドルの1オンス=1208.20ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めて一時1205.00ドルまで売られた。原油先物の反落や米中貿易協議再開への期待が浮上していることが売り材料となった。13日の欧米市場では、ユーロ高・米ドル安の相場展開となったが、金先物相場を押し上げるまでの影響力はなかった。

    Powered by フィスコ
  • 2018年09月14日(金)07時42分 世界各国通貨に対する円:対ドル0.60%安、対ユーロ1.16%安
    世界各国通貨に対する円:対ドル0.60%安、対ユーロ1.16%安

                      現在値    前日比       %   前日終値
    *ドル・円           111.93円   +0.67円    +0.60%   111.26円
    *ユーロ・円         130.86円   +1.50円    +1.16%   129.36円
    *ポンド・円         146.69円   +1.55円    +1.07%   145.13円
    *スイス・円         115.92円   +1.33円    +1.16%   114.59円
    *豪ドル・円          80.49円   +0.72円    +0.90%   79.77円
    *NZドル・円         73.54円   +0.53円    +0.72%   73.02円
    *カナダ・円          86.14円   +0.53円    +0.62%   85.61円
    *南アランド・円        7.58円   +0.14円    +1.85%    7.44円
    *メキシコペソ・円       5.94円   +0.09円    +1.57%    5.85円
    *トルコリラ・円       18.36円   +0.84円    +4.80%   17.52円
    *韓国ウォン・円        9.99円   +0.06円    +0.59%    9.94円
    *台湾ドル・円         3.63円   +0.02円    +0.66%    3.61円
    *シンガポールドル・円   81.68円   +0.59円    +0.73%   81.10円
    *香港ドル・円         14.26円   +0.09円    +0.61%   14.18円
    *ロシアルーブル・円     1.64円   +0.02円    +1.53%    1.61円
    *ブラジルレアル・円     26.60円   -0.14円    -0.51%   26.74円
    *タイバーツ・円        3.43円   +0.03円    +0.97%    3.40円
                  年初来騰落率 過去1年間での高値/安値 昨年末終値
    *ドル・円            -0.67%   114.73円   104.56円   112.69円
    *ユーロ・円           -3.27%   137.50円   124.62円   135.28円
    *ポンド・円           -3.64%   156.61円   139.90円   152.23円
    *スイス・円           +0.20%   118.56円   108.52円   115.68円
    *豪ドル・円           -8.56%   90.31円   78.69円   88.03円
    *NZドル・円         -8.00%   82.76円   72.26円   79.94円
    *カナダ・円           -3.93%   91.64円   80.55円   89.66円
    *南アランド・円       -16.08%    9.29円    7.08円    9.03円
    *メキシコペソ・円       +3.79%    6.34円    5.27円    5.73円
    *トルコリラ・円       -38.12%   32.39円   15.46円   29.66円
    *韓国ウォン・円        -5.38%   10.68円    9.63円   10.56円
    *台湾ドル・円         -4.12%    3.84円    3.57円    3.79円
    *シンガポールドル・円    -3.10%   85.50円   79.19円   84.30円
    *香港ドル・円         -0.94%   14.70円   13.33円   14.40円
    *ロシアルーブル・円     -16.17%    1.99円    1.57円    1.95円
    *ブラジルレアル・円     -21.80%   36.14円   26.39円   34.02円
    *タイバーツ・円        -0.77%    3.52円    3.30円    3.46円

    Powered by フィスコ
  • 2018年09月14日(金)07時41分 NY金先物は反落、米中貿易協議再開への思惑で安全逃避の買い縮小
    NY金先物は反落、米中貿易協議再開への思惑で安全逃避の買い縮小

    COMEX金12月限終値:1208.20 ↓2.70

     13日のNY金先物12月限は反落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比−2.70ドルの1オンス=1208.20ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めて一時1205.00ドルまで売られた。原油先物の反落や米中貿易協議再開への期待が浮上していることが売り材料となった。13日の欧米市場では、ユーロ高・米ドル安の相場展開となったが、金先物相場を押し上げるまでの影響力はなかった。


