FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
  • FX会社のキャンペーン
  • FX会社の新サービス
  • MT4インディケーター
  • MT4便利ワザ
  • MT4最新情報
バックナンバー

ザイFX!が直撃取材、100カ国4000万人が
利用するMT4でコピートレードが可能に!

2013年07月30日(火)東京時間 16:52

MT4チャート表示が可能! YJFX![外貨ex]は限定3000円キャッシュバック中!

■みんなが使っているMT4、開発元はどんな会社?

 みんなが使っているFXの定番チャート・メタトレーダー(MT4)。

 メタトレーダー4(MT4)にはなじみがあっても、意外と、というかまったく知られていないのが開発元であるメタクオーツ社のこと。

 7月のある日、メタクオーツ社の幹部が来日したというので、ザイFX!編集部では直撃取材!

 「取材ですか。いいですよ。この記事が載ったら、ザイFX!のページビューが40%は増えますね(ニヤリ)」

 スゴイ自信……。それだけヤバい情報を教えてくれるってことか。

 でも、まず聞いておきたいのがメタクオーツ社のこと。FXに詳しい人でも「ロシアの会社だよね」くらいしか知識はないのでは。

 「メタクオーツ社は2000年にできたロシアの会社です。今は70名ほどの社員がいますが、半分以上がITエンジニア。技術者中心の会社なんです

■MT4を取り扱っている国内FX会社は10社以上!

 そう答えてくれたのは、メタクオーツ社のエリック・リーさん。2004年からメタクオーツ社に参画している古株であり、アジア太平洋地域を統括するエラい人なのだ。

 その担当地域にはもちろん、日本も含まれている。

 「日本は特に力を注いでいる地域です。日本の利用者はレベルが高いですね。

 自分の取引手法をEA(MT4の自動売買機能)にして使っている人も多いですし、とくにカスタムインディケーター(自作したテクニカル分析機能)が好きなようで、私たちへの問い合わせも多い。プログラミングのやり方だったり、『MT4に載っているインディケーターが違うんじゃないか』という指摘だったり(笑)」

 日本では以前は数えるほどしかなかったメタトレーダー4(MT4)が使える会社だが、だんだんと増えてきて、今は10社を超えるまでになった。

13社まで増えたメタトレーダー4(MT4)採用会社
アヴァトレード・ジャパン[メタトレーダー4]
アルパリジャパン[スタンダード口座][プロ口座]
OANDA Japan
外為ファイネスト
サイバーエージェントFX[MT4]
セブンインベスターズ
セントレード証券
FOREX.com Japan[MetaTrader4]
東岳証券
efx.com
FXCMジャパン証券[MT4口座]
FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4]

 「今回の来日でも新しい会社と話をしていますよ」ということなので、まだまだ増えそうな気配。

 メタトレーダー4(MT4)を使える会社の取引条件などを比べるときは、「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」のサイトも参考にしてほしい。

【参考コンテンツ】
メタトレーダー(MT4)が使えるFX会社比較!

 「でも、メタトレーダー4(MT4)を試すだけなら、ダウンロードして口座の申請をすればすぐ無料で使えます。初心者の人でも使いやすいチャートなので、ぜひ試してほしいですね」

【参考記事】
ザイFX!が作ったメタトレーダー(MT4)入門:今すぐMT4をインストールしてみよう!

■MT4があるなら、MT1もあるはずだが?

 でも、前から気になっていたのが名前の謎。

 MT4っていうけど、MT2やMT3は見たことも聞いたこともない。4っていうくらいだから1、2、3もあったはずと思うのが人情だが。

 「元々、メタクオーツ・ソフトウェア社を設立する前に『FXチャート』というソフトを作っていました。そして、会社設立後に『メタクオーツ』というソフトを作ったんです。さらにその後、MT3をリリースしました。

