為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
世界の通貨大カタログ
英ポンド(GBP)

 19世紀以降、イギリスは次々に植民地を拡大させる一方で、奴隷に過酷な労働を強いて経済活動を拡大させた結果、世界に冠たる経済大国になりました。しかし第一次世界大戦後は、アメリカにその座を譲ります。1932年には米ドルが英ポンドに代わって国際通貨に。

 第二次世界大戦後は、「ゆりかごから墓場まで」をスローガンにいち早く福祉国家を作り上げましたが、これが経済の停滞を招き、1960年以降は長らく「イギリス病」と呼ばれる不景気に苦しみました。

 1980年代、サッチャー首相が経済再建のために急進的な構造改革を実施。景気は好転し「イギリス病」を克服することに成功しました。しかし、大量の失業者が出てしまったことを受け、保守党から労働党のトニー・ブレアに政権交代。市場一辺倒の政策を修正し、現在は経済も長期間の成長を続けています。

 インフレ懸念から2006年には政策金利を徐々に引き上げ、高金利に。そのため有利なスワップ金利を確保できることから、FXで取引される通貨のなかでも、最も高い人気を持つ通貨の一つです。ボラティリティも高いため、デイトレードにも向いています。

 ただし高いリターンが期待できるということは、それだけハイリスクであるということ。相場の見通しを誤れば、大きな損失を招きかねません。したがって英ポンドを取引する時には、あまりレバレッジを高めないことをお勧めします。

 ボラティリティは大きいのですが、1ポンド=200円前後というレートの大きさも考慮した変化率では、最近は低下傾向にあるので、レバレッジさえ気をつければそれほど心配はいりません。

 さて、英ポンド/円の関係を見ていくと、ちょっとした規則性に気づきます。それは、1ポンド=195円を超えて円高・ポンド安が進むと、英ポンドに買いが入って相場は反転するということ。

 ただこれはあくまで過去の話ですから、常に最新の傾向を把握するようにしてください。ちなみにポンド相場の変動要因も、経済指標や要人発言となっています。

 また、意外に思われるかもしれませんが、原油相場の動向も相場の変動要因。イギリスは世界第9位の原油輸出国。北海油田で現在、1日あたり約600万バレルが産出されています。原油高はカナダドルや豪ドルほどではないにしろ、英ポンドに影響を与えているでしょう。

 英ポンドのリスク要因としては、ユーロへの参加動向やアイルランドの動向が挙げられます。

6021万人 ゴードン・ブラウン(労働党) 航空機、電気機器、エレクトロニクス、化学、
金属、石油、ガス、金融
2.3% 2.5% 輸出:4226億ドル
輸入:5467億ドル
輸出:電気製品、自動車、石油・石油製品、薬品
輸入:電気製品、自動車、機械類、石油製品
ドイツ、米国、フランス、オランダ 各国GDP成長率の推移
各国政策金利の推移
ザイ オンライン
TOPICS

相場を見通す 超強力FXコラム


 
01月16日更新








ザイFX!のMT4専門サイト
ザイFX!メルマガ

元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



今月の経済指標 予想&結果

 
06月28日更新





世界の通貨大カタログ
サクッとわかるFX入門