    ・NY原油先物:大幅反落、サウジなどによる増産で需給ひっ迫への思惑後退

    NYMEX原油10月限終値:68.59 ↓1.78

     13日のNY原油先物10月限は大幅反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物10月限は前日比−1.78ドルの68.59ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて一時68.35ドルまで売られた。リビア、ナイジェリア、サウジアラビアによる生産増加によって8月の原油生産は9カ月ぶりの水準となる日量3263万バレルまで増えていることが判明したことが要因。イラン原油の生産減少によって供給不安が台頭していたが、他の産油国による増産によって需給ひっ迫の思惑はやや後退した。

    Powered by フィスコ
  • 2018年09月14日(金)06時30分 本日のスケジュール
    本日のスケジュール

    <国内>
    13:30 鉱工業生産(7月)  -0.1%
    13:30 設備稼働率(7月)  -2.2%

      国債買い入れオペ(残存3-5年、残存1-3年)(日本銀行)
      株価指数先物・オプション9月限SQ算出日


    <海外>
    11:00 中・鉱工業生産指数(8月) 6.1% 6.0%
    11:00 中・小売売上高(8月) 8.9% 8.8%
    11:00 中・固定資産投資(都市部)(8月) 5.7% 5.5%
    15:30 印・卸売物価(8月) 4.65% 5.09%
    18:00 欧・貿易収支(7月)  225億ユーロ
    19:30 露・ロシア中央銀行が政策金利発表 7.25% 7.25%
    20:00 ブ・FGVインフレ率(IGP-10)(9月) 0.82% 0.51%
    21:00 ブ・IBGEサービス部門売上高(7月) 1.5% 0.9%
    21:30 米・小売売上高(8月) 0.6% 0.5%
    21:30 米・輸入物価指数(8月) -0.3% 0%
    22:15 米・鉱工業生産指数(8月) 0.4% 0.1%
    22:15 米・設備稼働率(8月) 78.3% 78.1%
    23:00 米・企業在庫(7月) 0.4% 0.1%
    23:00 米・ミシガン大学消費者信頼感指数速報(9月) 96.2 96.2

      米・シカゴ連銀総裁が講演
      米・ボストン連銀総裁が講演
      英・カーニー英中銀総裁が講演


    ------------------------------------------------------
    注:数値は市場コンセンサス、前回数値

    Powered by フィスコ
  • 2018年09月14日(金)06時30分 NYマーケットダイジェスト・13日 株高・円安・ユーロ高
    NYマーケットダイジェスト・13日 株高・円安・ユーロ高

    (13日終値)
    ドル・円相場:1ドル=111.92円(前日比△0.66円)
    ユーロ・円相場:1ユーロ=130.85円(△1.49円)
    ユーロ・ドル相場:1ユーロ=1.1690ドル(△0.0064ドル)
    ダウ工業株30種平均:26145.99ドル(△147.07ドル)
    ナスダック総合株価指数:8013.71(△59.48)
    10年物米国債利回り:2.97%(△0.01%)
    WTI原油先物10月限:1バレル=68.59ドル(▲1.78ドル)
    金先物12月限:1トロイオンス=1208.2(▲2.7ドル)

    ※△はプラス、▲はマイナスを表す。

    (各市場の動き)
    ・ドル円は反発。トルコ中銀の大幅な利上げでトルコリラが急伸すると新興国経済を巡る懸念が後退し、ダウ先物・日経平均先物の上昇とともに111.66円まで買いが先行した。ただ、8月米消費者物価指数(CPI)が予想より弱い内容だったことが分かると一転売りが優勢となり111.37円付近まで下押しした。
     ただ、現物のダウ平均が190ドル超上昇し、ナイト・セッションの日経平均先物が210円上げると投資家のリスク選好度が高まり円売り・ドル買いが再び優勢に。ユーロ円やポンド円の上昇につれた買いも入り一時112.00円と8月1日以来の高値を付けた。
     なお、トランプ米大統領はツイッターで「ウォール・ストリート・ジャーナルの報道は間違い」と指摘し、前日の「米国が中国に新たな貿易交渉を提案」との記事を否定。「取引したがっているのは米国ではなく中国だ。米国市場は上昇しているが、中国市場は暴落している」と強調し、関税を「まもなく」発動すると改めて表明した。このツイートを受けて円買い・ドル売りが入る場面もあったが反応は一時的だった。
     一方、中国商務省は13日夕刻、トランプ米政権が中国に協議再開を打診したとの一部報道を認め「歓迎する」と応じる姿勢を示している。