 だから、MT1、MT2というソフトはないんですが、『FXチャート』と『メタクオーツ』がそれらに該当すると言えるかもしれません」

 MT4の前にMT3はあったとのこと。しかし、MT1、MT2は幻だったようだ。

■MT4利用者は安心を。MT4とMT5は今後も併存する

 さて、エリックさんによると、世界100カ国以上で4000万人が使っているというメタトレーダー4(MT4)だけど、すでに後継ソフトも登場している。

メタトレーダー5(MT5)だ。

 今はみんなメタトレーダー4(MT4)を使っているけど、いずれMT5が主流になるのか。

 「メタトレーダー4(MT4)の開発を始めたのは2002年。それから10年以上が経ち、OSやテクノロジーも変わっています。

 MT5では最新技術に対応していますが、もっと大きいのは為替だけではなく、株や商品の投資家にも使ってもらえるように作られているということ。為替トレーダーに支持されているメタトレーダー4(MT4)のサポートやアップデートは今後も続けていきます」

 ということなので、これからも安心してメタトレーダー4(MT4)を使えそう。

メタトレーダー5(MT5)はすでにリリースされているが、FXトレーダーに愛用されているメタトレーダー4(MT4)の開発が止まるわけではないようだ。

 でも、そう考えると10年以上、世界中から愛されている取引ツールなわけで、メタトレーダー4(MT4)ってやっぱりスゴい!

 「投資家にとってはもちろん、FX会社にも便利なように作られていますし…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 75122人

ザイFX!のtwitterをフォローする
ザイスポFX!about Meta Trader
ザイFX!編集部

このコーナーではザイFX!編集部がメタトレーダー(MT4)に関する、あらゆる最新情報をお届けします。
そのジャンルは「FX会社のキャンペーン」「FX会社の新サービス」「MT4インディケーター」「MT4便利ワザ」「MT4最新情報」の5つ。5つのジャンルごとにバックナンバー一覧も表示可能。メタトレーダー好きなトレーダーさん必見のコーナーです。

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

記事ジャンル別バックナンバー

  • FX会社のキャンペーン
  • FX会社の新サービス
  • MT4インディケーター
  • MT4便利ワザ
  • MT4最新情報


>>>バックナンバー一覧

■親サイト「ザイFX!」内のコンテンツ シストレ比較 ⇒EAにお任せでFXの自動売買! メタトレーダー(MT4)口座のシストレ比較はこちら

FX会社徹底比較

FX会社 スプレッド 申し込み
スプレッド(米ドル円) スプレッド(ユーロ円) スプレッド(豪ドル円) スプレッド(ユーロ米ドル)
ザイFX!限定キャンペーン実施中
FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4・1000通貨コース]
詳細
0.3銭
原則固定
11/30までのキャンペーン
0.6銭
原則固定
11/30までのキャンペーン
1.4銭
原則固定
0.8pips
原則固定
11/30までのキャンペーン
口座開設資料請求
ザイFX!限定キャンペーン実施中
YJFX![外貨ex]
詳細 ※MT4ではチャート表示のみ可能。取引はできない。
0.3銭
原則固定
0.5銭
原則固定
12/15までのキャンペーン
0.7銭
原則固定
12/15までのキャンペーン
0.4pips
原則固定
12/15までのキャンペーン
口座開設資料請求
楽天証券[楽天MT4]
詳細
0.5銭
原則固定
1.1銭
原則固定
1.2銭
原則固定
0.6pips
原則固定
口座開設資料請求
ザイFX!限定キャンペーン実施中
FXトレード・フィナンシャル[FXTF MT4・1万通貨コース]
詳細
0.8銭
原則固定
1.4銭
原則固定
2.0銭
原則固定
1.4pips
原則固定
口座開設資料請求
ゲインキャピタル・ジャパン[MetaTrader4]
詳細
1.5~1.9銭 2.2~2.9銭 1.9~2.6銭 1.7~
2.0pips
口座開設資料請求

「ザイFX!×MT4」が総力をあげてMT4が使えるFX会社の最新データを調査。徹底比較しています! 1120日更新

top-fxcompany-bottom-btn

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

ザイFX!×メタトレーダー(MT4)トップにもどる
YJFX![外貨ex]

ザイFX!期間限定キャンペーン

ザイ オンライン
ザイFX!に戻る
超図解メタトレーダー入門

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。