    ・ユーロドルは4日続伸。ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が理事会後の記者会見で「足もとの指標は成長が継続していることを確認」「インフレが目標値に収束することに自信」「ユーロ圏の経済成長はしばらくの間、潜在力を上回る」などと述べ、景気やインフレに強気な姿勢を示すとユーロ買いが優勢となった。予想を下回る米インフレ指標もユーロ買い・ドル売りを促し、一時1.1701ドルと8月31日以来の高値を付けた。
     ポンドドルは一時1.3124ドルと8月2日以来の高値を付けた。EU高官から「バルニエEU首席交渉官はブレグジット協議に新たなガイダンスを要求」との発言が伝わったほか、ブレグジット交渉に関して「英国はEUが要求する主要事項で合意」との観測報道が出ると、ブレグジット交渉が合意に向けて前進するとの期待感からポンド買いが加速した。

    ・ユーロ円は反発。ECBが理事会で量的金融緩和を予定通り年内に終了する計画を確認したほか、ドラギECB総裁がユーロ圏の物価上昇に自信を示したことで買いが先行。株高に伴う円売り・ユーロ買いも出て一時130.94円と8月1日以来の高値を付けた。

    ・米国株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸。トルコ中銀の大幅な利上げでトルコリラが急伸すると新興国経済を巡る懸念が後退。米中貿易協議への期待も根強く、幅広い銘柄に買いが入った。前日のイベントで3種類の新型「iPhone(アイフォーン)」などを発表したアップルが上昇し、指数の押し上げ要因となった。
     ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は反発。アップルがアナリストの高評価を受けて上昇したことが投資家心理の改善につながった。

    ・米国債券相場で長期ゾーンは反落。8月米CPIが予想を下回り債券買いが先行したものの、引けにかけては米国株高を背景に売りが強まり下げに転じた。なお、30年債入札について市場では「無難」との評価が多かった。

    ・原油先物相場は3営業日ぶりに反落。時間外取り引きから利益確定の売りが先行し、国際エネルギー機関(IEA)の月次レポートの発表後に下げ足を速めた。一時68.35ドルまで下落、その後の戻しも68ドル後半と限定的だった。
     レポートでは石油需要の高まりについて述べられたものの、8月の供給量も高水準であったことが明らかとなった。イランやベネズエラが大幅に産出量を減らしているにもかかわらず、石油輸出国機構(OPEC)全体ではここ9カ月で最大の産油量だった。

    ・金先物相場は反落。トランプ大統領が米中の通商再協議について懐疑的なツイートをし、再び貿易摩擦への懸念が強まった。金需要への不透明感が高まり、金相場は上値重く推移。ただし為替相場ではドルがユーロやポンドに対して軟調となり、ドル建ての金に割安感がでたことで下値も限定的だった。

  • 2018年09月14日(金)06時12分 ニューヨーク外国為替市場概況・13日 ドル円、反発
    ニューヨーク外国為替市場概況・13日 ドル円、反発

     13日のニューヨーク外国為替市場でドル円は反発。終値は111.92円と前日NY終値(111.26円)と比べて66銭程度のドル高水準だった。トルコ中銀の大幅な利上げでトルコリラが急伸すると新興国経済を巡る懸念が後退し、ダウ先物・日経平均先物の上昇とともに111.66円まで買いが先行した。ただ、8月米消費者物価指数(CPI)が予想より弱い内容だったことが分かると一転売りが優勢となり111.37円付近まで下押しした。
     ただ、現物のダウ平均が190ドル超上昇し、ナイト・セッションの日経平均先物が210円上げると投資家のリスク選好度が高まり円売り・ドル買いが再び優勢に。ユーロ円やポンド円の上昇につれた買いも入り一時112.00円と8月1日以来の高値を付けた。
     なお、トランプ米大統領はツイッターで「ウォール・ストリート・ジャーナルの報道は間違い」と指摘し、前日の「米国が中国に新たな貿易交渉を提案」との記事を否定。「取引したがっているのは米国ではなく中国だ。米国市場は上昇しているが、中国市場は暴落している」と強調し、関税を「まもなく」発動すると改めて表明した。このツイートを受けて円買い・ドル売りが入る場面もあったが反応は一時的だった。
     一方、中国商務省は13日夕刻、トランプ米政権が中国に協議再開を打診したとの一部報道を認め「歓迎する」と応じる姿勢を示している。

     ユーロドルは4日続伸。終値は1.1690ドルと前日NY終値(1.1626ドル)と比べて0.0064ドル程度のユーロ高水準。ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が理事会後の記者会見で「足もとの指標は成長が継続していることを確認」「インフレが目標値に収束することに自信」「ユーロ圏の経済成長はしばらくの間、潜在力を上回る」などと述べ、景気やインフレに強気な姿勢を示すとユーロ買いが優勢となった。予想を下回る米インフレ指標もユーロ買い・ドル売りを促し、一時1.1701ドルと8月31日以来の高値を付けた。
     ポンドドルは一時1.3124ドルと8月2日以来の高値を付けた。EU高官から「バルニエEU首席交渉官はブレグジット協議に新たなガイダンスを要求」との発言が伝わったほか、ブレグジット交渉に関して「英国はEUが要求する主要事項で合意」との観測報道が出ると、ブレグジット交渉が合意に向けて前進するとの期待感からポンド買いが加速した。

     ユーロ円は反発。終値は130.85円と前日NY終値(129.36円)と比べて1円49銭程度のユーロ高水準だった。ECBが理事会で量的金融緩和を予定通り年内に終了する計画を確認したほか、ドラギECB総裁がユーロ圏の物価上昇に自信を示したことで買いが先行。株高に伴う円売り・ユーロ買いも出て一時130.94円と8月1日以来の高値を付けた。

    本日のレンジ
    ドル円:111.17円 - 112.00円
    ユーロドル:1.1609ドル - 1.1701ドル
    ユーロ円:129.26円 - 130.94円

  • 2018年09月14日(金)05時28分 トルコ中銀の利上げ、同国への投資開始には不十分
    トルコ中銀の利上げ、同国への投資開始には不十分

    トルコ中銀は13日の金融政策決定会合で、エルドアン大統領の反対を押し切り、市場の信頼を回復すべくトルコリラ防衛を目指す利上げに踏み切った。政策金利を引き上げ、市場の予想を上回る24%に設定。市場は20−21%を予想していた。これにより、投資家心理が若干回復した。

    トルコのエルドアン大統領は中央銀行の金融政策決定会合の発表を控え「この高い金利を引き下げる必要がある」と警告。エルドアン大統領が同国のソブリンファンドのマネジャーを全員解雇し、自身を責任者に指名するなど独立色を一層強める中、中央銀行が機能していることは唯一の買い材料となる。

    しかし、トルコは拘束している米国人の牧師を開放し米国との関係を改善し、米国が制裁を解消しない限り、投資にはふさわしくないと考える。トルコリラも短期的には下げ止まるものの、中期的な下落基調は現状で変わらずと見る。

    したがって、トルコのエクスポージャーを多く保有する欧州の金融機関のリスクも完全に払しょくしきれず。ECBは13日に開催した定例理事会で政策金利を据え置き、世界需要の鈍化を理由に2018年、2019年の成長見通しを下方修正した。ドラギ総裁は会合後の会見で、景気やインフレ見通しへの自信をいくらか強めたためユーロ買いが再燃したが、トルコへの懸念がくすぶる限りユーロの上値も限定的と考える。

    Powered by フィスコ
  • 2018年09月14日(金)05時11分 9月13日のNY為替・原油概況
    9月13日のNY為替・原油概況

     
     13日のニューヨーク外為市場でドル・円は、111円37銭から112円00銭まで上昇し111円90銭で引けた。

    米国の8月消費者物価指数は生産者物価指数に続いて低下し、ドル売りが優勢で始まった。しかし、米中貿易協議再開への期待やトルコの利上げを受けて新興諸国通貨安への懸念が後退したため、リスク選好の円売りが強まった。

    ユーロ・ドルは、1.1614ドルから1.1701ドルまで上昇し、1.1690ドルで引けた。

    欧州中央銀行(ECB)は市場の予想通り政策金利を据え置き、成長見通しを下方修正した。しかし、ドラギ総裁が景気やインフレにより自信を表明したほか、トルコ中銀が自国通貨防衛のため予想以上の利上げに踏み切ったため、エクスポージャーを多く保有する欧州銀行への懸念が後退しユーロの買戻しが優勢となった。

    ユーロ・円は、129円60銭から130円94銭まで上昇。

    ポンド・ドルは、1.3042ドルから1.3124ドルまで上昇した。

    ドル・スイスは、0.9699フランから0.9655フランまで下落した。

     13日のNY原油先物は反落。石油輸出国(OPEC)加盟国の8月の原油供給が増加したことが明らかになったほか、ハリケーン「フローレンス」によるガソリン不足は警戒されていたほどではなかったたため供給不安が後退。一方、根強い貿易摩擦や新興諸国の混乱への懸念に需要鈍化懸念が広がった。

    [経済指標]
    ・米・8月消費者物価指数:前年比+2.7%(予想:+2.8%、7月:+2.9%)
    ・米・8月消費者物価コア指数:前年比+2.2%(予想:+2.4%、7月:+2.4%)
    ・米・8月消費者物価指数:前月比+0.2%(予想:+0.3%、7月:+0.2%)
    ・米・8月消費者物価コア指数:前月比+0.1%(予想:+0.2%、7月:+0.2%)
    ・米・先週分新規失業保険申請件数:20.4万件(予想:21.0万件、前回:20.5万件
    ←20.3万件)
    ・米・失業保険継続受給者数:169.6万人(予想:171.0万人、前回:171.1万人
    ←170.7万人)
    ・米・8月財政収支:−2141億ドル(予想:-2110億ドル、17年8月:-1077億ドル)

     12日のNY原油先物は続伸。供給不安がくすぶった。米週次統計で原油在庫が予想以上に減少

    Powered by フィスコ
  • GMOクリック証券が特別なキャンペーン実施中!当サイト限定で3000円もらえる

  • 2018年09月14日(金)05時03分 NY外為:ドル・円一時112円台、8月1日以来、ダウ147ドル高
    NY外為:ドル・円一時112円台、8月1日以来、ダウ147ドル高

     NY外為市場ではリスク選好の円売りが続き、ドル・円は111円37銭から112円00銭まで上昇し、8月1日来の高値を更新した。ユーロ・円は129円60銭から130円94銭まで上昇し、8月1日来の高値を更新。

    ダウ平均株価は引けにかけて、上げ幅を拡大し147ドル高で引けた。

    Powered by フィスコ
  • 2018年09月14日(金)04時50分 【ディーラー発】ドル円クロス円じり高(NY午後)
    【ディーラー発】ドル円クロス円じり高(NY午後)

    午後に入り、序盤に強まった円売りの流れが継続。ドル円は米債利回りの低下幅縮小も支えに111円99銭付近まで値を上げ僅かに本日高値を更新。また、クロス円ではユーロ円が130円93銭付近まで買われ、ポンド円が146円78銭付近まで上値を拡大するなどじり高となっている。一方、弱含んでいた豪ドルが下げ渋ったものの、戻りも鈍く豪ドル円は80円半ばで膠着状態となり、豪ドルドルが0.7195前後のレンジ内で売り買いが交錯。4時50分現在、ドル円111.991-994、ユーロ円130.910-915、ユーロドル1.16885-889で推移している。

  • 2018年09月14日(金)04時24分 ドル円、一時111.97円 米10年債利回りは再び上昇に転じる
    ドル円、一時111.97円 米10年債利回りは再び上昇に転じる

     ドル円は底堅い動き。米10年債利回りが再び上昇に転じたことなどをながめ円売り・ドル買いが進行。4時20分過ぎに一時111.97円まで値を上げた。

  • 2018年09月14日(金)04時08分 ニューヨーク外国為替市場概況・4時 ユーロ円、堅調
    ニューヨーク外国為替市場概況・4時 ユーロ円、堅調

     13日のニューヨーク外国為替市場でユーロ円は堅調。4時時点では130.82円と2時時点(130.64円)と比べて18銭程度のユーロ高水準だった。米株の底堅い動きにリスク選好地合いは継続され、130.85円と8月1日以来の高値を更新した。

     ユーロドルは底堅い。4時時点では1.1692ドルと2時時点(1.1678ドル)と比べて0.0014ドル程度のユーロ高水準だった。8月米消費者物価指数やドラギECB総裁の記者会見以降の買い優勢な動きは継続。1.1670ドル台で下値を確認すると、1.1690ドル台へ再び水準を上げた。
     なお、ポンド円が146.74円まで上値を伸ばし、ポンドドルは1.31ドル手前で下げ渋った。ブレグット交渉が合意に達する可能性はまだ高くないものの、合意への期待は徐々に広まりつつあるようだ。

     ドル円はもみ合い。4時時点では111.88円と2時時点(111.86円)と比べて2銭程度のドル高水準だった。高値圏で底堅いものの、112円を積極的に目指す雰囲気にはなっていない。

    本日これまでの参考レンジ
    ドル円:111.17円 - 111.96円
    ユーロドル:1.1609ドル - 1.1701ドル
    ユーロ円:129.26円 - 130.85円

  • 2018年09月14日(金)03時29分 欧州マーケットダイジェスト・13日 ポンド高・ユーロ高・リラ急伸
    欧州マーケットダイジェスト・13日 ポンド高・ユーロ高・リラ急伸

    (13日終値:14日3時時点)
    ドル・円相場:1ドル=111.86円(13日15時時点比△0.43円)
    ユーロ・円相場:1ユーロ=130.71円(△1.22円)
    ユーロ・ドル相場:1ユーロ=1.1683ドル(△0.0063ドル)
    FTSE100種総合株価指数:7281.57(前日比▲31.79)
    ドイツ株式指数(DAX):12055.55(△23.25)
    10年物英国債利回り:1.504%(△0.020%)
    10年物独国債利回り:0.423%(△0.012%)

    ※△はプラス、▲はマイナスを表す。

    (各市場の動き)
    ・ポンドドルはしっかり。8月米CPIが予想を下回ったためポンド買い・ドル売りが先行。EU高官から「バルニエEU首席交渉官はブレグジット協議に新たなガイダンスを要求」との発言が伝わったほか、ブレグジット交渉に関して「英国はEUが要求する主要事項で合意」との観測報道が出ると、ブレグジット交渉が合意に向けて前進との期待感からポンド買いが加速した。一時1.3124ドルと8月2日以来の高値を付けた。
     なお、BOEは政策金利を市場予想通り現行の0.75%に据え置くことを決めたと発表。資産購入枠も4350億ポンドで据え置くことを決定した。ブレグジット交渉の行方に市場の注目が集まるなか、本日の政策発表は無風に終わった。

    ・ユーロドルは堅調。ECBはこの日、政策金利を現行の0.00%に据え置いたほか、中銀預金金利をマイナス0.40%、限界貸出金利を0.25%で維持した。いずれも市場予想通りの結果となった。
     理事会後の記者会見でドラギECBは「足もとの指標は成長が継続していることを確認」「インフレが目標値に収束することに自信」「ユーロ圏の経済成長はしばらくの間、潜在力を上回る」などと述べ、景気やインフレに強気な姿勢を示した。予想を下回る米インフレ指標もユーロ買い・ドル売りを促し、一時1.1701ドルと8月31日以来の高値を付けた。もっとも、1.17ドル台では戻りを売りたい向きも多く滞空時間は短かった。

    ・ドル円は底堅い動き。米CPIが予想を下回ったことで一時111.37円付近まで売られたものの、下押しは限定的だった。ユーロ円やポンド円の上昇につれた買いが入ったほか、米国株相場の上昇に伴う円売り・ドル買いが出て一時111.96円と8月1日以来の高値を付けた。
     なお、トランプ米大統領はツイッターで「ウォール・ストリート・ジャーナルの報道は間違い」と指摘し、前日の「米国が中国に新たな貿易交渉を提案」との記事を否定。「取引したがっているのは米国ではなく中国だ。米国市場は上昇しているが、中国市場は暴落している」と強調し、関税を「まもなく」発動すると改めて表明した。このツイートを受けて円買い・ドル売りが入る場面もあったが反応は一時的だった。

    ・ユーロ円は高い。ECBが理事会で量的金融緩和を予定通り年内に終了する計画を確認したほか、ドラギECB総裁がユーロ圏の物価上昇に自信を示したことで買いが先行した。
     NYの取引時間帯では、ダウ平均が一時190ドル超上昇したほか、ナイト・セッションの日経平均先物が210円上昇したため、投資家のリスク選好度が高まり円売り・ユーロ買いが活発化。一時130.82円と8月30日以来の高値を付けた。

    ・トルコリラ円は急伸。エルドアン・トルコ大統領が「金利は低くするべき」「インフレは中銀の間違った対応の結果」と改めて中銀の利上げ政策を非難したため、リラ売りが先行し一時16.96円まで下落した。ただ、トルコ中銀が政策金利を17.75%から24.00%まで引き上げたことが分かると18.51円まで急上昇した。なお、市場の予想は22.00%への引き上げだった。

    ・ロンドン株式相場は反落。外国為替市場でポンド高が進んだため、為替変動の影響を受けやすい多国籍企業の大型株が売られた。時価総額の大きいたばこ株と医薬品株がそれぞれ全面安となった。構成銘柄の約7割が下落した。一方、RBSへの買いがけん引し銀行株は軒並み上昇している。

    ・フランクフルト株式相場は小幅続伸。半導体のインフィニオンテクノロジーズ(3.48%高)とアナリストが投資判断を引き上げたコメルツ銀行(2.46%高)が大幅に上昇した。ドイツ銀行(1.98%高)も上げた。フォルクスワーゲン(1.72%高)など自動車株も堅調だった。半面、医薬・化学大手のメルク(2.35%安)や鉄鋼のティッセンクルップ(1.99%安)は売られた。

    ・欧州債券相場は下落。ドラギECB総裁がユーロ圏の物価上昇に自信を示したため債券売り(金利は上昇)が出た。

【人気】ザイFX!口座開設者限定キャンペーン実施中のヒロセ通商[LION FX]

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2174人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 82610人 ザイFX!のtwitterをフォローする

FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

過去の為替ニュースアーカイブ

2018年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月  
2017年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2016年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2015年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2014年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2013年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2012年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2011年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2010年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2009年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2008年
04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

Pick Up

ザイFX!Twitter
ザイFX!facebook

株の暴落に比べると穏やかですが、一時112円を割り込むまでに下落した米ドル/円。ここで下げ止まるのでしょうか…?10月15日(月)~10月19日(金)の相場はどうなる?

上昇? 横ばい? 下落? 予想する矢印をクリックして「いいね!」してください。予想レート&理由などは各矢印のコメント欄へ!

上昇する 横ばい 下落する

一時114円台半ばを超え、約11カ月ぶりの高値水準を付けた米ドル/円。その後は113円台半ばまで下落しましたが、10月8日(月)~10月12日(金)の相場はどうなる?

上昇? 横ばい? 下落? 予想する矢印をクリックして「いいね!」してください。予想レート&理由などは各矢印のコメント欄へ!

上昇する 横ばい 下落する

2018年年初来高値を更新し、113円台後半を付けた米ドル/円。このまま上昇するのでしょうか?10月1日(月)~10月5日(金)の相場はどうなる?

上昇? 横ばい? 下落? 予想する矢印をクリックして「いいね!」してください。予想レート&理由などは各矢印のコメント欄へ!

上昇する 横ばい 下落する
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

世界の為替チャート

米ドル/円+0.27112.44

USDJPY

豪ドル/円+0.3379.94

AUDJPY

トルコリラ/円+0.1219.95

TRYJPY

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS


相場を見通す 超強力FXコラム







 
10月15日更新





元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!





ザイFX!のMT4専門サイト

ザイFX!メルマガ


今月の経済指標 予想&結果





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門